FC2ブログ
増粘多糖類って、何? 
こんにちは。

昨朝は、朝日カルチャー中之島で、糖質制限食の講演会でした。

80数名の参加があり、質問もひきもきらず続いて、活発で有意義な講演会でした。 (^_^)

さて

「増粘多糖類」って、何?  (∵)?

案外、難しいですね。

2009年4月20日に一度、「増粘多糖類」のことを記事にしたことがありますが、もういちどネットをチェックしてみました。

そうすると、日本生協連安全政策推進室のサイトに「増粘多糖類」のことがわかりやすく載っていました。

信頼できるサイトと思いますので、転載させていただきました。(☆)

生協さん、ありがとうございます。

私も生協の会員ですので、あしからず。m(_ _)mV

増粘安定剤として2種類以上の多糖類を使用した場合は、「増粘多糖類」という簡略化した名称で表示できるのだそうです。

「増粘多糖類」には色々なものがありますが、いずれも高い粘性をもつ水溶性の多糖類です。

微妙な食感を調節したり“とろみ”を付けたりする、増粘安定剤としての用途で使用されます。

ペクチン、カラギナン、グァーガム、ローカストビーンガム、タマリンドガム、キサンタンガム、カードランなど主な増粘多糖類は、難消化性の食物繊維に分類されるので、血糖値上昇の心配はほとんどないと思います。

増粘多糖類は、多糖類だけれども、デンプンやグリコーゲンとは異なり、難消化性の食物繊維に分類されるというのが肝要ですね。

安全性に関しても、難消化性の食物繊維なので、まず大丈夫と思います。

というか、現在販売されているほとんどの加工食品に添加されているわけですので、毒性があったりしたら結構大変なことになりますね。ヾ(゜▽゜)

まあ、カラギナンだけは生協さんは、△としています。

もっとも、安全性に問題ないとはいいながら、増粘多糖類によってごまかされた食品ばっかりになったりすると、何だかさみしくなりますね。( ̄_ ̄|||)

一方、嚥下障害者用食品の粘度調整のために増粘多糖類が使われることもあり、増粘多糖類は意外なとところで役に立っています。 (^^)

「ごっくんゼリー」などはその一つですね。

「ごっくんゼリー」は三和化学研究所の医療・介護食品です。


江部康二



(☆)参考
「増粘多糖類」って何? Q&A
http://jccu.coop/food-safety/qa/qa01_05.html
2009年3月21日更新 2003年4月17日作成

●「増粘多糖類」って何? Q&A

Q1:ジャムなどに含まれている「増粘多糖類」って何? 何が原料? 安全性は?
Q2:天然由来ですが、安全性は?
Q3:安全性と有用性は?
Q4:「増粘多糖類」という表示をよく見かけるわけは?
Q5:コープ商品の表示が長いのは添加物が多いから?.


Q1 ジャムなどに含まれている「増粘多糖類」って何? 何が原料? 安全性は?

A1 様々な食感や“とろみ”を調整するために使われる粘性の高い多糖類です。. 食品への表示で「増粘多糖類」と記される食品添加物には色々なものがありますが、いずれも高い粘性をもつ水溶性の多糖類で、微妙な食感(歯ごたえ、舌ざわり、のどごし等)を調節したり“とろみ”を付けたりする、増粘安定剤(増粘剤、安定剤、ゲル化剤、糊料)としての用途で使用されます。主なものには、カンキツ類やリンゴなどを原料とするペクチン、藻類から抽出したカラギナン、マメ科の植物の実から抽出したグァーガム、ローカストビーンガム、タマリンドガム、微生物が生成するキサンタンガム、カードランなどがあります。


Q2 天然由来ですが、安全性は?

A2 天然だから安全とは言えません。. これらは天然物に由来するものですが、安全性については、ひとくくりに「天然だから安全」と決めつけることはできません。日本生協連では、増粘多糖類に限らず、天然由来の添加物全般について、「人類が昔からの食生活の中で摂取してきた歴史=“食経験”が十分あるか?もしそれが不十分なら、その点を補うだけの十分な安全性試験データと品質の規格基準が必要」と考えています。この考え方に照らすと、増粘多糖類の安全性についても、それぞれ個別に考える必要があります。


Q3 安全性と有用性は?

A3 増粘多糖類は食感を調節する有用な食品添加物だと考えますが、安全性は物質毎に評価する必要があります。. 増粘多糖類は、食品の味に関する重要な要素である「食感」などを調節するために有用な添加物だと思いますが、日本生協連のコープ商品に使用する際は安全性を第一に考えて、適切なものを選択するように努めています。一例ですが、Q1にでてくるカラギナンについては、食経験が必ずしも十分とはいえず、またこれまでに報告されている安全性のデータや情報に見合った規格基準が整っていない点などから、日本生協連としては、まだ安全性面での課題が残されていると考えています。そのため、コープ商品への使用に際しては慎重に判断し、他の添加物や素材で代替することが不可能な食品以外では、今のところ使用を控えるようにしています。


Q4 「増粘多糖類」という表示をよく見かけるわけは?

A4 増粘安定剤として2種類以上の多糖類を使用した場合は「増粘多糖類」という簡略した名称で表示できます。. 食品添加物の名前を食品に表示する方法は、食品衛生法の中で定められています。原則は、個別の「物質名」を表示することになっていて、さらに、主要な8用途のもの:甘味料、着色料、保存料、酸化防止剤、発色剤、漂白剤、防かび剤、増粘安定剤(増粘剤、安定剤、ゲル化剤、糊料)については、「用途名」と「物質名」の併記が義務づけられています。
 例:酸化防止剤(ビタミンC)
 これに対し「増粘多糖類」というのは、法令上例外的に簡略化が認められた表示方法で、「増粘安定剤の用途で2種類以上の多糖類を併用した場合には、用途名と個別の物質名は省略して、『増粘多糖類』とだけ表示して良い」ことになっています。また微妙な食感を得るために、2種類以上の多糖類が併用されるケースというのも実際に多いため、「増粘多糖類」表示をよく目にすることになります。


Q5 コープ商品の表示が長いのは添加物が多いから?

A5 個別の物質名を表示するようにしているために、多く入っているように見えることがあります。. 「増粘多糖類」と簡略化した表示が多く見られる中、日本生協連のコープ商品では、2種類以上の多糖類を併用している場合でも、なるべく簡略化せずに個々の物質名を表示するようにしています。表示欄のスペースや文字数を多く使うので「コープ商品は添加物がいっぱい入っている!?」と思われがちですが、そうではなくて、消費者に詳しい情報提供に努めているからなのです。
 例:ゲル化剤(ペクチン、ローカストビーンガム)
<この件のお問い合わせ先>
日本生協連安全政策推進室 

テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
増粘安定剤とても重宝しています!
増粘安定剤のおかげで糖質制限食が豊かになっています。
片栗粉とは違い、常温でとろみが出るので!
高雄倶楽部で糖質オフウスターソースを買い、それを元にトンカツソースやトマトケチャップを手作りしています。
後、糖質オフ手作り焼き肉のタレも(笑)。
ホットドッグにハンバーガー!(パン糖質制限で手作り)
食卓の広がりを実感しています。
2011/08/24(Wed) 21:57 | URL | 摂津のエクレア | 【編集
私の食事、大公開。
●飲み物/○緑茶500ML、珈琲3~4杯、トマトジュースinオリーブオイル200ml…、×牛乳(乳糖がダメ)、清涼飲料水、缶珈琲…、 ●食べ物/○肉(鶏ムネ肉、ラム、…)、魚、大豆製品(納豆、豆腐、高野豆腐は毎日…)、こんにゃく(毎日、板;一晩だし汁に漬けた後煮る、糸;ラーメン用スープで、)、海藻(ところ天を毎日、買い物に行った日は、もずくなど)、青菜、卵(炊飯器に熱湯を入れて作る)、×ごはん、小麦系(パスタ、そば、うどん、飲茶…)練り製品、お菓子(もともと間食はしない)、果物(大好きなのだが…)、ジャガイモ、かぼちゃ、にんじん、玉ねぎ、れんこん(でんぷん系)・・・、 ●お酒/○糖質off発泡酒、焼酎、赤ワイン(ポリフェノール)、×スパークリング、白ワイン(甘い成分)、日本酒(盆と正月のみ可)、 ●おつまみ/ナッツ(カリウム、マグネシウム、…)、チーズ、 ●調味料/○マヨネーズ(これは意外だった)…、×ケチャップ、ソース、ポン酢、…[以下、思いつくまま] ★東北出身で、お米好き、麺食いなので、初めは辛かったが、もう慣れた。 ★牛乳はそもそもお腹を壊しやすい ☆メニューで悩まなくてよい ☆休日は、掟破りデー、ラーメンでも、果物でも、がんがん食べて、ストレス解消 ★食費があがったかも?☆毎晩飲める *いずれも、江部康二氏の糖質制限食関連の著書を参考にピックアップした、「酒飲みダイエット」のレシピは、ほぼ試した(卵の味噌漬けは簡単、美味しい)、現在、「糖質制限食」、春・夏・秋・冬に、順次チャレンジ中。
2011/08/24(Wed) 22:40 | URL | 三島  | 【編集
先生ありがとうございます
先生ありがとうございます。食べていいのですね。たくさんは食べません。本当につまらない質問に答えて下さって感謝します。
2011/08/25(Thu) 07:57 | URL | なみだ | 【編集
Re: 私の食事、大公開。
三島 さん。

情報ありがとうございます。
料理も自分でされるのですね。
2011/08/25(Thu) 18:23 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可