FC2ブログ
どうしてお腹が減るのかな、小児科のおかだ先生からコメント
こんにちは。

「どうしてお腹が減るのかな」というコメントを小児科のおかだ先生からいただきました。

とても参考になる興味深い体験談なので、記事にさせていただきました。


【12/02/13 おかだ

どうしてお腹が減るのかな

江部先生
「どうしてお腹が減るのかな」という駄文を書いてみました。

お昼を過ぎてまだ仕事が終わらないときにイライラしませんか。
お腹が減ると人に優しくできなくなりませんか。
午後3時頃におやつが欲しくなりませんか。
特に絶食したわけでもないのに、「あー死ぬほど腹へった!」と感じたことはありませんか。
おなかが減ったときご飯を食べて「ウー満腹!」(ぽんぽん)ってしたことはありせんか。

1ヶ月前の私はすべてありました。おなかがすくと怒りっぽくなっていました。

糖質制限を始めてから、それが全くなくなりました。

今日などは朝7時に民宿で朝食、ご飯の代わりにオールブランというシリアルと牛乳あとは、味噌汁、あじの開き、生卵などです。

7時半から風速10m、気温2度のなか正午までセーリングをしました。寒さはキツかったですが空腹感は全くありませんでした。陸に上がり、ホットココアを一杯飲むと文字通りホットしました。午後2時半片付けも終わり、むちゃくちゃおなかが減っていたわけではなかったので、昼食用に持ってきたゆで卵1個と糖質1g、50Kcal のシリアルバーを一本食べました。

それから6時の夕食にお持ち帰りのケンタッキーのチキンを3ピースと野菜の煮込み、サラダを食べ、ちょうどいい腹ご心地です。

今まで感じていた死ぬほどの空腹感っていったい何だったのだろうと考えました。

今日一緒にいた脳外科の友人は、激しい空腹感はないと言っていました。

昼に空腹を感じてもしばらくすると空腹感は感じなくなり、気がつくと夕食の時間だという日もあるとか。

以前の私ならとても信じられない話です。ヨットに乗っていても、食事の時間になると「飯」「飯」と叫んでいました。

さて、

* 血糖を上げるのは糖質だけである。
* 正常人でも食後140程度の高血糖になっている。
* 血糖を下げるためインスリンが追加分泌される。
* 食後高血糖のあと急速に血糖値は低下する(糖尿病ほどではないにしてもグルコーススパイクが起こっている)

ここまでは教科書に乗っている事柄です。

以下は私の推測です。

* 急激な血糖値の低下が空腹感を催させる。
* おやつに糖質を食べると再び血糖が上昇し空腹感が無くなる。
    (例、小腹が空いたので、むし養いを食べた)

余談ですが、これを繰り返していると、いつかは膵臓のラ氏島β細胞が疲弊し、インスリンの分泌が悪くなり糖尿病となり、疲弊しにくい人はインスリンの作用で内臓脂肪が蓄積され、インスリン抵抗性が増し、糖尿病になります。

さて糖質制限すると、食後の血糖上昇はより緩やかになり、インスリン追加分泌も少なく血糖の上昇も軽度でインスリンの追加分泌もわすかだと思われます。

インスリンの追加分泌が少ないと急激な血糖低下は起こりません。それ故激しい空腹感に苛まれることはなくなると考えます。

江部先生の著書( http://www.amazon.co.jp/主食をやめると健康になる-ー-糖質制限食で体質が変わる!-江部-康二/dp/4478017425)によると糖質制限はいろいろなメリットがあると書いてありますが、私が実践して今のところ一番のメリットは空腹感に苛まれることがなくなったことです。

もしも、最初に指摘した事項におもいあたる方は糖質依存です。

肝機能、腎機能に異常のないかたは騙されたと思って糖質(ご飯、パン、うどん、そば、粉モン、清涼飲料水、野菜ジュース、ケーキ、和菓子、オカキ、イモ、かぼちゃ)を2週間やめてみませんか。

注意することはカロリーは制限しないでください。

足りないカロリーは豚肉、オリーブオイル、マヨネーズ、ごま油などで補ってください。(詳しくはレシピ本 http://www.amazon.co.jp/糖尿病のための「糖質オフ」ごちそうごはん-江部-康二/dp/4757216858/ref=pd_sim_b_4 )などを参考にしてください。

腹が減れば、くるみなどのナッツ類を食べてください。

2週間試してください。今まで糖質依存でありお腹が減ったと感じていた時間がなんと無駄であったかと感じると思います。人類は1ヶ月くらい水だけで生存出来るだけの脂肪を蓄えているそうです。一食くらい食べなくても命に関わるわけはありません。

