FC2ブログ
赤肉・加工肉と心臓病・脳卒中・糖尿病
おはようございます。

今回は、肥満人さんから、
赤肉摂取と心疾患リスクについて、コメント・質問をいただきました。


【11/06/07 肥満人

赤肉はどこがだめなのでしょう?

江部先生
お疲れさまです

赤肉をたくさんとると心疾患リスクが高まるという情報はよく目にしますが どうしてなのかしろうとにはよくわかりません! ネット上でしらべても明確な答えがみつかりません

統計上だけでメカニズムは不明なのでしょうか?
それとも赤肉自体よりそれについてくる脂肪が問題なのでしょうか
(それでしたら、ヒレ肉や脂肪を除去すれば制限はほとんどなくなると思いますが)
赤肉もたんぱく質で他のたんぱく質同様アミノ酸に分解してから吸収されるはずですから同じはずでは?と素人は思ってしまいます

赤肉大好きなのでつい質問させていただきました

もしお手すきがあったらでお願いします】



肥満人さん。

「赤肉をたくさんとると心疾患リスクが高まるという情報」

ですが、何となく一人歩きしていて、れっきとした証拠になる論文が本当にあるのか、私も疑問に思っていたところです。

赤肉とは、鶏肉を除く、牛・豚・羊など四つ足動物の肉です。

それで、ネットで調べてみました。

今回は、とても運が良かったようで、1回の検索で信頼できるサイトがヒットしました。 (^^)

朝日新聞の医療サイト「アピタル」です。

そこに坪野吉孝先生が、英文論文のわかりやすい解説を載せておられます。

〔アピタル書き下ろし第12回
「加工肉」で心臓病などリスク増加 [10/07/09]
朝日新聞の医療サイト「アピタル」
https://aspara.asahi.com/blog/medicalreport/entry/xqvajFAUJu

サーキュレーション誌という一流医学雑誌に2010年6月掲載された論文をもとに解説しておられます。

結論からいうと、心筋梗塞などの心臓病・脳卒中・糖尿病に関して、赤肉はOKで、加工肉は×ということです。

加工肉とはソーセージやベーコンなどのことです。

「赤肉をたくさん摂取しても、心筋梗塞などの心臓病・脳卒中・糖尿病に関しては大丈夫」

という結論は意外であり、従来の定説が覆る典型例の一つとなりました。


坪野吉孝先生は日本には珍しい「栄養疫学」の専門家です。

1994年 国立がんセンター研究所研究員(臨床疫学研究部)
1998年 ハーバード大学公衆衛生大学院客員研究員(栄養学部門)
2000年 東北大学大学院講師(医学系研究科公衆衛生学分野)
2002年 東北大学大学院助教授(医学系研究科公衆衛生学分野)
2004年 東北大学大学院教授(医学系研究科臨床疫学分野)
2011年 山形さくら町病院精神科
    早稲田大学大学院客員教授(政治学研究科ジャーナリズムコース)

坪野吉孝先生の

「食べ物とがん予防―健康情報をどう読むか (文春新書)2002年」

は名著だと思います。

ブログ読者の皆さん、是非ご一読を。


江部康二


参考☆☆☆☆☆

【アピタル書き下ろし第12回】「加工肉」で心臓病などリスク増加 [10/07/09]
朝日新聞の医療サイト「アピタル」
https://aspara.asahi.com/blog/medicalreport/entry/xqvajFAUJu

坪野吉孝 《東北大教授》

私はソーセージやベーコンなどの加工肉が好きで、よく食べるほうだ。これらの加工肉と、牛や豚などの通常の肉類(鶏肉は除く)とを区別して、心筋梗塞などの心臓病・脳卒中・糖尿病との関係を調べた論文が、サーキュレーション誌に2010年6月掲載された。

今回、研究グループが対象にしたのは、文献検索で選び出した20件の論文。論文で扱われていた研究は、米国(11件)を中心に計10カ国におよび、日本も1件含まれていた。20件の対象者を合計すると1,218,380人になり、心臓病が23,889例、脳卒中が2,280例、糖尿病が10,797例あった。

研究グループはそれぞれの論文の結果を集計し、総合評価を行なった。

その結果、心臓病では、牛や豚などの通常の肉類(赤肉)の摂取量が一日100g増えても、リスクは1.00倍で変わらず上昇を認めなかったが(研究4件)、加工肉の摂取量が一日50g増えた場合のリスクは、1.42倍高くなっていた(研究5件)。

糖尿病では、赤肉の摂取量が一日100g増えた場合のリスクは1.16倍だが誤差範囲の結果に留まったのに対して(研究5件)、加工肉の摂取量が一日50g増えた場合のリスクは1.19倍と誤差範囲を超えて高かった(研究7件)。

脳卒中は、研究数が3件と少なく、赤肉でも加工肉でもリスク上昇はなかった。

別の調査によると、加工肉は、赤肉と比べて、脂肪からのカロリーが高く、蛋白質からのカロリーが低かった。一方、保存料としての塩分は4倍多く、塩分以外の保存料(硝酸塩、亜硝酸塩、ニトロサミン類)も約1.5倍多かった。

研究グループによると、赤肉と加工肉を区別して、冠動脈疾患・脳卒中・糖尿病との関係を、複数の論文の総合評価で明らかにしたのは今回が初めて。現状での最良の証拠を提供するものだと考察している。

加工肉と赤肉で影響が異なった理由として、加工肉に保存料として含まれる塩分の血圧上昇作用や、塩分以外の保存料による動脈硬化作用や糖尿病の誘発作用などを挙げている。

ところで、牛肉や豚肉など通常の肉類(赤肉)の高摂取でも、心臓病のリスクが上がらないという結果は意外に感じた。今後の研究では、赤肉と加工肉を区別して、病気との関係を調べることが必要になるだろう。

また、文献検索で選び出した論文は20件と少なくないが、例えば赤肉と心臓病の関係を調べた論文は4件に留まった。赤肉や加工肉と、冠動脈疾患・脳卒中・糖尿病という個別の病気との関係について、さらに研究が必要だ。その間は、加工肉の摂り過ぎに注意することが賢明のようだ。


テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
食品添加物
いつも有難うございます。

今回の記事を見て前に病院の薬を渡す方が「亜硝酸Naは癌になるからソーセージやハム、タラコなどは気をつけないといけないよ」と教えてくれたのを思い出しました。

この添加物は癌以外も問題なのかもですね。
2011/06/11(Sat) 09:36 | URL | けい | 【編集
Re: タイトルなし
ミナ さん。

HbA1c:4.8%とは、素晴らしいですね。
平均血糖値は93mg/dlです。
蕎麦はやはり糖質ですので血糖値が上昇しますね。
2011/06/11(Sat) 19:59 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: アクトス
アル中かも さん。

情報ありがとうございます。
検討してみます。
2011/06/11(Sat) 20:08 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 炭水化物依存症と過食症
なな さん。

1)緩やかな糖質制限食で将来の糖尿病発症は予防できると思います。
2)ハレの日やご褒美の日に、アイスクリームと決めておいたら如何でしょう。
3)身長156cm 体重48キロ BMI19.7で調度いい体重です。
  立ちくらみやふらつきがあるなら、低カロリーになりすぎなういよう注意してくださいね。
糖質制限食でどんどん痩せ続けるわけではありません。適正体重で落ち着きます。
2011/06/12(Sun) 16:57 | URL | ドクター江部 | 【編集
江部先生お忙しいところありがとうございます
おかげさまで
ながいあいだの疑問がとけました
これで安心して赤肉もたべられます
(これもきっちり調べたわけではないのですが
脂肪=アラキドサンの方が圧倒的なリスク要因のようですね)
肉だけではほとんど問題なし
加工肉はすこし気をつけなければならないようですが
それほど高リスクではないのもうれしいです

しかし
江部先生の著書や本部ブログのおかげで
医療の世界で
何の根拠もない常識がまかり通っている
ことを勉強させていただき
多少疑いをもつコツを学ばせていただきました

全身合併症のリスクのある糖尿人にとって
先生のように科学的根拠に基づいて
きちんとご教示いただけるサイトは
本当に恩恵が大きいです
今後も
よろしくお願い申しあげます

栄養疫学の分野でも
先生のように真摯な研究をされている方が
おられるのも知って
世の中捨てたもんではないと思いました
坪野吉孝先生の著書も
拝読して勉強させていただきたいと思います

本当に
ありがとうございました。
2011/06/13(Mon) 12:51 | URL | 肥満人 | 【編集
Re: 逆流性食道炎
mmx さん。

脂肪やタンパク質の摂取で、逆流性食道炎になりやすいという従来の説はあると思います。
私は逆に炭水化物摂取で逆流性食道炎が生じると考えています。
糖質制限食で逆流性食道炎が良くなることがほとんどです。
糖質制限食実践中に逆流性食道炎の症状がでるというのは、はじめて聞きます。
参考になりましたが、何故かは私にはよくわかりません。すいません。
2011/06/13(Mon) 16:59 | URL | ドクター江部 | 【編集
減塩タラコについて
減塩タラコは糖尿病患者(母)に食べさせてもいいのでしょうか?老人ホームでは駄目って言われました
2011/07/04(Mon) 07:43 | URL | タラコ | 【編集
Re: 減塩タラコについて
タラコ さん。

減塩たらこ、大丈夫と思います。
2011/07/04(Mon) 15:56 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可