FC2ブログ
糖質制限食と糖尿病網膜症に関する貴重な体験報告
おはようございます。

政也 さんから、糖質制限食と糖尿病網膜症に関する貴重な体験報告を、コメントしていただきました。


【11/10/15 政也
はじめまして。
私は去年の11月に左目の視界に突然黒い物がちらつき子供の頃からの掛かり付けの眼科に行って診察したら眼底出血してると診断された神奈川県在住の40歳の男性です

医師に政也さんは糖尿病か高血圧症ある?と聞かれたので血液検査等したこと無いから分からないと答えたら急いで内科で検査しなさいと言われ地元の総合病院で検査したら重度の糖尿病と高血圧症との診断が出ました

その時の数値はA1cが13で空腹時血糖が400で医者に直ぐに入院しろと言われましたが左目が見えないから先に眼科に行くと言って眼科で両目の精密検査をしたらうちの病院では手に負えないからとワンランク上の総合病院の紹介状を出されました

翌日に紹介状の病院に行き両目の精密検査をしたら両目共に増殖網膜症の末期で左目は白内障、硝子体出血、牽引性網膜剥離を併発していて視力は0、02で失明寸前でした、右目はまだ0、5位有ったので何とか自分の事は出来ました

この病院でも手に負えないと神奈川県でもトップクラスの大学病院に行く事になりました、左目は出血が酷すぎてレーザー凝固術はできないので直ぐに硝子体、白内障の同時手術となりました

硝子体手術の前に血糖値を下げる入院を先行しましたがインスリンを打っても血糖値は下がらずその時に毎日同じカロリーの病院食なのに何故血糖値が安定しないのか医師に聞くと食品によって変わるとの返答がありじゃあカロリーは関係無いと思い退院後に色々調べたら先生の書籍に巡り合い直ぐに2冊購入し糖質制限を実践しました

半年後にはA1cが5、8で空腹時血糖が90で今はインスリンは無しで快適に生活してます

両目共に増殖網膜症だったので運動はタブーでしたから糖質制限だけで簡単にこの数値になりました

でも結局両目共に硝子体、白内障の手術をしました、ちなみに左目は手術が成功しても矯正視力で0、1位にしか回復しないと手術前に言われましたが今は両目共に裸眼で1、2まで医師も驚く驚異的な回復をしました

眼底検査も半年に1度で良いと言われました、

これも先生の書籍のおかげで良好な血糖コントロールが出来たからと心から感謝してます。】


政也 さん。
拙著のご購入ありがとうございます。

糖尿病網膜症は

1)正常 2)単純網膜症 3)増殖前網膜症 4)増殖網膜症

1)→2)→3)→4)の順番で進行していきます。

2011年11月の眼科受診の時点で、両眼ともに増殖網膜症の末期ですから、糖尿病網膜症としては、これ以上ない重症です。

HbA1c13%、空腹時血糖400mg。

政也さん、ご指摘の通り、入院してインスリン注射をしても、血糖コントロールが困難だったのは、カロリー計算だけで糖質のグラム数を計算していないためです。

退院して糖質制限食実践、半年後には、インスリンも運動もなしで「HbA1c5.8% 空腹時血糖値90mg」

劇的な改善ですね。 (^_^)

「結局両目共に硝子体、白内障の手術をしました、ちなみに左目は手術が成功しても矯正視力で0、1位にしか回復しないと手術前に言われましたが今は両目共に裸眼で1、2まで医師も驚く驚異的な回復をしました。」

眼科専門医が0.1にしか回復しないと説明したのに、両目共に裸眼で1.2とは素晴らしい限りです。ヾ(^▽^)