それが死ぬほどの空腹を感じていただなんて本当におかしな話です。

本当に今は幸せです。好きなものを腹いっぱい食って、昼食を抜いても空腹感に苛まれず、体脂肪が減っていくのですから。】



おかだ 先生

貴重な体験談をありがとうございます。
ご指摘の点は、全くその通りと思います。

湿潤療法で有名な、

夏井睦先生のホームページ http://www.wound-treatment.jp/title_new.htm

でも、糖質制限談義、花盛りですね。

嬉しい限りです。(^^)

夏井先生にはお礼のメールをいたしました。

糖質制限な話題満載のお返事もいただきました。


【* 血糖を上げるのは糖質だけである。
* 正常人でも食後140程度の高血糖になっている。
* 血糖を下げるためインスリンが追加分泌される。
* 食後高血糖のあと急速に血糖値は低下する(糖尿病ほどではないにしてもグルコーススパイクが起こっている)
ここまでは教科書に乗っている事柄です。】


おかだ先生、上記は私の本には書いてありますが、通常の医学の教科書には、載ってないと思いますよ。

「血糖を上げるのは、糖質だけで、タンパク質・脂質は上げない」

と明示してある、糖尿病の本は皆無です。

糖質管理食でさえも、日本糖尿病学会のガイドラインには記載されていないのが現状です。

2012年1月15日(日)に開催された、第15回日本病態栄養学会年次学術集会(国立京都国際会館)における
「糖尿病治療に低炭水化物食は是か?非か?」ディベートセッションが、糖尿病学会が糖質制限食を認知するきっかけになればいいのですが・・・。



江部康二
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
こんにちは、大阪で内科医をしているものです。

私自身は、現在30歳台前半、167cmの63kg、ウェスト70cm弱で、体脂肪率は16%ほどです。

去年から今年にかけて夜のビールとそれに伴うラーメンなどの夜食のせいで、体重が57kg→63kgと増えました。

そこで先生のブログを見て、出来るだけパンご飯、麺類を食べないという大ざっぱな糖質制限を始めて一ヶ月ほど経ちますが、体重は特に変わらず、ウェストは2-3cmほど細くなりました。太ももも少し細くなったと思います。

もともと私は57kgのときは周りに痩せすぎだとよく言われていたので、先生が2/12のブログで「糖質制限をしていると痩せすぎの人は体重が増えて適正体重になる」と書いておられる通り適正体重になっているんだと思います。

ただ、それはどのようなメカニズムで起こっているかがいまいち分からず、自分で考えてみてもピンとくるアイデアがありません。

そのメカニズムについては、先生はどう考えておられますか? 
2012/02/14(Tue) 13:53 | URL | むむむ | 【編集
Re: タイトルなし
むむむ さん。

体重が不変でも、ウェストは2-3cmほど細くなっておられますので、
内臓脂肪は減少したのではないでしょうか。

肥満が解消するメカニズムはきっちり考えましたが、
痩せが適正体重になるメカニズムは、私も考えていませんでした。
考えてみます。

2012/02/14(Tue) 14:59 | URL | ドクター江部 | 【編集
江部先生、いつも更新を心待ちにしておる糖尿人です。先生のレシピ集をみながら食事を作っております。私の場合は、適正体重どころか、いくら食べてもやせる一方で夕食後はお腹がすいて何かを食べずにはいられない状態です。
糖質制限食で体重が適正体重になるのであれば、これが私の体重なのかもしれません。
ウエストが、79センチから73センチになってしまいました。糖質制限食開始からおよそ半年になります。
ヘモグロビンは4・9パーセント。空腹時血糖値は124です。
この状態を維持していけば、合併症などはあまり心配しないでもよいのでしょうか?
なによりも、ウエストがすごく細くなったので、びっくりしております。
2012/02/14(Tue) 19:33 | URL | プレミオ | 【編集
皆様へ
私 九州で看護師やっています。
朝7時に食パン1枚食べて 11時には異常な空腹感と発汗=飢餓感ありました。むさぼるように11時頃ご飯たべてました。で、夕方17時頃、異様な飢餓と吐き気を繰り返していました。このような生活が嫌になるのと 異常な自分にきずき
調べまくり 1年前に江部先生に出会いました。江部先生のコメントで自分が機能性低血糖と知りました。

1年前からスーパー制限食で 今現在、体重は12K減。20年来の脂肪肝と肝機能は今は正常値です。(アル―コール飲みすぎです。半年で正常値です)

ひどい時にはγ値300行ってましたが^^;。
今もアルコール摂取してますが江部先生のおかげで 異様な空腹感は なくなりました。肝機能は正常^^
あ、腹囲も92センチから今は75センチです。
今思うと あの時の飢餓感・・・・汗と立っていられないくらいの動機・頭の中は 食べる事以外何も考えられない。

あの異常な飢餓感はなくなり 今は幸せです^^   



2012/02/14(Tue) 19:55 | URL | norikky | 【編集
追記
岡田先生の 「どうしておなかがへるのかな」
は 当時私も 同じように「なんでこんなに異様に腹減るんだ!」と思っていました。
2012/02/14(Tue) 20:05 | URL | norikky | 【編集
シリアルバー
おはようございます。

こんなコメントですみませんが、
岡田先生が昼食に摂られた
糖質1gのシリアルバーって
既製で売っているものでしょうか?
それとも手作りですか?
ネットで探したのですが見あたりませんでした。

皆さんアクティブでもお腹が空かないとは
恐るべし糖質制限ですね^^

2012/02/15(Wed) 07:29 | URL | acco | 【編集
メタボ・レプチン・ケトン体
江部先生

ついで、こんな報告を見つけました。

   http://kaken.nii.ac.jp/en/p/21590137
   
糖質制限食 1年過ぎて、絶好調です。
そこで思うことは、「ヒトの本来のエネルギー源はケトン体であって、糖の代謝はサブシステムである」
と考えると生活習慣病関係に関する事象が凄く分かりやすくなりました。

「糖質制限食」ばんざ~~い

2012/02/15(Wed) 10:03 | URL | Ymamoto_ma | 【編集
Re: タイトルなし
プレミオ さん。

空腹時血糖値が境界型ですが、HbA1cは4.9%ですので、
食後高血糖は全くありません。
合併症はまず大丈夫と思います。

脂質・タンパク質は満腹するまで充分量摂取して、BMI20は確保するよう目指してくださいね。
2012/02/15(Wed) 12:51 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし
norikky さん。

症状改善、良かったですね。

私も機能性低血糖ではありませんが、糖質摂取時代にあった、
お腹の皮がくっつきそうな空腹感は、糖質制限食にして、全くなくなりました。
ほどよくお腹がすいたという感覚はあります。
2012/02/15(Wed) 12:54 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: メタボ・レプチン・ケトン体
Ymamoto_ma  さん。

情報、ありがとうございます。
私もケトン体に関して、
Ymamoto_ma  さんと、同様に思います。
ケトン体はブドウ糖よりエネルギー効率がよい優れものです。
さらにケトン体には、癌細胞抑制作用もあるようです。
2012/02/15(Wed) 13:05 | URL | ドクター江部 | 【編集
ありがとうございます
「どうしておなかが減るのかな」を書いたおかだです。
http://d.hatena.ne.jp/pediatrician/20120213/1329110249
に検査値も載せています。
江部先生コメントありがとうございます。
湿潤療法で火傷の子どもたちが救われ、糖質制限で私が救われました。
そうなんですか、教科書には載っていないんですね。医師会のメタボ講習会で、食後高血糖がメタボの原因と言われてなるほどと思い、食事の量を抑えなければ考え、おかずとご飯を少なくしました。それで体重は5kgほど減ったのですが、本来卵や油好きの私にはおもしろくない食事でした。それが今では、卵も一日2-3個、毎日肉を食べてもやせていくという超幸せな日々です。
ちなみに体重40キロ弱の嫁も私につきあいスタンダード糖質制限(朝のみパンかご飯)にしていますが、体重は減っていません。それどころか今まで食後3-4時間を過ぎると冷や汗が出てくるほどの低血糖に悩まされていましたが、糖質制限始めてからその症状が出なくなりました。

「米を食べないと腹持ちが悪い」という人に「米を食べるからからが減るのだ」というと怪訝な顔をされ、食後高血糖、その後の高インスリン血症、それによる血糖の急激な低下云々という話をしています。

本当に糖尿病になる前に糖質制限に出会えて良かったと感謝しています。

シリアルバーはヤクルトのリエータです。http://www.yakult-hf.co.jp/products/lieta_cereal.html 糖質が3.6gから5.1g入っていますので本当は糖質制限食ではありません。でも腹にものが入っていないと胃酸が出て胃が存在感を持つこと上がり、その際昼食として1本をたべるくらい問題ないと判断しました。
2012/02/16(Thu) 15:30 | URL | おかだ | 【編集
ありがとうございました。
おかだ先生
シリアルバーはヤクルトのリエータですね。
有難うございました。

昨日父は病院にいってきました。
心房細動があるので血栓予防の薬をもらうために行くのですが、糖尿も一緒にみてもらっています。
メトグルコとグルファストだったのをグルファストは飲み忘れやすいという理由でジャヌビアとメトグルコに変えてもらいました。
糖質制限食にしているので食後のスパイクはおきていなようです。
空腹時血糖値は115でした。

今年は寒いのですが、いつも手足の指が血行不良となり真っ白になります。
しかし足のほうはその回数が減っていい爪が生えてきています。
8月から始めた糖質制限、すごいです!

江部先生。
自衛隊でも糖質制限食。
すごいです。


2012/02/17(Fri) 07:43 | URL | acco | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可