FC2ブログ
本当は、ヤスイ? 糖質制限食
こんばんは。

「本当は、ヤスイ? 糖質制限食」

というコメントを三島さんから、いただきました。

確かに、一般的には肉や魚なと比較的高価な食材が増えるので、エンゲル係数が上がりそうですね。

しかし、工夫次第では、意外に安くすむとのことです。

三島さん、ありがとうございます。

ブログ読者の皆さんの参考になると思います。

三島さんのブログのアドレスです。
http://blogs.yahoo.co.jp/misimyk

【11/10/16 三島 
本当は、ヤスイ?糖質制限食。
この間の”特ダネ”に出ておられた老夫婦。
一体どれだけの資産家?と思われる家具や食器を使われていた。
肝心のメニューが、ハンバーグでホッとしたのは私だけだろうか。
それでも、あの有名洋食器に盛りつけられる普段の料理は、サーロイン?
と、ヤラセを勘繰ってしまうのは、私一人だろうか。

以下、私のブログ、「三島塾」(2011.10.16)より、転載です。

「糖質制限食」は、「普通食」に比べて高いという話があった。
確かに、毎日、お肉とお魚を食べると、エンゲル係数は上がるに違いないと、私も思っていた。
しかし、お肉も、何もステーキばかりではなく、比較的お安く栄養もある鶏ムネ肉や、合挽き、そして、何より、豆腐、納豆などの大豆製品を上手に使うと、1食300円台でできるし、ちょっと奮発しても500円を超えることは少ないことが、この半月の記録から実証できた。

しかも、調味料を替えるだけで、レパートリーが広がり、同じ食材でも、和食になったり、洋風になったり、中華になったりで、結構楽しませてくれる。それを可能にするのが、いわゆる、ルクエやパプリカをはじめとする、電子レンジ調理器だ。材料を、洗って、切って、放り込んで、10分と待たずに食事にありつける、こんな便利なことはない。

一般的に、お買い物から後片付けまで、食事の支度に使う時間と労力は計り知れない。まして、メニ―を考えるのが最大の悩みの種だそうだ。

私は、両親が共稼ぎだったせいで、小学4年生から台所を任された。家族の中の位置づけとして、私がやらないと、皆が晩ご飯を食べられなかったのだ。

昔は、貧しかった東北の農村のこととて、大した食材もなく、ワンパターンの料理しか作らなくて良かったから出来たことかもしれない。

しかし、今は、ネットを利用して、上手に食材を集めることで、料理を楽しんでいる。

もちろん、このことを万民に求めても仕方がない。

現に、お洗濯とアイロンがけは超プロ級の妻だが、料理をするぐらいなら食べずにいるというツワモノだ。(汗;)

そこで、私のレシピが皆さんのお役に立てれば幸いと思うものである。

 ***江部先生の著書、及び、お仲間と書かれたレシピ集を読破して、毎日頑張っています。11月7日発売の新著も、すでにアマゾンに予約しました。楽しみです。***

食後血糖値の測定も、始めの1週間は、一日8回も測定していたから、測定器10,000円に、消耗品代が、150×8×7=8,400円近くかかった。

すでにインシュリンを打っている方は軽減されるが、私は、該当しないので、普通にネットで購入している。糖質制限食のすばらしさを記録することで示したかったからだ。家族を始め、周囲の者に具体的数値を示すことで理解を促すことが可能だと考えたからだ。

早くもその効果が表れた。それは大のサンドイッチ好きの妻が、食後血糖値が、300を軽く超えたことで、「2度と食べない」宣言をしたことである。(笑)

今は、アサイチと夕食後2時間の2回だけになった。それでも、家族三人で、1か月の消耗品代は、36,000円である。しかし、同じ食事をしている家族が、数値を比べあうことで、絆が強くなっている。(笑)

そうそう、チクチク痛い思いもしなければならない。(笑)

よって、この記録を独り占めにするのはもったいないと思い、敢えて、個人情報を公開することにした。

今月の前半の食費は、以下の通りであった。

***概算カロリーと糖質、予想血糖値、及び、食後2時間実測血糖値を、写真付きレシピと共に公開しています。***

 1日(土) 330円
 2日(日) 370円
 3日(月) 620円
 4日(火) 520円
 5日(水) 460円
 6日(木) 460円
 7日(金) 490円
 8日(土) 外食
 9日(日) 360円
10日(月) 450円
11日(火) 480円
12日(水) 430円
13日(木) 480円
14日(金) いただきもの
15日(土) 外食
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2011.10.1~15 
8日、14、15日を除く、平均、夕食材料代450円

問題は、食文化が変わることで、産業構造さえも変わらざるを得ず、 既成の業界が受け入れを拒否するかもしれないということ。

それでも、一般の人が、健康でおいしい食生活を求めるなら、 業界も自然に変わらざるを得ない時期が来ると私は信じたい。

PS 

今日、生徒が食べていた、市販のパック入り「温野菜サラダ」は、レンジでチンするタイプだった。

チンするだけ「糖質制限食パック」が、スーパーやコンビニで売られる日が来るのもそう遠い日ではないのかもしれない。】


テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
淡水化物は敵だとおもいます
はじめまして
わたしは、約1カ月炭水化物をおさえた食事をしています。
きっかけはサイトでそのほうがよいとの情報をみて実行した
のですが、よかったです。
かかりつけの医師は従来の食事療法運動をすすめていましたが
薬がじょじょにふえて、体調もすぐれず、そこで、淡水化物を
とらないことでよくなることを知りやってみました。
2週間で正常値になりおどろきました。
医師にそのことをはなし、薬をへらしてもらいました。
いまでも、極力炭水化物をへらした食事をしています。
つきましては、このことを、もっとひろく皆さんにつたえたく
おもっています。
ご協力お願いします。
このままではわたしとおなじように気がつかなくて、
薬をふやされていくひとが出てしますと思います。
先月、私の知人が糖尿が原因でなくなりました
2011/10/17(Mon) 23:46 | URL | 森田 守保 | 【編集
毎回アドバイス♪
ありがとうございます。おかげさまで、2ヶ月前まで空腹時の血糖値が330だったのが、最近では100前後が出てきて、良くなりつつあります。とはいえ、まだまだ時間によって数値のばらつきがあるので、予断は許せません。江部先生の低炭水化物療法で好きな卵焼きやウインナーソーセージを取り入れながら、数値を下げてきましたが、管理栄養士からは卵焼きは油を使うから不向きと言われました。同じ事を何度も言ってすみませんが、担当の栄養士は炭水化物と野菜主義なので、その食事方法でいくと空腹時血糖値が150近くいってしまいます。なので、江部先生式で頑張っていきたいと思います。ちなみに糖尿病担当の主治医は、アルコール、清涼飲料、クリーム料理、お菓子以外なら、カロリーの範囲内で1日三食バランス良く食べて下さいと話しています。それにしても、主治医と栄養士で全く考え方が違うのが不思議です(;^_^A)
2011/10/18(Tue) 00:59 | URL | つくばのヤッシー | 【編集
東京都内で糖質制限治療を受けたいのですが
パートナーが糖尿病です(現在は薬服用のみ)
10日ほど前、江部先生を知り、殆どの本を読み「糖質制限食」をやっていますが、10月6日の人間ドックで動脈硬化も進んでいるという診断でしたし
私自身が諸事情で現在、同居できていないため(来年から同居)
時々、低血糖になっていたり(心配かけまいと詳しいことを言わない)するような気がします。
義母も入院中で、兄弟もいないため、入院もできず、また東京を離れることができません。
都内で、糖質制限において信頼できる先生はいらっしゃらないのでしょうか?
現在、かかりつけの内科医は、長年通っているのに
動脈硬化が進んでいることもわからず薬の処方だけでしたので
糖尿病に対しての姿勢に不安です。

ブログに投稿と言う形で失礼かとおもいましたが
何か、アドバイス等お願いできないでしょうか。

よろしくお願いします。
2011/10/18(Tue) 07:54 | URL | りーさ | 【編集
SMBG
私は2年前に自身で食後高血糖をSMBGで発見し、受け入れられない現実でいろいろ食べ調べました。結果的には耐糖能低下が判明し、以後江部先生の講演を聴いたり本を読んだりしながらスーパー続けております。A1c、空腹時は全く正常範囲内だったので、SMBGがなかったらあと4.5年は発覚しなかったのでは…。当初は食べる物によっては一日10回以上計測したりでかなり経費がかかりました。幸い娘がLA在住なので向こうのアマゾンで購入し行き来の時手に入れます。馬鹿安です。stripが一つ20円位。CAでは11月の何日かがDMの日。この時はstarterkidが1000円位で買えます。尿糖試験紙など売っておりません。簡単に安くSMBGできるから。私の経験では食後高血糖のstageこそSMBGが大切と認識してます。誰か個人輸入かなんかで安く気楽に計測できる方法を考えて下さい。Blog見ていてSMBGがあればというご意見が多く気になったものですから投稿しました。
2011/10/18(Tue) 08:33 | URL | HataMiyo | 【編集
Re: 東京都内で糖質制限治療を受けたいのですが
りーさ さん。

ひめのともみクリニックの西澤 真生(にしざわ まなみ)先生がよいと思います。

ひめのともみクリニック http://www.himeno-clinic.com/
〒141-0022
東京都品川区東五反田
1-17-1
昭和第二ビル 3階
TEL: 03-3445-0766


西澤 真生(にしざわ まなみ)先生が

2011/10/18(Tue) 09:17 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: SMBG
HataMiyo さん。

情報、ありがとうございます。

米国では、センサーが¥20-、
「本体とセンサー・ランセット」のスターターキットが、糖尿病の日だと、¥1000-

日本ではセンサーが¥110-、スターターキット¥10000-
くらいですから、大変な差ですね。

2011/10/18(Tue) 09:23 | URL | ドクター江部 | 【編集
原材料に含まれる砂糖について
いつも楽しく江部先生のBLOGを拝見してます。
糖質制限のおかげで、最高7.2だったHbA1cは5.7まで下がりました。
身長/体重は167cm/49kg
体重が増えないのが悩みの種です。
江部先生監修のレシピ本を参考に、新しいメニューの開発にも取り組んでいます。
先日、炒めた千切りキャベツを卵でくるんだお好み焼き風オムレツができました。
マヨネーズと削り節、青海苔と紅生姜で「それらしい」味にはなるのですが、やはりソースがないとお好み焼きの味には近づけません。
そこで、江部先生のBLOGから辿って糖質制限ドットコム様から「糖質オフウスターソース」を購入いたしました。
お好み焼き風オムレツの他にも、いろいろ応用が利きそうな調味料だと思ったのです。
栄養表示は100g中炭水化物5.0gと確かに低GIですが、原材料に「砂糖」と書いてあります。
この場合、どれくらいの砂糖が使われていて、一度に使うソースはどれくらいが可食量なのでしょうか?
また、私は弱いくせに酒が好きです。
蒸留酒、糖質オフ発泡酒、赤ワイン等何でも飲みます(過ぎることも度々…)。
「アサヒスタイルフリー」や「寶焼酎ハイボール」、最近流行りの缶入りウィスキーハイボール等の原材料に書いてある「糖類」とはどのようなものなのでしょうか?
ご多忙中恐縮ですが、お時間のある時にご教示いただけたら幸いです。
2011/10/18(Tue) 23:35 | URL | brokenbrakes | 【編集
Re: 原材料に含まれる砂糖について
brokenbrakes さん。

本のご購入ありがとうございます。
糖質制限ドットコム「糖質オフウスターソース」100g中炭水化物5.0g
食物繊維はないので、糖質5gです。
砂糖は風味のため微量入っています。
白菜などの野菜にも枝豆にも天然のショ糖が少量入っています。

糖質制限食では、1回の食事の糖質総合計を20g以下にすることをめざします。
7g、8gでも、10gでもいいです。
調味料もその範囲内です。

糖類は単糖類(ブドウ糖、果糖など)と2糖類(ショ糖、乳糖など)のことです。
それ以上は多糖類です。

2010年11月16日 (火) の本ブログ記事「炭水化物、糖質、糖類の違いは?英語と日本語は?復習と追補」
をご参照いただけば幸いです。
2011/10/19(Wed) 08:41 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可