FC2ブログ
ノンシュガー トリュフ チョコレート セカンド・ゼロのご紹介
truffe06_convert_20120218090800.jpg

こんにちは。

先月、22、23日の記事で、世界初のエリスリトールを主甘味料に使った、全く新しいチョコレート「シュクリーベ」をご紹介しました。

main.jpg

ノンシュガーチョコレート シュクリーベ
http://www.toushitsuseigen.com/shop/sweets_suclibe.html

この世界で初めてのノンシュガーチョコレートを作ってくれたのが、Healthy Sweet社なのですが、なんとこのたび、Healthy Sweet社製のホワイトチョコレートをベースに、京のスイーツの名店、「菓子職人」稲井シェフが糖質オフのトリュフチョコレートを完成してくださいました。

それが、今回ご紹介する、

ノンシュガー トリュフ チョコレート「セカンド・ゼロ」
http://www.toushitsuseigen.com/shop/sweets_secondZero.html

「菓子職人」稲井シェフといえば、これまた世界初のノンシュガー生チョコレート、ショコラ・ド・ゼロを完成させて下さった一流パティシエさんです。

甘いものにはそれほど興味のない私ですが、子供のころからチョコレートだけは大好きで、某大手メーカーさんがノンシュガーチョコレートを出したのを見つけたとき、売り場にあったものを買い占めたこともあります。

ですが、美味しいかと言われれば正直まだまだで、チョコレートを食べた満足感には程遠いものでした。

なので、稲井シェフがショコラ・ド・ゼロを完成して下さった時は、その美味しさに大感激して、同じくチョコレートが大好きな宮本輝先生にお送りしたくらいです。

その稲井シェフが、今度は糖質制限のトリュフチョコレートを試作中と、高雄倶楽部のあらてつさんから聞きまして、試作が出来上がってくるのを心待ちにしていました。

そして待つこと数ヶ月、ついに完成したのが、このノンシュガー トリュフ チョコレート「セカンド・ゼロ」です。

ラムホワイト、ナッツミルク、抹茶、アールグレイ、カフェの五種類の味になっており、そのどれもが、糖質制限の枠を超えて、砂糖を使ったチョコレートと遜色のないでき、いや、もはや砂糖を使ったチョコレートを超えたと言っても過言ではないでしょう。

これも、

「すべての人に甘い幸せをお届けしたい」

そんな稲井オーナーシェフの熱い思いと

「糖尿病の方でも安心して食べられるチョコレートを作りたい」

株式会社Healthy Sweet代表の高森さんの情熱の賜物です。

しかも、我々糖尿人にとって最も大切な血糖値についても、お二人の情熱は見事に答えてくれました。

私の検査結果です。


2012年1月22日(日)

午后5:45 食後6時間空腹時血糖値:104mg

上から2個、茶色の丸いチョコ(菓子職人新作)摂取

午后6:15 食後30分血糖値:101mg
午后6:45 食後60分血糖値:99mg


あらてつさんによると、成分分析に出した数値では、一個あたり1.1~2.1gの糖質になったそうですが、私の血糖検査結果では全く上がっていませんし、患者さんで測定したときは、5つ全部食べても血糖値の上昇はみられませんでした。

菓子職人、稲井シェフとHealthy Sweet高森さんの情熱と努力と技術と根性で、世界で初めて完成した血糖値を上昇させないトリュフチョコレート(^-^)v(^-^)v

いかに大変なお仕事だったか、想像を絶するものがあります。

お二人には、チョコ好きの糖尿人を代表して、大きな大きな感謝を送りたいと思います。m(_ _)mVV

このノンシュガー トリュフ チョコレート「セカンド・ゼロ」は糖質制限ドットコムで販売しています。

まずはこちらをクリック
↓ ↓ ↓
ノンシュガー トリュフ チョコレート「セカンド・ゼロ」
http://www.toushitsuseigen.com/shop/sweets_secondZero.html

砂糖入りの普通のチョコレートと比べて全く遜色ない、いえ、それ以上の仕上がりでとても美味しいですので、糖尿人、メタボ人、ダイエッターの皆さん、是非一度お試しあれ。



江部康二



テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
こんにちは

荒木Drの糖質ゼロのふすまパンhttp://www.low-carb.co.jp/about/index.html

このパンは、糖質があるていど含まれています。と 江部先生はおっしゃっているのですが、HPを見ても、糖質0.5g以下と表記されていています。実際はどの位の糖質が含まれているのでしょうか?今まで信じて食べていただけに、本当のところが知りたいです。ご回答よろしくお願い致します。

2012/02/19(Sun) 16:49 | URL | ゆう | 【編集
Re: タイトルなし
ゆう さん。

糖質がどのていど含まれているかは、
当方にはわかりません。

言えるのは、このパンを食べて結構、血糖値が上昇された糖尿人がおられたということです。
勿論普通のパンよりは上昇は少ないと思いますが、「0.5g×3mg=1.5mg」
ではすまなかったようです。
2012/02/19(Sun) 21:05 | URL | ドクター江部 | 【編集
血糖値上げないあまいケーキ
いつもお世話になっております。2月19日日経新聞に山田悟先生が血糖値上げないあまいケーキ、商品化へ河田勝彦シェフら50人以上の協力とありました。爆発的に広がりそうな予感が。
2012/02/19(Sun) 23:02 | URL | 菜の花 | 【編集
手作り低糖質菓子
江部先生、しばらく振りに書き込みいたします。糖質制限食の効果で、ヘモグロビンA1c値が5.6まで下がって、食事療法だけで済むようになりました。半年前は12.6もあったのでびっくりしてます。糖尿病が発覚してからは趣味のお菓子づくりも控えていましたが、ラカントの使い方を覚えてからは、高野豆腐のフレンチトーストやおからの焼きドーナッツなども作るようになりました。最近では、元々得意だったどら焼づくりも再開しました。大豆粉とふすま粉で皮をつくり、大豆水煮を砕いてラカントで煮詰めあんこを仕込みました。仕事仲間と美味しくいただいています!
2012/02/20(Mon) 01:56 | URL | DJニューエラ | 【編集
食べ過ぎ、運動不足の不思議
肥満、メタボ、生活習慣病の原因として食べ過ぎがいけないとよく言われます。当然のことのように言われていますが、これは不思議です。
動物は飢えに備えて、食べられるものならたくさん食べておこうとするはずです。満腹を感じる手前で食べることを止められる動物などいるのでしょうか?人間は適度な蓄えを通り越すぐらいまで食べないと気がすまないぐらい食べてしまう、不健康になるぐらまで食べしまうのでしょうか?満腹中枢、食欲本能が壊れているのでしょうか?糖質制限を学ばせていただいて、その疑問はスッキリ晴れました。食べ過ぎがメタボの原因ではなく、炭水化物が原因でした。炭水化物を止める限り、肉、魚など人類本来の食べ物をたくさん食べても多くの人はメタボ解消し、適正体重に戻れるということから明らかです。人間の食欲本能は壊れてない、そう思います。
それから、運動不足もメタボの原因と言われますが、それもおかしいと思います。
自然界の動物の運動量、或いは消費エネルギーは少ないと思います。食べ物を探す活動、身を守る活動など、生存に必要な最小限の動きに留め、消耗することを避けようとしているのではないしょうか?人間の場合は、それらをも下回る運動不足に陥っているのでしょうか?一日一万歩などとよく言いますが、本当にそれだけ必要なのでしょうか?この疑問も糖質制限で説明がついたと私は思っています。糖質制限すれば、特段の運動などしなくともメタボ解消して、健康体になれる人が多いからです。
現代人は食べ過ぎでもなければ運動不足でもありません。そうではなく、人類本来の食べ物ではない炭水化物を食べるのであれば、炭水化物を食べ過ぎてはいけない、或いは運動で発散しなければならないと、私の中で結論付けられました。
2012/02/20(Mon) 04:09 | URL | コバタケ | 【編集
おいしそう
ここ3年はおかしは口にしてません。楽しみができました。
2012/02/20(Mon) 10:45 | URL | ちえ | 【編集
がん予防について
いつもブログで勉強させていただきとても勉強になっています。
先日テレビに良く出られる先生のがん予防の講演を聞く機会がありました。
そのなかで何とか基金から生徒たち向けの漫画でのDVDメッセージを作成し、それを配布するという話をされました。
テーマ別に作成してあります。
その漫画はとてもユニークでメッセージ性は強いものだと思ったのですが、そのテーマが①肉はあまり食べないようにしよう ②たばこは吸わないようにしよう ③検診を受けよう というものでした。これを見た子どもたちは肉はがんになるのだというメッセージがインプットされるだろうなぁという気がしました。
がん細胞は糖質しか栄養源にしないのであれば肉よりか糖質の方を摂らないようにとのメッセージを出すべきだと思うのですが、それはがんになってからの対処の方法なのでしょうか。がんになるのは肉類の多量摂取が原因になっているのでしょうか。よくわからなくなってきました。
2012/02/20(Mon) 13:21 | URL | M.S | 【編集
はじめまして
モチベーション維持のためにもコメント投稿させていただきます。

30歳、現在2人目妊娠15週です。160cm51kgがつわりで46kgまで落ち、つわりがおさまった現在、47から48kgまでもどってきています。

2週間前の妊婦健診の血液検査で空腹時血糖値が108で、産婦人科の先生に「気にするほどではないが少し高め。次回もう一度検査します。」と言われ、自分としては、つわりで体重が落ちているし、食事量も減っているのになぜ今??とビックリでした。
不安になってインターネットで調べたところ、江部先生の糖質制限を見つけることができました。さっそく『主食を抜けば糖尿病はよくなる』と、dancyuの『満腹ダイエット』を買って読みました。

2週間、自己流で糖質制限をしたつもりになって、今日もう一度検査を受けたところ、115とあまり変わらずでした。(前夜9時に砂糖と小麦粉入りで作ったシフォンケーキをたくさん食べてしまったんですが、、、関係あるでしょうか。)先生は再び、「少し高め。中期にも血液検査はあるし、次回1カ月後の健診でもう一度採血しましょう。」とおっしゃっていました。

自己流の方法ですが、以前から朝食は摂らないので、昼・夜2食で主食を抜き、おかずを増やしています。つわり以降お米が食べられなくなっていたので、今のところすんなり馴染めています。

まだ2週間ですし、自己流ですし、現に夜中にケーキの誘惑に負けてしまう(魔が差したのはこの1回だけです!)程度なので、今日からはもう少しきちんと意識して頑張ってみようと思っています。

すみません、ここから質問になってしまいますが、お忙しいことと存じますので、お時間のある時にお答えいただければ幸いです。

・妊娠すると血糖値が上がり気味になるとのことですが、中期・後期ならまだしも、前期でもその可能性はあるのでしょうか。
・もし妊娠の影響で血糖値が上がっているのだとすれば、妊娠週数が進むにつれて、糖質制限食を続けていても、妊娠していない人に比べて改善の度合いが低くなるのでしょうか。
・産婦人科の先生は「少し気になるので次回も検査」といった軽い感じなのですが、負荷試験をしていただいた方が確実でしょうか。

妊娠時に血糖値が高いと出産後にも境界型か糖尿病に持ち越してしまう、又は、正常に戻っても将来糖尿病を発症する可能性が高い、、ということなので、このまま糖質制限食を続けていくつもりです^^何より、食後の眠気や疲れが全くないので♪
お腹の子供のため、妊娠中・出産後の体重管理のためと、気になる「少し高めの血糖値」の改善のためにも、これからたくさん勉強して良い結果をお知らせできるよう頑張ります。

因みに私もチョコレート大好きなので、糖質制限ドットコムでお買い物するべく、主人の給料日を指折り数えている日々です♪
2012/02/20(Mon) 14:30 | URL | あゆちゃんママ | 【編集
お尋ねさせて下さい
こんにちは。初めまして。偶然、糖質制限という言葉を知り、先生の御本を拝読させていただきました。そして、お尋ねしたいことが出てきて…。

①私は毎朝、自家製にんじんリンゴジュースを飲んでいるのですが、糖質制限食ではやはり、このジュースは飲まない方がいいのでしょうか? 本も出されている石原先生という方は、にんじんリンゴジュースは大変栄養満点で摂取した方がよい飲み物と言われていますが…。

②スーパーを実行してみたいのですが、家族の手前、全くご飯を食べないのはムリだと思うのですが、1食につき何グラムくらいまでであれば食べてもいい許容範囲なのでしょうか?ご飯は、玄米ご飯です。 ちなみに、朝はにんじんリンゴジュースのみ。食事は昼と夜の2食が日常です。

③アガベシロップという甘味料がありますが、こればおすすめされているラカントSのような使い方をして摂取しても大丈夫でしょうか?血糖値の上がり方はゆっくりと言われているアガベシロップですが。

④私は数年前からお肉はほとんど食べない生活で、お魚や卵は週に1度食べるくらいなのですが、こんな私でも糖質制限食は実行可能なのでしょうか? たんぱく質の摂取がとても大事だという印象なので…。納豆やお豆腐などは大好きですが、それらだけからのたんぱく質摂取で効果が得られるのかどうか…。

⑤お豆腐や納豆、トマトやセロリ等々…他にも色々ありますが、それらは身体を冷やす作用が強い為、あまり摂らない方がよいと言われたことがあります。特に私は冷え性なので。 でも、これらがダメだとなると、一体どうしたらいいのかわからなくて。

色々とお尋ねしてしまい申し訳ございません。悩んでいます。どうか宜しくお願い致します。
2012/02/20(Mon) 15:01 | URL | ぽぽろん | 【編集
Re: 血糖値上げないあまいケーキ
菜の花 さん。

山田悟先生、着実に成果を上げておられますね。

もうすぐ、糖質制限食OKレストランの本も出版されると思いますよ。
2012/02/20(Mon) 15:35 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 手作り低糖質菓子
DJニューエラ さん。

「半年前は12.6だったヘモグロビンA1c値が5.6」

素晴らしい改善ですね。
どら焼き、大豆粉とふすま粉なら糖質は少量ですむので、良かったですね。
2012/02/20(Mon) 15:38 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 食べ過ぎ、運動不足の不思議
コバタケ さん。

私も同感です。

糖質制限食を始めた頃は、そこまで思わなかったのですが、今は、
ほとんどの生活習慣病の、元凶は精製炭水化物の頻回・過剰摂取による、
グルコース・ミニスパイクとインスリン大量追加分泌と考えるようになりました。
実際、糖質制限食で症状が改善することが、その証明ですね。
2012/02/20(Mon) 15:53 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 糖質制限食
嵯峨野出身の佳志 さん。

私は自分ではつくらないので、総論的な知識しかありません。
糖質制限OKお好み焼きの材料としては、小麦フスマとおから粉を混ぜたりしたら良いかと思います。









2012/02/20(Mon) 17:56 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: おいしそう
ちえ さん。

糖質制限ドットコム http://www.toushitsuseigen.com/

小樽フィッシャーマンズキッチン http://www.ofk-jp.com/

などで、チョコレート、ケーキ、アイスクリーム・・・スイーツが手に入りますよ。
2012/02/20(Mon) 17:59 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: がん予防について
M.S さん。

食事とガンの関係は、エビデンスといえるほどの、研究論文はありません。

糖質12%のスーパー糖質制限食(肉たっぷり)と糖質50~60%の通常食(肉は少なめ)を
比較したような研究はありませんので、エビデンスはないとしか言いようがありません。

一方、高血糖と高インスリン血症が発ガンのリスクとなることには、エビデンスが沢山あります。
そして、高血糖と高インスリン血症を生じるのは糖質だけで、脂質・タンパク質は生じません。

また、イヌイットが伝統的食生活(スーパー糖質制限食)だったころは、西欧型のガンが
ほとんどなかったことも参考になると思います。
2012/02/20(Mon) 18:24 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: はじめまして
あゆちゃんママ さん。

拙著のご購入ありがとうございます。
妊娠糖尿病だと診断されても、スーパー糖質制限食なら、インスリンなしで血糖コントロール可能です。

「・妊娠すると血糖値が上がり気味になるとのことですが、中期・後期ならまだしも、前期でもその可能性はあるのでしょうか。」

あると思います。

「・もし妊娠の影響で血糖値が上がっているのだとすれば、妊娠週数が進むにつれて、糖質制限食を続けていても、妊娠していない人に比べて改善の度合いが低くなるのでしょうか。 」

糖質制限食で乗り切れると思います。

「・産婦人科の先生は「少し気になるので次回も検査」といった軽い感じなのですが、負荷試験をしていただいた方が確実でしょうか。」

定番だと負荷検査になりますが、婦人科の先生とご相談ください。

2011年08月08日 (月)のブログ記事「妊娠糖尿病と糖質制限食と産婦人科」
2011年06月06日 (月) のブログ記事「糖尿病妊娠と血糖値コントロール目標と糖質制限食」

をご参照ください。
2012/02/20(Mon) 18:43 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: お尋ねさせて下さい
ぽぽろん さん。

拙著のご購入ありがとうございます。

糖尿病でなければ、①はよいと思います。
「玄米菜食+魚」でやってこられてますが、肉はなしでも、お魚を毎日食べるほうがいいですね。
炊いた玄米は100gくらいはいいでしょう。
③は「果糖+ブドウ糖」ですので、NGです。
④はお魚をしっかり食べましょう。
⑤は、日常的な範囲の摂取は、問題ありません。
2012/02/20(Mon) 18:56 | URL | ドクター江部 | 【編集
がん
がんと糖質については溝口徹氏の「がんになったら肉を食べなさい」が面白いと思います。氏の女性のうつの著書も読みましたが、私自身も糖質制限してから精神的に安定したように思います。「精神科医師A」さんにお近い方なのではないかと感じました。




2012/02/21(Tue) 18:22 | URL | 菜の花 | 【編集
Re: がん
菜の花 さん。

心理的安定、良かったですね。
2012/02/21(Tue) 19:28 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可