FC2ブログ
2012年4月15日(日)菊池養生園祭り、講演「美味しく楽しく糖質制限食」
こんばんは。

九州、熊本県菊池市の菊池養生園で毎年開催されている「養生園祭り」に講演会講師としてお招きいただきました。

2012年4月15日(日)午前10時から、

演題 「らくにできる食養生の極意」  
~美味しく楽しく糖制限食~

と題して、私が講演します。

今回は、野外の講演なので、パワーポイントスライドは使用せずに、配付資料を配ってお話しします。

糖尿病・肥満・生活習慣病・健康・・・

わかりやすいお話しを心がけますので、熊本県の皆さん、是非ご参加くださいね。


江部康二


以下は菊池養生園のホームページからの抜粋です。

http://www.yojoen.or.jp/

〒861-1201 熊本県菊池市泗水町吉富2193−1

☆☆☆

催事名 2012年養生園祭
問い合わせ 電話:0968-38-282

趣旨

多くの人に地球のいのち生きるものすべてのいのちの大切さを知ってもらい、次の世代に明るい未来をのこすために

テーマ 「いのちと食」
日時 平成24年4月15日(日) 午前9時30分
場所 菊池養生園構内
主催等 主催 菊池市・合志市
後援 菊池地域農協

内容
(1)公開講演会 10時より 参加無料 
  演題 「らくにできる食養生の極意」  ~美味しく楽しく糖制限食~
  講演者 江部 康二(えべ こうじ)氏 (医師・財団法人高雄病院理事長)
       
・・・1950年生まれ、京都大学医学部卒業。2001年自ら糖尿病であることに気づいて以来、糖尿病治療の研究に取り組み、「糖質制限食」の体系を確立。その後、数多くの臨床活動を通じて、糖尿病・肥満・メタボリック症候群などに対する糖質制限食の画期的な治療効果を証明。著書にベストセラー「主食を抜けば糖尿病はよくなる」(東洋経済新報社)など
              
           
(2)健康展    医療-現代医学・東洋医学・操体法・健康法
  (健康相談)  食物-断食・食養生・自然食・食育

(3)養生市  展示即売バザー・自然食品展示(雑穀・はちみつ等)
         養生特製カレーライス・手作り弁当・だご・うどん・惣菜販売
         自然自家菜園物産販売
         ガレージセール(リサイクル品や手作り民芸品・古書籍など盛り沢山)

(4)特別企画 第26弾 島三線・島唄・こどもヒップホップダンス・藤間流日本舞踊など
         
(5)その他  養生園の活動紹介
      外来診療・健康診断・人間ドック・いきいき養生塾(菊池市)・        元気をつくる養生塾(合志市)各種健康教室・リフレッシュドック紹介
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
細菌、ウイルスの退治について
2011年6月20日の本ブログで、糖質制限が歯周病菌を退治することを教えていただきました。
私も糖尿病克服のために2年前に糖質制限を開始したのですが、日に一度しか歯磨きしていないのに、歯石の成長が止まりました。大きくなる歯石を一定期間ごとに削ぎ落としていたのに、そういうことがなくなりました。
歯周病菌は糖質をエサにして繁殖するのですね。それだけでも、糖質を主食にするということは恐ろしいことだとつくづく思っております。
ところで、癌細胞はケトン体、脂肪酸、アミノ酸を利用することはできず、ブドウ糖をエサに増殖するということは、本ブログで何度も伺っております。糖質制限が癌予防、癌治療に有効である可能性が高いのではと大いに期待しています。
そこで近頃考えたのですが、糖質制限は他の細菌やウイルスの退治に有効ではないかと期待しています。
人間を脅かす、例えば結核菌、肝炎ウイルス、白血病ウイルス、HIVなどは糖質をエサに繁殖するのでしょうか?
或いは、糖質以外の脂肪、たんぱく質も利用することができるのでしょうか?
糖質制限で、それらの増殖を抑制して発病を防ぐことができる確率が高まれば、夢のような話です。
唐突なご質問で申し訳ありません。
2012/03/09(Fri) 20:06 | URL | コバタケ | 【編集
昨日は、大変ありがとうございました。江部先生をはじめ、スタッフの方々には心配りや温もりを頂いたり、震災のこともご心配していただき感謝以外ありません。また、あのように長い時間診察を受けられて、地元でも味わったことのない診察を受けられました。高速バスを乗り継いだ甲斐以上のものがありました。糖尿仲間にも新チョコもお土産として買えました。
花園駅から徒歩で途中迷っても、地元の方々が詳しく高尾病院の位置を教えていただき、地元で有名な存在だということを知りました。本日、無事に茨城に戻りました。今夜から初めての漢方薬を始めさせていただきます。感謝をこめて
2012/03/09(Fri) 20:32 | URL | たこやき頭 | 【編集
Re: 細菌、ウイルスの退治について
コバタケ さん。

仰有るとおり、ガンには、糖質制限食が有効な可能性があります。

一方感染症には、難しいと思います。
何故ならイヌイットが、1900年代初頭、外部から初めて持ち込まれた結核菌に感染して、大量に亡くなっているからです。
2012/03/09(Fri) 21:31 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし
たこやき頭 さん。

遠路はるばる、お疲れさまでした。
漢方薬が奏功してくれると良いとねがっております。
2012/03/09(Fri) 21:33 | URL | ドクター江部 | 【編集
菊池養生園祭りでの江部先生のご講演! 感激するニュースです。
竹熊先生が、「食養生の極意」に「糖質制限食」を位置づけてくだされば、九州に旋風が起こるでしょうね。
勇気百倍! 京都の糖質オフグルメ研究会の活動も、がんばろおっと!
http://toushituoff-gurume.jimdo.com/
2012/03/09(Fri) 23:13 | URL | やきにく南山 楠本 | 【編集
糖質管理食・順調です
江部先生 2/1に始めた糖質管理食・7:45朝食ごはん100gを止めてチーズ18gで継続中ですが3/10現在、8:45の1時間値は平均150以下で、182が1日だけの順調ぶりです 追加インスリンは3単位です 2型人は糖質1g摂取で3mg/dl血糖がアップする+主食以外の糖質は1食分で約20gとあります とすれば、3/1起床時101/1時間値156 3/10起床時106/1時間値146 はどう考えたらいいのですか 追加インスリン1単位当たりの効果(どれだけ血糖値を下げるか)は個人差が大きいのですか=現在使用中のノボ製フレックスペンでは、3単位が感覚的に限界ですが、2単位、1単位と減らした実験もありでしょうか 
2012/03/10(Sat) 11:24 | URL | 柚木信也 | 【編集
味は予想よりもずっと飲みやすいものでした。
煮出したあとのカスも、結構大量なのでもったいないような気がしました。それで食べてみました。無理でした。ミキサーにかけ細かくしました。でも飲み込めませんでした。やはり煮出しなのですね。
2012/03/10(Sat) 12:44 | URL | たこやき頭:患者 | 【編集
江部先生お疲れ様です
仙台から熊本へと大変ですね。先生には頭が下がります。私も微力ながら少しずつ糖質制限食を広めてます。1週間前も糖尿病未治療の人をお教えし
感謝されたところです。今後ももっと前進したいと気持ちを引き締めてます。
2012/03/10(Sat) 14:06 | URL | ちえ | 【編集
Re: 「Directly」、「直接」
下町の糖尿人 さん

「グルカゴンは、血糖値が下がって糖を必要とするようになったときにだけ肝細胞に作用する」のであれば、

>多量にたんぱく質を摂取すれば、血糖値が上昇すると思っています。

というご心配は不要なのではないでしょうか。もちろん程度問題はありますが。
2012/03/10(Sat) 14:38 | URL | Mdayon | 【編集
再度質問です。
先生、お返事ありがとうございます。

ビタミン12などが不足とのこと…なのですね。
では、人間の歯の構造が穀物をすりつぶす歯が一番多いつくりになっていると教わったこと、また、穀物を消化する消火液(酵素?)が一番日本人には多く含まれているから、穀物が最も消化吸収がされやすいということ、日本人の腸は外国の方と違って、腸が長いつくりになっているから、肉などの動物性のものを食べると、長時間腸にとどまり発酵し、滞留するために体にとっては大変な悪影響を及ぼす…などと教わったtことは、一体どう解釈・理解すればいいのでしょうか…?

