FC2ブログ
『主食を抜けば糖尿病は良くなる! 糖質制限食レシピ集』いよいよ発売
こんばんは。

第26回国民文化祭・京都2011、2011年11月6日(日)、京都府丹後文化会館
シンポジウム「健康長寿」のパネリストとして前日から泊まりがけで京丹後市に行ってきました。

京丹後市、いやはや時間的には東京より遠いです。

さて

『主食を抜けば糖尿病は良くなる! 糖質制限食レシピ集』(東洋経済新報社)
いよいよ発売です。

レシヒ#12442;


amazonでのご予約ありがとうございました。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4492044442/ref=pd_lpo_k2_dp_sr_1?pf_rd_p=466449256&pf_rd_s=lpo-top-stripe&pf_rd_t=201&pf_rd_i=4492042962&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_r=1ZFTQB55MDEKRGTJQW45


『主食を抜けば糖尿病は良くなる!』(東洋経済新報社)は、2005年に刊行して以後、
おかげさまで17版を重ねるロングセラーとなっております。

そのレシピ本を今回、満を持して出版いたします。

今回のレシピ本は、「長続きできる糖質制限食」ということに力点を置いてあります。

“家庭料理のプロ”である壷林先生にご協力いただき、普通の食材で簡単に作れて、しかも美味しい糖質制限メニューが満載です。

代替主食や、ボリュームアップの方法など、長続きのための知恵がたっぷりで、献立の立て方なども丁寧に解説してあります。

外食の知恵、コンビニ活用法などお役立ちコラム、Q&Aも充実しています。

大判サイズで読みやすい本です。

理論・料理とも日本一の糖質制限食レシピ本になったと自負しております。


『主食を抜けば糖尿病は良くなる! 糖質制限食レシピ集』
『主食を抜けば糖尿病は良くなる!』

共々、よろしくお願い申しあげます。


江部康二

テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
たまに爆発…
江部先生
こんばんは!


早速Amazonで注文しましたレシピ集、本日届きました。
コラムなどレシピ以外にも必見な情報盛りだくさんでとても読みごたえのある一冊だと思います♪
レパートリーが増えて今後も益々糖質制限生活が楽しめそうです☆

さて、今日ひとつ聞いてみたいことがあります…
日頃は主食を摂らない糖質制限食を頑張って続けている、わたしは境界型なわけですが、年齢的にどうしても避けられない飲み会や集まりでかなりの糖質を摂取せざるを得ないときがあります。

同期のみんなでお好み焼きパーティーとか…そんなときはどうしてもたっぷりの小麦粉+ソースに持ち寄りの手巻き寿司、トドメにケーキなど(こちとら年頃の女子なので一応(*_*))怖いくらいに夜でも食べてしまいます。。。

日頃は糖質制限で高血糖を防止している分、週に一度のこういった高糖質な夜を過ごすことで、反動がより一層多くなったりはしないかと不安になります(糖質制限してる分、一気に高糖質を摂取した時必用以上に血糖値が上昇してしまうんじゃないかって)。


気づいてなかったかもしれない段階なので、今こうして意識できているのは不幸中の幸いなのですが、みんながバクバクと炭水化物を食べまくっているなか一人、不安と罪悪感に苛まされたりしています。

頻繁には良くないのはわかりますが、境界型のうちであれば日頃節制してる分、週に一度くらいの高糖質な夜を過ごしても大きな心配はしなくても大丈夫なのでしょうか(*_*)


お酒はビールを控えて糖質ゼロなものとかワインに徹底しています。
2011/11/06(Sun) 22:24 | URL | 春巻 | 【編集
日本一の♪
糖尿病レシピです!他にもレシピ本はありますが、ご飯と一緒に食べることを前提につくられているので、おかずの量が少なくて不満でした。宴会サービスのウェイターとしてハードワークを強いられるので、カロリーを制限されるときついです。
2011/11/06(Sun) 23:45 | URL | DJニューエラ | 【編集
NHK きょうの健康
http://www.nhk.or.jp/kenko/kenkotoday/
今週は最新糖尿病対策です。放送予定は
11/7-11/10、20:30
再放送 11/14-11/17、12:30
2011/11/07(Mon) 08:33 | URL | 精神科医師A | 【編集
「主食を抜けば…」、読了!
8:45、塾に到着。
9:00、開店?
浪人生、到着、代休の小中学生姉弟、到着。

そして、待望の「主食…」、到着!

一気に、通読、
帯から奥付まで、ぜ~んぶ!

簡潔、明瞭、分かりやすい解説。
落ち着いた写真。
見やすいレイアウト。

すべてに、満足!

片っぱしから、レシピに挑戦です。
私の、自己流レシピも50を数え、
ワンパターンになりつつあったので大助かりです。

今まで使っていなかった素材を買いに、
スーパーに走ります。(笑)
2011/11/07(Mon) 11:51 | URL | 三島  | 【編集
早速、作ります。
P23「鶏肉ときのこ、豆腐の煮込み」
昼用を、材料(まいたけ⇒エリンギ)、調理法(ルクエで)をアレンジ、かつ、増量して、夕食に。
冷蔵庫にあるものが、最も近かったので。(汗;)
2011/11/07(Mon) 13:12 | URL | 三島  | 【編集
糖質制限とウェイトコントロール
初めてコメントさせて頂きます。

私は、54歳の会社を経営する者です。
仕事柄夜の付き合いも多くほぼ毎日が外食で、30代半ばから暴飲暴食を続け、今年の春遂に糖尿病の宣告を受けました。

その後病院から教育入院や食事療法などの説明を受けましたが、絶対にムリだと直感し、独学で勉強するうちに江部先生のことを知るに至り、御著書数冊を購入させて頂き、ブログもほぼ読破しました。

先生のお考えや指導法は、
①信頼できるエビデンスに基づいており論理の破たんが無い。
(医療関係者や科学者に対しても十分説得力がある。)
②患者に強いるのではなく、患者に自発的に環境に応じた食事療法を取り入れてもらい、また治療方法と効果が直結しているためモチベーションを持続させやすく途中挫折のリスクが小さい。
(食事療法では、ここが一番のポイントと思います。)
③患者から出来る限り薬離れをさせる。
(何でも薬で解決しようと薬を出したがる医師が多いなか‥)
とお見受けし、これこそ私が求めていた治療方法だと確信しました。

そこで早速今年の4月から糖質制限食を始めたのですが、これまでの異常値だらけの検査シートが、2ヶ月後の検査では、血糖値以外にも肝、腎、中性脂肪を始め全ての検査項目から異常値マークが消え、ジャヌビアも中止できました。

これには、主治医もセカンドオピニオンを頼んでいる親友の医師(救命救急指導医)も「こんな改善例は見たことない」とびっくりすると同時に大変喜んでくれました。幸い両医師とも糖質制限食には、一定の理解を示してくれています。

以下が発症(発覚)時と直近のデータです。
今年3月検診時⇒10月検診時
空腹時血糖:231⇒99
HbA1c:7.8⇒5.3
γ-GT:103⇒18
中性脂肪:203⇒64

合併症の検査もすべて異常なしで、江部先生には、いくら御礼をしてもし尽くせないほど、心より感謝しております。

ところで、一つ御教示頂きたいことがあります。
それは、ウェイトコントロールのことなのですが、30代半ばから2500~3500kcal(多い時には5000kcal)の食事と日本酒換算で1升5合分の複数種類の酒を毎日摂るという暴飲暴食の鏡のような生活を続けて参りました。

この間、年間ほぼ1kgのペースで体重が増え、今春糖尿人の仲間入りをするまで20年間で20 kg太りその時点で88キロ(BMI:30)となっておりました。

その後糖質制限食(1750 kcal 糖質30g/日)を始め、酒量も糖質ゼロ酒を日本酒換算で1日3~4合程度とし、3ヶ月で5kg痩せて83kg(BMI:28)となったのですが、その後はほぼ横ばいの状態です。

そこで糖質制限に加えカロリー制限も実施して月の平均を
8月:1450 kcal、9月:1350 kcal、10月:1300kcal
と少なくしてみたのですが、体重変化がありません。

運動量は年齢と共に徐々に減少はしていると思いますが、ここ3ヶ月は、生活習慣病になっていった頃の半分程度の摂取カロリーでも痩せなくなったことになります。

元々大食漢型であった体質から糖質制限食を始め、省エネ(倹約遺伝子)型に変化することがあるでしょうか。(体が飢餓状態への危機感から省エネモードへ移行?)

体系は、がっちり型で筋肉量も多く、基礎代謝量も標準より多い方で、先日ジムにある体組成計で測定すると1760 kcalでした。当面の目標体重は、あと8kg減量して75kg(BMI:25)前後を着地点にしたいと考えており、到達後は体重を維持するカロリー数に戻したいと思います。

さらにカロリー制限して目標体重まで減量するか、このまま少し様子を見るか迷っているところです。

今は、さすがに少しヒモジイ感はありますが、体は至って健康で何の問題もなく美味しく楽しく糖質制限食を続けており、周りの人間にも啓発中です。
御多忙中恐縮ですが、御助言頂けると幸いです。
江部先生の益々のご活躍と全ての糖尿人の快復を祈っております。
長文、失礼しました。
2011/11/07(Mon) 13:49 | URL | 白いシャチ | 【編集
食品成分表について
レシピ集届くのを待っています。楽しみです。

