FC2ブログ
牛肉・豚肉を食べ過ぎると結腸がんリスク上昇?
こんにちは。

2011年11月28日(月)の新聞に

「牛肉・豚肉を食べ過ぎると結腸がんリスク上昇」

という記事が載りました。

注釈を加えるならば

「糖質を普通に食べている人が牛肉・豚肉を食べ過ぎると結腸がんリスク上昇」

ということだと思います。

以下の記事は毎日新聞からの転載です。

【毎日jp
http://mainichi.jp/life/health/medical/news/20111128k0000e040052000c.html
医療

.結腸がん:リスク上昇…女性の牛・豚肉食べ過ぎで

牛や豚の肉(赤肉)を多く食べる女性は、あまり食べない女性より、大腸がんの一つである結腸がんのリスクが4割以上高くなるとの研究結果を、国立がん研究センター予防研究部の笹月静室長らが28日、公表した。

1990年代後半に45~74歳だった男女約8万人を2006年まで追跡。食習慣の調査から1日の肉類摂取量を算出し、量に応じて5グループに分け、がんとの関係を調べた。期間中に788人が結腸がんになった。

その結果、女性で赤肉を1日に調理前の重量で約80グラム以上と最も多く食べるグループは、25グラム未満と最も少ないグループより、結腸がんの発生リスクが48%高かった。

男性では、赤肉のみでは摂取量とリスク上昇の関係ははっきりと表れなかった。ただ赤肉に鶏肉も加えた肉類の総摂取量が1日約100グラム以上と最も多いグループで、35グラム未満と最も少ないグループより、リスクが44%高くなった。総量の85%を赤肉が占めており、男性でも関係は否定しきれないという。

笹月室長は「今回は最も多いグループでだけリスク上昇が見られた。赤肉が即危険と考えず、食べ過ぎに注意すればいいのではないか」と話している。

毎日新聞 2011年11月28日 】


世界がん研究基金2007年の報告でも、牛や豚の肉は500g/週までが推奨ですから、国立がん研究センター予防研究部の発表と、ほぼ似たようなものですね。

ただこれらのデータは全て、糖質を普通に食べている人のデータです。

糖尿病でない人でも糖質を摂取すれば、毎食後、正常範囲内での血糖値上昇が生じます。

そのたびに、インスリンが10倍~30倍レベル追加分泌されます。

高インスリン血症による発ガンリスク上昇には、明白なエビデンスがあります。

糖尿病の人が糖質を摂取すれば、その度に200mg/dlを超える食後高血糖が生じます。

国際糖尿病連合2007年の発表によると、食後高血糖と発がんリスク上昇が関連しています。

繰り返しますが

「牛肉・豚肉を食べ過ぎると結腸がんリスク上昇」

「糖質を普通に食べている人が牛肉・豚肉を食べ過ぎると結腸がんリスク上昇」

です。

糖質を普通に摂取していて、高インスリン血症や食後高血糖がある人が、女性なら80g以上、男性なら100g以上の、「牛肉・豚肉」を食べると結腸がんリスクが増える可能性が高いということですね。

スーパー糖質制限食実践中の人は、糖質摂取量が極めて少量で、高インスリン血症も食後高血糖もありませんので、世界がん研究基金2007年の報告も今回の国立がん研究センター予防研究部の発表もあてはまりません。

より正確には、

「スーパー糖質制限食を実践中で、<牛肉・豚肉>を100g/日以上摂取している人はたくさんおられると思いますが、そのような場合の結腸がんリスクに関するエビデンスはまだない。」

ということです。



江部康二

テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
先生、いつも勉強させて頂いております。
糖質制限の啓蒙者であられる先生は、糖質制限食(高タンパク・高脂肪)のリスクを過小評価してしまいがちではないでしょうか?
先生のこの記事の内容も、肉の過剰摂取の問題を、食後高血糖と発がんリスクの問題にすり替えて読者に安心させようとしているように思えてなりません。
「エビデンスはまだ無い」のなら、科学者として、糖質制限食の肉の過剰摂取が発ガンのリスクであることも考えるべきではないでしょうか?
2011/11/29(Tue) 16:45 | URL | 糖質制限中人 | 【編集
糖質制限中人さんへ。
昔の話で恐縮です。
日本型の食事で長生きか。アメリカ型の食事でころりか。
問題は、そういう極論ではなく、健康で長生きするにはどうすればいいかではないでしょうか。
日野原重明先生のように、100歳まで現役で働けるというのが理想で、スパゲッティ症候群で生かされるのはまっぴらごめんです。
そういう意味で、昨日、月検診で、フツーの糖尿専門医から、私の糖質制限食の成果をほめていただいて、10年以上も元気ではたらけると思いますよ、という太鼓判をいただいた。
交通事故で死ぬか、三大病で死ぬか、いつかは死ぬと思うが、糖尿病由来の病気で家族に迷惑をかけたくないと私は思うのです。
放射能の汚染がなく、抗生物質の投与もなく、化学肥料を使わずに…なんていうのと同じで、リスクの程度から、どちらを容認するかだと私は考えています。
ちなみに、私は、朝抜き、昼、蒟蒻ラーメン、夜お肉200~300g、夜、就寝前、飲酒、ナッツ、…で、月1回のお休み、毎日、14~5時間労働で、至って健康な還暦爺です。血圧80~120、HbA1c5台。
江部式糖質制限食のおかげです。
2011/11/29(Tue) 22:23 | URL | 三島  | 【編集
江部先生は
「エビデンスはまだない」「スーパー糖質制限食実践中の人に(これらの研究=略)はあてはまりません。」とおっしゃっている訳で、「糖質制限食の肉の過剰摂取が発ガンのリスクであること」の可能性を肯定も否定もしておられないと思います。(そもそも「糖質制限食の肉の過剰摂取」って、糖質制限中人さんの考える過剰とは???)。
「すり替え」「科学者として」などという無神経なコメントは悲しい限りです。
2011/11/29(Tue) 22:31 | URL | ピゲ | 【編集
糖質制限中人さん。
厚生労働省も、たんぱく質の摂取上限を決めてないですよね。脂肪のことも、糖質制限食の本に統計が載ってますが、たんぱく質と脂肪は誤解されてますね。脂肪摂取量が減ってるのに、肥満も糖尿病も増えているデータとか見たことがありますか?糖尿病患者にとっての猛毒の糖質が、あまりに過小評価されてきましたからね。

「糖質制限食の肉の過剰摂取が発ガンのリスクであることも考えるべきではないでしょうか?」
トランス脂肪酸たっぷりの肉とかを食べれば、それは癌の問題も出てきますね。高糖質食での脂肪をとることと、糖質制限食での脂肪をとることは、違うことですね。

本当に糖質制限中なら糖質制限食を経験してますよね?主食を抜いておかずだけで、3000も4000キロカロリーも食べられるのは特に大食漢の人くらいですね。そもそも、糖質を取れば、癌細胞にブドウ糖という好物のエサをばらまいているようなものなので、癌の場合でも糖質は減らすべきでしょうね。実際に癌治療で糖質制限をしているところもありますよ。
2011/11/29(Tue) 22:50 | URL | あき | 【編集
糖質制限中人へ
糖質制限中人は、2ちゃんねるで意味が分からないことばかり言って糖質制限批判派からも相手にされずに、糖質制限批判らしきものをしている者と同一人物らしいですよ。糖質制限中人のコメントを載せて「さあ、どう切り抜けるか」とか言ってますね。
こんなことをよく言ってます↓

>糖質制限売り込む客層は違うんだもん、ハッタリとイメージで十分なんだもん
>本買ってください

「糖質を普通に食べて、肉を多く食べると大腸がんになりやすい」ことの統計なのは、極当たり前ですね。炭水化物を6割は取りましょうとずっと推奨されてきて、食生活が糖質制限食に比べれば高糖質食になっているのが一般的だからです。

