FC2ブログ
人工透析と糖質制限食
おはようございます。

ぴっぴさんから、 人工透析と糖質制限食についてコメント・質問をいただきました。


「11/09/28 ぴっぴ
はじめまして
はじめまして。ピピと申します。

長年、肥満で何もせず過ごしていたのでが 等々今年の8月8日に体の調子が悪くなり病院に行ったところ糖尿病と言われました。

そのまま入院することになり入院当初食後血糖値は245でした。
HbA1cは9.5
HDL 29 LDL 113
でした。

お医者さんに 糖尿病と宣言されどうしようかと悩んでいました。
2週間の入院生活の中で江部先生のこのブログを知り糖質制限食の存在を知りました。
退院した日に本屋さんに行き 【主食を抜けば糖尿病は良くなる】を購入し、9月の27日まで1ヵ月実践したところ

先日検査しに病院に行ったところ 体重も10キロほど落ち食後血糖値は90でした。
HbA1cは5.4
HDL 31 LDL 99
となりました。

病院の先生にはほぼ正常な数値になったのでびっくりされました。

薬も退院時 シャヌビア50とメトグルコ250を処方されていたのですが 今回の検査でシャヌビア50はなくなり45日後の検査でこの調子ならメトグルコ250もいらなくなるでしょうと言われました。

恐くて不安だったのですが江部先生の本に出会い本当に助けられました。
ありがとうございました。

今回書き込みさせていただいたのは私の父の事なんですが父も長年、糖尿病でして今は人工透析をしております。
年齢は65歳です。

父も私の糖尿の数値を見てびっくりしており、10キロもやせたことに感心しております。

父も私と同じ食事にしようかなと言われたのですが人工透析をいている父に私と同じ【糖質制限食】をすすめても良いのでしょうか?

ちなみに最近の私の主食は豆腐と納豆です。それに加えてなるべくお野菜を取る事にして肉はささみを食べております。

お時間のあるときにでもご返答いただければうれしおもいます。

それでは失礼いたします。ピピ」



ぴっぴ さん。

【主食を抜けば糖尿病は良くなる】のご購入、ありがとうございます。

また、HbA1c、血糖値の改善、10kgの減量成功、よかったです。

糖尿病治療ガイド(2008-2009)の表16
「糖尿病腎症生活指導基準」
をみると、

透析患者さんに対して一般的に指導される蛋白摂取は、1.0~1.2g/kgであり、
第3期腎症が0.8~1.0g/kg
第4期腎症が0.6~0.8g/kg
なのに比べて多くなってます。

一般人の蛋白摂取量は、2008年の厚生労働省の統計で総摂取カロリーの14.7%で、68.6g/日です。

これが平均値ですから、おおよそ1.1g/kg くらいになるのでしょうか。

腎不全があると、透析導入前は基本的に蛋白制限食が指導されます。

しかし、透析を開始した患者さんに対しては、一般人並みあるいは少し多くの蛋白質を摂取する方が、栄養状態の改善において好ましいようです。

ただ蛋白摂取量が増え過ぎるとリン摂取量も増加するので、血清リン濃度が上昇する可能性があります。

血清リン濃度が高いと死亡のリスクが増大するので、ここは注意が必要です。

従いまして、人工透析中の糖尿人においては、1.0~1.2g/kgの範囲で、タンパク質を摂取して、糖質制限食を実践して血糖コントロールされればよいと思います。



江部康二

テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
脂肪の摂取量
江部先生、いつも参考にさせていただいております。
質問なのですが、すでに腎臓が悪い患者の場合、たんぱく質の摂取量を従来の食事療法並みの量にしながら糖質制限をするということは、必要なカロリーを確保するためにはかなり脂肪の摂取量を増やさなくてはならないということでしょうか?
2011/09/29(Thu) 10:12 | URL | リュカ☆ | 【編集
はじめましてムーミンPAPAと申します。

身長 170cmでいつもは 87kg程度だったのですが、今年猛暑でビールを良く飲んだのでおなかがかなり出てきていました。制服のウエストがきつく体重も90kgになっていました。

そこにたまたま立ち寄った本屋に「やせる食べ方」が置いてあって早速実践して3日目になります。

体重は日に500g程度減って順調に見えるのですが、朝起きたときにすごくだるく感じるようになりました。日中仕事していてもだるく感じることがあります。

これは何か原因があるのでしょうか?
2011/09/29(Thu) 20:38 | URL | ムーミンPAPA | 【編集
有り難う御座いました。
有り難う御座いました。
先生には感謝の言葉も有りません。

7月7日に糖尿病発覚致しました。
現在60歳で、卯年の早生まれですので、先生とは同期(大学違いますが)でしょうか?
東大の入試が中止になった年です。

さて後述の理由で何としても薬・入院・通院なしの治療をするしかなく、
三日後にこのサイトに辿り着きました。
発覚当日に古本屋で、「糖尿病は薬なしで治せる(渡邊昌)」
「糖尿病はご飯よりステーキを食べなさい(牧田善二)」を買いました。
色々、検討した結果、10日より糖質制限を始めました。
本は「秋のレシピ」しか買っておりません、申し訳ありません。
ブログは全部読みました、ついでに、釜池先生と松澤健夫先生のブログも熟読致しました。
例の件、誠にご愁傷様です、ご同情申し上げます。

本日書き込ませて頂いたのは当地の病院の対応(内科の医師)の話です。
北海道の片田舎ですが、一応、総合病院が二つ有ります。
その前に数値などを。
7月7日→7月18日→8月23日→9月29日の順です。
(gluは初日のみ食後、以後は、朝食前です。尤も朝食は摂りませんが)
glu 479→150→128→108 HbA1c 10.6→10.1→8.1→6.2
TG 438→89→80→73  尿蛋白は、初回のみ 4+で、以後は-
腎臓の指標だとか言う、γ-GTPは、53→ 32→27(初回は?)
体重は、64kg→60.2kgへ。(身長163cm、現在BMIは22.7辺り)
他の諸数値は全て安全範囲内です。
取り敢えず、高血糖が怖いので現在は数値を下げるのが急務かと考えています。

さて田舎の病院なので若い先生がコロコロ変わります、今は3人目です。
最初の先生には、「あまりに生活習慣が悪かったので全部直します、
運動もします、食事制限もやります、少し様子を見させて下さい。」とお願いし、
二週間の猶予を頂きました。(ダメなら即・教育入院・薬(SU剤らしいです)です、と)
で、スーパー糖質制限8日間で、上記の結果を得ました。
「よっぽど今までの生活が悪かったようだね、」で更に一ヶ月の猶予を頂きました。
この十年間、白米どか食い、サイダー1日1.5リットル~2リットル、最近は3リットルになる日も。
貧乏なので穀物ばかり食べていて、炭水化物摂取率は85%くらいでしょうか?

で、次の先生は誠にさばけた先生で30代初めくらいで、入室するなり、
「うん、良くなってる、こんなに急いで改善しなくても良いよ」でした。
処が、次の先生は(女性・20代)大変で、もしかすると病院を変えなければならないかも知れません。
入室前にカーテンの向こうで看護師さんと何やらヒソヒソ話しています。
辺りを憚っているので私についての事と感じました。大人ですからその位は判るのです(?)。
入るなり、怖い顔で直ちに尋問が始まりました。(数値は上記の通りです)
食事について実に執拗に問い糾します。

多分、看護師さんが「この人、絶対糖質カットしてますよ」だと思います。
何やら隠れ切支丹の様な心境ですが、兼ねて用意のウソ(世間知?方便?)を開陳しました。
実際、7月7日から3日間実行していた方法でも有ります。
掻い摘んで言えば、昼と夜は普通にオカズを沢山並べます、玄米半膳を付け、それ以外に
朝、十時過ぎ、3時頃に玄米半膳のみを食べる、と言うものです。(1日2.5膳分)
一回の糖質摂取量を出来るだけ抑えて、GlucoseSpikeを出来るだけ避けたいとの、辺りで遮られ、
「ダメ、絶対、そんな食べ方したらダメです。3食きちんと(聞き飽きた台詞ですね)、バランス良く
 食べないと」
「え?(バランスの良いと言う)それでは飯喰うと血糖値が危険な処まで上がると思うので・・・」
「だから薬を使うんです、貴方の食事は全然なっていませんから、入院して栄養士から正式な・・・」
「血糖値が上がる物をわざわざ食べて、阻害剤だのSU剤だのを飲むんですか?」
「それが正しい方法ですッ」ととりつく島も有りません。
[糖質制限]と言う言葉は決して出ませんが、巷の間違った情報という言い方で何を批判しているかが
あきらかで可笑しいです。
つまり、糖質制限に付いては重々知っているが、口には出さない、しかし批判しなければならない、
否、最早、敵として認知された、後は戦いあるのみ、でしょうか?
「糖尿病は一生続くのです、正しい食事と服薬でないと続きません」
「兎に角、入院だの服薬だのは出来ません、お金が無いのです、私は60歳で無職で無年金者です 
 ○○法がどうだでは無く、まず最初に無い袖が振れないので、どうにも・・・」
病院に何を期待しているのですか、医師の指導では有りませんか(大意)的な事をおっしゃるので
誠に残念ながら、諸々の検査です、、、、辺りで喧嘩別れみたいになりました。

私としては、ぺこぺこ頭を下げ、語調を更に謙り、でしたが、大変に居丈高でした。
牧田先生の言う「叱る医者からは逃げなさい」でしょうか?
最初から、実はスーパー糖質制限で、などと言ったら更に破滅的な事態になったかも。
とも有れ、若い先生は年寄りの先生より勉強しているらしく(待合で他の患者が話していた)、
糖質制限の話は間違いなく知っていて、俺が(女性だが)戦わないでどうする、って感じでした。
完全無視の時代から、階級内矛盾とやらの段階に入った様で(活動家では無かったのですが)
日本脂質栄養学会(HP全部読みました)みたいに、正面からやり合う時代になるのでしょうか?

その様な経緯は兎も角、当方のニーズ(金掛けず、薬使わず、効果のある)が満たされて、
江部先生には足を向けて寝られません、本当に有り難う御座いました。
まだ他の糖尿人に伝えたい事が有るのですが、取り敢えず、この辺で(長文)失礼しました。
2011/09/29(Thu) 22:17 | URL | BUNKAWAN | 【編集
どこで受信
初めまして。三重県の伊賀地方のしんといいます。
45歳男性です。
先日、健康診断にて、空腹時の血糖値が111、Hba1c6.2とのことでE判定を受けました。身長169cm体重78キロでした。自覚症状はほとんどありません。
すぐに医院に行き、カロリー制限の食事療法の説明指導を受けました。投薬等の必要はないとの事でした。
ほぼそれを実践し、禁酒もしたところ受診二週間後で、食後2時間ぐらいの血糖値95、Hba1c5.9となり体重も2キロほど落ちました。体重76キロほどです。
それほどストレスは感じていませんでした。

しかし、それからさらに一か月後の受信では、尿糖が出て食後二時間ぐらいの血糖値107Hba1c6.0となりました。体重はさらに2.5キロ減。73.5キロぐらいでした。

 主治医の説明では、尿糖が出るということは食後血糖値が160以上になっているとのことで、血糖を下げる力が弱いとの事でした。しかし食後血糖値はそんなに心配しなくてよいとの事でした。
 また食事療法の指導では栄養士さんから、総カロリーは規定ないだが、魚(タンパク質を含む食品)が多すぎるとの指摘を受けました。
  また自覚症状としては長い時間の運動が苦しくなっていました。
  私としては食事療法をしてからのほうが体調は良くないと感じ、また、今まで出ていなかった尿糖が出たことから、不安を覚えました。また魚が多くて何がいけないのかも理解できませんでした。

 理論的な説明が特にないので、不安になり、本当に食後の血糖値が高くていいのか?また血糖を抑える力を高める方法はないのか等を、ネットや本屋さんで調べ、先生の著書やブログにたどり着きました。

 そこで、食後高血糖も危険であるということを知り、必要な栄養素の説明も理解できたので、糖質制限食を実践しています。
  
 二回めの受信後ほぼすぐに始めました。
 体調は良く体重も順調に落ち3週間ほどで、2、5キロほど減り71キロほどです。BMIもぎりぎり25を切りました。
  しかし、主治医に相談したところ、脂肪の過剰摂取はよくない、糖質制限をしても一時的によくなっても将来健康であるかどうかわからない等いわれ、賛成できないとの事でした。
 体調も良く、体重も順調に落ち、まして糖質以外自由に食べられるのでストレスなく続けられる等お願いしましたが、とうとう「糖質制限を続けるかぎりどうなっても保証できない。また、指導や治療もできない」と言われました。
  とても丁寧に親切に言ってくださいましたが、結局は治療できないとのことですので、紹介状だけ書いていただくことにしました。

 どちらで受信しようか迷っています。
 江部先生のところで診ていただくのが一番いいのはわかっています。
 しかしながらできるだけ近くのお医者様に見ていただきたい気持ちもあります。
 もしよろしければアドバイスお願いいたします。
2011/09/30(Fri) 07:21 | URL | しん | 【編集
Re: 脂肪の摂取量
リュカ☆ さん。

理論的にはそうです。
しかし、私も経験がないので、効果のほうはよくわかりません。

現時点では、高雄病院の方針は、「腎不全の場合は糖質制限食の適応とならない」という立場です。
2011/09/30(Fri) 08:11 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし
ムーミンPAPA さん。

低カロリーになりすぎないようにしましょう。
脂質・タンパク質はしっかり食べて、1800kcal/日は摂取して下さい。
2011/09/30(Fri) 15:20 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 有り難う御座いました。
BUNKAWAN さん。

お疲れ様でした。ご苦労様でした。バトルはしないほうが楽ですね。
お医者さん、3者3様で、興味深いです。

現在、データは全く正常範囲ですので、勿論薬は必要ありません。
このまま、糖質制限食を続けられてよいと思います。
いまぐらいデータが良かったら、1/2~3ヶ月通院でもいいと思います。
通院可能なら諸岡先生とご相談ください。糖質制限食に理解のある医師です。

諸岡内科クリニック
〒060-0808 北海道札幌市北区北8条西4丁目
011-700-1122 ‎

なお私は1950年1月8日生まれです。
2011/09/30(Fri) 15:32 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 念のため
そらさん。

ご指摘ありがとうございます。
なおしました。
2011/09/30(Fri) 15:34 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: どこで受信
しん さん。

拙著のご購入ありがとうございます。
また、症状の改善、良かったです。
三重県なら、安井先生とご相談いただけば幸いです。

安井広迪先生 やすいひろよし先生
〒510-0091 三重県四日市市北浜町7-8
安井医院 059-353-3181
2011/09/30(Fri) 15:43 | URL | ドクター江部 | 【編集
ありがとうございます。
 
来週早々にでも相談いたします。
ありがとうございます。
2011/10/01(Sat) 08:07 | URL | しん | 【編集
BUNKAWAN さん。
BUNKAWANさんの記事最高っす。
突っ込みもボケ的な受け答えも相当な達人と見ました。まだ糖尿人に言い足りないことがあるそうなので糖尿病の講演会に行ってみたらいかがでしょうか?
あなたの突っ込みと受けは世の中の役に立派に立つと思いますよ。
2011/10/03(Mon) 17:37 | URL | ちえ | 【編集
糖尿病と腎臓
江部先生、こんにちは。
主人はもう10年近く糖尿病です。服飲薬を飲み続けています。食事に気をつけていると、空腹時血糖値が116から140になりますが。元から食事をするのが大好きな人ですから、きを緩めると、あっという間に、250まであがってしまいます。 腎臓不全にはまだなってはいませんが、もう40才なので気になります。 
この糖質制限食は主人でも安全に実行できるものなのでしょうか?
2011/12/23(Fri) 03:36 | URL | KEIKO  | 【編集
Re: 糖尿病と腎臓
KEIKO さん。

経口血糖降下剤を内服されているので、同じ量を飲んで糖質制限食を実践すると低血糖の恐れがあります。
主治医とよくご相談ください。
主治医が糖質制限食に無理解なら、糖質制限食に理解のある医師を捜していただけば幸いです。

40才とまだお若いので、速やかな血糖コントロールが急務です。
2011/12/23(Fri) 11:29 | URL | ドクター江部 | 【編集
ありがとうございます。
主人の主治医は、食事からご飯、パン、麺類などを抜くか減らす、または玄米に変えるように言っているそうです。医師と相談してみます。
2011/12/24(Sat) 08:01 | URL | KEIKO  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可