FC2ブログ
低炭水化物ダイエット・ガン予防・Cancer Research・2011・補足
おはようございます。

マウスにおいて

「低炭水化物・高タンパク質食が、腫瘍の発育を抑制し、発がんを予防した。」

という2011.7.28ブログ記事の論文、

低炭水化物・高タンパク質食は

1)炭水化物15.6%、タンパク質58.2%、脂質26.2%の割合です。

一般的な西洋食に比較して、脂質の割合はほぼ一緒で、タンパク質を増やして炭水化物を減らしています。

2)炭水化物8%、タンパク質69%、脂質23%の割合の食事での、さらに厳しい低炭水化物食予備試験も行って効果がありましたが、将来のヒトでの臨床試験を考慮して、1)を選択したとのことです。


江部康二


☆☆☆☆☆

2011.07.28 (Thu)
低炭水化物食が、ガン予防・Cancer Research・2011

こんばんは

Cancer Researchという雑誌は
2010年のインパクト・ファクターは8.234
で一流医学雑誌です。

そのCancer Researchに論文が載りました。

A Low Carbohydrate, High Protein Diet Slows Tumor Growth and Prevents Cancer Initiation

Cancer Res; 71(13); 4484–93. ©2011 AACR.

http://cancerres.aacrjournals.org/content/71/13/4484.full 
→フルテキスト論文を見ることができます。

「低炭水化物高タンパク質食が、腫瘍の発育を抑制し、発がんを予防した。」
という題名の論文です。


以下要約を、訳してみました。

<要約>

「がん細胞が正常細胞よりグルコースに依存することより、我々はマウスの腫瘍の成長率における低炭水化物食と西洋食の効果を比較した。

カロリー制限が誘導する効果を避けるため、我々は低炭水化物食と西洋食のカロリーを、脂質よりタンパク質を増やすことで同一にした。何故なら高脂質は腫瘍増進効果が、高タンパク質は免疫刺激効果が報告されているからである。

我々は「低炭水化物・高タンパク食」が「高炭水化物・低タンパク食」に比べて、マウス体内において、マウスとヒトのがんが共に成長が遅くなるのを見いだした。

加えて、低炭水化物食で給餌されたマウスはより低めの血糖値・インスリン・乳酸値を示した。
さらに低炭水化物食による抗腫瘍効果が観察された・・・中略・・・

遺伝的に極めて乳がんになりやすいマウスにおいて、腫瘍出現率は西洋食の場合は1年間で50%近くであったが、低炭水化物食では腫瘍は検出されなかった。

この相違は西洋食のマウスでみられて低炭水化物食では見られなかった体重増加と関連していた。

さらに、西洋食では、がん関連の死亡のため、正常な生存期間であったのはたった1匹であったが、低炭水化物食では50%以上が正常生存期間を超えた。

まとめれば、我々の調査結果は、体重増加だけではなく、がんの発育・進行を制限する、低炭水化物ダイエットの、臨床前の魅力的な可能性の例証を提供するものと思う。」


マウスの実験ですが、低炭水化物食が、がん細胞の増殖を遅くし、乳ガンねずみの発がんを予防したようです。

マウスの段階ですので、まだまだヒトにそのまま当てはめることはできないと思いますし、今後の検討が必要というパターンではあります。しかし、理論的にはとても魅力的ですね。



江部康二


☆☆☆☆☆
Abstract
Since cancer cells depend on glucose more than normal cells, we compared the effects of low carbohydrate (CHO) diets to a Western diet on the growth rate of tumors in mice. To avoid caloric restriction–induced effects, we designed the low CHO diets isocaloric with the Western diet by increasing protein rather than fat levels because of the reported tumor-promoting effects of high fat and the immune-stimulating effects of high protein. We found that both murine and human carcinomas grew slower in mice on diets containing low amylose CHO and high protein compared with a Western diet characterized by relatively high CHO and low protein. There was no weight difference between the tumor-bearing mice on the low CHO or Western diets.

Additionally, the low CHO-fed mice exhibited lower blood glucose, insulin, and lactate levels. Additive antitumor effects with the low CHO diets were observed with the mTOR inhibitor CCI-779 and especially with the COX-2 inhibitor Celebrex, a potent anti-inflammatory drug. Strikingly, in a genetically engineered mouse model of HER-2/neu–induced mammary cancer, tumor penetrance in mice on a Western diet was nearly 50% by the age of 1 year whereas no tumors were detected in mice on the low CHO diet. This difference was associated with weight gains in mice on the Western diet not observed in mice on the low CHO diet. Moreover, whereas only 1 mouse on the Western diet achieved a normal life span, due to cancer-associated deaths, more than 50% of the mice on the low CHO diet reached or exceeded the normal life span. Taken together, our findings offer a compelling preclinical illustration of the ability of a low CHO diet in not only restricting weight gain but also cancer development and progression.


テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可