FC2ブログ
原発性高脂血症?と 糖質制限食
おはようございます。
昨夜は夜診を終えて帰る時、半袖でいきなり寒かったです。
月もくっきり綺麗でいよいよ秋本番ですね。
今朝も涼しくて快適です。

さてkeyeyeさんからの質問です。

「驚愕的なお話
江部先生、ちょっとしつこいかも知れませんがお邪魔いたします。
先生ご推薦の「検査値と病気 間違いだらけの診断基準」を入手いたしました。
そこに驚愕的なお話が掲載されています。
コレステロールについて(低すぎてもダメ、高ければ高いほどよい)というわけではありません。の辺りに、日本人では500人に1人の割合で遺伝的にコレステロールの高い「家族性高脂血症」の人がいて男性の家族性高脂血症の人では、50才までに約半数の人が心筋梗塞を発症します!と記してあるではありませんか。当に、私の1つ上の兄が44才で急性心筋梗塞を発症し運良く一命を取り留めていたのでした。以前はお互いにその中性脂肪値の高さを自慢?し合っていたものでした。該当する一族としては驚愕的な話題です。以前は、遺伝だから仕方無いと半ば捨て置いていました。とんでもないことでした。こうして「糖質制限食」+芋焼酎数杯(以前は日本酒5~6合+焼酎ハーフボトル1本をたまに、でしたが現在はどうやら江部先生と同格くらい)であの数値ですから。次から次へと目から鱗の毎日です。謝々です。」

keyeyeさん。コメントありがとうござます。

東海大学の大櫛陽一先生の
「検査値と病気 間違いだらけの診断基準」太田出版
初めて読んだ時は私も目から鱗が落ちる思いをたくさんしました。

日本国民の健康のためにもとても役に立つ良著だと思います。
ブログ読者の皆さんも是非、ご一読ください。

大櫛先生の本に載っていたのは、家族性高コレステロール血症のことでしたね。原発性高脂血症の分類には、いろいろありますが難し過ぎるのでここではふれません。
http://www.nanbyou.or.jp/sikkan/028.htm" target="_blank">http://www.nanbyou.or.jp/sikkan/028.htmに詳しく載っていますので興味ある方は参照していただけば幸いです。

keyeyeさん、ご兄弟は、コレステロールより中性脂肪が高値ですので、家族性高コレステロール血症というよりは、原発性高カイロミクロン血症か、内因性高トリグリセリド血症の可能性があります。

しかしながら、keyeyeさんの場合、中性脂肪値1530mgが 糖質制限食で183mgまで減少してますので、遺伝的・家族的なものより、食生活習慣の方が大きな要因だった可能性もありますね。

いずれにせよ、糖尿病脂質異常症(高脂血症)も、食事療法・運動療法で充分改善可能な段階と考えられます。このまま、美味しく楽しく糖質制限食を続けていかれることで、内服薬なしで、心筋梗塞再発予防が期待できると思いますよ。

江部康二
テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
こんにちは
ブログの内容とは関係ない質問で、ごめんなさい。
先月、私の叔母が先生の病院に入院し、3ヶ月間お世話になりました。ありがとうございました。
入院中に、看護師さんとも仲良くさせていただいようですが、叔母から「看護師さん募集してるのと違う?」と聞きました。確かに、高雄病院HPにも看護師募集はありましたが、どこの病院でも常時看護師募集なので、あまり気に留めませんでした。京都で働くことは、学生時代からの憧れでした。高雄病院の職員はとても優しい人が多くて働きやすい職場だとか。ずばり、先生、本当に看護師さんを募集していますか?
2007/09/26(Wed) 14:11 | URL | 澪 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック