FC2ブログ
糖尿病学会専門医も「糖質制限食」推進派に変身!
こんにちは。

名古屋・hさんから、「糖尿病学会専門医も「糖質制限食」推進派に変身!」という、とても嬉しいコメントをいただきました。


【12/02/13 名古屋・hさん
糖尿病学会専門医も「糖質制限食」推進派に変身!
江部先生

こんばんわ。糖質制限食もエビデンスはないことはわかりました。

今日、2か月毎の定期検査、診察で当方の主治医(日本糖尿病学会専門医)も糖質制限食メリットを認め、糖質制限食を肯定、積極的に勧めてくれたことに、驚くとともに大変うれしく思いました。

昨年4月からス-パ-糖質制限食を開始し、HA1cは7.3から、3か月で5.1に低下しその後も正常値を維持していました。これまで主治医は正常値を維持しているので、糖質制限食を中止せよとは言えないが、主食も取るようにと従来のカロリ-制限を勧めてその考えを変えませんでした。

今日の測定値、HA1c、5.3、血糖値(食後2時間)、110でした。
今日の主治医の意見は、正常値で問題はなく、脂肪、タンパク質で十分カロリ-を取り(当方はやせ気味で身長172cm、体重52kg)野菜も十分取って、今の食事を継続しなさい、に大変換したのです。

もちろんその理由は聞きませんでしたが、江部先生の幅広い活動の結果が、わが主治医にも影響を与えていることは間違いないと思います。また、ヒエラルキ-8位としても、自分の患者の症例も否定できない事実です。

糖質制限食が広く認知され全国の多くの病院で実施される日も近いと感じます。

名古屋・h】



名古屋・h さん。
良かったです。

2011年4月から、糖質制限食開始でデータ改善しても、主治医はカロリー制限食を、ずっと推奨されていたのですね。

2012年2月の診察で、「脂肪、タンパク質で十分カロリ-を取り」ということで、とうとう糖質制限食肯定に大変換とは素晴らしいです。

糖尿病専門医として、勇気ある主治医と思います。

長年の常識や固定観念を変えるのは、専門医にとって結構しんどいことなので、柔軟な考えの素晴らしい主治医です。

臨床の現場から、一歩一歩糖質制限食が浸透していってますね。



江部康二
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可