FC2ブログ
糖質制限食と外国旅行
おはようございます。
今朝は、やっと少し涼しさを体感している江部康二です。

さて、

海外旅行と糖質制限食に関する質問が渡部さんんとスイートさんのお二人からありました。お二人とも、海外旅行では 『糖質制限食が困難』という先入観に惑わされておられるようですね。

実は、海外旅行でも糖質制限食は簡単に実践できるのですよ。 (〃^¬^〃)

「渡部 要次 : 江部先生にメッセージ送れる事にとても嬉しく思います。3年前糖質制限食の本を読んで感動しました。血糖値が下がらず(A1C8.0)で薬が次々強くなって、胃まで痛くなり悩んでいた頃に、本を知って これだ!。と感動しました。現在はまだ高めですが(A1C 6.4)で安定してます。ごちそうレシピの本も参考にしてます。本当にありがとうございます。今の悩みは糖質制限食を始めてから外国へ出掛ける事が出来なくなりました。先生のアドバイスをお願いします。 (2007/09/11 14:03:10) 」

「外国旅行したい
初めてコメントいたします。江部先生に質問出来るコーナーがある事知ったのは最近で、とても嬉しいです。 主人は糖尿病と診断されてから10年以上薬を飲んでおりましたが、段々血糖値が下がらなくなり、強い薬が処方されるだけで、とても悩んでいましたところ・・先生の本を読んで「目からウロコとはこの事だよ!。」と感動して始めたのが二年前の春です。暗中模索しながら徹底的に食事を変えました。主治医も驚いたくらい血糖値が下がり、高血圧だった血圧も安定してます。それでも(現在A1C6.5でスターシス錠90mg)を朝昼夕食前に服用してます。 2年前まで外国へ出掛けるのが楽しみでしたが・・糖質制限食を始めてからは出掛けてません。  外国旅行は食事が難しく食料持参する事しかないのでしょうか・・。江部先生の良いアドバイスお願いしたいのです。
by: スイート * 2007/09/24 23:13 」


渡部 要次さん。コメントそして本ご購入ありがとうございます。

HbA1cが8.0→6.4%と改善。良かったですね。おめでとうございます。

6.4%以下ならば、糖尿病による合併症がほとんど生じないとされていますので、是非保っていただきたいと思います。

スイートさんもコメントそして本ご購入ありがとうございます。

また、ご主人の 糖質制限食によるHbA1cの改善、良かったです。今後6.4%以下を目指してくださいね。

海外旅行ですが、 糖質制限食の旅は充分可能と思います。
日本国内でも外食を考えれば同じことなのですが、中華料理でも地中海料理でもフランス料理でも大丈夫です。

フランス料理なら、パンやケーキなどさえ止めておけばフルコース食べることができます。季節がよければジビエ料理(野生の鳥獣料理)もいいですね。

イタリア料理でパスタがないのはさすがに寂しいですが、お魚やお肉や野菜料理を食べるなら問題はありません。

ギリシャなどの地中海料理はオリーブオイルたっぷりで、海の幸が豊富で糖質制限食OK食材が多いと思います。

中華料理も麺類やご飯やマントウ(パン)や餃子の皮などに注意して、野菜、牛肉、豚肉、海鮮・・・いろんな 糖質制限食OK食材があります。

アメリカでもステーキやハンバーグは大丈夫ですね。カナダやオーストラリアは食材が豊富で糖質制限食に不自由はしないと思います。

糖尿人でよくヨーロッパに出張される男性の言ですが「日本料理は、寿司とかダシとか隠し味に砂糖とかをよく使ってあるので、結構血糖値が上昇します。かえってフランス料理のほうが 糖質制限食的です。」と仰ってました。

糖質制限食を実践する前は、従来のカロリー制限食に従い、フランスに行ってもわざわざ寿司を食べたりしていたそうです。そうすると血糖自己測定器で高血糖連発で困っていたのだそうです。

今は、フランス料理やステーキを食べて、血糖値はほとんど上昇しないそうです。

カロリー制限食と違って、面倒くさい計算は要りません。糖質制限食で必要なのは、食材の糖質だけに留意することです。

まあ、簡単に言えば主食(糖質)を抜いて、おかずばかり食べていれば概ねOKです。

渡部さんもスイートさんご夫妻も、海外に行って糖質制限食を美味しく楽しくどんどん食べてくださいね。

江部康二
テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
追加までに。

アメリカでは、例えばレストランではサラダの種類は日本よりもずっと豊富です。量もすごく多く、特に焼いたチキンやえび、サーモンがどかんとのっているものは充分おなかいっぱいになります。ドレッシングをかけずに持ってきてもらってオリーブオイルとバルサミコ酢で食べれば全然OKですよね。

大抵のレストランではあとは焼いたお肉や魚、えびなどはあるのでそれもOKですよね。

ファーストフードでも最近はローカーブ(低糖質)フードという名でレタスでまいたハンバーグ(モスのなつみバーガー)もあるし、どのファーストフード店でもサラダは最低2-3種類はあります。

スーパーでもサラダは売っているし、焼いたチキンやハム、チーズもありますよ。

アメリカでは宗教上の理由やベジタリアンでいろいろ注文つける人が多いので、レストランでも一緒についてくるライスの変わりにレタスをつけて、などの注文も比較的すんなり聞いてもらえます。