先日昆布についてのコメントにお返事ありがとうございました。あの日は私が読んでいた成分表がみつからなかったのですが、今日改めて読み直してみました。
わたしの読んでいた本では、

こんぶ類まこんぶ素干し 炭水化物100g中61.5g 食物繊維27.1g 目安10cm角10g

これでいくと、湯豆腐のときに鍋の底にある昆布5~6切れを食べてました(食べ過ぎ!!)ので、50g食べているわけで

100g中の糖分量は 61.5-27.1=34.4
50g食べたら17.2g糖質をとっていることになります。(やっぱり食べ過ぎ!!!)

計算合ってますでしょうか?

先生はこんぶ素干し25gと計算しておられましたので、こんぶも種類で糖質量が違うのですね。

今日もたまねぎの糖質が100g中8.8gで1個200gだというのを読み、1回のサラダに2分の1個スライスして食べさせているのはNGではないか?と考えていたところです。(これも食べ過ぎ?!)

ちゃんとした成分表を買って、しばらく糖質量を計算しながら料理をしようかと思っているのですが、いろいろあるので、どれを買おうか迷っています。
今のところ、イラスト入りやカラー印刷でなくてもいいから正確で食品がたくさん載っているものにしようかと考えていますが…。
ご推薦の成分表があれば教えていただければ幸いです。
2011/11/07(Mon) 14:11 | URL | あんり | 【編集
新刊届きました
江部先生の新しい本「主食を抜けば糖尿病は良くなる」本日アマゾンより届きました。

これさえあれば他のレシピは要りません。
本を参考に、夕食の買い出しに行って来ます。

先日おつきあいで食べたお弁当、主食には手をつけなかったにもかかわらず、全体的におかずの味付けが濃くて、甘辛いものを食べた所為か食後2時間で178になっていました。
お弁当や外食などの調味料は要注意ですね。
2011/11/07(Mon) 15:33 | URL | よよ | 【編集
夫と頑張っています
糖尿病療養指導士の資格を持っている検査技師です。
夫が糖尿病の由緒ある家系で、食事療法も色々頑張ってきたのですが、少しずつHbA1cが上昇してきました。
夫が、先生の糖質制限食のことを知り、自分でこれで頑張ってみたいと言ってくれました。(糖尿病に関して自分から行動してくれたのはこれが初めてです)
2人で、本を読み現在実践中です。
今度の受診日が楽しみです。
HbA1cは5.7%なのですが、もっと下がっていることを楽しみにしています。
患者さんに指導する時、食後いかに血糖値を上げないようにするかがポイントだと指導してきましたが、糖質を取らないのが本当に一番だと思います。
当院の医師も受け入れてくれるといいなぁと思っています。
2011/11/07(Mon) 19:58 | URL | くうすけ | 【編集
Re: たまに爆発…
春巻 さん。

まず大丈夫と思います。

ともあれ、ドラッグストアで、尿糖試験紙を購入されて、
そういうときに検査してみましょう。

尿糖陽性なら、血糖値が180mgを超えている可能性が高いです。
陰性なら、血糖値は180mg未満です。
2011/11/07(Mon) 20:03 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 日本一の♪
DJニューエラ さん。

本のご購入そしてお誉めの言葉、ありがとうございます。
2011/11/07(Mon) 20:07 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし
精神科医師A さん。

情報、ありがとうございます。
きっと従来のカロリー制限食と薬物療法なのでしょうね。
2011/11/07(Mon) 20:13 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 「主食を抜けば…」、読了!
三島 さん。

ありがとうございます。
出版社としては、かなりの自信作だそうです。
2011/11/07(Mon) 20:15 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 食品成分表について
あんりさん

計算あっていると思います。
1回の糖質摂取量20g以下を目指します。

文科省から「日本食品標準成分表2010」が発表になったので、
もうすぐ、それを基にした本が出ます。

私は五訂増補 食品成分表〈2008〉香川 芳子 (監修)
を持っていますが、もうすぐ食品成分表〈2012〉がでると思います。

それまでは、食品成分表データベースとかで如何でしょう。
http://cgi.members.interq.or.jp/sapphire/satoshi/cgi-bin/nutrition/



2011/11/07(Mon) 21:05 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 新刊届きました
よよ さん。

本のご購入ありがとうございます。
とても使いやすい本となっていますので、よろしくお願いします。
2011/11/07(Mon) 21:06 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 夫と頑張っています
くうすけ さん。

拙著のご購入ありがとうございます。
きっと良くなると思いますよ。
2011/11/07(Mon) 21:40 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可