自分で言うのもなんですが「糖質制限食すごい」の一言です。(^-^)v(^-^)v
良かったです。


ともあれ、中年以降は糖尿病の検診は必要です。

早期発見の糖尿病なら、糖尿病網膜症にならずにすみます。

また糖尿人においては、定期的な眼科検診が必要です。

2)単純網膜症

の段階なら、糖質制限食実践で、

3)増殖前網膜症

への進行を阻止できます。

また血糖コントロール優レベル(HbA1c5.8%未満)を保てば改善も期待できます。



江部康二
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
よく有りがちな♪
インスリン注射を使い方始めてから、1ヶ月前より6?程体重が増えましたが、食事の量はあまり変わっていません。肥満体になりそうで怖いですが、食事は抜いた方が良いのでしょうか?
2011/10/16(Sun) 14:36 | URL | つくばのヤッシー | 【編集
眼科医の…
このケースは、本当に回復されて良かったと思います。
私の場合、最初に行った眼科の対応があまりずさんで、かなり状態が悪くなりました。
検査と言っても瞳を開いて眼底を見るだけでした。
増殖糖尿病網膜症なら私は、検査設備の整った医療施設で検査と言うのが、妥当だと考えます。
当時私は糖尿病・糖尿病網膜症に対する知識がなく今思えばぞっとします。
結局日に日に視力が落ち、見るに見かねた知人が、他県の眼科を紹介して頂き、間一髪失明を免れました。
紹介してもらった眼科の先生は、何故こんな酷くなるまで放置したんだ!と言われました。
行く医療機関によって、視力の回復に差が出るような気がしてなりません。
2011/10/16(Sun) 15:34 | URL | 摂津のエクレア | 【編集
腎症3期Aからの回復の兆し…
こんにちは
約10か月前に眼底出血をおこし、眼科に行って初めて糖尿病と診断されました。その時点でHA1C12.8% 空腹時血糖240で、即入院となりました。
両目ともレーザー治療をしましたが右目は硝子体手術と白内障の手術絵をしました。
入院中に知り合った患者さんから先生の著書を勧められ、すぐにスーパー糖質制限を始めました。糖尿病がわかった時点で、腎症3期Aでも限りなくBに近い状態でした。

退院してからの定期検査では順調にA!Cは下がり、5ヶ月後には5.5%まで下がりました。でもどうしても蛋白尿が3+、2+の状態でした。
それが、今回の検査で糖質制限9カ月目にして(+-)に回復。

先生の本を読んで腎症3期Aまでは、糖質制限により回復もあり得ると知り、やっとそれを実感することができました。本当にありがとうございました。
また、母も糖尿病歴20年ほどで合併症はないまでもずっとA!Cは6.5%~7%と横ばいで、私が糖質制限を始めて、劇的に改善したので、母も始めたところ半年ほどで5.3%まで改善。
家族ともども、先生には感謝しています。
今後も、楽しく糖質制限続けていきたいと思います。
2011/10/16(Sun) 16:39 | URL | andantino | 【編集
本当は、ヤスイ?糖質制限食。
この間の”特ダネ”に出ておられた老夫婦。
一体どれだけの資産家?と思われる家具や食器を使われていた。
肝心のメニューが、ハンバーグでホッとしたのは私だけだろうか。
それでも、あの有名洋食器に盛りつけられる普段の料理は、サーロイン?
と、ヤラセを勘繰ってしまうのは、私一人だろうか。

以下、私のブログ、「三島塾」(2011.10.16)より、転載です。

「糖質制限食」は、「普通食」に比べて高いという話があった。
確かに、毎日、お肉とお魚を食べると、エンゲル係数は上がるに違いないと、私も思っていた。
しかし、お肉も、何もステーキばかりではなく、比較的お安く栄養もある鶏ムネ肉や、合挽き、そして、何より、豆腐、納豆などの大豆製品を上手に使うと、1食300円台でできるし、ちょっと奮発しても500円を超えることは少ないことが、この半月の記録から実証できた。

しかも、調味料を替えるだけで、レパートリーが広がり、同じ食材でも、和食になったり、洋風になったり、中華になったりで、結構楽しませてくれる。それを可能にするのが、いわゆる、ルクエやパプリカをはじめとする、電子レンジ調理器だ。材料を、洗って、切って、放り込んで、10分と待たずに食事にありつける、こんな便利なことはない。

一般的に、お買い物から後片付けまで、食事の支度に使う時間と労力は計り知れない。まして、メニ―を考えるのが最大の悩みの種だそうだ。

私は、両親が共稼ぎだったせいで、小学4年生から台所を任された。家族の中の位置づけとして、私がやらないと、皆が晩ご飯を食べられなかったのだ。
昔は、貧しかった東北の農村のこととて、大した食材もなく、ワンパターンの料理しか作らなくて良かったから出来たことかもしれない。
しかし、今は、ネットを利用して、上手に食材を集めることで、料理を楽しんでいる。

もちろん、このことを万民に求めても仕方がない。
現に、お洗濯とアイロンがけは超プロ級の妻だが、料理をするぐらいなら食べずにいるというツワモノだ。(汗;)

そこで、私のレシピが皆さんのお役に立てれば幸いと思うものである。

 ***江部先生の著書、及び、お仲間と書かれたレシピ集を読破して、毎日頑張っています。11月7日発売の新著も、すでにアマゾンに予約しました。楽しみです。***

食後血糖値の測定も、始めの1週間は、一日8回も測定していたから、測定器10,000円に、消耗品代が、150×8×7=8,400円近くかかった。
すでにインシュリンを打っている方は軽減されるが、私は、該当しないので、普通にネットで購入している。糖質制限食のすばらしさを記録することで示したかったからだ。家族を始め、周囲の者に具体的数値を示すことで理解を促すことが可能だと考えたからだ。
早くもその効果が表れた。それは大のサンドイッチ好きの妻が、食後血糖値が、300を軽く超えたことで、「2度と食べない」宣言をしたことである。(笑)

今は、アサイチと夕食後2時間の2回だけになった。それでも、家族三人で、1か月の消耗品代は、36,000円である。しかし、同じ食事をしている家族が、数値を比べあうことで、絆が強くなっている。(笑)
そうそう、チクチク痛い思いもしなければならない。(笑)

よって、この記録を独り占めにするのはもったいないと思い、敢えて、個人情報を公開することにした。

今月の前半の食費は、以下の通りであった。

***概算カロリーと糖質、予想血糖値、及び、食後2時間実測血糖値を、写真付きレシピと共に公開しています。***

 1日(土) 330円
 2日(日) 370円
 3日(月) 620円
 4日(火) 520円
 5日(水) 460円
 6日(木) 460円
 7日(金) 490円
 8日(土) 外食
 9日(日) 360円
10日(月) 450円
11日(火) 480円
12日(水) 430円
13日(木) 480円
14日(金) いただきもの
15日(土) 外食
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2011.10.1~15 
8日、14、15日を除く、平均、夕食材料代450円

問題は、食文化が変わることで、産業構造さえも変わらざるを得ず、
既成の業界が受け入れを拒否するかもしれないということ。
それでも、一般の人が、健康でおいしい食生活を求めるなら、
業界も自然に変わらざるを得ない時期が来ると私は信じたい。

PS 
今日、生徒が食べていた、市販のパック入り「温野菜サラダ」は、レンジでチンするタイプだった。
チンするだけ「糖質制限食パック」が、スーパーやコンビニで売られる日が来るのもそう遠い日ではないのかもしれない。
2011/10/16(Sun) 19:08 | URL | 三島  | 【編集
献血で境界型発覚
江部先生、はじめまして。
28歳女性です。

先日献血をした折、結果を見たところグリコアルブミンが16.7#という異常値をマークしており、境界型糖尿病を疑っております。

過去5年間の健康診断結果と献血記録を照会してみたところ、

2006年/23歳/50.9キロ
食後2時間後血糖値93(誤って健康診断なのに朝食を摂ってしまった為)

2007年/24歳/51.5キロ
空腹時血糖値94

2008年/25歳/52.2キロ
(転職し、運動量激減+お菓子のダラダラ食いと吐かない過食傾向始まる)
空腹時血糖値72、HbA1c5.5

2009年/26歳/55.8キロ
空腹時血糖値84、グリコアルブミン15.5(同時期献血結果)

2010年27歳/58.4キロ
空腹時血糖値86、グリコアルブミン16.0

※身長161センチ

そして今年四月の献血ではグリコアルブミン16.4、先日ついに16.7#と推移しています。

ここ4年の間、ただ座ってるだけが多い職場環境が私にとっては大変なストレスで四六時中お菓子を貪る時期が続き、反対に運動量はマイカー通勤に加え実家暮らし、スポーツの趣味も無しで減る一方でした。
どんどん太る事に対しても強烈なストレスがあり、ダイエットを試みるも成功はせずに年々太る一方でした。
運動もたまにやるけれど大体1~2か月でサボってしまい続いていません。
断食をしたりもしました。アルコールはビールが大好きで、飲み会では飲み物はビールをジョッキで6~7杯は当たり前でした。
今思えば、ものすごい偏食と不摂生ですね。。。



今年の8月ごろから、動悸を覚えるようになり血液検査や胃カメラをしたのですが結果は正常(白血球が14,000と多かったのですが一過性だったようですぐ落ち着きました)、それでも胃が中々食べ物を消化しないような重たい状態が続いていました。

お菓子も以前のようにダラダラ食いは無くなり、9月は先に述べた血液検査の結果から白血病を恐れてほとんど食事が取れない状態がありました。
ビールもほとんど飲まなくなり、体重も55キロにまで減っています。

9月から最近まで、小食+夕方犬の散歩20分という習慣があったにもかかわらずグリコアルブミンが16.7まで上がってしまったということはもう糖尿病確定という兆しなのでしょうか?
ただし、10月に入ってからも色々とあり強烈な不安感や精神的ストレスが続いていまして、過剰なストレスは血糖値を上昇させるそうなので多少その影響もあったのではと思うのですが…

自分で調べる限り、グリコアルブミン16.7の場合のHbA1cは大体5.8程度かと…

先生のブログを毎日5時間、先週からずっと見続けて勉強をしまくり、過去のデータを素人ながら分析すると食後高血糖を起こしているのは間違いないと思います。
また、ここ2~3年程、昼食後の眠気が尋常ではなく(手持無沙汰という事もありますが)席を立ってストレッチをした後にもカクンと意識をなくしそうな眠気などがしばしばありました。
最近は減りましたが。


私はまだ独身で出産経験もなく、自分の不摂生が祟ったとはいえ一生治らない糖尿病かもしれないという深刻な現実を突き付けられ目の前が真っ暗です。
ストレスなのか、朝4時頃悪夢にうなされて目が覚めて、動悸が起きています。

ただ、幸いにも早々に先生のブログを見つけられ、糖質=血糖値上昇という事がすぐに納得出来たのでゴハンは減らし食べる順番とゆっくり食べる事も徹底して行っています。
また、食後30~60分後に朝は犬の散歩+自転車30分かけて通勤、昼食後も仕事で何か用を見つけて極力デスクから離れ100歩でも歩けるようにし、夕食後もウォーキングor有酸素運動のDVDを30分欠かさずやっています。

糖負荷試験を受けていないですし、現在の空腹時血糖値も分かっていない状態なので糖尿病であるというジャッジは下せないかと思いますが…

グリコアルブミンの数値を見る限り、先生はどの様な所見をお持ちになるかお聞かせ願えれば幸いです。

病院は糖尿病専門医が職場診療所へ今度来るのでその際に受診します。
2011/10/16(Sun) 19:12 | URL | 春巻 | 【編集
Re: よく有りがちな♪
つくばのヤッシー さん。

インスリンは肥満ホルモンです。
糖質制限食なら、即インスリンの量が1/3以下になるので、肥満防止になります。
糖質制限食をされる場合は、リアルタイムに血糖値が改善するので低血糖に注意です。
2011/10/16(Sun) 19:36 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 本当は、ヤスイ?糖質制限食。
三島さん

いつも貴重な情報ありがとうございます。
昨日DVDと検査記録が届きました。
焼酎、美味しかったです。
2011/10/16(Sun) 19:47 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 献血で境界型発覚
春巻 さん

グリコアルブミンの基準値は、「12.4~16.3%」とか「12.3~16.5%」施設で少し違います。

献血時であれば、15.6%未満が標準で、15.6~16.5%未満が正常高値、16.5%~18.3%は境界型、
18.3%以上が糖尿病型です。

春巻きさん、現時点で、境界型と思いますが、糖質制限食で将来の糖尿病発症が予防できると思います。
昼食後の眠気も改善すると思います。
2011/10/16(Sun) 19:59 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 腎症3期Aからの回復の兆し…
andantino さん。

拙著のご購入、ありがとうございます。
HbA1cそして腎症の改善、良かったですね。
蛋白尿陰性を目指しましょう。
2011/10/16(Sun) 20:01 | URL | ドクター江部 | 【編集
高血糖の聴覚への影響
http://home.att.ne.jp/grape/take3/nanchou/001.html

江部先生
いつも大変お世話になっております。
糖尿の合併症と言えば
目・腎臓が有名ですが
聴覚もあるのではないでしょうか。

このURLの不治の症状、まさに私です。
高血糖で聴覚の毛細血管が破壊され、高音が聞こえなくなったのだと思います。長らくA1C7台を放置し、その後糖質制限で今は4.8ですが
目の網膜症は回復、腎症も回復、しかし耳が調子悪いです。
このURLによると、補聴器も意味がないようです。
このテーマにつき、糖尿専門医の間で何か議論はありますでしょうか?
町の「糖尿病専門医」は勉強不足でお話になりません。江部先生にお頼りするしかありません。耳鼻科医は糖尿の知識がありません。




2011/10/16(Sun) 20:50 | URL | ほるもん | 【編集
先生からコメント頂き嬉しいです。
先週の木曜日に高血圧症の原因と疑われた原発性アルドステロン症の検査入院を11日間して退院してきました!私が両目の増殖網膜症の硝子体手術と今回の高血圧症の入院をした医療機関は横浜八景島シーパラダイスの近くに在るドラマの撮影にも良く使われる某大学附属病院ですがやはり糖尿病食(1600キロカロリー)は糖質タップリの糖尿人にはかなり危険な食事です、私は主食のご飯の代わりに豆腐を食べ副食も糖質が多い物は残しました、すると先ずは看護師が質問して来ます、看護師、何故に主食は食べないのですか?私、血糖値が上がるから!看護師、カロリー計算してあるから食べても大丈夫ですよ!私、カロリーじゃ無くて食品中の糖質量が問題なんだけど、看護師、???私、ナースステーションのパソコンで食品中の糖質量調べてみな!でも看護師も管理栄養士も医師も糖尿病で合併症の末期まで進行した私の言う事はイマイチ信用しません!そこで威力を発揮するのは先生の著書の糖尿病がどんどんよくなる糖質制限食です、この本を読んで勉強してきなさいと渡すと大体3日後位に凄く勉強になりました、カロリーは関係無いのが良く分かりました!と医療関係者の皆さんが言ってました、私の糖尿病と高血圧症の主治医は糖質制限の有効性を知ってましたが大学病院の治療方針には逆らえないからと言ってました、入院中同じ病室の糖尿人が血糖値が上がってしまう事を知らずにカロリー制限食を食べてる事は悲しい事だと思います、早く糖質制限が広まる事を願ってます、私の周りの人間は今は糖質制限を実行して皆が良い結果が出てます、今現在でも私はインスリンを処方されてますが殆ど使いません、使う時は取引先との食事などのどうしても糖質を大量に取ってしまう時の限定使用位です!私の網膜症の視力回復の件ですが私の身体は少し変わっていたみたいです、両目共に増殖網膜症の末期でしたが腎機能は正常値で(クレアチニン0、65)神経障害も非常に軽度との診断でした、主治医からは通常は網膜症の末期だと腎不全の一歩手前や足等の壊死が有ってもおかしくない、網膜症と血糖値以外は殆ど正常値なのが不思議だ!あなたは頑丈な身体を授けてくれた両親に感謝しなさいと笑いながら言われました、今回の入院中にも先生の糖質制限の書籍を糖尿病患者に広めておきました、少しでも糖尿人が楽になれれば幸いです。 
2011/10/16(Sun) 21:51 | URL | 政也 | 【編集
お久しぶりです
以前にもコメントさせていただきました、神奈川で訪問看護師兼ケアマネージャーをしておりますうずらです。
美味しく楽しくのスーパー糖質制限で現在HbA1cは5.4といったところです。
まあT-choは若干高めですが・・・基準値ちょっと外れたくらいです。
在宅医療では、糖尿学会のカロリーコントロールの食事指導ばかりと、血糖値が高ければ、インシュリンが服薬でコントロールすればよいという考え方ばかりで、糖質制限すら知らないDRばかりです。。。
DRがそのような指導ばかりするので、ナースの自分はまったく手がでません(ーー;)

患者様はすぐ、透析か下肢のアンプタになっていくのです。悲しい現実です。
今日は、東京の神田の三省堂の新書で、やっと「主食を抜けば糖尿は良くなるの実践編」購入させていただき、ほぼ先生の著書を制覇させていただきました。
私個人では「糖質制限食。夏のレシピ」がお気に入りなんです。
マドレーヌや大豆のベイクドケーキなどのスウィーッにはまっているのです。
ちょっと食べすぎですが。。。
もちろん春~冬まですべて持ってます(*^。^*)

あまりにもおいしくて、ついつい食べ過ぎてしまうレシピばかりです。
先生の著書はこれですべて手にはいりました!

去年の健康診断は、A1cも7.0でしたが、今年は5.2.
体重も45キロ。身長も156センチ。
このくらいでいいかなって思ってます。
お酒は、焼酎甲類(宝焼酎や鏡月)毎日飲んでますが(*^^)v

困ったことに大の卵好きなこと。。でもこれくらなら許されますよね。
ああ・・京都が近ければ、先生の病院で働かせていただきたいくらいです。

神奈川にも、糖質制限にご理解のあるDRがいらっしゃれば・・(特に横浜に)
高雄病院のナースさんが羨ましい限りです

今日は、先生の著書を制覇記念に、メールさせていただきました!
またの新書楽しみにしております。
今後とも宜しくお願いいたします。
2011/10/16(Sun) 23:50 | URL | うずら | 【編集
正也さん完璧です
あなたのなさったことはとても立派なことです。
医療関係者も素直でよろしいし主治医の大学病院の方針に逆らえないと言わせたこともすごいことです。
きっと主治医は今頃悩んでおられるものと推測します。
大学病院はいったいどうしたんでしょうか?
誰が方針を出してるのでしょうか?
インフォームドコンセントはなされてるんでしょうか?
カロリー制限法で糖尿病が悪化してる人は医療側の過失ではないでしょうか?
犯罪行為とまでは言いませんが・・・・・
2011/10/17(Mon) 12:10 | URL | ちえ | 【編集
糖質制限食の本の紹介のお願い
江部先生、

はじめまして! 小谷と申します。 BLOGを読ませて戴きました。

今迄の糖尿病担当医が適切な説明がないので病院を変えたところ糖尿病性腎症2期と診断されました。

私も糖質制限食を勉強して、今の状態を改善にしたいと思ってますので、 その書名を教えて下さい。 又、その本にはグリセミック インデックスの事も記載されてますか。

宜しくお願いします。

小谷
2011/10/17(Mon) 16:08 | URL | 小谷正巳 | 【編集
Re: お久しぶりです
うずら さん。

拙著の完全制覇、まことにありがとうございます。
HbA1c:7.0→5.2%
良かったですね。

焼酎は乙類のほうが、美味しいかもしれません。お試しあれ。
2011/10/17(Mon) 18:58 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 糖質制限食の本の紹介のお願い
小谷正巳 さん。

「糖尿病がどんどんよくなる糖質制限食」(ナツメ社)
がいいと思います。
2011/10/17(Mon) 19:31 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可