FC2ブログ
糖質制限食と外食とグルコバイ
こんばんは。
今日は今から祇園で同級生諸君との会合・宴会です。
明日は高槻で糖質制限食の講演(第90回ホリスティックフォーラム大阪)です。
飲み過ぎないよう注意しなくては・・・

さてmokomokoさんから、コメント・質問を頂きました。
外食はやはり皆さん、苦労されているようですね。

「mokomoko 2007/08/24(金) 07:48
本文
件名 : めったに無いことですが・・・

この食事を始めてから はじめ困ったなって思ったことが 外食でした。
そこで グルコバイを先生に処方していただいて 席についてから 服用!
ところが 食事が始まっても 運ばれてくる料理は結構合格!なことがありますよね? フランス料理など。。パンさえ控えれば 和食よりは 低GI!この場合食事が ゆっくりすすんで最後のデザートのときが やっと赤信号!
その場合 薬の効果を 最大限に 狙うには そのデザート時に服用したらいいってことですか?
楽しい会話で ゆっくり食事をして最後の締めのデザートの時間は 服用時からかなり 時間経過があるって事がありますよね?
まあ~主婦なんで フランス料理外食なんて めったに無いことですが・・・参考までに お教えいただくとありがたいです。」

小腸粘膜に存在するα-グルコシダーゼ(マルターゼ、スクラーゼ、グルコアミラーゼなどの総称)という酵素は、ショ糖やデンプンなど多糖類をブドウ糖・果糖など単糖に分解する働きをしています。これらの多糖類は、単糖に分解されたあと体内に吸収されるわけです。

グルコバイは、そのαグルコシダーゼの働きを邪魔することで、多糖類のブドウ糖など単糖への分解を遅らせます。その結果として、ブドウ糖の体内への吸収がゆっくりになり、食後過血糖が抑えられます。

従いまして、mokomokoさんご指摘の如く、糖質制限食合格食品の時は、服用しても意味がほとんど無いですね。分解を邪魔すべき相手(ショ糖やデンプン)がいなかったら、グルコバイ君も手持ちぶたさでしょうから。

結論です。

mokomokoさんの仰る通りでございます。
ショ糖やデンプンなど多糖類(ケーキ、パン、パスタ、ご飯・・・)を摂取する直前にグルコバイを服用するのがリーズナブルですね。

mokomokoさん、フランス料理でもイタリアンでも日本料理でも中国料理でも、美味しく楽しく召し上がってください。私も今日は鍋を美味しく楽しく食べてきます。

江部康二
テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
こんばんは。ミントです。
今日はひとつ質問させていただきたいのですが、スーパー糖質制限食の場合、一日に摂取する糖質の量として一般的な値はあるのでしょうか?
江部先生の「糖質制限食夏のレシピ」に載っている食品糖質量の表を見ていて思ったんですが、OKとされている野菜の中にも意外と糖質が多いものがありませんか?
たとえば、なす、トマト、にんにくの芽などです。
こうした野菜を同時に使ってしまうと糖質も結構高くなってしまうので、一日の糖質摂取量の目安などあれば教えて頂けると幸いです。
2007/08/26(Sun) 01:07 | URL | ミント | 【編集
ありがとうございます
先生!明快な回答 ありがとうございます^^
こうなったら ゆっくりお食事いただいて 最後のデザートの前に グルコバイ飲んで それから 歩いてうちに帰ります!へへっ!完璧!

たまには 気晴らしに外食行きたいですもんね~
2007/08/26(Sun) 09:16 | URL | mokomoko | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック