FC2ブログ
2012年4月1日から、HbA1cの表記が変更になり0.4%プラスに
おはようございます。

2012年4月1日から、HbA1cの表記が、「今までのJDS値+0.4%」に変更になります。

日経メディカル オンラインメール 2012.1.24  第585号

に以下の記事が載りました。


【□■ 4月からHbA1cの表記が日常診療でも+0.4%に ■□

日常診療におけるHbA1cの表記を、今年4月以降、現在のJDS値の代わりに(国際標準である)NGSP値で表記することを、1月20日に日本糖尿病学会が発表しました。

既に、2010年7月から学術論文や学会発表ではNGSP相当値への表記変更が行われていますが、4月以降、HbA1cはほとんどのケースでこれまで使われてきたJDS値に0.4ポイントを加えた値となります
(換算式は「NGSP値(%)=1.02×JDS値(%)+0.25」、当面はJDS値も併記)。

これに伴い、糖尿病の診断基準の1つであった「HbA1c≧6.1%(JDS)」も、今年4月1日以降、「HbA1c≧6.5%(NGSP)」に変更されることになります。

「表記の切り替え前後では、以前の測定結果であるJDS値と新たに測定したNGSP値を比較して、『血糖コントロール不良』と判断を誤ることが考えられる。HbA1cの測定表記がどちらであるか必ず確認してほしい」

と日本糖尿病学会理事長の門脇孝氏は話しています。】


いよいよ、ガラパゴス状態だったJDS値(日本だけの基準)が、国際基準のNGSP値に統一されることになります。

2012年4月1日から表記変更ですから、門脇孝先生が指摘されているように、しばらく混乱があるかもしれません。

例えば、今までHbA1c(JDS値)5.7%だった場合、4月1日から、6.1%(NGSP値)と表記されます。

つまり、「JDS値5.7%=NGSP値6.1%」ということで、表記が変更になるだけで、データ悪化ではありません。

しかし患者さんとしては、説明をうけてもなおかつ、

「いきなり0.4%も悪化した・・・」

と誤解することもありえますね。

まあ、根気よく何回でも説明をくりかえすしかないです。

より正確には

JDS値で4.9%以下:    NGSP値(%)=JDS値(%)+0.3%
JDS値で5.0~9.9%:   NGSP値(%)=JDS値(%)+0.4%
JDS値で10.0~14.9%:  NGSP値(%)=JDS値(%)+0.5%

となります。


【糖尿病の診断基準の1つであった「HbA1c≧6.1%(JDS)」も、2012年4月1日以降、「HbA1c≧6.5%(NGSP)」に変更されることになります。】

「HbA1c≧6.5%(NGSP)」以上が糖尿病の診断基準の1つとなり、
「HbA1c≧6.1%(JDS)」は4月1日以降は使用しないということになります。


コントロール良好の指標も
「HbA1c<6.5%(JDS)」→「HbA1c<6.9%(NGSP)」

コントロール優の指標も
「HbA1c<5.8%(JDS)」→「HbA1c<6.2%(NGSP)」

に変更となります。



江部康二
テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
甘味料問題
私は重度の低血統症のため糖質オフの日々です。

しかし甘いものが大好きなためたどりついのが人口甘味料でした。


本日、伊にて甘味料で死亡された女性の記事を拝見しました。

私はラカントをネットにて購入しているのですが不安に感じ、コメントを差し上げております。

また、人口甘味料はとりすぎは注意すべきでしょうか。
2012/03/27(Tue) 10:27 | URL | 手鞠 | 【編集
Re: 甘味料問題
手鞠 さん。

ソルビトール摂取でイタリア女性が死亡という記事ですね。
因果関係があるとはちょっと考えにくいのですが、
ことがことだけに、イタリアではソルビトール販売が中止になってます。

ラカントSの主成分のエリスリトールに関しては、
国連の食糧農業機関(FAO)及び世界保健機関(WHO)は安全性は高いとしています。
自然界に広く分布していて、キノコ類、地衣類、果実類をはじめ、ワイン・清酒・醤油などの発酵食品や哺乳類にも含有されます

ラカントSは1995年に発売ですが、現在まで問題は報告されていません。
私は自分でも使っていますしこれからも使います。
2012/03/27(Tue) 22:20 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 尿糖とケトン体
とも さん。

糖質制限食の初期は尿中ケトン体が陽性となりますが、生理的なもので心配ありません。

糖質制限食実践で尿糖陰性で、血糖値が下がって正常になっている状況で、
ケトン体がでるのは脂肪がよく燃えいる証拠であり、とても良い徴候です。

2012.3.30の本ブログ記事「妊娠糖尿病とケトン体とOGTT」
もご参照ください。
2012/03/29(Thu) 11:34 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可