FC2ブログ
心筋梗塞と糖尿病、続き
こんばんは。まだまだ蒸し暑い京都です。
明日は、東京に出向いて、 糖質制限食のお話をします。
「城北肥満研究会」という医療関係者の方々の集まりでの講演ですので、共鳴・共感していただける医師やナースや薬剤師を一人でも多く獲得すべく、しっかり頑張ってきます。

さて、keyeyeさんから追加のコメントをいただきました。

「コメント付言として
江部先生、その節は家内がサインまで頂戴いたしまして誠にありがとうございました。
家内はすっかり江部先生のファンになってしまったようです。
先生の年齢が私より「少し若いくらいに見えた」とのろけますので、失礼ながらそんなはずでは?と確認させていただきましたところ、やはりというかなんだかなぁ、というか、私は当年で50歳、あわや50歳の天寿となるところでした。
私が通院している大学病院というところは、記録ホルダーに興味津々なのだそうです(緊急入院時に中性脂肪値が1530を超えていたという点などが)。
実はSAS(閉塞性睡眠時無呼吸症候群)も入院中の簡易ポリ検査では60回以上/hの重症と診断され、心筋梗塞の治療予後の落ち着いた先頃、正式に一泊してポリ検査をしてもらいました。
検査前から、SASの担当医がなんとなく拍子抜けした様子を感じていましたら、「随分スリムになられましたね」という言葉で飲み込めました。結果は、重症からは外れましたが、それでも26/hで、私の場合、骨格的に不利な構造である為、現在既に標準体重(66kg前後で推移しています)であることから、体重を落とすことによる改善はこれ以上望めないだろうという見解で、C-PAPを開始することになりました。
病院内では複数の科を跨ぎ、看護士や検査の技師さんらとも会話しますがその都度、もしかして、私の諸検査数値に興味を持たれているのでは?と感じることがあります。私は、さりげなくを留意しつつ、(「糖質制限食」やってますから)と、その単語をあちこちでばら撒いています。先のSASの担当医にも、(どうしてそんなにスリムになられたのですか)と問われて、「糖質制限食」!を発したところ、既にこの単語が耳に入っているらしく、それ以上話題を拡げたくないような雰囲気でした。私も意識して言葉を足すようなことはしない節度でいます。私のささやかな、作戦です。
一時尿酸値が上がりました、現在7.0で特に問題視されませんが、総コレステロールとLDLコレステロール値が高いという点については,複数の医師からチクチク攻め立てられてます。
先生の過去ブログ等を含めて現在、武装中です。よろしくお願いいたします。

by: keyeye * 2007/09/19 13:53 」

keyeyeさん、追加コメントありがとうございます。
奥さんには是非、是非よろしくお伝えください。

緊急入院時に中性脂肪値が1530mg/dl、というのは、確かに半端な数字ではないですね。大学病院の医師ならずとも興味を持つことでしょう。

高雄病院でも、かつて中性脂肪値2000mgを超えた強者がいて、検査技師さんがびっくりしてデータもって飛んできました。血清はまさに目で見てドロドロでした。

中性脂肪値を上昇させるのは、間違いなく糖質です。いくらカロリー制限していても、糖質を摂取する限り数値は改善しません。

睡眠時無呼吸症候群は、実は私もそうなのです。 (×。×)
私の場合お酒を飲み過ぎたときにしっかり息が止まっていると連れ合いに指摘されています。

keyeyeさん、減量で大分改善されたようですが、C-PAPは効果の確立した治療法ですので、良いことだと思いますよ。

糖質制限食実践者の尿酸値、総コレステロール、LDLコレステロール値に関しては、個人差があり一定しません。
7.24、25そして6.9、10、11、12のブログを参照していただけば幸いです。

糖質制限食実践者においては、血糖値・HbA1c・中性脂肪は速やかに改善します。
HDL-コレステロールは個人差があり、しっかり上昇する人と軽度に上昇する人がいます。


ちなみに私の2007.9.11の血液検査で
食後60分血糖値111mg、(ミニサラミソーセージ4本と梨1/4個)
HbA1c5.4%、
ケトン体394μM(26~122)
尿酸3.1mg
総コレステロール229mg
LDL-コレステロール103mg
HDL-コレステロール119mg
中性脂肪35mg


keyeyeさん、謙虚に地味に確実に 糖質制限食広報作戦、ありがとうございます。
これからも日本全国の糖尿人やメタボ人のために、宜しくお願い申し上げます。

江部康二
テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
うつぶせ寝って本当にいいの?
日野原先生がうつぶせ寝健康法を勧められて、興味を持ち、最近、自分で実践しています。ただし、お手軽に自前の枕やタオル、布団を敷いてやっています。
すると確かに、つかれてもいびきをかかなくなったようで、いいようです。
睡眠時無呼吸症候群にもよさそうですが、医学的に効果が認められ、勧められているのでしょうか?
調べてみると寝具会社の情報はいっぱいあるのですが・・・。先生はご存知ですか?
2007/09/21(Fri) 00:05 | URL | onko | 【編集
onkoさん、コメントありがとうございます。
 睡眠時無呼吸症候群の患者さんが、横向きで寝るとかなり症状が改善することは多いようです。
 うつぶせ寝に関しては、浅学にしてよく知りません。すみません。
2007/09/21(Fri) 09:54 | URL | 江部康二 | 【編集
驚愕的なお話
江部先生、ちょっとしつこいかも知れませんがお邪魔いたします。
先生ご推薦の「検査値と病気 間違いだらけの診断基準」を入手いたしました。
そこに驚愕的なお話が掲載されています。
コレステロールについて(低すぎてもダメ、高ければ高いほどよい)というわけではありません。の辺りに、日本人では500人に1人の割合で遺伝的にコレステロールの高い「家族性高脂血症」の人がいて男性の家族性高脂血症の人では、50才までに約半数の人が心筋梗塞を発症します!と記してあるではありませんか。当に、私の1つ上の兄が44才で急性心筋梗塞を発症し運良く一命を取り留めていたのでした。以前はお互いにその中性脂肪値の高さを自慢?し合っていたものでした。該当する一族としては驚愕的な話題です。以前は、遺伝だから仕方無いと半ば捨て置いていました。とんでもないことでした。こうして「糖質制限食」+芋焼酎数杯(以前は日本酒5~6合+焼酎ハーフボトル1本をたまに、でしたが現在はどうやら江部先生と同格くらい)であの数値ですから。次から次へと目から鱗の毎日です。謝々です。
2007/09/21(Fri) 16:18 | URL | keyeye | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック