FC2ブログ
江部診療所のホームページを開設しました。
こんばんは。

江部診療所のホームページを開設しました。

まだ出来たてですので、なかなかグーグルで検索しても上位にあがってきません。

是非、上記をクリックして覗いてみてくださいね。

http://ebe-clinic.jp/


本ブログのリンクにも上から3番目に、江部診療所を載せました。

面倒くさがりで、ずっとほったらかしにしていたのですが、

「最低限の診療情報だけでもあったら助かる」

という患者さんの声も多かったので、重い腰をあげました。

簡単に以下の情報が閲覧できます。

治療方針・診療内容
院長紹介
診療時間帯
交通アクセス
休診情報


以下はトップページからの抜粋です。


江部診療所は1989年3月1日、京都市左京区下鴨高木町で開設しました。

北には送り火で有名な妙法の山々、南には糺の森があり、京都らしい緑に恵まれた環境に位置しています。

開設当初より「漢方治療」を中心に据えつつ「西洋医学」も併用し、患者さん個々に合わせた医療を実践してまいりました。

私は、高雄病院理事長も務めており、江部診療所は、高雄病院、および高雄病院京都駅前診療所と連携した医療を展開しています。

私たちは、アトピ-・アレルギーの治療システム「アトピー学校」を確立し、運営しています。

「アトピー・アレルギー治療」に対する長年の経験があり、その治療実績は日本有数のものと自負しております。

また、2001年からは、画期的な糖尿病の治療食「糖質制限食」の指導を導入しています。

2012年1月15日、第15回日本病態栄養学会年次学術集会において「糖尿病治療に低炭水化物食は是か?非か?」というディベートセッションが行われ、私は是側の演者として講演しました。

このことは、糖質制限食が医学界の表舞台に登場したという意味で、大きな一歩といえます。

<糖質制限食による糖尿病治療/漢方治療/アトピー・アレルギー治療>

これらが、江部診療所の治療の3本柱です。

毎週月曜日の夜は、革島定雄医師の外来です。

革島医師は、私の京大医学部の同級生で、この3本柱にも精通しておられます。

テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
2型糖尿、糖質制限食実施
昨年発刊された書籍で、糖質制限を長く続けることにより、糖質不足により、動脈硬化しやすくなり、危険ですよ、という情報を見ましたが、すでに論じられているのではと思うのですが、私はあまり気にはしていないのですが、よろしければ最新の情報、お願いします。
2012/02/10(Fri) 10:17 | URL | マッキー | 【編集
Re: 2型糖尿、糖質制限食実施
マッキー さん。

その書籍の根拠となっているのは、英国砂糖局がスポンサーの一つの、歪曲論文であり、
信頼度のないものです。

2012年01月22日 (日) の本ブログ記事
「糖質制限食批判の根拠として引用されているDiabetesの論文について」

をご参照ください。
2012/02/10(Fri) 15:42 | URL | ドクター江部 | 【編集
マッキーさんへ
そのようなことを書いた書名と著者を教えて下さいますか?。内容をくわしく知りたいです。
2012/02/10(Fri) 16:08 | URL | 精神科医師A | 【編集
京都
江部先生
前に,海外旅行と糖質制限のテーマで取り上げていただきました。その節はどうもありがとうございました。
ところで,幸運なことに,4月から京都の職場に移ることになりました。そこで,江部先生ご関連のところでお世話になりたいと思っております。とはいうものの,高雄病院,高雄病院京都駅前診療所,そして江部診療所の3つのうちのどこにすればよいのか,正直なところわかりません。これら3つの機関は,例えば,対象とされている患者さんなどが異なるのか?といったことを教えていただくことはできないでしょうか。あるいは,まずは,これらのうちのどこに連絡して,相談するのか適切か,お教えいただけないでしょうか。
ここでお聞きすることではないかとは思いますが,もしも可能でしたら,おしえていただければ,大変に助かります。
2012/02/11(Sat) 17:46 | URL | もえ | 【編集
Re: 京都
もえ さん。

