FC2ブログ
糖尿人・江部康二の検査データ、HOMA-βとHOMA-R
おはようございます。

糖尿人・江部康二の検査データの続きです。

2011年9月9日の江部康二の検査データ

空腹時採血血糖値116mg(110未満)
空腹時IRI(インスリン):3.5(3~15μU/ml)


<HOMA-R=空腹時血糖値(mg/dL)×空腹時インスリン値(μU/mL)/405 >
1.6以下が正常、2.5以上は抵抗性あり。
空腹時血糖値140mg以下なら信頼度高い。

<HOMA-β=360×空腹時インスリン値(μU/mL)/(空腹時血糖値(mg/dL)-63)>
空腹時血糖値130mg以下なら信頼度高い。
正常値:40-60

☆☆☆

HOMA-RもHOMA-βも糖尿病が進行した状態では信頼度が低くなり適応がない。

耐糖能異常から軽度の糖尿病までの時期において有用な方法である。



私のデータを上記の式で計算すると
HOMA-R:1.0 インスリン抵抗性は正常
HOMA-β:23.8  低値であり、インスリン分泌能が低下
となります。

さて、インスリンには、24時間少量持続的に出ている基礎分泌と、糖質を摂取したときに大量にでる追加分泌があります。

一般に空腹時のIRI(インスリン)は、基礎分泌とインスリン抵抗性の評価に用います。

糖質負荷後のIRI(インスリン)は、追加分泌の評価に用います。

その中で、HOMA-βは、空腹時血糖値と空腹時インスリン値で計算するのですが、経口血糖負荷試験時の2時間値のインスリン分泌量と、よく相関することがわかっています。(*)

HOMA-βが高値ということは、インスリン追加分泌が出過ぎるタイプということになります。

HOMA-βが低いということは、インスリン追加分泌能力が低下していることとなります。

罹病期間の長い糖尿人では、HOMA-βが基準値を下回ることが多いです。

かくいう私もHOMA-βが基準値を下回っております。

私の場合、インスリン基礎分泌も、基準値をやや下回ることが多いです。

それでも、スーパー糖質制限食を実践する限りは、検査データは正常人です。

次に、インスリン抵抗性があるときは、効きが悪い分を代償するために、インスリンが多くでるようになります。

特に境界型とか軽症糖尿病の段階だと、インスリン過剰分泌があり得ます。

通常は肥満に伴ってインスリン抵抗性がでてきます。

一方、さしたる肥満がなくても、血糖値が180mg/dlを超えることが多くなるとインスリン抵抗性が出現します。

この場合もインスリン分泌能力が残っている段階だと、過剰に分泌します。

さらに糖尿病が進行したら、膵臓のβ細胞が、180mg/dlを超える高血糖によりダメージを受けてそれが積み重なって、インスリン分泌能力が低下していきます。

インスリン抵抗性はHOMA-Rで計算しますが、空腹時のIRI(インスリン)が上限近い数値、あるいはそれ以上あればそれだけでもインスリン抵抗性がある可能性が高いです。

空腹時のIRI(インスリン)の基準値は、施設にもよりますが3~15μU/mLくらいです。

私は、空腹時インスリンが16とかは勿論のこと、9とか10とか12とか、基準値内でもやや高値のときは、
多くの場合インスリン抵抗性があると、最近は考えています。


(*)参考
改訂第4版「糖尿病専門医研修ガイドブック」日本糖尿病学会編(診断と治療社)2009
183ページ


江部康二
テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
「鼻の細胞移植で糖尿病改善」のニュースです。
江部先生。「ためしてガッテン」、反響大きかったですね。マスメディアは、責任の大きさを自覚していただきたいものです。


さて、興味深いニュースを見つけました。

「鼻の細胞移植で糖尿病改善 産業技術総合研究所 副作用なし」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111007-00000513-san-soci


自分自身の細胞だから、副作用がないみたいです。

このニュースを見た患者さんが、「どの病院でこの治療を受けられるんですか?」と、窓口に殺到してしまうかもしれません。

でも、まだラットでの実験段階。実用化にはまだまだハードルがありそうですね。

私たちは、これからも、おいしく楽しく糖質制限食で、元気な糖尿人をめざしましょう。


下記は、産業技術総合研究所のプレスリリースです。
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2011/pr20111007/pr20111007.html
2011/10/07(Fri) 16:55 | URL | よし | 【編集
Re: 13日に受診します
イシバシ さん。

高雄病院の小栗医師も、糖質制限食経験豊富で入院・外来共に沢山の糖尿病患者さんを診察しています。

早朝空腹時血糖値が高いのは、暁現象と思います。

可能なら高雄病院に14日間~21日間入院治療されて、コントロールと勉強も良いと思いますよ。

2011.06.28 (Tue)のブログ記事「糖質制限食で血糖値が劇的に改善、暁現象とは」をご参照ください。
2011/10/07(Fri) 21:46 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 「鼻の細胞移植で糖尿病改善」のニュースです。
よし さん。

ためしてガッテンの記事のアクセス数は、11708件ですので
過去最高でした。

さすが?
NHKです。

ラットからヒトまでは、なかなか長い道のりですが、じっくり研究して欲しいですね。
2011/10/07(Fri) 21:54 | URL | ドクター江部 | 【編集
江部先生

こんいちは、いつもたのしく拝見させて頂いております。
糖尿の父をもち私も33才で境界形となり夜のみ糖質制限を
しております。朝はミネラルウォーターとバナナで2時間後85ぐらいで
昼はたっぷりのサラダとサンドイッチとオムレツを食べても2時間後90ぐらいですがたまに夜に少しの白ご飯とたんぱく質を主としたおかずで2時間後で140ぐらいになってしまいます。昼より夜のほうがインシュリンの働きが悪く
なるのでしょうか?お手数ですがアドバイス頂けないでしょうか?

ためしてがってん がっかりでした。日本中の糖尿病の方が
糖質制限を始めたら製薬会社が儲からないですね。
だからカロリー制限じゃないと都合が悪いのでしょうか
真実を伝えておられる江部先生大変に感謝致しております。
2011/10/07(Fri) 22:39 | URL | kekeco | 【編集
ご推薦の著書『我ら糖尿人、元気なのには理由がある。』拝読しました。
他の先生の著作はほとんど読んでいたのですが、これは対談集なのでなんとなく読みそびれていました。
宮本輝先生が立派な文学者だとは知っていましたが、こんなにユーモアがある方だとは知りませんでした。ご自分を笑いとばしながらも、現代医療を見つめる目は鋭くて、読み応えのある対談集でした。
ご家族が糖尿病で苦しんでいる姿を見ていながら、自分も糖尿病になってしまった時の辛さ。養生しているにもかかわらず悪化していくやりきれなさ。その苦しみの中で糖質制限に出会って、快方に向かわれて本当に良かったです。
以前、自分の職場の糖尿病の方が壊疽で何度も足を切断するのを見たことがあります。ご本人はいたって真面目に治療に取り組んで、義足になっても明るく振る舞っておいでましたので、いったい医者は何をしているんだろうと憤りを感じました。
医者は苦しんでいる患者のために、プライドを捨てて、病気を治すためにできることは何でも試みるべきではないか。常々そう思っているので、「賢位に居す」という言葉が腑に落ちました。
以上、感想まで。
2011/10/08(Sat) 11:26 | URL | あんり | 【編集
インスリン自己注射にモノ申す
河盛先生のも一方法であるが、インスリンの自己注射が基本となってきます。医師と患者間の信頼関係が基本となってきますが、中には困った人もおられます。
インスリンの量は自己決定し、今からラーメンと焼きめしを食うからインスリンは倍量打っとこうなどと自己決定が自己中心になります。こういう人にはインスリンは処方できません。困ったものです。やはり医師が毅然として糖質制限をまずは説明すべきです。
糖質制限を蔑視しインスリンを簡単に手渡すから自分勝手なインスリンをする人が出てくるのです。
2011/10/08(Sat) 13:45 | URL | ちえ | 【編集
血糖値
食後の血糖値が高めなことがあり、先生のブログをみて糖質制限を始めました。今回昼食にご飯茶碗4分の1、カニクリームコロッケ1個、鳥の唐揚げ2個、梨4分の1を食べたあと3時間後に健康診断を受けました。結果血糖値が114で再検査となったのですが、糖尿病に移行してしまったのでしょうか?
2011/10/08(Sat) 14:00 | URL | さくら | 【編集
Re: タイトルなし
kekeco さん。

個人の生体のリズムで、血糖上昇パターンに差があります。

通常は、一日の内で、初めての食事である朝食が一番血糖が上がりやすいです。
一方、昼が上昇しやすい人、夜が上昇しやすい人もいます。
勿論、朝昼晩と血糖上昇パターンがほとんど不変の人もいます。

自分のパターンを知っておくと、食後高血糖を防ぎやすいですね。

2011/10/08(Sat) 16:49 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし
あんり さん。

『我ら糖尿人、元気なのには理由がある。』のご購入、ありがとうございます。

私も「賢位に居す」ような医師にはならないよう、心がけます。
もっとも、本来、賢位には、ほど遠い立ち位置ですので、この件に関して大丈夫でしょうかね。
2011/10/08(Sat) 16:54 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 血糖値
さくら さん。

食後3時間血糖値が114mgなら、糖尿病型ではありません。
食後10時間経過した血糖値が114mgなら、境界型となります。
食後3時間血糖値が114mgなら、正常型の可能性が高いです。
食後2時間血糖値が140mg未満なら、正常型です。
2011/10/08(Sat) 16:59 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 先生教えてください!
シュガーライフ さん。

インスリン分泌指数は誤差範囲と思います。
インスリン分泌指数は、追加分泌第一相を見ています。
これは糖尿病の家族歴があると、先天的に低いことがあります。
しかし糖質制限食をしていれば、将来糖尿病になるリスクは予防できます。
糖質制限食賛成の栄養士さん、素晴らしいです。

75g経口ブドウ糖負荷試験ですが、1gの糖質が1時間のピーク値で2.49g血糖値を上昇させています。
180mgを超えないようにするには、1回の糖質摂取量を38g以下にするとよいです。

なおHOMA-βは、57.6 で追加分泌第二相は、でています。
2011/10/08(Sat) 17:14 | URL | ドクター江部 | 【編集
血糖値
返信ありがとうございます。食後血糖値が三時間後114というのは普通に糖質を食べた値ではなく、糖質を控えた値(自分で計算してみたところ35gくらい)だったので、高いなと思いました。糖質制限をしているときは食後三時間の血糖値は空腹時と同じと考えていたのですが、どうなのでしょうか?これだけ糖質を控えて三時間後114ということは普通に食べたらかなりあがるということですよね…
2011/10/08(Sat) 18:15 | URL | さくら | 【編集
糖質制限の効果を実感
ブログいつも楽しみに読ませてもらい、指標にしています。

私は、2008年3月に初めてブドウ糖負荷試験を受けました。

空腹時血糖値      104     インスリン    1.3
服用30分後       213      〃       57.8
     60分       107      〃       20.0
    120分       188      〃       32.7
    180分        88      〃       10.1

 HbA1cは5.8 という結果でした。当時、身長165cm 体重56キロ

境界型という診断でカロリー制限の指導を受け1年間、月1度の検査を受け
ている中で、江部先生のブログに出会いました。

お陰さまで糖尿病の知識を得させていただき、糖質制限という素晴らしい方法に出会うことができました。かかりつけの病院は、糖尿病をメインとする病院で、透析治療の患者さんが多く通ってきます。

糖質制限の話をしましたが、バランス良く食べるのが一番と言われ、聞く耳持たれないようなので、江部先生の糖質制限に切り替えて、境界型だということで、やや緩めの糖質制限をしておりました。

自己測定器も買い時々チェックしていました。ところが次第にだらけてしまい糖質が多くなっていたと思います。ある日、外食後の血糖値に唖然。
二時間後が300を超えていたのです。

スーパー糖質制限に切り替えました。すると、食後血糖値も180を超えることはなくなりました。そしてしばらくして、他のの病院で血液検査をしてもらったとき、糖尿病のことを話したら、たまたま空腹での検査だったので、インスリンの量も調べてくださいました。

その結果です。
空腹時血糖値    115       インスリン   8・71
HbA1c     5.5

先生のブログでHOMA-RとHOMA-βのことを知り、計算してみました。

2008年の3月 糖質制限を始める前   HOMA-R   0,3
                           HOMA-β   11.4
と抵抗性はないのですが、基礎インスリン分泌不足でしょうね

そして、糖質制限を始めてからは

HOMA-R    2,47    HOMA-β  60,3
となり、これはβ細胞が回復したと考えて良いのでしょうか。

ためしてガッテンを見て後味の悪さを感じた一人です。インスリンを打って一時的に良くなっても、カロリー制限では、元のモクアミになるのがおちではないかと危惧しました。
NHKで勇気を持って江部先生の糖質制限を取り上げてくれたらと願っています。医療費がこれ以上膨らむのを阻止するためにも。

2011/10/08(Sat) 19:33 | URL | よよ | 【編集
Re: 血糖値
さくら さん。

35gなら、そこそこの糖質量ですね。

スーパー糖質制限食は、1回の糖質摂取量が20g以下が、目安ですので。

血液検査の時の空腹時は、食後10時間経過が目安です。

「これだけ糖質を控えて三時間後114ということは普通に食べたらかなりあがるということですよね」
個人差がありますので、一度自分で試すとよいと思います。
私も、初期段階ではよく実験しました。
2011/10/09(Sun) 09:42 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 糖質制限の効果を実感
よよ さん。

仰有る通り、β細胞が休養を得て、インスリン分泌能力が、回復していますね。
2011/10/09(Sun) 09:50 | URL | ドクター江部 | 【編集
測定器の購入について
いつもお世話になっております。
夫が糖尿人だと発覚してから5か月。プチ糖質制限食に切り替えてA1c8.8→6.2まで回復し、これからも続けようと思っています。
ただ夫はあまり数値を教えてくれません。病気のことは家族にも秘密にしておきたいようです。毎月の結果もやっと聞き出しています。
どうも結果がよくわからないので、測定器を買って自分で測ってみようかと考えています。私自身はA1c5.4で、近年数値上昇中の糖尿病予備軍です。へこたれがちなスーパー糖質制限をしています。

個人差があるので、私の数値は夫の病気の参考にはならないのでしょうか?
測定器を買うか買わないか迷っています。
ところで測定はどのくらい痛いのでしょうか?(痛がりなので…)
2011/10/10(Mon) 07:16 | URL | あんり | 【編集
Re: 測定器の購入について
あんり さん。

血糖自己測定器は、随分安くなりました。
まあそれでも米国の5倍くらいしますが・・・
測定に必要な血液量も1/10となり、最近は5秒で結果がでます。
私はニプロフリースタイルを使っていますが、痛みはほぼなしです。
指先は少しいたいので、手のひらで測定しています。

2010.04.05 (Mon)の本ブログ記事「血糖自己測定(SMBG)と簡易血糖自己測定器2010」
をご参照ください。
2011/10/10(Mon) 11:12 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 教えてください
きい さん。

糖尿病歴10年ですので、個人差はあると思いますが、
膵臓のβ細胞はあるていど、ダメージを受けています。

スーパー糖質制限食を、1ヶ月間続けても、空腹時血糖値が126mg/dl以上の糖尿病型なら
ランタスなど長時間作用型インスリンで、空腹時血糖値を126mg未満にコントロールして
あとはスーパー糖質制限食でいけると思います。
これなら1日1回の注射なのでかなり楽です。
2011/10/10(Mon) 12:04 | URL | ドクター江部 | 【編集
体重減少について
 毎日先生の本とホームページで勉強させて頂いています28歳男です.
今年5月の健診(初めてHba1cを測定)でHba1c6.7の糖尿病と指摘されその後の急激な体重減少が糖尿病の進行によるものか,ダイエットによるものかで困惑しています.身長 172cm
,体重(20歳から67-70kgで推移) 5月:67kg,8月:62kg,9月:60-61前半kgで10月は59-60後半で推移しています.

健診前の生活:暴飲暴食の毎日でスナック菓子やカップ麺を頻繁に食べており.運動は2週に一度ジムに行く程度.

健診後の生活:間食をやめ,3食糖質少なめの食事を行っています(カロリーは1日1800kca程度)運動は毎食後の15-40分程度の有酸素運動,週一でジムにいくようにしました.ここ1ヶ月はジムはいっていません.(体重減少が怖いため)

また,5月に糖負荷試験をおこなった際,空腹時90,1時間135,2時間116という結果でした.
最近,自己血糖測定器を購入し,測定を行ったところこの1週間は空腹は90代,食後2時間で90-120代で推移しています.現在Hba1c6.6と大きな改善はみられず,特に体調の変化や多尿・口渇等は感じないもの時折,手指の違和感や疼痛を感じる時がここ1ヶ月あります.違和感と体重減少ついては主治医は経過観察とのことです.

糖尿病の進行による体重減少・神経症状なのではないかと不安な毎日です.次回の定期検査でHba1c改善されなければプチ糖質制限食へ移行しようと考えています.
コメント頂ければ幸いです.どうか宜しくお願いします.
2011/10/16(Sun) 00:37 | URL | ぴろき | 【編集
Re: 体重減少について
ぴろき さん。

拙著のご購入、ありがとうございます。

「5月に糖負荷試験をおこなった際,空腹時90,1時間135,2時間116」→正常型です。
これで、
「HbA1c6.6%→平均血糖値147mg」
は不思議です。

現在のデータで糖尿病の進行はまず心配いりません。
緩やかな糖質制限食で、摂取カロリーは2000kcal/日くらいに増やして経過をみられては如何でしょう。
2011/10/16(Sun) 10:26 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可