FC2ブログ
「糖質制限食を語る」DVD販売のお知らせ 2011年6月5日(日)
こんばんは。

「糖質制限食を語る」DVD販売のお知らせです。

こちらは、視聴用のYou Tube の映像です。




☆☆☆☆☆

京都高雄病院理事長、江部康二医師
画期的な糖尿病治療食
「糖質制限食を語る」

は、こちらのサイトで販売致します。

↓ ↓ ↓

http://www.yaserutabekata.com/shop/dvd.php


これまでに、講演会を映像化して欲しいとの声を多々頂いておりましたが、なかなか形になりませんでした。

今回、私のバンド仲間の吉田さんが、映像プロダクションをされていることもあり、DVD化の運びとなりました。

DVDなら、何度でもご自宅で見て頂けますし、メモを取るのに必死で話を聴き逃した!などといったこともないので、けっこうオススメです。

本を読むのが苦手とか面倒くさい方にもDVDならOKですね。

ご高齢の方、あるいは糖尿病のご両親へのプレゼントにもいいですよ。

糖尿病と糖質制限食について、講演会のスライドも適宜挿入しながら、江部康二がわかりやすく語っています。

本DVD、これまで遠方で来れなかった方はもちろん、一度講演聞いたけど家の玄関くぐったら9割忘れてしまった方(笑)も、是非ごらん頂ければうれしいです。


「糖質制限食をかたる」DVD

見ていただいた方々には『わかりやすい』と好評で、私としても嬉しく思っています。

しかしながら、ビデオ屋にもアマゾンにも販売ルートがありませんので、ほぼ本ブログでの広報だけが頼りです。

ブログ読者の皆さんとその口コミが「糖質制限食をかたる」DVD販売の生命線です。

何卒よろしくお願い申しあげます。



江部康二


【糖質制限食とは】

米国糖尿病協会(ADA)によれば、食べ物が消化・吸収されたあと、糖質は100%血糖に変わりますが、
タンパク質・脂質は血糖に変わりません。 

また糖質は、摂取直後から急峻に血糖値を高く速く上昇させ、2時間以内にほとんどすべてが吸収されます。

これらは含有エネルギーとは無関係な三大栄養素の生理学的特質です。 
 
1997年版のLife With Diabetes(ADA)では、

「タンパク質は約半分が血糖に変わり、脂質は10%未満が血糖に変わる」

という記載がありましたが、2004年版では変更されています。

このように糖質、脂質、タンパク質のうち糖質だけが血糖値を上昇させます。従って、糖質を摂取した時にはインスリンが大量に追加分泌されます。

脂質を摂取しても、インスリンの追加分泌はありません。タンパク質はごく少量のインスリンを追加分泌させます。

現在糖尿病において、食後の急激な高血糖(グルコーススパイク)が大きな問題として注目されています。

食後高血糖が、心筋梗塞や脳梗塞などの合併症を起こす危険因子として確立されたからです。

そして、食後高血糖を起こすのは、三大栄養素のなかで糖質だけなのです。

1gの糖質が、体重64kgの2型糖尿病の人の血糖値を約3mg上昇させます。

炊いた白ご飯茶碗1杯150g(252kcal)には、55.3gの糖質が含まれており、血糖値を166mg上昇させます。

一方、牛サーロインステーキを200g(約1000キロカロリー)食べても、糖質含有量は1gもないので、食後高血糖はほとんど生じないのです。 

なお、1gの糖質が体重64kgの1型糖尿病の人の血糖値を5mg上昇させます。

糖質制限食の基本的な考え方は、上述のような生理学的事実をベースに、できるだけ糖質の摂取を低く抑えて、
食後高血糖を防ぐというものです。

簡単に言えば、主食を抜いておかずばかり食べるというイメージになります。

抜く必要がある主食とは米飯・めん類・パンなどの米・麦製品や芋類など糖質が主成分のものです。
 
3食主食抜きのスーパー糖質制限食(糖質12%、タンパク質32%、脂質56%)なら、薬に頼ることなく速やかにリアルタイムで良好な血糖コントロールが可能です。

一方、上述の白ご飯とステーキの例でも明らかなように、カロリー計算に基づいて血糖値をコントロールすることは理論的に不可能です。

従って、現行の日本糖尿病学会推薦の糖尿病食(糖質60%、タンパク質20%、脂質20%)を実践する限りは、一日の摂取カロリーを1200キロカロリーと低く抑えたとしても、食後高血糖が必ず生じるのです。

糖尿病の改善には、カロリー制限より糖質制限ということがおわかりいただけたと思います。

なお糖質制限食は、カロリー無制限ということではありません。

一般的な標準摂取カロリーの範囲、すなわち男性なら1600~2000キロカロリー、女性なら1200~1600キロカロリーくらいが目安です。


【糖質制限食を実践される時のご注意】

本にも書いてありますが、 糖質制限食によりリアルタイムに血糖値が改善します。このため既に、経口血糖降下剤(オイグルコン、アマリールなど)の内服やインスリン注射をしておられる糖尿人は、低血糖の心配がありますので
必ず主治医と相談して頂きたいと思います。

一方、薬を使用してない糖尿人は、低血糖の心配はほとんどないので、

「主食を抜けば糖尿病は良くなる!」2005
「主食を抜けば糖尿病は良くなる!実践編」2008
「我ら糖尿人、元気なのには理由がある。」2009
「やせる食べ方」2010
「うちの母は糖尿人」2010
「糖尿病が良くなるごちそうレシピ」2006
「 糖質制限食 春のレシピ」2007
「 糖質制限食 夏のレシピ」2007
「糖質制限食 秋のレシピ」2008
「糖質制限食 冬のレシピ」2008
「血糖値を上げない!健康おつまみ109」 2010
「やせる食べ方」レシピ集 2010
(以上東洋経済新報社)

「糖尿病がどんどんよくなる糖質制限食」2010
(ナツメ社)

「糖質オフ」ごちそうごはん 2009
(アスペクト)

dancyu プレジデントムック 「満腹ダイエット 」2009 
dancyu プレジデントムック  「酒飲みダイエット 」 2010
(プレジデント社)

2011年「糖質制限ダイエット」(講談社)
2011年「糖質オフダイエット」(レタスクラブ)

DVD「糖質制限食を語る」http://www.yaserutabekata.com/shop/dvd.php

などを参考にされ、自力で 糖質制限食を実践して糖尿病改善を目指していただけば幸いです。

血液検査で血清クレアチニン値が高値で腎障害がある場合と、活動性の膵炎がある場合、肝硬変の場合は、糖質制限食は適応となりませんのでご注意ください。

糖質制限食は相対的に高タンパク・高脂肪食になるので、腎不全と活動性膵炎には適応とならないのです。

肝硬変では、糖新生能力が低下しているため適応となりません。

なお、機能性低血糖症の場合、炭水化物依存症レベルが重症のとき、糖新生能力が低下していることがあり、まれに低血糖症を生じますので注意が必要です。

また、どのような食事療法でも合う合わないがあります。

糖質制限食もその一つですので、合わないとご自分で判断されたら中止していただけば幸いです。



テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
早朝高血糖について
毎度お世話になってます
実は今までの経験外の高血糖が続き限界を感じています
スーパー糖質制限を初めて早2年。順調に平均血糖90、HbA1c5.0~5.4をキープ
しかし。以前も話しましたが3月から早朝4時起で6~10時の重労働な仕事を始めてから朝食抜きの状況が悪いのか?早朝血糖150前後と常に高く、仕事後は約90~120に下がりはするものの…ストレスのせいか昼に豚バラ肉や魚、チーズなど糖質が低い物を暴食してしまい夕方にはまた150となり。また朝高いという悪循環です。しかし…そんな状態なのに先日のHbA1c結果は5.2と前月より下がってました。主治医はランタスとノボラの単位が多すぎかもと言うので減らしましたが、みるみるうちに180超え。色々インスリンを増やしても全く早朝の血糖が下がりません。やはり糖質が低いとはいえ…食べ過ぎは良くないのでしょうか。豚バラは100g以内だとは思いますが、あと砂糖無しのマヨネーズ、チーズをつい食べ過ぎているような気がします。主治医は2型だといいますが…もしかして実は自分は1型でタンパク質や油でも上がるのではと考えています。2年間順調だっただけにここ3ヶ月の状況にすっかり落ち込んでしまって仕事を辞めようかと考えています。毎回長文すいません…時間がある時で結構です。
2011/06/06(Mon) 14:15 | URL | ゆみ | 【編集
Re: 早朝高血糖について
ゆみさん。

「スーパー糖質制限を初めて早2年。順調に平均血糖90、HbA1c5.0~5.4をキープ」

ですので、今回の変化は午前4時起床の仕事と関係しているのでしょう。
ともあれ、早朝空腹時血糖値をランタスの単位を調整して、126mg/dl未満を目指しましょう。

HbA1cが5.2%で、コントロール優なので、食後血糖値は大丈夫と思います。
そのうち体が新しい仕事に順応して、ランタスの単位をまた減らせるかもしれません。
2011/06/06(Mon) 18:07 | URL | ドクター江部 | 【編集
ご返答ありがとうございます
いつも迷惑ばかりかけてすみません。ありがとうございます。仕事始める前は朝昼夕と就寝前ランタスがオール2単位まで減らす事が出来たのが、今や…昼4夕3、ランタス4まで打っても全く下がらないので気持ちばかりが焦ってしまいました。主治医の注射を減らせという指示も全く逆効果になって…ランタスを調整してみます!ありがとうございました
2011/06/06(Mon) 19:00 | URL | ゆみ | 【編集
Re: ご返答ありがとうございます
ゆみ さん。

ランタス2、ヒューマログ2だったとは素晴らしいですね。

4単位とか6単位とか8単位とか、ひとけたならインスリンの量は問題ないと思います。

ランタスを増やして、早朝空腹時血糖をコントロールすれば、ヒューマログは2~4以内でいけそうですね。
2011/06/06(Mon) 20:40 | URL | ドクター江部 | 【編集
江部先生、本当に感謝です
糖質制限を始めてから本当に自分は糖尿?と思うほど改善されてきただけに、ここ数ヶ月の状況に辛くなり主治医も毎回様子を見ましょうしか言わないので尚更悩んで(笑)
わかりました!続けてのアドバイスコメントありがとうございました!前向きに頑張ります。ランタスを増やした結果報告をまたさせて頂きます。
2011/06/06(Mon) 20:51 | URL | ゆみ | 【編集
はじめまして
はじめまして半年ぶりに受けた5月の検査で、5%台6%台できたヘモグロビンA1cの値が初めて7%超え、7.3で、
びっくりして食品交換表片手に厳しい食事制限を始めましたが、あまりにお腹がすき目もまわるので、仕事が暇な時なら出来ても、忙しくなるとこの食事は守れず、続かないだろうな。。。と思い
何か空腹を満たせる食品は無いか・・とネット徘徊していてこちらのブログを見つけました。
こういう食事療法があるのを初めて知りました。
まだ糖質制限食を始めて1週間、先生の本2冊と、先生監修の通販サイトより冷凍の調理済み惣菜を購入して、勉強中です。
このDVDはきっととても助けになると思います。
今、こちらの記事をみつけてすぐに注文しましたので、届くのが楽しみです。
一生糖質制限を続けないといけないのかな・・・と思うと、不安もありますが・・・この食事で体は十分足りているんだと・・頭にいいきかせて^^がんばってみます。
ブログも勉強になることがいっぱいなので、少しづつ読ませていただきます。

2011/06/08(Wed) 13:15 | URL | 千鶴 | 【編集
Re: はじめまして
千鶴 さん。

本、DVDのご購入ありがとうございます。

カロリー制限食に比べると、かなり楽に実践可能です。

脂質・タンパク質はしっかり摂取して、
美味しく楽しく糖質制限食をお続け下さいね。
効果は速やかに現れますよ。
2011/06/08(Wed) 13:48 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可