どちらが本当なのか正しいのか、頭が混乱していて、これからの食生活を一体どうしたらいいのかわかりません。

先生がお教えくださった過去記事も拝読しました。でも、私が教わり、それが正しいと何度も言われた上記のことは、どう捉えたらいいのかわかりません。

何度もすみません。
わかりやすく教えていただけたら幸いです。
宜しくお願い致します。
2012/03/10(Sat) 21:34 | URL | kiki | 【編集
蛋白質と血糖上昇について
こんにちは
ブログは必ず読むことで、自己コントロールをしています。コメント欄もとても参考になります。

メタボから抜け出したい息子が一念発起して糖質制限を始めました。
糖尿病ではないので、さほど気にはしていなかったようですが、糖質制限のDVDを見せたり、私の強い説得で、将来いろんなリスクを伴うメタボの怖さを知ったようです。

炭水化物依存症というキーワードがかなりのインパクトだったようで、子供の頃からの食習慣に思い当たる節があったと言います。勿論、親である私自身が糖質の怖さを知る由もなく、ごはんを食べなければ力が出ないと信じ込んでいたのですから仕方ありません。

今彼は、昼間は支給されるご飯付き弁当を食べながら、夜だけは主食抜きをやっているようです。
5日で体重が一気に2キロダウンしたのと、とにかく食後の眠気が失せたことに驚いています。

そこで質問なのですが、「下町の糖尿人」さんの「多量にたんぱく質を摂取すれば血糖値を上昇させるということの理解でよろしいですか」というコメントのお答えは、「間接的には上昇させる」とありました。
私は現在、主食を摂るときのみ(もちろん少量ですが)セイブルを半分飲んでいます。
それ以外は、たんぱく質がメイン(肉、魚、大豆製品、乳製品)の食事を摂っています。
食事に占める割合で、たんぱく質が32%で、
56%の脂肪を摂るというのが具体的に理解できずにいたのですが、先生の著書の「糖質制限レシピ集」のメニューは全てその割合で調理されているとの理解でよろしいですか。

たんぱく質、脂肪は全く血糖値を上げないと思っているので、ご飯代わりに豆腐や、油揚げのチーズ入りトーストにマヨネーズソースを塗って食べたりします。脂肪は血糖値を上げないが、たんぱく質を大量に摂るのには何か問題がありますか

前のブログに世界ガン研究基金が推奨するとして、赤身肉(牛、豚、羊)は週500g以下を目標というのがありました。それ以上食べることには問題があるのでしょうか。
糖質制限を安心して行っていきたいとの思いからもしかして勝手な思い込みをしているのではという不安がよぎりご相談申し上げました。

先生の御著書「満腹ダイエット」は、糖尿病以外の人にもかなりのインパクトがあると思いました。
これを読めば、食についての認識が変わること間違いなしです。 読後、息子に届けました。
禁煙がこれからの課題です。






2012/03/10(Sat) 22:44 | URL | よよ | 【編集
Re: 糖質管理食・順調です
柚木信也 さん。

1単位のインスリンが、何mg血糖値を下げるかは個人差が大きいです。
10mg~60mgの間だと思います。
低血糖にはご注意ください。
ご自分の場合、何mg下げるかを知っておくと便利ですね。
2012/03/11(Sun) 09:47 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし
たこやき頭:患者 さん。

だしだけ飲んでいただけば、大丈夫です。
だしがらは、肥料にしている人もおられますよ。
味がまあまあで良かったです。
2012/03/11(Sun) 09:49 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: Re: 「Directly」、「直接」
Mdayon さん。

タンパク質(アミノ酸の種類にもよります)は、少しインスリンを分泌させますが、
グルカゴンも分泌させるので、血糖値に関しては(下げる方と上げる方の)
バランスがとれて、変化がないのだと考えられます。
2012/03/11(Sun) 09:53 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: こんばんは。
ドリーム さん。

了解です。
入院中は、「インスリン+糖質管理食」という今の方法で、よいと思います。
2012/03/11(Sun) 09:58 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 再度質問です。
kiki さん。

自分で判断されては如何でしょう。

「人間の歯の構造が穀物をすりつぶす歯が一番多いつくりになっていると教わったこと、また、穀物を消化する消火液(酵素?)が一番日本人には多く含まれているから、穀物が最も消化吸収がされやすいということ、日本人の腸は外国の方と違って、腸が長いつくりになっているから、肉などの動物性のものを食べると、長時間腸にとどまり発酵し、滞留するために体にとっては大変な悪影響を及ぼす…などと」
これらは全て仮説であり、エビデンスではありません。

私は、高雄病院で「玄米菜食+魚」を長年指導してきました。
2001年からは「糖質制限食」を導入しました。
今でも「テーラーメードダイエット」の枠組みのなかで、両者を併用しています。

私自身は、2002年からスーパー糖質制限食を実践中です。
2012/03/11(Sun) 10:14 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 蛋白質と血糖上昇について
よよ さん。

