FC2ブログ
1型糖尿病とグルカゴン
こんばんは。

病院から広沢の池を経て、自宅の駐車場についてパジェロから降りたら、庭から風流な虫の音が聞こえてきました。

リリリリリリー・・・。あれはスズムシでしょうか?

さて今日は、saka10 さんの質問にお答えします。

「江部先生、こんばんは。
先生のblogで勉強しつつ
、ゆる~く糖質制限を続ける毎日です。
グルカゴンに関しての記事を拝見して、ひとつ質問があります。
グルカゴン分泌についてですが、ある程度の罹患期間の1型糖尿病患者はグルカゴン分泌も低下していると以前読んだ記憶があります。
糖質を制限した場合、脂質の分解によって得られるケトン体をエネルギーとして利用すると理解しているのですが、グルカゴンの分泌低下による影響
はないのでしょうか?
Dr.バーンシュタインが問題なく生活されているので、問題はないと思うのですが・・・・。
by: saka10 * 2007/09/11 00:44 」


saka10 さん、コメント・質問ありがとうございます。
いやはや、かなり難しい内容ですね。 <(^ー^ι)
回答は、二つの事柄に分けて考えるほうが解りやすいと思います。

1 ブログ「 内科開業医のお勉強日記」から一部引用させていただきました。

Diabetes 52:1195-1203, 2003 に載っている論文によると、
『Cペプチド無しの1型糖尿病において、血糖減少に応じて血中グルカゴン値は増加しない。低血糖に関する重要な防御が欠損している。
グルカゴンが反応しないというメカニズムは不明だが、内因性のインスリン不足に直接関連したものではないかと思われる。
残りの重要な低血糖防御機構であるエピネフリン増加に大きく依存することとなる。』

要するに、既にインスリンを分泌していない段階の1型糖尿病患者では、低血糖という刺激があっても、グルカゴンが分泌されなくなっているということですね。

通常は、低血糖の時はグルカゴンが分泌されて、血糖値を上昇させるのですが、その反応がないとすれば、低血糖が悪化しやすく危険ということになります。

saka10さんご指摘の「ある程度の罹患期間の1型糖尿病患者は、グルカゴン分泌も低下している」というのは、このことでしょうか?

2『近年、1型糖尿病患者では、インスリンだけでなくグルカゴン分泌を抑制し、肝臓での糖新生を抑える働きを持つホルモンであるアミリンの分泌も欠乏していることも明らかになった。』
これは定説です。

つまり、1型糖尿病患者は、「インスリンの分泌不足・欠乏」と「グルカゴン分泌抑制の不足・欠乏」により、二重に高血糖になりやすくなっています。

Diabetes/54巻,4号に載った小児1型糖尿病患者の研究において、アミリンのアナログ製剤であるpramlintideの投与によって、グルカゴン分泌が抑制されて食後高血糖が改善され、またグルカゴンの投与によって低血糖を予防できることも示されました。

**
小児1型糖尿病患者の血糖値変動の抑制におけるアミリンおよびグルカゴンの役割 
著者:Heptulla RA/Rodriguez LM/Bomgaars L/Haymond MW
出典:Diabetes/54巻,4号,1100-7頁/発行年:2005年04月 

これらを合わせれば、1型糖尿病患者さんは高血糖にも低血糖にもなりやすいし、低血糖の時は重症化の危険もあり、日頃のきめ細かい自己管理がとても重要になってきます。

糖質制限食あるいは糖質管理食により、糖質のグラム数を計算することで、血糖値の乱高下が、かなり改善されると思います。

糖質制限食というと、糖尿病専門医の先生には拒否される可能性がありますが、欧米では既に定着している糖質管理食なら、検討して頂けると思いますので、1型糖尿病の患者さんは、是非主治医に相談してみてくださいね。
テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
糖質制限食
私だけかもしれませんが、糖質制限食をしていると、どうしても肉などの動物性たんぱく質及び動物性脂肪を過剰に摂取してしまいがちになります。しかし、ガン経験者を初めとして多くの人達が肉食がガンの原因だと言って、玄米菜食をすすめていることも事実です。
江部先生は、肉食とガンの関係についてはどう思われますか。
2007/09/14(Fri) 08:08 | URL | ダルメシアン | 【編集
質問
こんにちわ。クラムチャウダーはOKでしょうか??もちろん具は低糖質で作るつもりですが・・・。
2007/09/14(Fri) 10:19 | URL | あやこ | 【編集
やった~!!HbA1c=5.0
昨日は姉と一緒に診察有難うございました。
おかげさまで、HbA1c=5.0になりました。
本当に糖質制限食を始めてよかったと思っています。
姉も、前回より数値が改善しており、喜んでおります。
今後ともよろしくお願い致します。
実は、姉よりさらに2歳年上の兄が神奈川県に在住しておりますが、やはり10年来の糖尿人です。
HbA1cは、9.8まで悪化し、かなりの節制をして、7.2まで改善したと言っております。
私より、姉より重症です。
薬は、アマリールとベイスンで、姉と全く同じです。
高雄病院への通院は不可能ですので、本日早速江部先生の本を送りました。
直ぐにでも糖質制限食を始めるように、そしてアマリールを止めるように、やむを得ず糖質を採る時だけベイスンを服用するように、出来ればベイスンをグルコバイに変えてもらうように、以上のアドバイスをしました。
間違っていたら、アドバイスをお願いします。
糖尿3兄弟より。
2007/09/14(Fri) 11:15 | URL | xiangdao | 【編集
xiangdaoさん。
HbA1c=5.0
達成おめでとうございます。
江部康二の9月のデータが
HbA1c=5.4
でしたので脱帽ですね。
兄上「HbA1cは、9.8まで悪化し、かなりの節制をして、7.2まで改善」ということであれば
xiangdao さんのアドバイスで問題ないと思います。
2007/09/14(Fri) 21:29 | URL | 江部康二 | 【編集
大変理解しやすい解説をしていただきありがとうございます。

最終的には血糖値をコントロールする(上昇させるのも降下させるのも)仕組みがぶっこわれてしまうとは、なんとも厄介な病気になったものです。

「糖質制限食あるいは糖質管理食によ
で、血糖値の乱高下が、かなり改善されると思います。」

おっしゃるとおりです。
血糖コントロールに関して言えば、食べた糖質量にあわせてインシュリンを注射するしかないのですが、摂取する糖質量が少ないと誤差が少なく、血糖値が安定する様に思います。私の場合、大概は失敗するのは、摂取した糖質が多いときです。

安定したコントロールで、貴重な自己分泌をなるべく長く温存したいと思います。

2007/09/16(Sun) 00:13 | URL | saka10 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック