FC2ブログ
3大栄養素と血糖、米国糖尿病学会の見解、1997→2004→2009年版
こんばんは。

3大栄養素と血糖に関する米国糖尿病協会の見解について、精神科医医師Aさんから、貴重な情報をコメントいただきました。

精神科医医師Aさん、いつもありがとうございます。

2004年版のLife With Diabetes(米国糖尿病協会・ADA)によれば(☆☆)、食べ物が消化・吸収されたあと、糖質は100%血糖に変わり、タンパク質・脂質は血糖に変わりません。

「Carbohydrate,protein,and fat contain calories.
Only Carbohydrates directly affect blood glucose levels. 」 3rd Ed,2004

直訳すると、

「炭水化物・タンパク質・脂肪はカロリーを含有している。炭水化物だけが、血糖値に直接作用する。」

1997年版のLife With Diabetesでは、(☆)

「タンパク質は約50%が血糖に変わり、脂質は10%未満が血糖に変わる」

という記載がありますが、2004年版では削除されています。

上記以外にも1997版で記載されていた、脂質とタンパク質と血糖に関する記載が 2004年版では全て削除されています。

2009年版もそれを継続していると思われます。( ☆☆☆)

1997年から2004年の間に、精神科医Aさんに示していただいたような研究・論文が蓄積されて、米国糖尿病学会の見解が、「血糖値を上げるのは3大栄養素の内、糖質だけである。」と変化したものと考えられます。

【Gannon等は2型DM患者で、50gの蛋白質(赤身度の高い牛肉)の摂食後8時間の報告を行った。アミノ酸を引くと~20-23gの蛋白質量で、理論上~11-13gの糖を産出するはずであった。しかるに循環系に現れた糖の量は~2g相当で、摂取した蛋白質は血糖濃度の有意な増加を来さないと立証された】(*)

2012年1月14日の、第15回日本病態栄養学会年次学術集会のワークショップ「食品交換表とカーボカウント」において、演者の先生が、1997年版Life With Diabetes・池田義雄先生監訳の「糖尿病パーフェクトガイド」から図を引用されたのは、記憶に新しい所です。

日本糖尿病学会の食事療法の専門家の先生方が、米国糖尿病学会における2004年版以降の変更をご存知ないのは、さすがに如何なものかと思います。



Life With Diabetes:A Series of Teaching Outlines 
by the Michigan Diabetes Research and Training Center,
American Diabetes Assoiation ,2nd Ed,1997

☆☆
Life With Diabetes:A Series of Teaching Outlines 
by the Michigan Diabetes Research and Training Center,
American Diabetes Assoiation ,3rd Ed,2004

☆☆☆
Life With Diabetes:A Siries of Teaching Outlines 
by the Michigan Diabetes Research and Training Center ,
American Diabetes Assoiation ,4th Edition,2009



江部康二


◇◇◇◇◇

【12/02/03 精神科医師A
米国糖尿病学会の見解(2002年)
Diabetes Care January 2002 vol. 25 no. 1 148-198
http://care.diabetesjournals.org/content/25/1/148.full?sid=d92eb750-09a7-4a91-a4ca-ea4a621a8e71

Evidence-Based Nutrition Principles and Recommendations for the Treatment and Prevention of Diabetes and Related Complications

(pp155) Glucose responses to protein

A number of studies in healthy, normal-weight subjects (197) and subjects with controlled type 2 diabetes (blood glucose <200 mg/dl) (198,199,200) have demonstrated that ingested protein does not increase plasma glucose concentration. Gannon et al. (200) reported that during the 8-h period after subjects with type 2 diabetes ingested 50 g protein in the form of very lean beef, ∼20–23 g of protein were deaminated, which in theory could yield ∼11–13 g glucose. However, the amount of glucose appearing in the circulation was only ∼2 g, confirming that ingested protein does not result in a significant increase in glucose concentration.

健康かつ正常体重の者や、2型糖尿病患者(血糖値200未満)を対象とした数多くの研究で、摂取した蛋白質は血糖濃度を増加させないと判明した。

Gannon等は2型DM患者で、50gの蛋白質(赤身度の高い牛肉)の摂食後8時間の報告を行った。アミノ酸を引くと~20-23gの蛋白質量で、理論上~11-13gの糖を産出するはずであった。しかるに循環系に現れた糖の量は~2g相当で、摂取した蛋白質は血糖濃度の有意な増加を来さないと立証された

  □
 このGannon(2001)の論文は、その後のADAの文献にしばし引用されています。】



Gannon MC, Nuttall JA, Damberg G, Gupta V, Nuttall FQ: Effect of protein ingestion on the glucose appearance rate in people with type 2 diabetes. J Clin Endocrinol Metab 86:1040–1047, 2001
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
ありがとうございます。
お返事どうもありがとうございました。

溶血性貧血はないと思うのですが… 鉄欠乏性貧血で鉄剤を飲んでいます。

今回の採血で、血がかなり採りにくく、結果のところにBとあり、溶血してるねと言われました。

そして今までの採血でマイナスだった、赤血球?のところが±となっておりました。

医師は鉄剤の影響とおっしゃっていましたが、
不安になってきてしまいました。

先月のビリルビン、LDHなどは正常値でした。


HbA1cが下がりすぎているのは、溶血性貧血の可能性があるのでしょうか?

たびたび申し訳ありません。
2012/02/03(Fri) 19:09 | URL | まい | 【編集
Re: ありがとうございます。
まい さん

鉄欠乏性貧血でも、HbA1cは低めにでます。

2008年01月29日 (火) のブログ 「貧血とHbA1c(ヘモグロビンA1c)」
をご参照ください。

2012/02/03(Fri) 19:56 | URL | ドクター江部 | 【編集
体臭について
いつも勉強させて頂いております。先生のブログを拝見し、今年の1月半ばから糖質制限を実行しております。食後の眠気が無くなりとても嬉しいです。ところで、雑誌などで炭水化物を抜き過ぎると「ダイエット臭」あるいは「ケトン臭」という体臭が発生するという記事を読みました。糖質制限食でもこのような体臭は発生するのでしょうか。対策や予防法はありますか。
2012/02/03(Fri) 20:25 | URL | AKO | 【編集
ありがとうございます。
江部先生、お忙しいなかすぐにお返事くださってどうもありがとうございました。


記事読ませていただきます。

本当にありがとうございました!!
2012/02/03(Fri) 20:30 | URL | まい | 【編集
産後一年
血液検査で血糖値がやや高いことが判明し初めて投稿させて頂きます。
妊娠中に初期から尿糖が3+になり半日かけブドウ糖検査を行いました。結果は標準より高めだけど糖尿病と判断する値まではいってないとのことでした。
産後も標準値まで下がりきらず年に一度は検査をする様にと進められ先日血液検査をした所血清アミラーゼが140の食後90分でグリコース137HbAic6.2でした。
病院では今後3ヶ月毎に血液検査をして一定値なら心配ないと言われましたが現時点で糖質制限を行う必要は無いのでしょうか?
夜だけでも実践しようかと思っている所です、、。

妊娠を機に糖尿病になりやすくなったのか膵臓の働きがうまくなされていないのかと不安に思っております。

2012/02/05(Sun) 13:30 | URL | natsu | 【編集
Re: 産後一年
natsu さん。

HbA1c6.2%は、診断基準では糖尿病型です。

緩やかでもいいので、糖質制限食を実践されたほうがよいと思います。

スーパー糖質制限食は、1回の糖質摂取量が10~20g以下が目安です。

緩やかな方法なら、1回30~40gくらいまでOKかと思います。
2012/02/05(Sun) 22:27 | URL | ドクター江部 | 【編集
お忙しい中早々に返信ありがとうございます!
誤字ばかりですみませんでした。。
やはり糖尿病型なんですね~!
けど糖質30~40gとゆうのには少し救われました(^^;)
朝の食パンが好物なので.. 全粒粉パンにチェンジするなど工夫してみたいと思います。

ありがとうございました!
2012/02/06(Mon) 18:08 | URL | natsu | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可