ご参考までに。
2007/09/25(Tue) 14:59 | URL | k | 【編集
日本食は甘いんですね。
 ドクター江部康二さま。いつもブログを楽しく拝見しております。残暑厳しい東京から熱いエールを送っているシープシぺッタです。
 今回の、糖質制限食と外国旅行の記事を読んで、さすが、ドクター江部、食に関する知識と造詣がぐっと深まっていらっしゃる、と、いまさらながらに感激…!。
 実は以前に日本在住のブラジル人の友人から、「日本料理の味つけは甘くてちょっと苦手~」と言われたことがあります。
 外国人からみた場合の日本料理と言えば、代表的なものがお寿司に天ぷら、うなぎや煮物などでしょうけれど、そう言えば、酢ご飯には少々砂糖が入っているし、天つゆも蒲焼きも煮物の味つけも砂糖や味醂ですることが多いですよね。いわゆる食事に甘い味つけがしてあるのが不思議なんだそうです。
 私からすれば、ブラジルのスイーツは、頭がかち割られるぐらい甘くて~。とくに赤道に近い地域では、保存の意味もあるので、ジャムやスイーツ類にはびっくり仰天するぐらいの砂糖を入れるんですよね。
 さらに驚いたのは、カフェジーニョ(エスプレッソコーヒー)に、ティースプーンで3~5杯ぐらいのお砂糖を入れるんです。(カップはデミタスサイズで!!)。なんでも砂糖の甘さで目を覚ますんだとか。エスプレッソコーヒーといえばブラックと勝手に決めていた私には、びっくり仰天ものだったわけです。
 ちなみに、その友人のお父さまは糖尿病…。ブラジルは糖尿病患者さんが多いらしい。しかも、西洋医学一辺倒で、アメリカから薬をバンバン持ち込まれている…。他の代替医療を受けるのがむずかしいのだそうです。おまけに西洋医学を受けられるのはお金持ちの限られた人だけ…。糖質制限食が普及すればよいのですけれどね。
 ちなみに、シュハスコ(ブラジルの焼き鳥)は完全無欠の糖質制限食ですね。フェイジョアーダ(黒豆と臓物の煮込み)も単品で食べればオーケーですね。私はどちらのメニューも大好き。かつてよく、ブラジリアンレストランで食べ放題にチャレンジしていました。ブラジルでは、日本よりもお肉がおいしく安全で、安く手に入るそうですね。友人は、日本のお肉やさんで売っているスライス肉にはびっくりだったそうです。ブラジルでは、キロ単位の塊で売っているらしい。(ただ、日本の企業がアマゾンの森林を伐採して牧場にして牛を育てているらしいので、食に関しては地球規模の矛盾がつねにからみますね…)。
 話は脱線しますが、我が家ではつれあいが一年半前からダイエットの目的で、ゆるやか~な糖質制限食をはじめてていますが、はじめて一週間で効果てきめん、いまでもすっきり体形とすっきり気分をキープしていて好調です。なんでも馴れると間食したくなくなり、少量で満足できるようなカラダに変身するらしい。
 つれあいの場合には、ごはんやお餅、フランスパン、お煎餅やあられなどがないと気がすまない、炭水化物中毒に近い感じだったのです。それらをやめただけで、ダイエット効果だけでなく、お顔のブツブツや、いつも目についていたお米のとぎ汁のようなおつゆもなくなりました。
 息子は幼稚園児で、朝と昼のお弁当、午後のおやつにしっかりごはん(おにぎりも)食べていますが、夕べの食卓にはごはんがのぼらないことが多い我が家です。おかず中心の献立です。我が家族の主食摂取の割合は、つれあいは、一日一食、息子と私は一日二食という感じです。
 実は我が父(75歳)が、若いころからの飲ん兵衛さんで、晩のメニューは酒の肴が中心。ごはんが晩にないということにさほど私自身抵抗がありませんでした。ですから、さんまの塩焼きがメインなんていう感じです。
 そんなゆるやか~にてきと~に、糖質制限食実践中の我が家では、一番糖質制限食を実践しやすい外食は、なんといっても焼鳥屋さんという結論に。
 焼き鳥を塩でオーダーし、モツ煮込みとおあげ焼きと冷ややっこに、焼き魚や椎茸焼きや葉物のお浸し…。これで糖質制限しているという意識もなく、普通に満足できます。プラス息子は焼きおにぎりをオーダーしますが。
 考えたら、焼き鳥って、ブラジルのシュハスコもふくめ、古今東西人気メニュー。縄文時代からあった調理法なんではないかな、と、思います。しかし、難点はビールにあうメニューという点。そろそろ私もかわいく(?)ふくらんだお腹を眺めて、脱ビール宣言を~と思う今日この頃でした。
2007/09/25(Tue) 17:52 | URL | シープシぺッタ | 【編集
とても参考になりました。
ありがとうございます。国内では自己管理できても、海外では無理と思ってました。外国旅行に明るい希望が湧いてきました。 これからも先生のブログを拝見しながら学びたいと思います。株式会社高雄倶楽部の製品を取寄せましたがとてもお気に入りです。  江部先生のご活躍を心から応援いたしてます。
2007/09/26(Wed) 14:44 | URL | スイート | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック