FC2ブログ
人類の主食が穀物ではなかったことの証拠インクレチンとDPP-4阻害剤
こんばんは。

DPP-4阻害剤という糖尿病の薬が、日本でも健康保険に収載されて2009年12月から発売されました。

DPP-4阻害剤は、インクレチンというホルモンを、血中にとどめる作用があります。

インクレチンとは、小腸から分泌されるホルモンであり、GIPとGlp-1があります。

これらは、高血糖時には、SU剤とは異なる機序でインスリン分泌を促進させます。また、インスリン生合成を促進させます。

血糖値が正常のときにはインスリン分泌を促進させず、食後高血糖の時にだけインスリン分泌を促進させるので、低血糖も起こしにくいです。

まことに都合のいいホルモンなのですが、DPP-4という酵素によって速やかに分解され、血中の半減期は約2分と短いのです。

このDPP-4という酵素の働きを阻害してやれば、インクレチンは血中に当分(約24時間ちかく)存在して、血糖降下作用を発揮してくれることになります。

そこで登場したのが、ジャヌビア・グラクティブ・ネシーナ・エクアなどのDPP-4阻害剤です。

DPP-4阻害剤、まことに論理的に構築されたいい薬なのですが、少し根源的な疑問が湧いてきます。

何故このような都合のいいホルモンが、人体においてわずか2分で分解され効果を失ってしまうのでしょうか。

考えられる一番リーズナブルな説明は、人類の進化の過程で、インクレチンは食後約2分ていど働けばもう必要充分であり、あとは消え去るのみだったということでしょう。

すなわち、農耕前の狩猟・採集時代約400万年間は、日常的な血糖値の上昇は、ほとんど無かったのですから、インクレチンが24時間も活性化している必然性はかけらもありません。

復習ですが、血糖値を上げるのは糖質のみで、タンパク質・脂質はあげません。

農耕開始前の人類の食生活は、魚貝類・小動物・動物の肉・内臓・骨髄・野草・野菜・キノコ・海藻・昆虫などが日常的な食料です。時々食べることができたのは、木の実・ナッツ・果物・山芋などでしょう。

これらの中で日常的には野菜、たまにナッツや果物を摂取したときに摂取した糖質量に応じて、軽度血糖値が上昇しますので、インクレチンはそれに対応していたものと考えられます。そうであれば食後だけ約2分間働けば充分ですね。

農耕が始まり穀物を常食し、食後高血糖が日常的に生じるようになった後は、インクレチンにおおいに活躍して欲しいところですが、如何せん400万年間の進化の重みは大きくて、DPP-4が律儀にすぐ分解してしまう癖がついているのです。

10000~4000年くらいの穀物が主食の歴史ていどでは、新たな都合のいい突然変異は生じなかったのでしょう。

今この時代にDPP-4阻害剤の登場というのは、歴史の皮肉を感じます。

ともあれ、インクレチンが半減期約2分間で分解されるという生理学的事実は、人類は主食が穀物(糖質)ではない状況で、400万年進化してきたことの、証拠といえます。


江部康二

テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
No title
初めまして。ミクママと申します。いつも楽しく拝読しています。
ヒトの唾液中に澱粉を分解するアミラーゼがあるということは、ヒトの主食が穀類であるという証にはなりませんか。
つまり、確かに399万年に比べれば1万年は短いですが、絶対的にみて、1万年というのは、動物が変化(進化?)するに足る年月だ、という可能性はないでしょうか。確かに、血糖値上昇に対処する方法は未だにインシュリンのみでバックアップがありませんが、アミラーゼがあるということから、ある程度ヒトの体は穀物対応になってはいませんか。
お忙しいところ恐縮ですが、お時間ありましたら、お返事下さいませ。
2011/06/16(Thu) 04:23 | URL | ミクママ | 【編集
Re: No title
ミクママ さん。

野菜でもデンプンが含まれるものがありますので、農耕以前から人類はそれらを摂取しています。

ヒューマン・ニュートリションという英国の最も権威ある栄養学の本があります。920ぺージに及ぶ大著で、10版を重ねている名著です。この本の75ページに
『現代の食事では、・・・・・デンプンや遊離糖に由来する「利用されやすいブドウ糖」を大量に摂取するようになっている。このような食事内容は血糖およびインスリン値の定期的な上昇をもたらし、糖尿病、冠状動脈疾患、がん、老化等、多くの点で健康に有害であることが強く指摘されている。農業の発明以来、ヒトは穀物をベースとした食物を摂取するようになったが、進化に要する時間の尺度は長く、ヒトの消化管はまだ穀物ベースの食物に適応していない。ましてや高度に加工された現代の食物に対して、到底適応しきれてないのである。』という記述があります。
2011/06/16(Thu) 23:00 | URL | ドクター江部 | 【編集
No title
江部先生

早速のお返事ありがとうございます。
でんぷん=穀物とばかり思っていましたが、おっしゃるとおりですね。
やはり、1万年というのは、399万年と比べれば短い、と考えるべきなのでしょうね。

私はマクロビ的生活を始めて5年になります。”昔ながらの和食が日本人には一番よい”という考えには、それなりに説得力を感じるものの、よくよく考えると腑に落ちない部分もあるし、鬱やアトピーも思ったほどよくならないしで、もやもやしていたのですが、最近江部先生を知り、ブログを読み、ご著書を読み、さらに島先生やタッジ氏等の本を読み、目から鱗が落ちました。

もっとも、先日いきなりご飯抜きをしたら、イライラ&ふらふらが激しく、ダメでした。
肉体的にも精神的にも、炭水化物依存症かもしれません。

私は糖尿ではないし(年は32才・男です)、漢方では”何事もほどほどがよろし”とのことですし、デカルトも同じようなことを言っているし、ということで、「玄米を少量」あたりが落とし所かな、と思っています。

ただ、”玄米のフィチン酸には金属と結び付きやすい性質があり、水銀やカドミウムなどの有害金属だけでなく、カルシウムや鉄や亜鉛など有用なミネラルまで奪い去ってしまうので、玄米を食べ続けるのは良くない、分づき米程度にすべし”という情報をちらほら目にします。
実際私も、初め3年間、厳格に玄米菜食をやっていたら骨密度が異常に低下してしまいました。
ただそのときは、宮沢賢治並みに玄米を1日3合食べていたので、量の問題だったのかな、という気がしますし、或いは動物性ゼロがまずかったのかな、という気もします。さらには、運動や日光浴も不足気味だったかも、などなど、はっきりしないのですが、フィチン酸について先生はいかがお考えでしょうか。

ちなみに、ここ2年は、フィチン酸や消化のことを考えて3分づき米にし、魚を頻繁に、肉はときどき、といったかんじです。

ではでは、お忙しいところ、失礼しました。
2011/06/17(Fri) 11:59 | URL | ミクママ | 【編集
Re: No title
ミクママ さん。

「3分づき米にし、魚を頻繁に、肉はときどき」
糖尿病ではないので、これでよいと思います。

高雄病院食生活十箇条などベースでテーラーメードダイエットを目指していただけばいいですね。

2009-04-03のブログ「玄米とフィチン酸について」もご参照下さい。
2011/06/17(Fri) 17:10 | URL | ドクター江部 | 【編集
No title
江部先生

糖尿病とは関係ない話でしたが、お返事下さってありがとうございます。

これからも先生のブログ楽しみにしています。

では。
おからだお大事にして下さい。
2011/06/18(Sat) 12:41 | URL | ミクママ | 【編集
一万年前に自然選択があった
(さきほどコメントしましたが、反映されないようです。もし重複しておりましたらご容赦ください)

いつもお世話になっております。
下記のような本が出版されたそうです。
すでにご承知かもしれませんが、お伝えします。

「パンドラの種 農耕文明が開け放った災いの箱」

作者: スペンサー・ウェルズ、斉藤 隆央
出版社: 化学同人
発売日: 2012/1/26

==(以下書評です)

「シカゴ大学のプリチャード教授らの分析によって、ゲノムのなかに強い自然選択が起きた領域が数百個見つかり、それらは我々の染色体全体に散らばっていることが明らかになったのは2006年のことだ。

驚くのは、その選択が人類6万年の歴史の中においては、かなり最近に起きていたということ。どれも、過去1万年以内の出来事であったのだ。過去1万年、人類にしてたった350世代ほどの間に何百も自然選択が起きた形跡が発見されたことは、われわれの種がその期間に非常に強い選択圧を受けた事実を示唆してくれている。

この1万年前という時期が重要なのは、人類が農耕を始めた時期と合致しているからである。われわれは動植物に手を加え、農耕社会を発展させたが、遺伝情報から判断するに、農耕社会がわれわれに手を加えもした可能性があるのだ。

さらに驚くのは、自然選択の証拠を示している遺伝子の多くと、高血圧や糖尿病といったヒトの複合的な病気にかかわる遺伝子とのあいだに、重なりが見られるということである。

今、現代人の大きな脅威となっている慢性病の一つである糖尿病には、倹約遺伝子型というものが大きく関与しているという説がある。この摂取カロリーの少ない条件でも生理機能を維持するための能力は、狩猟採集民には高い適応性を与えたと思われるのだが、現代の高カロリーの食生活には不適応となりえたのだ。」
2012/02/01(Wed) 12:26 | URL | よん | 【編集
Re: 一万年前に自然選択があった
よん さん。

大変興味深い内容の本ですね。
情報をありがとうございます。
早速、アマゾンで購入します。
2012/02/01(Wed) 14:25 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可