高雄病院、駅前診療所、江部診療所、治療対象・方針は一緒です。

現在高雄病院では、私の外来は原則、他の医療機関の紹介患者さん以外は、新患はとっておりません。

江部診療所は、余裕があれば適宜、受け入れています。
詳細は江部診療所ホームページ http://ebe-clinic.jp/
をご覧いただけば幸いです。

2012/02/12(Sun) 10:08 | URL | ドクター江部 | 【編集
どうしてお腹が減るのかな
江部先生
「どうしてお腹が減るのかな」という駄文を書いてみました。
お昼を過ぎてまだ仕事が終わらないときにイライラしませんか。
お腹が減ると人に優しくできなくなりませんか。
午後3時頃におやつが欲しくなりませんか。
特に絶食したわけでもないのに、「あー死ぬほど腹へった!」と感じたことはありませんか。
おなかが減ったときご飯を食べて「ウー満腹!」(ぽんぽん)ってしたことはありせんか。
1ヶ月前の私はすべてありました。おなかがすくと怒りっぽくなっていました。
糖質制限を始めてから、それが全くなくなりました。
今日などは朝7時に民宿で朝食、ご飯の代わりにオールブランというシリアルと牛乳あとは、味噌汁、あじの開き、生卵などです。
7時半から風速10m、気温2度のなか正午までセーリングをしました。寒さはキツかったですが空腹感は全くありませんでした。陸に上がり、ホットココアを一杯飲むと文字通りホットしました。午後2時半片付けも終わり、むちゃくちゃおなかが減っていたわけではなかったので、昼食用に持ってきたゆで卵1個と糖質1g、50Kcal
のシリアルバーを一本食べました。
それから6時の夕食にお持ち帰りのケンタッキーのチキンを3ピースと野菜の煮込み、サラダを食べ、ちょうどいい腹ご心地です。
今まで感じていた死ぬほどの空腹感っていったい何だったのだろうと考えました。
 今日一緒にいた脳外科の友人は、激しい空腹感はないと言っていました。昼に空腹を感じてもしばらくすると空腹感は感じなくなり、気がつくと夕食の時間だという日もあるとか。
以前の私ならとても信じられない話です。ヨットに乗っていても、食事の時間になると「飯」「飯」と叫んでいました。
さて、
*       血糖を上げるのは糖質だけである。
*       正常人でも食後140程度の高血糖になっている。
*       血糖を下げるためインスリンが追加分泌される。
*       食後高血糖のあと急速に血糖値は低下する(糖尿病ほどではないにしてもグルコーススパイクが起こっている)
ここまでは以下は教科書に乗っている事柄です。
以下は私の推測です。
*       急激な血糖値の低下が空腹感を催させる。
*       おやつに糖質を食べると再び血糖が上昇し空腹感が無くなる。(例、小腹が空いたので、むし養いを食べた)
余談ですが、これを繰り返していると、いつかは膵臓のラ氏島β細胞が疲弊し、インスリンの分泌が悪くなり糖尿病となり、疲弊しにくい人はインスリンの作用で内臓脂肪が蓄積され、インスリン抵抗性が増し、糖尿病になります。
さて糖質制限すると、食後の血糖上昇はより緩やかになり、インスリン追加分泌も少なく血糖の上昇も軽度でインスリンの追加分泌もわすかだと思われます。インスリンの追加分泌が少ないと急激な血糖低下は起こりません。それ故激しい空腹感に苛まれることはなくなると考えます。
江部先生の著書( http://www.amazon.co.jp/主食をやめると健康になる-ー-糖質制限食で体質が変わる!-江部-康二/dp/4478017425)によると糖質制限はいろいろなメリットがあると書いてありますが、私が実践して今のところ一番のメリットは空腹感に苛まれることがなくなったことです。
もしも、最初に指摘した事項におもいあたる方は糖質依存です。
肝機能、腎機能に異常のないかたは騙されたと思って糖質(ご飯、パン、うどん、そば、粉モン、清涼飲料水、野菜ジュース、ケーキ、和菓子、オカキ、イモ、かぼちゃ)を2週間やめてみませんか。
注意することはカロリーは制限しないでください。足りないカロリーは豚肉、オリーブオイル、マヨネーズ、ごま油などで補ってください。(詳しくはレシピ本
http://www.amazon.co.jp/糖尿病のための「糖質オフ」ごちそうごはん-江部-康二/dp/4757216858/ref=pd_sim_b_4
)などを参考にしてください。腹が減れば くるみなどのナッツ類を食べてください。
2週間試してください。今まで糖質依存でありお腹が減ったと感じていた時間がなんと無駄であったかと感じると思います。人類は1ヶ月くらい水だけで生存出来るだけの脂肪を蓄えているそうです。一食くらい食べなくても命に関わるわけはありません。それが死ぬほどの空腹を感じていただなんて本当におかしな話です。
本当に今は幸せです。好きなものを腹いっぱい食って、昼食を抜いても空腹感に苛まれず、体脂肪が減っていくのですから。
2012/02/13(Mon) 00:41 | URL | おかだ | 【編集
Re: どうしてお腹が減るのかな
おかだ 先生

貴重な体験談をありがとうございます。
ご指摘の点は、全くその通りと思います。

夏井先生のホームページでも、糖質制限談義、花盛りですね。
嬉しい限りです。(^^)

夏井先生にはお礼のメールをいたしました。
糖質制限な話題満載のお返事もいただきました。
2012/02/13(Mon) 17:32 | URL | ドクター江部 | 【編集
糖尿病患者として色々先生に御教示頂きたいことがあるのですが・・
糖尿病患者です。以前より先生の低炭水化物食に興味を持ち、まねごとに過ぎないか・・とは思いつつ自分流の低炭水化物食を実践し(ている積り)です。色々と先生から御教示頂きたく、どのようにしてコンタクトを取ればいいのか分かりませんでした。たまたまこのコ-ナ-目にし、早速御相談・ご教示を頂きたいと思いましたが、この方法でよいのか否かが分かりません。これでよろしいのでしょうか?
2012/04/04(Wed) 14:59 | URL | bush | 【編集
Re: 糖尿病患者として色々先生に御教示頂きたいことがあるのですが・・
bush さん。

直接の診察は、高雄病院か江部診療所にお電話で、診療予約をお取りいただけば幸いです。
2012/04/04(Wed) 23:04 | URL | ドクター江部 | 【編集
ビタミンについて
糖尿の検査をした所、数値が0.1超えてしまい、境界線に立っていると診断されました。そこで、先週から、先生の糖質制限給食を実践しています。中にビタミンの事が書かれてない様に思いますが、A,B,C,D,E等どんな具合でしょうか?この給食のメニュウを実践していれば、摂取出来ているのでしょうか?お教え下さい。
2012/11/27(Tue) 14:55 | URL | 道産子 | 【編集
Re: ビタミンについて
道産子 さん。

糖質制限食は、魚・肉・卵・豆腐・納豆・葉野菜・海藻・キノコ・ナッツ・・・

バランス良く何でも食べるので、ビタミンが不足することはないと思います。

例えば、玄米菜食だと、ビタミンB12が不足しやすいです。

2012/11/27(Tue) 15:24 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可