FC2ブログ
『主食を抜けば糖尿病は良くなる! 糖質制限食レシピ集』 予約開始
おはようございます。

昨夜は、定例の第三金曜ライブでした。

途中から雨が降ってきて、お客さんの入りはいつもより少なかったです。 (*- -)(*_ _)

それでもライブもトークもおおいに盛り上がり、楽しい一夜でした。(⌒o⌒)v

今朝もまだ雨が降り続いている京都です。

さて

『主食を抜けば糖尿病は良くなる! 糖質制限食レシピ集』(東洋経済新報社)

レシヒ#12442;


近日中発売ですがamazonで予約できる状態になりました。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4492044442/ref=pd_lpo_k2_dp_sr_1?pf_rd_p=466449256&pf_rd_s=lpo-top-stripe&pf_rd_t=201&pf_rd_i=4492042962&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_r=1ZFTQB55MDEKRGTJQW45


『主食を抜けば糖尿病は良くなる!』(東洋経済新報社)は、2005年に刊行して以後、おかげさまで16版を重ねるロングセラーとなっております。

そのレシピ本を今回、満を持して出版いたします。

今回のレシピ本は、「長続きできる糖質制限食」ということに力点を置いてあります。

“家庭料理のプロ”である壷林先生にご協力いただき、普通の食材で簡単に作れて、しかも美味しい糖質制限メニューが満載です。

代替主食や、ボリュームアップの方法など、長続きのための知恵がたっぷりで、献立の立て方なども丁寧に解説してあります。

外食の知恵、コンビニ活用法などお役立ちコラム、Q&Aも充実しています。

大判サイズで読みやすい本です。

理論・料理とも日本一の糖質制限食レシピ本になったと自負しております。


『主食を抜けば糖尿病は良くなる! 糖質制限食レシピ集』
『主食を抜けば糖尿病は良くなる!』

共々、よろしくお願い申しあげます。


江部康二
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
糖質制限食と早食い
先生こんばんわ。色々探ましたが分かりませんでしたので教えていただきたく思います。

糖質制限中の早食いについて教えてください。

よく早食いは血糖値が上がる前に食べ過ぎて
良くないと言われますが、糖質制限中での
早食い、食べすぎと言うのは、血糖値的には
問題ないのでしょうか?

また、なぜ早食いが良くないのでしょうか?
私も主治医からゆっくり良く噛んで食べろと
言われますが、なかなかなれず、糖質制限中
の現在でも早食いで沢山食べてしまいます。

当方糖質制限と言うことで安心しきっていて肉
や魚、ウインナーなど気にせず早食いで沢山食
べていますが、沢山食べたら結局意味がない
のでしょうか?

痩せの大食いなのですが、痩せの大食いは
元々インスリンの分泌が少ない人が多いと
聞きました。私もそうなのですが、インスリンの
分泌が少ないのに大食いです。
なので沢山食べてしまいます。

やはりたんぱく質と言えど沢山食べたら
血糖値的にもよくありませんよね。たんぱく質は
血糖値をあげないと言いますが、血糖値が
あがって満腹感を感じるとも言いますし・・・
どうなんだろうと思い、ご相談しました。

お手すきのときにコメントいただければ
幸いです。
2011/10/22(Sat) 22:38 | URL | シュガーライフ | 【編集
AGEs
こんばんは

昨日21日のブログ内でAGEs(終末糖化産物)が
取り上げられていましたが、私も2009年7月に
質問させて頂き、8月17日に大変詳しくご説明を
頂きまして有難うございました。

AGEsについては、その時からずっと気になって
いました。2009年3月にセレブ病発覚以来、一体
どれ位自分の体にAGEsが溜まっているのだろう
かと・・・過去の高血糖の記憶気になります。

AGEsの寿命は10~15年と云われていますので
AGEsが合併症の大きな原因であればですが、
今後は各施設がAGE測定器を導入してさらに
早い段階での合併症予防に取り組んで頂ける
事を希望します。
2011/10/22(Sat) 23:17 | URL | モン吉 | 【編集
楽しみです
先生おはようございます。

最近は糖質制限食のレシピ本をみながら料理をしたり自分で考えてスイーツをつくったりと創作の時間を楽しめるようになってきた、境界型疑惑濃厚な悩める20代(笑)、春巻です。

外食やコンビニなどではちょっとしたところ…ドレッシングなどの糖質もきになってしまいます(笑)
次回発売の本がとても楽しみです!

1つ、少し嬉しいことがあったので御報告です。

先日、女子会を開いた際にいつものようにパスタやらピザが食べれなくなった理由として友達に自分が糖尿病かもしれないという事を伝えました。

するとすぐさまに「あっ、こないだテレビでみたよ。糖尿病って炭水化物とか糖質は血糖値あがるからだめなんだよね。」 といわれたのです。

従来であれば、厳しいカロリー制限のほうが印象に強く、インスリン注射を打つようになると思われるところなのですが…どうやら、糖尿病にまだ縁がない正常人にも知る人はいるくらい糖質制限食の認知度は高まってきているようです。

改めてメディアの影響力の高さを感じると共に、今後もこの事が広く一般の方にも伝われば良いなと感じました。


あと、お医者さんの指示に従うことも大事ですが結局は自分を守れるのは自分次第で、きちんと正しい知識を身に付けていかなければいけないなーとも思いました。
医学の「常識」は二転三転していることが多いのも事実ですしね。
早く糖質制限が糖尿病の一般常識になることを願います。

糖質制限食に切り替えてから中々の便秘に悩まされておりますが、体調は悪くないし何よりもダイエットに大成功中なので、これからも料理をたのしみながら美味しく愉しく続けて行きます(⌒~⌒)

ただたまに出る便の色が若干緑っぽいのが気になります。
食事でそこまで緑が強いものを摂った覚えもないのだすが、これはすい臓かあまり良くない状態とかなのでしょうか(・・;)??
2011/10/23(Sun) 09:28 | URL | 春巻 | 【編集
Re: 糖質制限食と早食い
シュガーライフ さん。

やはり咀嚼回数が多いほうが健康によいようです。

2007年10月29日 (月) のブログ記事「糖質制限食と咀嚼回数」をご参照ください。

糖質制限食のほうが糖質ありの普通食に比べて、やせやすいのは間違いありません。
しかし3000kcalとか摂取すれば、やせないでしょうね。

2011年04月11日 (月)のブログ記事「満腹感と空腹感・2011年」もご参照ください。

2011/10/23(Sun) 12:07 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 楽しみです
春巻 さん。

本のご購入ありがとうございます。
ダイエット成功も良かったですね。

便通は、煮た野菜で食物繊維をたっぷり補給しましょう。
脂質もしっかり食べて低カロリーになりすぎないようにしましょう。
便の色はまず大丈夫と思います。

2007/05/05のブログ記事「糖質制限食と便通」
2011年05月05日 (木) のブログ記事「食生活と機能性便秘」
もご参照ください。
2011/10/23(Sun) 12:18 | URL | ドクター江部 | 【編集
エビデンス
江部先生御無沙汰しております。


糖質制限食でA1Cを11.5から5.5の約半分に下げて、その後は最高でも6未満に押さえているDM三年目の男性です。知人友人にもDM患者が大勢居ますが、全員が病院推薦のカロリー制限食で、血糖値のコントロールでは当然出来ずに悪化の一途を辿っています。(A1C11~12)これは既に自殺行為です!!
見るに見かねて江部先生の著書を紹介するのですが、「きわもの」扱いで信用してくれずに困っていましたが、看護ジャーナルの11月号を取り寄せて江部先生の特集記事を、見せて明確なエビデンスを示したいと溜飲を下げました。
是非皆さんも当該専門紙を入手して、エビエンスに基づく説明をして糖質制限食をDM治療のスタンダードにしましょう!!
近くの書店にない場合は、amazonnに有ります。
因に私はamazonの回し者では有りません(念のため)
2011/10/23(Sun) 14:09 | URL | daniel | 【編集
お知らせ
小生、DM合併の精神科患者を診ていますが、自身もDM2型の初期で、糖質制限を始めてみました。

ところで日本ローカーボ食研究会HPが新しくなりました。医療関係者向けの解説記事は価値あるものです。ぜひリンクをしてみては?
http://low-carbo-diet.com/
高雄病院も紹介されています
http://low-carbo-diet.com/low_carbo_food/to_dr/contents-of-review/section1/history-of-research-2/

