FC2ブログ
高インスリン血症と高血糖と発がんリスク
おはようございます。

今回は、高インスリン血症と高血糖と発がんリスクのお話しです。

1)2005年の第65回米国糖尿病学会で、カナダのSamantha博士等が、10309名の糖尿病患者の研究成果を報告しました。

「メトフォルミン(インスリン分泌を促進させない薬)を使用しているグループに比べて、インスリンを注射しているグループは、癌死亡率が1.9倍高まる。SU剤(インスリン分泌促進剤)内服しているグループは癌死亡率が1.3倍高まる。」

この研究は、高インスリン血症の発ガン促進作用を検証した研究です。

Samantha博士等は内因性であれ、外因性であれ、

「循環しているインスリンレベルが増加すると腫瘍の進展や死亡率が高まる。」

との考えを示しました。

インスリンは、人体に絶対に必要不可欠なホルモンですが、分泌量や必要量が少なくてすめば、それにこしたことはないようです。


2)インスリンが高い男性は大腸がんになりやすい

記事:共同通信社 2007年3月1日

【血液中の糖分を筋肉などが取り込むのを促すホルモン、インスリンの値が高い男性は、低い男性に比べ最大で3倍程度、大腸がんになりやすいとの疫学調査結果を、厚生労働省研究班(主任研究者・津金昌一郎(つがね・しょういちろう)国立がんセンター予防研究部長)が1日発表した。

こうした人は肥満や高インスリン血症、糖尿病に陥っている恐れがあり、ホルモンバランスが崩れることも加わって発がんを促している可能性があるという。

インスリンは健康診断などで一般的に測定されてはいないが、研究班の大谷哲也(おおたに・てつや)・群馬大助手によると、生活習慣を改善し肥満を解消すれば、低下させるのに役立つ。同助手は「将来は、大腸がんのリスクを評価する指標にインスリン値を使えるかも」としている。

研究班は、全国9地域で40-69歳の男女約4万人を、1990年から2003年まで追跡。体内でインスリンがつくられる際にできる副産物でインスリン測定の代用になる「Cペプタイド」の血中濃度と大腸がん発症との関係を調べた。

その結果、男性ではCペプタイド濃度が高いと発症の危険度が上昇する傾向を確認。最も濃度が高いグループの危険度は、最も低いグループの3.2倍だった。特に結腸がんでこの傾向が強く、危険度は3.5倍に拡大した。

女性ではこうした傾向はみられなかった。大谷助手は「性や地域によって発がんの仕組みが異なるのかもしれない」と分析している。】

このように日本人においても、高インスリン血症は大腸がんのリスクとなるようです。

大腸がん(盲腸がん、結腸がん、直腸がん)の中で、特に結腸がんは最大3.5倍の増加がみられたそうです。

高インスリン血症があると、細胞増殖、成長促進など、さまざまな働きをするIGF-Iの働きが活発になります。IGF-Iの働きが過剰になると、大腸がんの発生リスクが高くなるとされています。高インスリン血症があると、IGF-Iに結合してその働きを抑えるIGFBP-1の産生が抑制されてしまい、IGF-Iが過剰に働くようになるとされています。

3)食後高血糖ガイドライン2007国際糖尿病連合によれば、食後高血糖は癌発症リスク上昇と関連するとのことです。

「食後高血糖は膵癌の発症に関与している可能性があります(1~3)。

成人男女35,658例を対象とした前向き大規模コホート研究(65)において、膵癌の死亡率と負荷後血糖値との間に強い相関が認められました。

負荷後血糖値121mg/dL未満に保たれた者と比較し、負荷後血糖値が200mg/dLを上回った者の膵癌発症の相対リスクは2.15でした。

この関連は女性よりも男性で強く認められました。

食後高血糖に伴うる膵癌発症のリスク上昇は他の研究でも認められています(2)(3)。」

(1) Gapstur SM, Gann PH, Lowe W, Liu K,
Colangelo L, Dyer A. Abnormal glucose metabolism
and pancreatic cancer mortality. JAMA 2000;
283(19):2552-2558.

(2) Larsson SC, Bergkvist L, Wolk A.
Consumption of sugar and sugar-sweetened foods
and the risk of pancreatic cancer in a prospective
study. Am J Clin Nutr 2006; 84(5):1171-1176.

(3) Michaud DS, Liu S, Giovannucci E, Willett
WC, Colditz GA, Fuchs CS. Dietary sugar, glycemic
load, and pancreatic cancer risk in a prospective
study. J Natl Cancer Inst 2002; 94(17):1293-1300.


結論です。

やはり、高インスリン血症と高血糖には、発がんリスクがあるようです。


江部康二

テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
ステロイド糖尿
いつも楽しく読ませてもらっています。
食後高血糖があり糖質制限をしている35歳です。
持病にメニエールがあり今回発作のためステロイドを30?一週間だされました。ステロイドは糖尿病を誘発することがあるということですが、一週間程度の内服でも可能性は高いでしょうか?
2011/06/30(Thu) 11:37 | URL | さくら | 【編集
Re: ステロイド糖尿
さくら さん。

ステロイド内服中は、あるていど耐糖能が低下すると思います。
しかし1週間なら、実際の影響はほとんどないと思います。
2011/06/30(Thu) 22:09 | URL | ドクター江部 | 【編集
はじめまして
江部先生はじめまして。

アメリカ在住の糖尿病アメリカ人夫をもつTOMOと申します。

今年の4月に主人が健康診断で糖尿病と判断されてアメリカ人ですが大好きなご飯、、そば、うどん、そしてパンやイモ類などをあきらめて低炭水化物ダイエット&一日1800カロリーダイエットを初めました。

出されている薬は高血圧、高コレステロールもあったのでTRILIPIX 、NADOLOL、 HYDROCHILOROT 、LOVAZAのフィッシュオイルとMETFORMINです。

その時の診断の血糖値は空腹時156 HbA1c6.9との結果でした。

ダイエットを始めてから血糖値の測定器を使用して朝の空腹時に測定するとほとんど90台で
食後2時間は110台という数値が平均になっていました。

できればこの先すべての薬を飲まないで良いようになれればなあと思います。

主人は血圧が低くなってきているので薬を止めると言っていますが私は薬で下げているのだから薬を止めたらまた上がるのでは?と思います。とにかくドクターの指示を待ちたいのですが。勝手に自己判断で薬を止めるのは怖い気がします。

最近は夕食後2時間過ぎくらいから「おなかが減ったら何かスナックを食べなければいけない」と言い糖質12グラムほど含むクラッカーのようなものとこちらで売られている豚の皮で作られている糖質0のチップスのようなスナックがあるのですがそれを食べるようになりました。同じ職場の糖尿病の同僚にアドバイスされたようですが。。。

そして最近は朝ほとんど112,3という数値になっています。本人は低血糖を防ぐための
おやつだから仕方ないというのですが。

アメリカでは診断されてから3ヶ月から6ヶ月は次のドクターアポイントが取れないことが多いので次回は7月の中旬に検査をしてドクターに会うことができます。なのでまだどのくらい主人の体が改善されてきているかこのダイエット方法でいいのかどうかはわかりません。

江部先生にお聞きしたいのですがこの空腹になったときの就寝前のスナック(おやつ?)はどうなんでしょうか。。?

日本とアメリカでは微妙に血糖値の基準値が異なる気がします。
こちらでは食事2時間後は120以下がのぞましいとされているので120を超えたときは
本人かなりがっくり来ています。日本のサイトで調べると140以下となっているのが多いのですが。

ちなみに先月、腎臓結石も見つかりました。

どうぞよろしくお願いいたします。
2011/07/01(Fri) 02:16 | URL | TOMO | 【編集
血糖値とHbA1c
はじめまして。
先生のブログで勉強させていただいております。

血糖値とHbA1cの関係で質問をさせてください。

半年ごとに受けている職場での健康診断なのですが、
直近の5回の結果が

血糖値: 98→ 91→100→ 94→110
HbA1c:4.2→4.2→ 4.2→4.2→ 4.3

と推移しており、HbA1cの割に血糖値が高いように思います。
ちなみに私の職場の健診は、なぜか午後スタートのため
各回とも食事は朝食を午前6時頃に食べ、昼食を食べずに
午後2時頃に採血をしています。

このような結果についてはどのように解釈すれば
よろしいのでしょうか。
2011/07/01(Fri) 07:28 | URL | ゆう | 【編集
Re: 血糖値とHbA1c
ゆう さん。

食後8時間の血糖値が「 98→ 91→100→ 94→110」

これは問題ないと思います。

空腹時血糖値は、10時間以上の絶食時とされています。
2011/07/01(Fri) 08:15 | URL | ドクター江部 | 【編集
血糖値とHbA1c
江部先生。さっそくの御回答ありがとうございました。

以前何かの本で、血糖値とHbA1cに解離があるときは、
何らかの理由でHbA1cが見かけ上低く出ている可能性がある
という内容を読んだのですが、私の場合、それはあまり気にしなくて
よろしいのでしょうか。

ちなみに、直近の健康診断の結果は以下のとおりです。

35歳、男性
白血球 6200、赤血球 548万、Hb 17.0、血小板 17.4万
AST 17、ALT 22、γ-GTP 29、Cr 0.67、UA 6.4
LDL-C 105、HDL-C 59、TG 42、血糖 110、HbA1c 4.2
尿検査の結果はいずれも正常範囲
2011/07/01(Fri) 11:32 | URL | ゆう | 【編集
Re: はじめまして
TOMO さん。

TRILIPIX→コレステロール低下薬
NADOLOL→βブロッカー(降圧剤、心臓の薬)
HYDROCHILOROT→?これはよくわかりませんが、血圧の薬?。
LOVAZAのフィッシュオイル→中性脂肪値の改善
METFORMIN→糖尿病の薬、膵臓外で作用→低血糖にはまずなりません。

症状が改善すれば、薬は減らせると思います。
血圧の薬も減らせると思います。

食後2時間血糖値の目標は、国際糖尿病連合のガイドラインでも、140mg未満です。

おやつは、
糖質ゼロチップス、チーズ(6Pチーズで2~3個)、ナッツ類20~30粒、
貝柱の干物、天日干しのするめ・・・
糖質の少ないものはOKです。


江部康二
2011/07/01(Fri) 17:09 | URL | ドクター江部 | 【編集
ありがとうございました
食後の血糖値は140mg未満なんですね。まちがった解釈をしていたようです。

するめはこちらではなかなか手に入らないので日本の家族に送ってもらおうと思います。
こちらでの日本食材は限られているのですがなんとかがんばってダイエットを続けて行きたいと思います。

ご回答ありがとうございました。
2011/07/02(Sat) 03:19 | URL | TOMO | 【編集
糖質制限食
こんにちは。先生にはアトピーで何度か診察をしてもらった者です。
先生がだしてくれたお薬ですごくよくなりました。ありがとうございます。
実は父が糖尿病から腎臓のほうにきています。
先生の糖質制限の本を本屋さんで見たのですが、腎臓病の人は
糖質制限食はあってないから注意をしてください。と書かれていた
ように思うのですが、糖質制限はしないほうがいいのでしょうか?
最近は、たんぱく質をとる量を減らしたり、減塩醤油、減塩だし、減塩
ポン酢を使ったり、マービーのカロリーオフの砂糖をコーヒーの時に
使用するようにしています。料理にまではまだカロリーオフの砂糖は
使用してないので、検討しています。使用したほうがいいですよね。

ここ数回の健康診断の数値です。
中性脂肪200→185→80(中性脂肪はあまり関係ないかもしれないですね)
尿素窒素31.7→33.4→23.2
クレアチニン1.95→2.06→1.86
血糖173→156→213です

食事に気をつけてきているので、3回目の診断では他の項目のほとんどの数値が下がっていました。血糖だけは上がっていたのですが。
クレアチンは少し下がりましたが、まだまだ高いのが気になります。


2011/07/03(Sun) 09:34 | URL | ユウ | 【編集
糖尿人仲間入り
 江部先生初めまして,糖尿人仲間入りの59歳男性です。今年3月の人間ドックで空腹時血糖値127、HbA1c6.5となり、糖尿病の精密検査を受けるよう指摘されました。一昨年あたりからHbA1c6.0になっていましたので気を付けなければと思いながら糖尿ラインを超えてしまったことは大変ショックでした。あまりに呑気だった自分に後悔しきりで、ネットで病院など調べているうちにこのHPにたどり着きました。早速ご著書を購入し、HPを参考にさせていただきながら糖質制限食にまずは取り組ませていただいております。実際には5月からの取り組みですが、体重73㎏から63㎏(身長163㎝)に落とすことができました。毎日1から2時間の散歩や筋トレなどにも取り組んでいるところですが、医療機関への受信をしていないので、今の体の状況がどうなっているのか不安です。近いうちに受信しようとま思っているのですが・・・。
 一つ質問です。以前はお米が大好きで毎回なんばいもご飯を食べていましたので糖質中毒かとも思っているのですが、どうにも力が出ません。立ちくらみやドキドキするときもあり、低血糖状態なのかあるいは神経障害がすでに出てきているのかなと不安になります。このままを続けていてよいのでしょうか。申し訳ありませんが教えていただければと思います。
2011/07/03(Sun) 12:51 | URL | KAN | 【編集
Re: 糖質制限食
ユウ さん。

血糖コントロールを良くすることが、クレアチニンの悪化を防ぎます。
一方高タンパク食はクレアチニンを悪化させる可能性があります。
どちらを優先するか天秤にかけるのですが、一人一人違うと思います。

また漢方薬が腎機能改善に有効なことがあります。
父上が希望されたら高雄病院を受診されてご相談いただけば幸いです。
2011/07/03(Sun) 18:16 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 糖尿人仲間入り
KAN さん。

「体重73㎏から63㎏(身長163㎝)の減量・・・立ちくらみやドキドキするときもあり・・・」

低カロリーになりすぎている可能性があります。
脂質と蛋白質はしっかり摂取してください。
それで、動悸や立ちくらみは改善すると思いますよ。
2011/07/03(Sun) 18:20 | URL | ドクター江部 | 【編集
ありがとうございます。
お返事をありがとうございました。
これからも食事には気をつけてもらおうと
思います。
高雄病院で腎臓病の漢方もされてるんですね。

2011/07/05(Tue) 22:40 | URL | ユウ | 【編集
糖質制限食とアミラーゼ値上昇についてお尋ねします
江部先生
糖質を制限して数ヶ月経ちました。レシピ集を購入させていただきチーズやトマト、お豆腐を使ったものを試しています。お蔭さまでコントロールは良好です。ただ、近頃、アミラーゼ値が上限値を超えることが出てきました。140あたりですが、今までにはないことです。自覚症状はありません。現在は経過観察中ですが、脂肪や蛋白質の多摂取と何か関係がありますでしょうか。BUNも基準値を超えたままです。クレアチニンは正常です。
蛋白質総量は100g/日ぐらい摂取していると思います。
アミラーゼの件、お教えくださいますでしょうか。
2011/12/07(Wed) 16:02 | URL | a.m | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可