食事からのタンパク質が、直接血糖に変わることはありません。
間接的には、食事からえたタンパク質は消化されてアミノ酸になって吸収されて、
アミノ酸プールに入ります。
アミノ酸プールのアミノ酸は、糖新生に利用されます。

「たんぱく質が32%で、56%の脂肪、12%の糖質」
この数値は
高雄病院の給食のレシピの平均がこのくらいということで、大雑把なものです。

腎機能正常な人が高タンパク食を食べて、どうこうなるという論文はありません。

世界ガン研究基金の推奨も、糖質を40~60%摂取している人におけるものですので、
スーパー糖質制限食の人には当てはまらないと思います。
2012/03/11(Sun) 10:33 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 再度質問です。
kiki 様;

『日本人の腸が欧米人より長い』というのは,日本でだけ通用している嘘だと思います.
海外では『人種により腸の長さが違う』という記述にお目にかかったことがありません.

ではどうして 日本で この説をみんな信じているのかと言うと,

http://kyoto-trailrun.lolipop.jp/main/2006/08/post_87.html
にもありますように,この説は健康食品やダイエットサプリのHPで流布されているケースがほとんどです.
しかもそこに書かれていることは,おとなしいもので『日本人の腸は欧米人の1.5倍』というものから,なんと『日本人の腸の長さは3倍(!!)』というものまでバラバラです.

では実際はどうなのかと,米国の解剖生理学の教科書を見ますと;

『Gray’s Anatomy of the Human Body』
http://www.bartleby.com/107/

大腸は1.5m
The large intestine extends from the end of the ileum to the anus. It is about 1.5 meters long,
小腸は7m.
The small intestine is a convoluted tube, extending from the pylorus to the colic valve, where it ends in the large intestine. It is about 7 meters long,

つまり日本人の平均と同じであって,日本人の腸が長いというのは完全に間違っております.

2012/03/11(Sun) 11:45 | URL | しらねのぞるば | 【編集
解りました
有難うございました

スタンダード糖質制限や、プチ糖質制限の場合は、肉の量を減らすということですね。
日本人の食べる量は西欧に比べて少ないから、あまり考えなくて良いのでしょうね。
2012/03/11(Sun) 14:11 | URL | よよ | 【編集
『食養生』

恥ずかしながら、はじめて知った言葉でした^^

なぜか、琴線に触れました^^

しかも、4/15は、私の地元の熊本!

ちょっと検討してみます^^
2012/03/11(Sun) 15:07 | URL | 響 陽侶斗 | 【編集
Re: Re: 再度質問です。
しらねのぞるば さん。

ありがとうございます。
2012/03/11(Sun) 19:45 | URL | ドクター江部 | 【編集
熊本の専門医
診断と治療99(11)1825-1830, 2011
糖尿病患者の療養指導、食事指導
陣内秀明

 2004年に「科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン」の初版が出されて以来改訂を続けており、そのなかで食事療法に関しては食事療法ステートメントとして述べられている。個々人の生活習慣を尊重した個別対応の食事療法がスムーズな治療開始と持続のために必要とされ、そのために十分な聴取を行う。摂取エネルギー量を決定した後、摂取成分に関しては炭水化物が指示エネルギーの50%以上60%を超えない範囲、蛋白質は標準体重1kgあたり1.0~1.2g、残りを脂質で摂取するとされている。一方、栄養素の適正配分に関しては様々な議論があり、蛋白質摂取制限を是とする説[8](China study)あるいは糖質摂取制限が有用であるとする説などが巷間に流布している。
 糖質制限は当初欧米で提唱され最近では国内でも低インスリンダイエット、糖質制限食と巷で話題にされたものもある。前者はあくまで健康法として提唱されていたものであり、一方、後者は治療法として提唱されたものでグリセミック・インデックス(glycemic index: GI)の考え方を用いている。いずれもその有用性はいまだ不明である。糖質の過剰摂取または炭水化物の過剰摂取が、急激な血糖の上昇そしてインスリンの過剰分泌を促し、肥満、さらには糖尿病へと進展するとの仮定のもと、その摂取を抑制することで血糖上昇を抑制すると主張されている。多種多様な食材が存在する日本において永続的な実施が可能かどうかはいまだ検証されていない。糖質制限食においては血糖上昇反応速度であるGIと、実際に血糖値をどれだけ上昇させるかの目安になると言われている血糖負荷指数であるグリセミック・ロード(glycemic load: GL)を主体に考えられている。食事は、主食を抜くか減量することで食事ごとにとる炭水化物の量を減量し、代わりに蛋白質や脂質を多く含む食事をとることで1日の総摂取カロリーは変わらないようにするものである。蛋白質摂取量は変化しないことが多いので脂質摂取が増加することが多い。内因性インスリン分泌が低下しているような患者の場合、ケトン体増加によるケトアシドーシスの出現も考えられる。医療機関において実施する場合は血液検査等で病態を把握できるが、一般家庭において、健康法と混同し患者が自己判断でこの食事療法を実施することには問題が多い。
 Fooらの動物実験においては炭水化物12%、蛋自質45%、脂質43%を長期に摂取すると、炭水化物43%、蛋白質15%、脂質42%の内容を摂取した群と比較して、血糖コントロールは改善するものの動脈硬化を進展させたことが示されており[9]、ヒトの2型糖尿病症例でも同様の結果が報告されている[10]。日本人での科学的な長期的検討が求められるところである。

8) T. Colin cambell: The China Study: The Most Coprehensive Study of Nutrition Ever Conducted And the Starting Implications for Diet. Weight Loss and Long-term Health. 2006
9) Szasz TS. et al: A contribution of the philosophy of medicine: The basic models of the doctor‐patient relationship. AMA Archives Intern Med 97:585-592. 1956
10) Foo SY.et al.: Vascular effects of a low-carbohydrate high‐protein diet. Proc Nati Acad Sci USA 106: 15418-15423. 2009

【解説】見てわかるように、引用文献の番号が違っている。また、1956年の文献を間違えて掲載している。読者を馬鹿にした論文である。社会心理学者のSzaszがあらわしたこの論文は本田佳子がPractice 2011年9月号で紹介しており、医療における医師と患者との関係についての論文である。「医師は患者の主体性を支援するという相互参加モデルで、両者の関係は平等であり、モデルは成人と成人の関係にあたり、医師・患者で5分5分の能動性が必要となる」との内容で、「食事療法の実践には患者の意思が必要となる。治療の主体は患者側にあり、医療者はそれを支援する立場である」と本田は解説している。

陣内秀昭氏について
www.jinnouchi.or.jp/index-5.html

陣内秀昭氏は日本病態栄養学会認定NSTコーディネーター。
JAMA論文の共同執筆もしている
ttp://jama.ama-assn.org/content/300/18/2134.full

陣内病院のblogでは、2011-08-24に「特に脳はブドウ糖が唯一のエネルギー源となります」との記載あり
ttp://jinnouchihp.blog121.fc2.com/blog-category-36.html

2010-06-24のblogは
「糖質の制限ばかりを考えていると、大変なことになりますよ!」
ttp://jinnouchihp.blog121.fc2.com/blog-entry-126.html

米国糖尿病学会でも発表しているが、何を勉強に行ったのか。地元の新聞にも出ている
ttp://qq.kumanichi.com/medical/2010/06/post-1375.php
2012/03/18(Sun) 15:31 | URL | 精神科医師A | 【編集
Re: 熊本の専門医
精神科医師A さん。

コメントありがとうございます。

陣内先生、引用文献の番号が違っているのは、困ったもんですね。

【陣内病院のblogでは、2011-08-24に「特に脳はブドウ糖が唯一のエネルギー源となります」】

これはいくら何でも、ひどいです。
脳はケトン体をいくらでも利用するのは、
欧米の医師・栄養士においてはごく当たり前の共通認識です。
またまた日本の糖尿病専門医のガラパゴス状態が露呈ですね。
2012/03/18(Sun) 19:06 | URL | ドクター江部 | 【編集
日本人の腸
>日本人の腸が欧米人より長い

1995年の東大論文が否定しています
www.springerlink.com/content/xp77g37764148821/

" A peroperative comparison of Western and Oriental colonic anatomy and mesenteric attachments "

INTERNATIONAL JOURNAL OF COLORECTAL DISEASE
Volume 10, Number 4 (1995), 216-221

<ABSTRACT>
There was no significant difference in total colonic length comparing Western ( median=114cm, range 68-159cm ) to Oriental ( median=111cm, range 78-161cm ) patients.
2012/08/20(Mon) 17:38 | URL | 精神科医師A | 【編集
Re: 日本人の腸
精神科医師A さん。

いつも貴重な情報をありがとうございます。

「日本人の腸が欧米人より長い」・・・まことしやかな定説が巷に流布していましたが
これで、終止符ですね。
2012/08/20(Mon) 19:46 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可