FC2ブログ
欧米の名だたる医療機関や公的機関がアトキンスダイエットを一定評価
こんばんは。

精神科医師A さんから貴重な情報をいただきました。

欧米の名だたる医療機関や公的機関のほとんどが、アトキンスダイエット(糖質制限食)やケトン食を一定評価しているとのことです。

ありがとうございます。

とりあえず私も

1.クリーブランド・クリニック(CCF)
http://my.clevelandclinic.org/heart/prevention/nutrition/news/eco_atkins_diet_effect_on_weight.aspx

の論文を読んでみました。

「アトキンスダイエットが体重減少、HDL-コレステロールの上昇、LDL-コレステロールの改善というよい結果をもたらした」

と明記してありました。


信頼できる精神科医師A さんが各論文を読んで簡単に解説してくれてます。

ジョンスホプキンス大学医学部、ハーバード大学医学部はケトン食に関して解説。

ケトン食は、脂質摂取比率が75~80%と言う究極の糖質制限食です。

米国農水省(USDA)とメーヨークリニックは、アトキンスダイエットが体重減少に一定の効果あり。

英国MRCは、アトキンスダイエットに関する記載なし。

唯一、アメリカ心臓病学会(AHA)だけが、

「高蛋白食に警鐘。脂肪は35%以下、飽和脂肪酸は7%以下、トランス脂肪酸は1%以下にすべし。」

と糖質制限食に批判的な見解でした。

しかし、アメリカ心臓病学会(AHA)の見解が、明確なエビデンスに基づいているのか否かは疑問ですね。

なお米国糖尿病学会(ADA)は、2008年度の栄養勧告で、肥満のある2型糖尿病患者には、カロリー制限食あるいは糖質制限食も推奨すると、初めて糖質制限食にポジティブな記載に変化しています。


江部康二


☆☆☆☆☆

【11/11/26 精神科医師A
欧米の名だたる医療機関や公的機関(1)
糖質制限ダイエットに警告を発している団体とは?
http://ameblo.jp/sbmri/theme-10042522182.html

あいもかわらず中傷blogです。”欧米の名だたる医療機関や公的機関が、アトキンスダイエット(糖質制限食の本家・元祖・老舗)に、警告を発している”との事で、HPを私は実際に調べてみました。


1.クリーブランド・クリニック(CCF)
http://my.clevelandclinic.org/heart/prevention/nutrition/news/eco_atkins_diet_effect_on_weight.aspx
dietについて一定の効果
http://my.clevelandclinic.org/multimedia/transcripts/epilepsy_ketogenic_diet_transcript.aspx
ketogenic dietについて解説

2.ジョンスホプキンス大学医学部
http://www.hopkinsmedicine.org/news/media/releases/Modified_Atkins_Diet_Can_Cut_Epileptic_Seizures_in_Adults
ketogenic dietについて解説

3.ハーバード大学医学部
http://www.hms.harvard.edu/dms/neuroscience/fac/yellen.php
ketogenic dietの研究者】


【11/11/26 精神科医師A
欧米の名だたる医療機関や公的機関(2)

4.米国農水省(USDA)
http://www.ars.usda.gov/News/docs.htm?docid=9234
dietについて一定の効果

5.英国MRC: 記載なし

6.メーヨークリニック
http://www.mayoclinic.com/health/atkins-diet/MY00648
dietについて一定の効果

7.アメリカ心臓病学会(AHA)
http://www.heart.org/HEARTORG/GettingHealthy/NutritionCenter/High-Protein-Diets_UCM_305989_Article.jsp#.TtCUN7Ig9kY
 高蛋白食に警鐘。脂肪は35%以下、飽和脂肪酸は7%以下、トランス脂肪酸は1%以下にすべし

 このように糖質制限をはっきりと批判していたのは、AHAのみでした。私にこのような調査をさせるきっかけを作ってくれたことには感謝します】
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
実験結果のご報告
先生こんばんは。
今夜はピザで、どきどきの実験を致しました!
薄い生地のクリスピーピザ小麦粉40g&ふすま40g+照り焼きチキン+サラダ大盛り+みかん1個です。
糖質量は45~50g程度と思います。
食後1時間の結果なんと98、1時間半後110でした!
今回は食後に腕立てはまったくしていません。
(入浴しました)
1時間後の方が低いのは検査機の誤差だとは思いますがそれでも低いです。
糖尿病を糖質制限食約2年で克服出来たようです。
1年前はこんな数値で収まらなかったので、長く続ければそれだけβ細胞は復活するのではないでしょうか?
糖質制限食に新たな可能性があるのでは??
(糖質制限食開始当初カキフライ2個と魚の南蛮漬けを食べて血糖値が200を超えたのを思い出しました・・)

面識も無い私をここまで導いて頂き本当に有難うございました。
これからも糖質制限食を続けて行き、誕生日などにちょこっと楽しんで行こうと思います。

P.Sまた何か実験や血液検査に変化がありましたらご報告させて頂きます。
2011/11/26(Sat) 20:54 | URL | けい | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可