FC2ブログ
江部康二の糖質制限食そしてグルカゴン  
こんにちは。今日は今からテニスにでかけます。

日曜日が連続三回、 糖質制限食講演会でテニスができなかったので久しぶりです。うまく球が打てるかどうか、ちょっぴり心配です。

さて、街のくまさんからのコメント・質問です。

「毎度有難うございます。いつも楽しく勉強させていただいています。
先生の食生活を拝見しますと、蛋白質は多いのですが、糖質は当然ですが、脂質も少ないような気が致しました。
蛋白質はスパイクが起きないものの、半分が糖質に変わると伺いましたので
血糖値の為には、蛋白質より脂質の摂取に重点を置くべきかと思っていたのですが。
先生は脂質と蛋白質のどちらを多く摂取すべきとお考えなのでしょうか
ちなみに脂質摂取過多はグルカゴンの分泌を促し、解糖・糖新生による高血糖に繋がるとも読んだ覚えがあるのですが。
by: 街のくま * 2007/09/04 01:33 」


『「和風さと」で、おろしたっぷり和風ハンバーグ(たれかけないで醤油)、しめ秋鯖、秋刀魚の刺身、冷や奴、焼きなす、具たくさんの大盛り味噌汁をいただきました。』
( 9.3のブログ)

街のくまさんご指摘の如く、確かにこの日のメニューはタンパク質が多いですね。あまり意識していませんでした。まあハンバーグのサラダにはマヨネーズをたっぷりかけて食べましたが・・・。

脂肪たっぷりのロースやサーロイン、ベーコンやソーセージなども食べますし、また鶏の唐揚げや豚カツも、小麦粉に目をつぶって時々食べます。

脂質の多いマヨネーズも使用頻度は高いです。オリーブオイルたっぷりの炒め物もよく食べます。そろそろ、ラカントS入りのすき焼きもいいですね。

私の場合、基本コンセプトはとにかく糖質制限で、タンパク質と脂質は全く意識せずに何でも食べています。

ちなみに高雄病院の給食ではスーパー糖質制限食の総カロリーの比率は、平均値として糖質12%、脂質56%、タンパク質32%くらいです。

さて、グルカゴンは膵臓のA細胞(α細胞)で産生・分泌される血糖を上昇させるホルモンで、インスリンと拮抗して作用しています。

主な標的器官は肝臓で、グリコーゲン分解を促進してブドウ糖にし、アミノ酸からの糖新生を促進し血糖値を上昇させます。

また、脂肪組織から脂肪酸とグリセロールへの分解を促進し、肝臓における糖新生を促進します。

グルカゴンの分泌は低血糖により促進され、高血糖により抑制されます。遊離脂肪酸によっても抑制され、アルギニンなどのアミノ酸によって刺激されます。

インスリンはグルカゴン分泌を抑制します。

『脂質摂取過多(高脂肪食)がグルカゴンの分泌を促進する』ということは、まずないと思います。少なくとも、高脂肪食で高血糖になることは100%ありません。

江部康二
テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
江部先生、こんにちは

LA在住のKです。講習会に伺えない分いつもブログを拝読し参考にさせていただいています。

アトピー暦30年目にして初めてアトピー治療のため針と漢方の先生にかかってみたら、みるみるうちに症状がよくなってびっくりしています。効くもんですねぇ。

またまた質問で申し訳ないのですが。

糖質制限食を始めてから、外での昼食に困っています。

仕事上(クライエントさんの家々をまわる自閉症児のための行動療法士です)運転しながらとらなければいけないことが多いため、今まではおにぎりやサンドウィッチでした。

今は出来るだけ家で作るようにしていますが、忘れたり時間がないときに、アメリカのスーパーで買えてすぐ食べれる物ということで、チーズにハム、それとナッツを(アーモンド20粒くらい)食べていました。

ただナッツを食べると他の食事ではおこらないのに、腕がなんとなくしびれたり、目の奥が痛くなるのです。

今朝調べたらナッツを25g(成分表で糖質5g分)食べて1時間後に測ったら142でした。食べる前が124です。腕がしびれました。

糖質5gのほかのものを食べても腕がしびれることはないのですが、同じ糖質分でも取らない方がいいもの、取っていいものがあるのですか?

ナッツは多少はいいと思っていたのに残念です。
2007/09/10(Mon) 00:43 | URL | K | 【編集
Kさん。

「ナッツを25g(成分表で糖質5g分)食べて1時間後に測ったら142でした。食べる前が124です。腕がしびれました。」

 血糖値の上昇は概ね予想範囲ですね。
 
 今まで高雄病院関係の糖尿病患者さん多数において、ナッツで腕がしびれたとの訴えはありませんでした。
 
 これは、ピーナッツ、アーモンドなど個別のものへのアレルギー的な症状の可能性とナッツとは無関係に添加物に反応している可能性もあります。

 食べてもOKなナッツとメーカーがあるはずですので、諦めずに試してみてくださいね。
2007/09/10(Mon) 07:32 | URL | 江部康二 | 【編集
早速のお返事ありがとうございます。

そうですね、思い返せば腕がしびれないナッツもあったきがします。

チーズも最近よく食べるのですが、たいてい大丈夫なのに腕がしびれるものがあるのです。しびれているときに血糖値を測ると110でした。

何かに反応しているのですね。何にだろう。。ちょっといろいろ試してみます。
2007/09/10(Mon) 09:58 | URL | k | 【編集
お教えいただき誠に有難うございました。
グルカゴンに関しては心配要らないことがわかりました。
また、食品成分のカロリーによる比率は大変参考になりました。
重ねて御礼申し上げます。
2007/09/10(Mon) 12:09 | URL | 街のくま | 【編集
江部先生、こんばんは。

先生のblogで勉強しつつ
、ゆる~く糖質制限を続ける毎日です。

グルカゴンに関しての記事を拝見して、ひとつ質問があります。

グルカゴン分泌についてですが、ある程度の罹患期間の1型糖尿病患者はグルカゴン分泌も低下していると以前読んだ記憶があります。

糖質を制限した場合、脂質の分解によって得られるケトン体をエネルギーとして利用すると理解しているのですが、グルカゴンの分泌低下による影響
はないのでしょうか?

Dr.バーンシュタインが問題なく生活されているので、問題はないと思うのですが・・・・。
2007/09/11(Tue) 00:44 | URL | saka10 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック