FC2ブログ
糖質制限食に関するお知らせ・お願いなど
【糖質制限食 質問、記事、本に関するお知らせ・お願い】

ブログ読者の皆さんには、いつもコメントいただき、ありがとうございます。

糖質制限食に関する質問についてですが、実際に高雄病院や江部診療所に来院されて診察した患者さんに対しては、医師としての責任・債務がありますので、個別に説明もしっかりさせて頂いていますし、フォローもしております。

一方、ブログ読者の皆さんの質問に関しては、糖質制限食に詳しい医師として、ボランティアで回答させていただいています。

診察もしておりませんしフォローもできませんので、責任もとれません。

私の回答は、あくまでも一般論としての参考意見とお考え頂けば幸いです。

また、ブログ記事や本に関しても同様に、糖質制限食に関する一般論としての参考意見とお考え下さい。

従いまして、読者の皆さんが私の参考意見を読まれて、どのように利用されるかは、自己責任でよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

そして読者の皆さんからもご意見いただきましたが、普通のお医者さんに相談可能な個人的な内容の質問は、ご自分の主治医にご相談頂けば助かります。

質問が増えてきましたので、糖質制限食と関わりがないと判断した質問にはお答えできない場合もありますので、ご了承ください。m(_ _)m

普通のお医者さんでは解答不能の、糖質制限食に関わる質問は、何でもどんどんしていただけば嬉しいです。 (^_^)

掲載OKの質問に関して、読者の皆さんに共有していただきたい情報の場合は、ブログ本文にて、できるだけ順番にお答えしたいと思います。

質問によっては、コメント欄でお早めにお答えする場合もありますのでご了承ください。

一方、質問がかなり増えてきていますので、なかなか即、お答えすることが困難となってきています。

糖質制限食に関わりのある全ての質問に、本文かコメントでお答えするようできるだけ努力はしていますが、できないときはご容赦願います。m(_ _)m

それから、「管理人のみ閲覧できる」「匿名希望」などの質問に関しては、コメント欄にお答えするか、一般的な話題に置き換えてブログに記載するようにしていますので、よろしくお願い申し上げます。


【糖質制限食とは】

米国糖尿病協会(ADA)によれば、食べ物が消化・吸収されたあと、糖質は100%血糖に変わりますが、タンパク質・脂質は血糖に変わりません。
 
また糖質は、摂取直後から急峻に血糖値を高く速く上昇させ2時間以内にほとんどすべてが吸収されます。

これらは含有エネルギーとは無関係な三大栄養素の生理学的特質です。 
 
1997年版のLife With Diabetes(ADA)では、「タンパク質は約半分が血糖に変わり、脂質は10%未満が血糖に変わる」という記載がありましたが、2004年版では変更されています。

このように糖質、脂質、タンパク質のうち糖質だけが血糖値を上昇させます。従って、糖質を摂取した時には、インスリンが大量に追加分泌されます。脂質を摂取しても、インスリンの追加分泌はありません。タンパク質はごく少量のインスリンを追加分泌させます。

現在糖尿病において、食後の急激な高血糖(グルコーススパイク)が、大きな問題として注目されています。

食後高血糖が、心筋梗塞や脳梗塞などの合併症を起こす危険因子として確立されたからです。

そして、食後高血糖を起こすのは、三大栄養素のなかで糖質だけなのです。

1gの糖質が、体重64kgの2型糖尿病の人の血糖値を約3mg上昇させます。

炊いた白ご飯茶碗1杯150g(252kcal)には、55.3gの糖質が含まれており、血糖値を166mg上昇させます。

一方、牛サーロインステーキを200g(約1000キロカロリー)食べても糖質含有量は1gもないので、食後高血糖はほとんど生じないのです。
 
なお、1gの糖質が体重64kgの1型糖尿病の人の血糖値を5mg上昇させます。

糖質制限食の基本的な考え方は、上述のような生理学的事実をベースにできるだけ糖質の摂取を低く抑えて、食後高血糖を防ぐというものです。

簡単に言えば主食を抜いておかずばかり食べるというイメージになります。抜く必要がある主食とは米飯・めん類・パンなどの米・麦製品や芋類など、糖質が主成分のものです。
 
3食主食抜きのスーパー糖質制限食(糖質12%、タンパク質32%、脂質56%)なら薬に頼ることなく速やかにリアルタイムで良好な血糖コントロールが可能です。

一方、上述の白ご飯とステーキの例でも明らかなように、カロリー計算に基づいて血糖値をコントロールすることは理論的に不可能です。

従って、現行の日本糖尿病学会推薦の糖尿病食(糖質60%、タンパク質20%、脂質20%)を実践する限りは、一日の摂取カロリーを1200キロカロリーと低く抑えたとしても、食後高血糖が必ず生じるのです。

糖尿病の改善には、カロリー制限より糖質制限ということが、おわかりいただけたと思います。

なお、糖質制限食は、カロリー無制限ということではありません。

一般的な標準摂取カロリーの範囲、すなわち男性なら1600~2000キロカロリー、女性なら1200~1600キロカロリーくらいが目安です。


【糖質制限食を実践される時のご注意】

本にも書いてありますが、 糖質制限食により、リアルタイムに血糖値が改善します。

このため既に、経口血糖降下剤(オイグルコン、アマリールなど)の内服やインスリン注射をしておられる糖尿人は、低血糖の心配がありますので必ず主治医と相談して頂きたいと思います。
 
一方、薬を使用してない糖尿人は、低血糖の心配はほとんどないので、

「主食を抜けば糖尿病は良くなる!」2005
「主食を抜けば糖尿病は良くなる!実践編」2008
「我ら糖尿人、元気なのには理由がある。」2009
「やせる食べ方」2010
「うちの母は糖尿人」2010
「糖尿病が良くなるごちそうレシピ」2006
「 糖質制限食 春のレシピ」2007
「 糖質制限食 夏のレシピ」2007
「糖質制限食 秋のレシピ」2008
「糖質制限食 冬のレシピ」2008
「血糖値を上げない!健康おつまみ109」 2010
「やせる食べ方」レシピ集 2010
(以上東洋経済新報社)

「糖尿病がどんどんよくなる糖質制限食」2010
(ナツメ社)

「糖質オフ」ごちそうごはん 2009
(アスペクト)

dancyu プレジデントムック 「満腹ダイエット 」2009 
dancyu プレジデントムック  「酒飲みダイエット 」 2010
(プレジデント社)

2011年「糖質制限ダイエット」(講談社)
2011年「糖質オフダイエット」(レタスクラブ)

などを参考にされ、自力で糖質制限食を実践して、糖尿病改善を目指していただけば幸いです。

血液検査で血清クレアチニン値が高値で腎障害がある場合と、活動性の膵炎がある場合、肝硬変の場合は、糖質制限食は適応となりませんのでご注意ください。

糖質制限食は、相対的に高タンパク・高脂肪食になるので、腎不全と活動性膵炎には適応とならないのです。
肝硬変では、糖新生能力が低下しているため適応となりません。

なお、機能性低血糖症の場合、炭水化物依存症レベルが重症のとき、糖新生能力が低下していることがあり、まれに低血糖症を生じますので注意が必要です。

また、どのような食事療法でも合う合わないがあります。

糖質制限食もその一つですので、合わないとご自分で判断されたら中止していただけば幸いです。

テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
低血糖症について
いつもブログ拝見して、勉強させていただいております。
私の友人について質問させていただきます。

身長158cm 体重は50kg位だと思います 45才の女性なのですが、空腹を感じてから、しばらく食事をとれないでいると 震えが来るほど血糖値が下がってしまうとの事です。
何回か検査を受けたそうですがいつも結果は異常無しだそうです。

出かける時などは常に雨やチョコなどを持参して、
震えがきたらすぐ食べるようにしているとの事で
本人は絶対どこかが悪いはずだと言ってます。

考えられる病気、
発見のための検査方法などご存知でしたらアドバイスいただければ幸いです
2011/02/28(Mon) 12:03 | URL | みいこ | 【編集
No title
昨日は中野サンプラザでのお話しありがとうございました。
鍼灸師のはつきです。

いままで、漠然と、この食事療法はよいと思っていたのですが、江部先生のお話を直接伺って、納得を感じました。
とくに、甲田療法、ゲルソン療法との共通点のお話しが興味深かったです。

私は鍼灸師で、不妊治療を中心に治療をしています。食事の問題は自然と課題になってきました、勉強しなくては!と思っています。
2011/02/28(Mon) 12:08 | URL | はつき | 【編集
Re: 低血糖症について
みいこさん。

機能性低血糖の可能性が高いです。
糖質制限食で改善が期待できます。
下記の医師とご相談下さい。

小松川クリニック 櫻本薫・美輪子先生
東京都江戸川区東小松川1-12-11
03-5607-7051

ひめのともみクリニック 西澤真生(まなみ)先生
東京都品川区東五反田1-17-1昭和第二ビル3階
03-3445-0766
2011/02/28(Mon) 17:47 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: No title
はつき さん。

セミナーご出席ありがとうございました。
参加しておられた婦人科の先生にもお伺いしたのですが、
不妊症(例えば多のう胞性卵巣症候群)にも糖質制限食は効果があると思います。
2011/02/28(Mon) 17:50 | URL | ドクター江部 | 【編集
No title
江部先生、お返事ありがとうございます。

多膿疱性卵巣症候群などの排卵障害によいということですね。ありがとうございます。

私は、じっくりと体表観察していく鍼灸師なのですが、
皮膚が薄っぺらい方に、体外受精をしても良質な卵が採卵できないというあたりから、タンパク質不足と炭水化物の取りすぎを感じています。

糖質制限食でしっかりと脂質、タンパク質をとって、
しっかりとした排卵、そして良質な卵につながるといいなと思っています。

また、実はアトピーの患者さんにもよいのは実感しています。皮膚が厚みをまし、かゆみが減少されています。このときに、皮膚が良くなる順番があるようです。体幹部、手の順番です。まだ膝下の皮膚は厚みが足りない感じです。ゆっくりと楽しみながら体表観察しています。
2011/02/28(Mon) 19:01 | URL | はつき | 【編集
自己責任
江部先生、こんばんわ。

先生のご意見には、まったくの同感です。
先日、そのことについて、ちょうど感じていたところです。

先生の病院で受診されている方々であれば別ですが、私のように単にブログ上でやり取りしている者にとっては、先生方の病院での正式な検査データがベースにあるわけではありませんので、、先生方の意見・コメントについては、処方や指導ではなく、あくまでアドバイスとして捉えるべきと思います。

ましてや、個々人の体質や症状は一人ひとり違うはずで、同じ病名でも十人十様の処方があるかと思いますので、先生方の一般論意見・コメントをもとに、自分自身の体質・症状を考慮して、個々人が自己責任で対処すべきと思います。

したがって、その結果について、先生方には何の責任もありません。良い結果が出なかったり、改善されなかった場合に、苦言を呈することなどは愚の骨頂です。

質問やコメントを記入する方々には、最初にこのことについて理解して頂くことは非常に大切なことと思います。
2011/02/28(Mon) 21:15 | URL | ジュン | 【編集
低血糖値症
江部先生、こんにちは。

「我ら糖尿人、元気なのには理由がある」をやっと購入して拝読いたしました。

私は低血糖値症の症状に悩んで、色々と調べる内に、このブログに辿り着きましたが今まで読んだどの説明より、理路整然としていて納得できました。


ブログを毎日読むことで、糖質制限に取り組むモチベーションが上がり(といっても経済事情と環境でスタンダードとプチの間ですが)随分楽になりました。

江部先生には、感謝、感謝です。

私の職場の上司は兼業農家が多く、お米を食べない事をおおっぴらには言えないし、よかれとの思いではあるのですが、毎日のように餅やお饅頭等を勧められるので、対人関係をこわさないようにお誘いを回避するのに四苦八苦しています(T_T)。

上司も糖尿人で薬による低血糖値は経験されているのですが、「甘いものを食べると状態が悪くなる」というのはピンとこないようです。


糖質制限食の素晴らしさも、機能性低血糖値症も、もっと一般的に知名度が上がり、それが常識になればいいなあ~心より願うばかりです。
2011/03/01(Tue) 17:31 | URL | とし | 【編集
Re: 低血糖値症
とし さん。

「我ら糖尿人、元気なのには理由がある」のご購入、ありがとうございます。

機能性低血糖症も糖質制限食でよくなる病気の一つです。
症状改善して良かったです。

症状の出方には個人差がありますので、ゆるい糖質制限食でコントロール良好なら
それでいいですよ。
2011/03/01(Tue) 18:13 | URL | ドクター江部 | 【編集
こちらの記事をしばらくトップに置かれてはいかがでしょう
江部先生

いつもわかりやすく丁寧な御本、ブログ解説、どうもありがとうございます。

私は、自分で手に負えなくなってしまった肥満をなんとかできないかと悩む中、
先生の御著書にたどり着きました。
当時は、食欲を抑えられない情けなさ、どんどん太って醜くなる自分に、
大げさに言えば絶望的になっていました。

大の炭水化物好き、甘い物好きですが、1か月我慢するだけでいい
(=その後は、炭水化物を食べたい欲が自然と減るから)、との先達の言葉にすがるように糖質制限を始めました。

今思えば、炭水化物中毒状態でしたが、意外に炭水化物は早くに諦めがつき、
甘い物は糖質オフ系でしのぎ、
肉や魚や揚げ物は無制限に食べ、
それでも二の腕や背中の肉までするすると落ちていったので、本当に仰天してしまいました。

こちらのブログやコメントを少しずつ拝見していくうち、
自分の体調は血糖、インスリンにものすごく影響されていたのだとわかってきました。

婦人科で、多のう胞性卵巣症候群かもしれないといわれ、
これによるインスリン過剰も肥満に関係していたのかと、
芋づる式にいろいろなことが自分の中でつながってきています。
病院で検査を受けたことはありませんが、母方の親戚は糖尿人が多く、
私もその気があるのだと思います。

食後の異常な眠気や、息苦しいほど暑くなり仕事がしづらかったこと
(カフェインの錠剤を常用)、など
糖質制限したことでかなり楽になりました。

インスリンという言葉は、糖尿のかたにしか関係ないと自分も思っていました。
が、こんなにもダイレクトに肥満や体調と関係していること、
もっともっと広まってほしいです。楽になれる人がもっと増えると思います。
江部先生には本当に感謝しております。
ありがとうございます!


長くなってしまい、申し訳ありません!

先生のお書きになったこちらの「注意書」的な項、
日付を、2100年くらい先になさって、しばらく冒頭に置かれてはいかがでしょうか?
初めてこちらを見に来られたかたにも、わかりやすいかなと思いました。
2011/03/01(Tue) 18:20 | URL | akctm | 【編集
Re: こちらの記事をしばらくトップに置かれてはいかがでしょう
akctm さん。

炭水化物依存症や機能性低血糖からの脱却、良かったです。

多のう胞性卵巣症候群も糖質制限食で改善が期待できると思います。

注意書きは、毎回はちょっとしつこいので、時々定期的に記事にするようにしていますので・・・。
2011/03/01(Tue) 20:37 | URL | ドクター江部 | 【編集
回答の強要や記事への要望も先生のご負担になりますね。
掲示板ではなくても、回答をお願いするのは問題ないとおもいますが、
あくまで「ドクター江部の糖尿病徒然日記」なので、本来質問に答える
義務なんて無いんですよね。ブログですから。ここは先生の日記で、
ボランティアでアドバイスをしていただけている訳ですから。

>プロモーションに関する江部先生からの回答が
>見つかりません。何かちぐはぐですね。

このような回答の強要が江部先生のご負担になるんですよね。
よくわかります!

また、
>講演会収録DVD「糖質制限食を語る」が抜け落ちています。
>ぜひ、加えてください。
このような要求も「先生のご負担が増えます。」よね。
2011/03/02(Wed) 11:29 | URL | 糖質制限一年生 | 【編集
タンパク質のとり過ぎは問題になるでしょうか
いつも、興味深く読んでいます。アメリカでは、パレオとか、同様の趣旨の糖質制限食がはやっていて、日本語での説明が、とても参考になります。
質問は、基本的に健康な人の場合、タンパク質は大量にとっていいのでしょうか。タンパク質の分解と、尿素の処理のために、からだ、特に腎臓に負担がくることはないのでしょうか。
2011/03/02(Wed) 11:51 | URL | アケミ | 【編集
Kenmさんへ
ここは江部先生のblogなんです。江部先生のルールでやっていると思います掲載返信等を頼むのを止めましょうそれだけで負担が減るはずです先生の負担を気にするならまずはあなたからそれが浸透したら皆暗黙のルールで絶対返信は求めないはず先生が必要と感じたコメントには返信がなされるのです。それとまずはKenmさん自らが他所でいろいろやって見せて下さい認められれば人もついてくるでしょうから。
2011/03/02(Wed) 17:26 | URL | 通りすがり | 【編集
kenmさんへ
.>掲示板ではないので人のコメントに対しての個人的な意見や感想を述べる場ではないと、先生からお断りになればと思います。書き込みに目を通すだけで先生のご負担が増えます。

いやいや、江部先生に負担を掛けているのはあなたでしょう。
ご自分が先生から信頼されていると勘違いされてるようですね。
あなたもFc2ブログを使っておられたから、コメントがどうやってアップされるかお分かりでしょう。
あなたに対するコメントを、先生が削除されずに承認されてるということは、あなたに対する先生の無言のメッセージですよ。いい加減に気付かれたらどうです。
先生にとって迷惑なのは、あなたですよkenmさん。 
2011/03/02(Wed) 19:06 | URL | AOI | 【編集
Re: タンパク質のとり過ぎは問題になるでしょうか
アケミ さん。

基本的に健康な人の場合、タンパク質は大量にとっていいのでしょうか?→大丈夫です。

例えばイヌイットは、高タンパク・高脂質食を4000年間続けましたが、
腎臓は大丈夫ですし、心筋梗塞・糖尿病もまれでした。
小麦を食べ始めて30年で、心筋梗塞・糖尿病は米国・カナダと同様となりました。
2011/03/02(Wed) 22:39 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可