糖質制限食での統計を取るなら、特別に統計を取らないといけなくなります。

糖質制限中人は2ちゃんねるで先生のブログの意味が分からない批判ばかりをしていて、ブログにコメントしたら?と言われて、早速自信満々のコメントをしてきたようです。

炭水化物を6割取ることを推奨している社会の母集団から無作為に抽出すると、一部には違っても、炭水化物を6割取っている者たちの統計になります。炭水化物を6割取ることを推奨している社会の母集団から無作意に抽出して、どうやって、糖質制限食の統計になるんでしょうか?このことが、糖質制限中人は分からずに、2ちゃんねるでも暴れています。
2011/11/30(Wed) 01:16 | URL | 糖質制限中人へ | 【編集
糖質制限食は牛肉・豚肉ばかりで無いし・・・
糖質制限食では牛肉・豚肉ばかり食べることは勧めていないし、むしろ食に対する意識の高い方々が多いから、単品ばかりを食べるようなことはしてないと思います。

ワタシも基本は糖質制限食でメニューを組んでますが、あまり肉が好きでは無いので、豆や穀類をベースに、牛乳・卵・鶏肉って程度です。

牛肉・豚肉で癌になる、ほーら糖質制限食は危険ってのは、なんともお粗末な発想だと思います。

ベジタリアンだって癌になるし、、、

なるべく糖質は減らしつつ、質の良いタンパク質・脂質を摂るのが大事で、なおかつ同じ物ばかり食べない・・・

って、極めて当たり前の判断で済むことと思うのですが、単純過ぎる発想でしょうかね?
2011/11/30(Wed) 19:54 | URL | 初心者クライマーのおまつ | 【編集
肉食
ニトロソアミンと大腸がんの関係について、江部先生はどうお考えでしょうか
2011/12/01(Thu) 12:30 | URL | 通りすがり | 【編集
Re: 自警の念を持ち、自らを律すること
ロバート・ダウ さん。

私も同感です。
2011/12/01(Thu) 18:22 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 肉食
通りすがり さん。

ニトロソアミンに発がん性があることくらいは知っていますが、詳しくは知りませんでした。
それでネットで調べて、信頼できそうな記載にたどり着きました。

http://www.gan-jiten.com/about/01/post_6.html

このサイトに昭和大学腫瘍分子生物学研究所所長の黒木登志夫氏の意見が引用されています。
説得力があると、私は思いました。
ニトロソアミンもたくさんある発がん物質の一つということで、それだけが大事ということでは
ないようです。
2011/12/02(Fri) 15:43 | URL | ドクター江部 | 【編集
時間が空いていますがコメントします。
元論文のtable 2. を見てください。

食物繊維の摂取量や魚の摂取量に群間差があります。

結腸癌リスクなどは多様な要因で上がるので
赤肉と結腸癌リスクを単純につなげることは、短絡的ではないかと考えます。


--
元論文pdf
http://211.76.170.15/server/APJCN/Volume20/vol20.4/Finished/14_1940_603_612.pdf

がん予防・検診研究センター 予防研究部 の発表
http://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/2869.html
2012/02/10(Fri) 11:23 | URL | ysaito | 【編集
Re: 時間が空いていますがコメントします。
ysaito さん。

同感です。

「年齢、飲酒、肥満など、大腸がんのリスクを高めることがわかっている別の要因の影響を取り除きました。」

ということですが、
高インスリン血症、高血糖などの発ガンリスクは、除いてありませんね。

2012/02/10(Fri) 15:57 | URL | ドクター江部 | 【編集
この調査では、糖質制限者を比較対象の母集団としていないので、一般的な炭水化物過多の食事をしている典型的日本人の結果でしかないんですよね。したがって、糖質制限者が肉を多く摂取した場合、発がんリスクが上がるか下がるか又は変わらないかというのは不明という、ただそれだけですね。糖質制限者を母集団とした調査もしてほしいですね。
2015/03/17(Tue) 05:05 | URL | ひで | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可