FC2ブログ
3大栄養素と血糖、ADA見解の変化、2009年版も確認
こんにちは。

ADA(米国糖尿病学会)「Life With Diabetes」の3大栄養素と血糖に関する記載ですが、

「1997年版→2004年版」の変更を再三、本ブログで指摘してきました。

今回2009年版(4th Edition)「Life With Diabetes」を、米国本土からアマゾン経由で原書を取り寄せていたのがやっと届きました。

3大栄養素と血糖に関しては、2004年版と2009年版が同様であることを確認できましたので、報告いたします。

2004年版と2009年版が同様であるということは、さらに5年間追加検証を重ねての結論ですので、ADAの最終的統一見解とみなしてよいかと思います。

1997年版の米国糖尿病学会(ADA)出版の「Life With Diabetes」においては、

「糖質は100%血糖に変わり、タンパク質は約50%が血糖に変わり、脂質は10%未満が血糖に変わる」

という記載があったのが、

2004年版「Life With Diabetes」からは

「糖質・タンパク質・脂質はカロリーを含む。糖質だけが血糖値に直接影響を与える。」

という記載に変更になりました。

つまり、「糖質だけが血糖値を上昇させ、タンパク質・脂質は上げない」ということです。

そして、それに伴い、「食物グループの中の栄養素」の表も以下に変更されました。

スライト#12441;1

でんぷん、果物、牛乳、野菜、肉、脂質について、血糖に与える影響と速度が記載してある表です。

英文を私が日本語に訳しました。

この表でも、当然ながら、肉と脂質は、血糖に与える影響なしとなっています。

今回、2009年版の「食物グループの中の栄養素」の表も2004年版と同じであることを確認できました。

ちなみに1997版の「食物グループの中の栄養素」の表では、

『肉が血糖値に与える影響は小さい、影響の速度は遅い。
脂肪が血糖値に与える影響は小さい、影響の速度は非常に遅い。』

となっており、今となっては明確な間違いと言えますね。


Life With Diabetes:A Series of Teaching Outlines 
by the Michigan Diabetes Research and Training Center,
American Diabetes Assoiation ,2nd Ed,1997

☆☆
Life With Diabetes:A Series of Teaching Outlines 
by the Michigan Diabetes Research and Training Center,
American Diabetes Assoiation ,3rd Ed,2004

☆☆☆
Life With Diabetes:A Siries of Teaching Outlines 
by the Michigan Diabetes Research and Training Center ,
American Diabetes Assoiation ,4th Edition,2009



江部康二
テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
Re: タイトルなし
ちいこ さん。

糖質制限食で高血糖は改善しますが、別に低血糖になるわけではありません。
血糖値が正常下限に近づけば、肝臓でブドウ糖を作るので、糖質制限食実践で、正常の血糖値になるだけです。

2009年12月14日 (月) の本ブログ記事「脳とエネルギー源、ブドウ糖とケトン体、糖新生」
2012年01月27日 (金)の本ブログ記事「糖質制限食で血糖値改善、脳とケトン体とブドウ糖」

をご参照いただけば幸いです。
インスリン注射をしておられる場合、糖質制限食の即効性により、低血糖になり易いので
担当医とよくご相談ください。
即効型は通常1/3のインスリンですみます。
持続型は、不変~2/3くらいですみます。
2012/04/09(Mon) 07:30 | URL | ドクター江部 | 【編集
なぜ?医師も栄養士もかたくななのですか
江部先生 こんにちは!ADA2009版を入手して再確認されたとの記述です 西洋医学も日進月歩で、それまでの常識が180度変わることも多いはずです なのに?なぜか?糖尿病治療での食事療法でのカロリー制限と炭水化物、蛋白質、脂質の組み合わせを食事交換表も含め、日本糖尿病学会、協会の医師、栄養士たちは、認めて変更しないのですか=私は14年間、1600kcal、炭水化物55%・880kcal食でHbA1c6.4(JDS)でやってきましたが、2005にCKD/Cr1.2を超えて、その後じりじり上がってきて、2011.2/Cr2.25となり、主治医に文句を言ったら「血糖コントロールがよくても1/3の人が加齢とともに運が悪く慢性腎臓病が進む/薬も治療法もない=血圧を125~75にして、塩分を6g/日にするしか」と答えが返ってきて唖然としたが、6/20から運良く、江部先生の漢方治療を受診できて、Cr1.48~1.90で2012を迎え、よし!スーパー制限食はCKD患者でインスリン人なので、朝食を低蛋白ごはん100gをやめて、チーズ18g+ヨーグルト50gに2/1~試したところ、4/9現在、食後1時間後の血糖値(目標180未満)150前後を推移して、大成功 HbA1c6.5%(NGSP)、今は夕食もやってみています/こちらは2時間後180未満目標です このように、糖質を管理すれば、食後高血糖を制御できるのですが・・・でも、最近届いた「さかえ」誌でも、糖質の記事が全くありません なぜですか?
2012/04/09(Mon) 12:00 | URL | 柚木信也 | 【編集
Re: はじめまして 
さこなか さん。

英国にはヒューマン・ニュートリションという教科書があるので、学部もあると思います。
米国にもあると思いますので、Human Nutritionで問い合わせては如何でしょう。

東京大学大学院医学系研究科公共健康医学専攻
疫学保健学講座社会予防疫学分野 教授
佐々木 敏(ささき さとし)
先生が日本で、人間栄養学にお詳しいです。
英国留学しておられます。


人間栄養学の教科書です。

ヒューマン・ニュートリション 基礎・食事・臨床 第10版
JS Garrow
WPT james
A Ralph 編
日本語版監修 細谷憲政


アマゾン
Human Nutrition with CD-ROM, 11e [ペーパーバック]

http://www.amazon.co.jp/Human-Nutrition-CD-ROM-Catherine-Geissler/dp/0443073562/ref=sr_1_fkmr1_2?s=english-books&ie=UTF8&qid=1333964103&sr=1-2-fkmr1

This is the 11th Edition of the classic text Human Nutrition and Dietetics previously edited by Garrow, James and Ralph. It is an authoritative, comprehensive textbook on nutrition for all those working in the field of nutrition and other health sciences, including undergraduate and postgraduate students. Human nutrition has been written and edited by a renowned team of international experts to ensure authoritative coverage and a global perspective.
2012/04/09(Mon) 18:46 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: なぜ?医師も栄養士もかたくななのですか
柚木信也 さん。

私もよくわかりません。
まあ、専門医ほど保守的であるということは一つあると思います。
2012/04/09(Mon) 18:47 | URL | ドクター江部 | 【編集
"さかえ"の記事
http://blogs.yahoo.co.jp/degas3519/20931744.html
低炭水化物食の功罪(Team DiETの見解)

功 ●体重の減少がみられる
   炭水化物の減少により摂取エネルギーが少なくなるためと考えられる。
   体脂肪の減少かどうかは不明。
  ●食後高血糖が抑制できる。
  ●HbA1cが減少する可能性がある。

罪 ●インスリンを導入している場合、特に低血糖に注意が必要である。
   極端な糖質制限によりインスリンが効き過ぎる場合がある。
  ●タンパク質、食塩の過剰摂取による腎機能の悪化に注意が必要である。
   糖尿病腎症がある場合は禁忌と考える。
  ●食物繊維、ビタミン、ミネラルが不足する。
  ●脂質の質(不飽和脂肪酸、飽和脂肪酸)とコレステロールの過剰摂取に注意が必要である。
  ●主食と比べて、おかずは値段が高いため、食費が高くなる。

2011年 糖尿病ライフ さかえ 8月号より抜粋
2012/04/15(Sun) 17:49 | URL | 精神科医師A | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可