南江堂「内科」2011年10月号、Dr山田/灰本の文章は価値あるものです。
http://www.nankodo.co.jp/wasyo/search/syo_syosai.asp?T_PRODUCTNO=3008041&T_SERIES=臨床雑誌内科≪月刊≫
2011/10/23(Sun) 14:40 | URL | 精神科医師A | 【編集
Re: エビデンス
daniel さん。

「糖質制限食でA1Cを11.5から5.5の約半分に下げて、その後は最高でも6未満に押さえている」

素晴らしいです。
友人の方々、目の前にdaniel さんという、成功モデルがいるのに、なかなか信じないのですね。

看護ジャーナル、役立てば嬉しいですね。
2011/10/23(Sun) 18:55 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: お知らせ
精神科医師A さん。

情報ありがとうございます。

南江堂「内科」2011年10月号は、読みました。
2011/10/23(Sun) 18:57 | URL | ドクター江部 | 【編集
運動療法のエビデンス
先程はご返答頂きありがとうございます。
看護ジャーナルに記載されている「間違いだらけの糖尿病の予防と治療」(エビデンスベース)に「食後の運動」を勧めているが糖尿病患者にはほとんど効果が無い。と記載されておりますが、
私は食後の運動を励行しておりこの記事には驚きました。エビデンスの有る治療法と信じておりましたが、江部先生はどのようにお考えでしょうか。また「カーボローディングを信仰するアスリートは糖尿病になりやすい」は納得します、私自身が若いころは競技スポーツの選手であり、カーボロ-ディングをコーチより指示されて、盲信しておりました。結果私を含む大勢の先輩、後輩が糖尿病を発症しインスリンを必要とする者も少なく有りません。
2011/10/23(Sun) 20:47 | URL | daniel | 【編集
血糖値下降♪
江部先生、ブログでの貴重なアドバイスありがとうございます。順調に血糖値が下がってきて80~90台が定まってくるようになりました。今日は昼食で250グラム位の豚汁を含めて、750キロカロリー近いメニューをガッツリ食べてしまいましたが、食前の血糖値が95なのに対して食後二時間で107とほぼ横ばいでした。これも江部先生式の食事のおかげです。DMになり食べる気力が失せてしまいましたが、また徐々に気力が戻りつつあります。それにしても、病院の管理栄養士が教育する食事で血糖値が下がらないのは、何か訳ありですね。(追伸、担当の管理栄養士からは、炭水化物と野菜を勧められ、量も極端に削られていますが、せいぜい空腹時の血糖値が140までいけば御の字でした(笑))
2011/10/23(Sun) 22:52 | URL | つくばのヤッシー | 【編集
糖質制限実践で結果報告
先月9月の負荷試験にてA1c5・6
インスリン分泌指数0.2
抵抗性0.66
一時間値270 二時間値165の
糖尿型に極めて近い境界型と診断されてます。

今日病院でA1cと食後1時間半の血糖値の
測定でした。

結果
A1c 5.6→4.8
1時間血糖 270→66

と言う結果でした!!
270という数値は負荷試験での結果なので
実際はもっと低いとは思いますが、それでも
現在66に下がってました。ちょっと下がりすぎな
気もしますが・・・・(^^;

A1cも一ヶ月で4.8にまで改善wwいままで
5%を切ったことがなかったのでびっくりです!

糖質制限様様です!!!炭水化物と甘いもの
をシャットアウトするだけでここまで良くなるん
ですね!
1ヶ月間スーパーで実践したのでこれから
スタンダードに切り替えても問題ありませんか?
また、たまに甘いものを摂取しても問題ない
でしょうか???なるべく自作してますが友人と
遊びに行くとどうしても糖質摂取は避けられない
もので・・・。。。
2011/10/24(Mon) 11:26 | URL | シュガーライフ | 【編集
10月の検診結果のご報告
今日は10月の検診日でした。

通院、13ヶ月目。
江部式糖質制限食、満5カ月。


それで、結果の報告です。

血糖値  119 (今朝の自己測定は、98~それから、2時間半、身体が動いたから。昨年9月は173)

HbA1c  5.4(前月比、+0.1。まあ合格圏内。昨年9月は7.5)

BMI   21.2 (前月比ー1.6。昨年9月は、26.7)

体重   60.4 (前月比ー0.4。昨年9月は、64.0)

血圧   120/80(昨年9月は、130/80)

ケトン体検出せず(糖質制限食5カ月、江部先生のおっしゃる通りです。)

以下、私の食事と血糖値の記録を見ながら。

A)栄養士との会話。

栄養士「糖質は全く摂らないんですか?」

私「はい。でも、食物には何らかの形で含まれていますから。」

*江部先生も、ここの医師も、異口同音。

栄養士「糖質制限食は、確かに血糖値を下げますが、動脈硬化の疑いが…」

さえぎって

私「でも、HbA1c、血糖値、血圧の3つに効果があることが分かっているので、100%は望みません。交通事故でも、がんでも、死ぬ時は死にますから。」

*そうです、失明、人工透析、壊死による切断…は、絶対に嫌です。

栄養士「ブドウ糖を取らないと、脳が働かない。…」

私「…ケトーシスが、脳細胞に働くので、…現に、江部式・糖質制限食を実践している私の職業が、塾のセンセー…」

栄養士「食費が高くつく?」

私「いいえ、私の場合、月平均、夕食1食分400円台で済んでいます。その代わり、ミンチが多いけど。最近は、ブロックで買って、フードプロセッサーにかけています。」

栄養士「そうですね、脂(あぶら)分とかが入っていそうですものね。」

栄養士「ナッツを食べていますね。」

私「糖質は欲しくないけど、ミネラルやビタミンを補いたいから。」

栄養士「家族みんなで測っているんですね。」

私「はい」

ここからは、自作「牡蠣のオリーブオイル漬け」の作り方の話とか。(笑)

最後に、

私「江部先生と、私のブログをご覧になって研究なさってください。」


B)医師の診察

医師「まずまずですね。HbA1cは、糖尿病の方が5.0以下になることは難しいですから。」

私「分かりました。60歳と10カ月で、毎日16時間働いて、月1~2日の休みで平気ですから。今のところいいみたいです。」

医師「そうですね。このままでいきましょう。(薬の処方もいらないということ。)」

私「はい。毎日記録して、今日のように、月1回の診察を受けることで、励みになっています。」


PS

さあ、今日は、月1のラーメンデーでもあります。

北九州一円のラーメン屋さんめぐりを止めた店、

スペースワールド近く、「栗ちゃんラーメン」に、浪人生、二男共々行ってきました。

私はチャーシューラーメン、二男はそのおおもり、以上、糖質制限食実施中(笑)。

浪人生たちは、チャーシューラーメン、唐揚げ、ご飯、ワカイ!



★2時22分、食後2時間血糖値を、この欄で報告します。

2011/10/24(Mon) 13:25 | URL | 三島  | 【編集
効果を実感しました
江部先生

はじめまして。daipaと申します。はじめて投稿をさせて頂きます。とりあえずはご報告をさせて頂きます。
恐らくかなり長期に渡り高血糖状態であったと思われることから、単一性神経障害の程度も酷く、2011年3月頃に右手の指に力が入らない状態になってしまいました。箸も鉛筆ももてなくなり、いよいよ大変なことになったと実感しました。

そして、比較的近所の大きな病院に行って、検査をしてもらったところHBA1cが10.1という結果であり、そこの先生も即入院して、インスリン注射と食事療法のための入院をしてくださいと言われました。

長年恐れていたことでもあり、数日の猶予をもらい一旦帰宅しようとしたところ、帰路の途中の本屋で江部先生の本を手に取りました。思わず、3冊の書籍と糖質制限のメニュー本を3冊購入し、2日で全てを読みきりました。

また、インターネット(PUBMED等)で、米国糖尿病学会の治療のガイドラインを、2001年以降から全て読んでみました。そこ(江部先生の本とADAのガイドライン)に書いてあることは、大きな病院の先生が言っていたこととかなり違うという感想でした。早速、翌日大きな病院に行って、糖質制限も一緒に実践しても良いかと相談したところ、その先生は「そのようなことを言う医者が西の方にいる(私は東京在住です)と、私の顔を見ずの言うだけでした。」それでは、食事はどうするのかと聞いたところ、「カロリー摂取の方法を入院して指導するので、それに合わせれば良い。基本は和食にすれば、徐々に血糖値は良くなる。」ということでした。指の合併症も良くなるのかと聞いたところ、糖尿病が改善すれば良くなるということでした。

しかし、私としては信頼できない状態であったため、その病院には入院せず、地元の糖尿病も診る開業医の先生にお世話になりに行きました。しかし、ここでも糖質制限は拒絶されましたが、1日3回のアマリールの処方と毎月の検査を行うこととなりました。

なぜ、糖質制限の話を少しも正面から向き合おうとしないのか理解できませんでしたが、私としてはどうしても腑に落ちないところがあったため、アマリールの服用とともに糖質制限を徹底しました。その後、5月の検査でHBA1cが9.1、6月は8.2、7月
7.1、8月6.0、9月5.3(10月の受診は10/22でその際にも検査していますが、それはまだわかりません。)という結果でした。その際に、先生は「この数値であれば人間ドックに行っても正常と判断されるでしょう。今月からはアマリールの服用を1日1回にしましょう。」と言われました。しかし、なぜここまで良くなったかはまったく聞かれませんでした。私から糖質制限をしていることを言おうとしたのですが、以前と同じ反応であるかもしれないと思い、敢えて言うことはしませんでした。

まずは、上記の私の体験を報告させて頂くとともに、糖質制限食の効果を実感した喜びをご報告したいと思いました。そして、最近徐々にですが、右手の指にも力が入るようになってきており、それに対しても大変な喜びを感じております。どこまで改善するのかはわかりませんが、リハビリ(握力運動だけですが)もしながら、糖尿病と合併症の改善に突き進みたいと思います。今後は江部先生のお考えを地元の医師や病院の医師にも話てみたいと思います。そして、1人でも多くの糖尿病患者が苦労を少なく改善できる手助けがでればと思っています。

長文になりましたが、自分の体験の報告とともに江部先生のご尽力に御礼申し上げます。
2011/10/24(Mon) 14:46 | URL | daipa | 【編集
ラーメン食後2時間血糖値のご報告
検診日は、ラーメンデー。
1か月、我慢の子のご褒美のつもりが、
怖いですね、
食後2時間血糖値が、228もありました。
江部式糖質制限食5カ月のワースト新の誕生です。
それと、眠くて眠くて、さっきまでうとうとしてしまいました。
1日16時間、バリバリ勤務の私が…。
2011/10/24(Mon) 14:57 | URL | 三島  | 【編集
Re: 運動療法のエビデンス
daniel さん。

皆さん興味ある話題なので、記事にしました。
2011/10/24(Mon) 15:32 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 糖質制限実践で結果報告
シュガーライフ さん。

データ改善、良かったです。

スタンダードでも、いいと思いますが、

1回の食事の糖質量を、食後血糖値が、1時間値180mg未満、2時間値140mg未満を

達成するように調整するのが良いですね。
2011/10/24(Mon) 15:42 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 10月の検診結果のご報告
三島 さん。

いつもご報告ありがとうございます。
とても参考になります。

HbA1c:5.4

は、まずまずというより、コントロール優ですから、花○ですね。
2011/10/24(Mon) 15:49 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: ラーメン食後2時間血糖値のご報告
三島 さん。

こちらも、ご報告ありがとうございます。
おおいに、参考になります。

うーむ!? ラーメン、恐るべしですね。

眠気はラーメンを食べ始めて、どのくらいの時間で襲ってきて、どのくらい持続したのでしょうか?
血糖値との関連が興味深いです。
2011/10/24(Mon) 15:53 | URL | ドクター江部 | 【編集
ラーメンの追加報告です。
12時に食べ始め、近所なので、12時40分には帰着。
そのあと、30分もしないうちに、猛烈な睡魔に襲われ、椅子でうとうと、食後2時間血糖値を測るために仕込んだアラームの音で目を覚ましましました。
最近、記憶のない眠気でした。

妻が、10月4日、サンドイッチを食べ、血糖値が300を超えたのと同じパターンと思います。
2011/10/24(Mon) 17:24 | URL | 三島  | 【編集
Re: ラーメンの追加報告です。
三島さん。

ラーメン摂取開始後、1時間ちょっとで、強烈な睡魔ですね。

血糖値上昇のピークが1時間ちょっとくらいで、そこから、急速に下がり始めた時に
眠気発生なのでしょうかね?
血糖値が下がるときの落差で眠気がくることが多いようです。

1時間値が300以上→2時間値228mg  70mg以上の落差ですので・・・
2011/10/24(Mon) 18:42 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 効果を実感しました
daipa さん。

拙著のご購入、ありがとうございます。
データの改善、神経障害の改善、良かったですね。

アマリールも中止できるかもしれません。
データがこのまま良好なら主治医とご相談ください。
2011/10/24(Mon) 18:45 | URL | ドクター江部 | 【編集
本日は吹田市にある循○○センターの受診日。前回
代謝の主治医は高雄病院へ行くと聞いて「私も勉強したいから教えてくださいね」と言いました。今回は
慎重な口調でした。ご主人がDMで7から6にAICが改善していると言われました。フスマのパンを食べさせているそうです。私が糖質制限することは気にしていません。コレステロールを強力な薬でコントロールしないといけない病気もあるから、そう簡単にゆかないというような注意も受けました。「糖質も必要」というから 食後に高血糖180になって放置していてもいいのかと聞くと無言でした。

5.6ー6.0だったのが、今年夏から夜だけ制限して5.6です。すいかや糖質制限のジャムを食べましたから。おほほ。「焦るわ」というと「焦らないで。5.6で落ち着いてきてるやないの」と言われました。糖質は必要で極端に制限すると体調を崩す、とも付け加えられた。LDLが57 TGも50とFH専門の先生のご機嫌は上々。でも私はAICを5.2まで頑張って下げたいと思っています。
2011/10/24(Mon) 19:05 | URL | ゆき | 【編集
AGEは測る前に下げましょうかね。
モン吉さん、

本質論としては、AGE測定、やりたいですよね。これで合併症リスクが測れるなら、とても重要ですすから。

一方、数ヶ月レベルの短期スパンで考えると、一台推定300万円とゆーのは、普通の病院では入れるのが難しそう。小さな病院は金がないし、大きな病院は稟議が面倒かも??

では私たち一般患者は、自力で何ができるか?

ここで私は「測る前に下げよう」という戦術で過去2年、動いています。たとえばN・ペリコーン皮膚科医が
www.amazon.com/dp/B00275EHO6/
で推奨している抗糖化サプリ
  ・Alpha Lipoic Acid
  ・Benfotiamine (VB1の特殊型)
  ・Carnosine
  ・Pyridoxiamine(P5P。VB6の特殊型)
これらは、みな iherb.com で買えますし、とくに Carnosine は今後のAGE形成を「防ぐ」だけでなく、形成済のAGEを「除去」までしてくれるというのですから、合併症からの回復も期待できます。

これらの Anti-glycating agents を継続摂取しつつ、私は、その成果がいつの日にか測定できるような世の中になりますように、と楽しみにしています。

ここはひとつ「測定 → 制御」というお手前を忘れて、「いきなり測定」へと先走るのが、患者としては実用的だと思うんです(自画自賛)。
2011/10/24(Mon) 21:48 | URL | 元熊男 | 【編集
Re:AGEは測る前に下げましょうかね
元熊男さん情報有難うございます。

抗糖化サプリの中で形成済のAGEを「除去」できる物もあるのですね。知りませんでした。
私は、自己防衛としてビタミンB1、B6の多い食品やカテキンの多い緑茶を6~7杯飲んでいます。
安上がりなので。

私は平成19年3月発覚時に血糖値390、HbA1cが10.7ありました。すぐに江部先生の糖質制限食を始めて、注射や薬無しで現在2年以上5.0を保っています。先生には大変感謝しています。
発覚以後は糖質制限で食後高血糖はないのでAGEsの発生はなく心配していません。
ただ、発覚時10.7ありましたのでそれ以前に一体どれ位自分の体にAGEsが溜まっているのか不安になった訳です。

AGE測定器300万となると確かに高価ですよね。仰られる通り稟議の事もあるでしょう。費用対効果、利益を考えなければいけませんし。
私は、血液や尿等の検査をする専門機関がまず導入して、そこへ病院等が外注に出せばと思ったのです。私は医療関係者では有りませんのでよく知りませんが、AGEsはまだあまり注目されていないのでしょうね。検査依頼の需要がないから導入もないのでしょう。

どちらにしましても、私は江部先生のお陰で現在HbA1c5.0を保てていますし、過去は過去とし発覚以後はAGEsの心配はいらないのであまり深く考えずにいきたいとも思っています。

2011/10/25(Tue) 23:15 | URL | モン吉 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可