FC2ブログ
糖質制限食に関するお知らせ・お願いなど
糖質制限食 質問、記事、本に関するお知らせ・お願い】

ブログ読者の皆さんには、いつもコメントいただき、ありがとうございます。

糖質制限食に関する質問についてですが、実際に高雄病院や江部診療所に来院されて診察した患者さんに対しては、医師としての責任・債務がありますので、個別に説明もしっかりさせて頂いていますし、フォローもしております。

一方、ブログ読者の皆さんの質問に関しては、糖質制限食に詳しい医師として、ボランティアで回答させていただいています。

診察もしておりませんしフォローもできませんので、責任もとれません。

私の回答は、あくまでも一般論としての参考意見とお考え頂けば幸いです。

また、ブログ記事や本に関しても同様に、糖質制限食に関する一般論としての参考意見とお考え下さい。

従いまして、読者の皆さんが私の参考意見を読まれて、どのように利用されるかは、 自己責任でよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

そして読者の皆さんからもご意見いただきましたが、普通のお医者さんに相談可能な個人的な内容の質問は、ご自分の主治医にご相談頂けば助かります。

質問が増えてきましたので、糖質制限食と関わりがないと判断した質問にはお答えできない場合もありますので、ご了承ください。m(_ _)m

普通のお医者さんでは解答不能の、糖質制限食に関わる質問は、 何でもどんどんしていただけば嬉しいです。 (^_^)

掲載OKの質問に関して、読者の皆さんに共有していただきたい情報の場合は、 ブログ本文にて、できるだけ順番にお答えしたいと思います。 質問によってはコメント欄でお早めにお答えする場合もありますのでご了承ください。

一方、質問がかなり増えてきていますので、 なかなか即、お答えすることが困難となってきています。 糖質制限食に関わりのある全ての質問に、 本文かコメントでお答えするようできるだけ努力はしていますが、 できないときはご容赦願います。m(_ _)m

それから、「管理人のみ閲覧できる」「匿名希望」などの質問に関しては、 コメント欄にお答えするか、 一般的な話題に置き換えてブログに記載するようにしていますので、 よろしくお願い申し上げます。


【糖質制限食とは】

米国糖尿病協会(ADA)によれば、食べ物が消化・吸収されたあと、糖質は100%血糖に変わりますが、タンパク質・脂質は血糖に変わりません。 

また糖質は、摂取直後から急峻に血糖値を高く速く上昇させ2時間以内にほとんどすべてが吸収されます。

これらは、含有エネルギーとは無関係な三大栄養素の生理学的特質です。
  
1997年版のLife With Diabetes(ADA)では、「タンパク質は約半分が血糖に変わり、脂質は10%未満が血糖に変わる」という記載がありましたが、2004年版では変更されています。

このように糖質、脂質、タンパク質のうち、糖質だけが血糖値を上昇させます。従って、糖質を摂取した時にはインスリンが大量に追加分泌されます。 脂質を摂取しても、インスリンの追加分泌はありません。 タンパク質はごく少量のインスリンを追加分泌させます。

現在糖尿病において、食後の急激な高血糖(グルコーススパイク)が 大きな問題として注目されています。

食後高血糖が、心筋梗塞や脳梗塞などの合併症を起こす危険因子として確立されたからです。

そして食後高血糖を起こすのは、三大栄養素のなかで糖質だけなのです。

1gの糖質が体重64kgの2型糖尿病の人の血糖値を約3mg上昇させます。

炊いた白ご飯茶碗1杯150g(252kcal)には、55.3gの糖質が含まれており、血糖値を166mg上昇させます。

一方、牛サーロインステーキを200g(約1000キロカロリー)食べても 糖質含有量は1gもないので、食後高血糖はほとんど生じないのです。 

なお、1gの糖質が体重64kgの1型糖尿病の人の血糖値を5mg上昇させます。

糖質制限食の基本的な考え方は、上述のような生理学的事実をベースにできるだけ糖質の摂取を低く抑えて、食後高血糖を防ぐというものです。 簡単に言えば主食を抜いておかずばかり食べるというイメージになります。抜く必要がある主食とは米飯・めん類・パンなどの米・麦製品や芋類など 糖質が主成分のものです。
 
3食主食抜きのスーパー糖質制限食(糖質12%、タンパク質32%、脂質56%)なら薬に頼ることなく速やかにリアルタイムで良好な血糖コントロールが可能です。

一方、上述の白ご飯とステーキの例でも明らかなように、 カロリー計算に基づいて血糖値をコントロールすることは理論的に不可能です。

従って、現行の日本糖尿病学会推薦の糖尿病食(糖質60%、タンパク質20%、脂質20%)を実践する限りは、 一日の摂取カロリーを1200キロカロリーと低く抑えたとしても、食後高血糖が必ず生じるのです。

糖尿病の改善には、カロリー制限より糖質制限ということが、おわかりいただけたと思います。

なお、糖質制限食は、カロリー無制限ということではありません。

一般的な標準摂取カロリーの範囲、すなわち男性なら1600~2000キロカロリー、女性なら1200~1600キロカロリーくらいが目安です。

【糖質制限食を実践される時のご注意】

本にも書いてありますが、 糖質制限食によりリアルタイムに血糖値が改善します。

このため既に、経口血糖降下剤(オイグルコン、アマリールなど)の内服や インスリン注射をしておられる糖尿人は低血糖の心配がありますので、必ず主治医と相談して頂きたいと思います。

一方、薬を使用してない糖尿人は、低血糖の心配はほとんどないので、

「主食を抜けば糖尿病は良くなる!」2005
「主食を抜けば糖尿病は良くなる!実践編」2008
「我ら糖尿人、元気なのには理由がある。」2009
「やせる食べ方」2010
「うちの母は糖尿人」2010
「糖尿病が良くなるごちそうレシピ」2006
「 糖質制限食 春のレシピ」2007
「 糖質制限食 夏のレシピ」2007
「糖質制限食 秋のレシピ」2008
「糖質制限食 冬のレシピ」2008
「血糖値を上げない!健康おつまみ109」 2010
「やせる食べ方」レシピ集 2010
(以上東洋経済新報社)

「糖尿病がどんどんよくなる糖質制限食」2010
(ナツメ社)

「糖質オフ」ごちそうごはん 2009
(アスペクト)

dancyu プレジデントムック 「満腹ダイエット 」2009 
dancyu プレジデントムック  「酒飲みダイエット 」 2010
(プレジデント社)

などを参考にされ、 自力で 糖質制限食を実践して糖尿病改善を目指していただけば幸いです。

血液検査で血清クレアチニン値が高値で腎障害がある場合と、活動性の膵炎がある場合、肝硬変の場合は、糖質制限食は適応となりませんのでご注意ください。

糖質制限食は相対的に高タンパク・高脂肪食になるので、腎不全と活動性膵炎には適応とならないのです。

肝硬変では糖新生能力が低下しているため適応となりません。

なお、機能性低血糖症の場合、炭水化物依存症レベルが重症のとき、 糖新生能力が低下していることがあり、まれに低血糖症を生じますので注意が必要です。

また、どのような食事療法でも合う合わないがあります。

糖質制限食もその一つですので、合わないとご自分で判断されたら中止していただけば幸いです。


【糖質制限食コントロール・教育入院のご案内・保険適応】
お問い合わせは高雄病院
http://www.takao-hospital.jp/

住所:京都市右京区梅ヶ畑畑町3 
電話:075-871-0245
ベットが空くまでお待ち頂くこともありますがご了承下さい。

【糖質制限食外来治療のご案内・予約制・保険適応】
高雄病院  電話:075-871-0245
京都市右京区梅ヶ畑畑町3

高雄病院京都駅前診療所  電話:075-352-5050
京都市下京区七条通り烏丸東入ル(50M)北側 ネオフィス 七条烏丸4F
http://www.takao-hospital.net/

江部診療所 電話:075-712-8133
京都市左京区下鴨高木町6 アトリエ・フォー 2F


テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
新陳代謝について
はじめて投稿した63才の主婦です。先生の本はほとんど購読し、一人孤独にスーパー制限食を実施して4か月近くなります。この方法をはじめて3週間も経たないうちに中性脂肪とHDLが劇的に改善し、本当に感激しました。ブログの中の皆さんと同じような症状の改善を私も体験しました。髪の毛が太くなる、余分なところの脂肪がとれる、嗅覚が敏感になり、味覚がするどくなる、皮膚がしっとりして透明感が出てくる等々。そんな中、風呂にもよく入っているのに垢がすごいのです。消しゴムのカスのようにいっぱい出るのです。垢擦りですっかり落とすのですが、3週間くらいすると、また皮膚が粉をふいたようになり、垢がいっぱい出るのです。これは新陳代謝がさかんになったためではないかと勝手に思っているのでがそうなのでしょうか。長くなってごめんさない。
2011/01/29(Sat) 14:15 | URL | 北国の空 | 【編集
Re: 新陳代謝について
北国の空さん。

糖質制限食で全身の血流・代謝がよくなります。
その一環かもしれません。
そのうち落ち着くと思います。
また、石けんはあまり使用せず、垢すりもしないほうがいいと思います。
お湯洗いでほとんどの汚れはおちますので・・・
<界面活性剤(石けん)+垢すり>では、皮脂膜が奪い取られ皮膚の細胞にはつらい状況です。
2011/01/29(Sat) 16:10 | URL | ドクター江部 | 【編集
半月経ちました
こんにちは
今月より糖質制限食を行って、半月経ちました。
今までの私の食事は全部が「要注意食品」ばかり・・・。
ただ、油ものは食べてなかったので当初は消化不良と胃痛、深夜の吐き気に襲われたりしました(笑)
 スーパー糖質制限食をしていたのですが、ストレスが溜まり、最近は週末だけはご飯、パン、果物などを摂取しています。

 カロリーオーバーなはずなのですが、なんだか痩せたような気がします。
また副鼻腔炎を繰り返したりしていたのですが、最近は症状が軽くなりました。
後は皮膚の痒みも少なくなりました。
このまま続けて行くつもりなのですが、週末だけ糖質(お菓子、アイスなども)を摂取してもよろしいのでしょうか?
2011/01/29(Sat) 17:16 | URL | ロシアン | 【編集
Re: 半月経ちました
ロシアンさん。

「このまま続けて行くつもりなのですが、週末だけ糖質(お菓子、アイスなども)を摂取してもよろしいのでしょうか?」

続けるための方便として、まあ仕方ないでしょうか。
2011/01/29(Sat) 17:41 | URL | ドクター江部 | 【編集
一型糖尿病妊婦と入院
いつもブログ拝見してます!一型糖尿病で、現在妊娠8ヶ月のゆかです。
水曜日から、切迫早産のため入院してますが、血糖コントロールがうまくいきません。

24時間の点滴をしてるのですが(ウテロン!?)生理食塩水が使えないみたいで、ブドウ糖が入ってます…
その為か、ごはんなどの炭水化物を食べなくても(おかずには普通の砂糖や糖質は含まれてますが)食後の血糖値が300になることもありました。

現在は点滴にノボリンRというインスリン!?を4単位入れて様子をみているのですが、昨晩から低血糖症状がでてしまい、結局ブドウ糖の錠剤を飲んで対応しています!

担当医には、普段は等質制限をしていることは伝えてあります。

ちなみに、現在毎食前にヒューマログ、朝食後と睡眠前にヒューマリンNを打っています。

臨月に入るまでは入院となりそうなので、あと約2ヶ月は入院しなければいけません…
何かアドバイスがありましたら教えてください。
2011/01/30(Sun) 05:03 | URL | ゆか | 【編集
Re: 一型糖尿病妊婦と入院
ゆか さん。

1型なら、体重64kgとして、1gの糖質がピーク5mg血糖値をあげます。
例えばもとの体重が、50kgなら、5mg×64/50=6.4mg 上昇です。

1単位のヒューマログが、何mg血糖値を下げるかは、個人差があります。
主治医と相談して、ゆかさんの場合、1単位のヒューマログが何mg血糖値を下げるかを、計算してください。
それがわかれば、1回の食事に含まれる糖質量に応じて、ヒューマログの単位を決めれば、
血糖値の乱高下が防げます。
2011/01/30(Sun) 10:54 | URL | ドクター江部 | 【編集
ありがとうございます
江部先生のプログ拝見させていただいております。
糖質制限食すばらしいですね。
 お時間の無駄になるかもしれませんが、御礼の気持ちをこめて私の糖質制限食の経過と現状を紹介させていただきます、年齢は58歳です。
昨年10月初旬、お尻にできものができ。化膿してしまい皮膚科を受診しました、念のために血液検査を受けたところ、A1Cが8.7で、内科の受診を強く勧められ、10月25日受診したところ糖尿病であるとの診断をされました。その時点の体重は63k(身長163㌢)医者の指示は、1日1500カロリーの食事制限、体重59kにしましょうということでした
 次の1月後の受診を目指して、我ながらがんばりました、1日15000歩以上のウオーキング、朝食食パン1枚、昼山菜そば程度、夜焼酎の水割り1、2杯(アルコールは止められませんでした)と、油こくないおつまみ少量ご飯も軽く。
 そして1月後(11月27日)検査結果はA1C8.4、食後1時間血糖値199で
体重は59k、医者の指示は、ひきつずいてのカロリー制限と、運動、お薬はアクトス(商品名)1日1錠、正直少しめいりました、あんなに頑張ったのに、そしてこの状態を今後一生続けなければならないのか。
 そこでネットで糖尿病関連の記事を読み漁りました。なんか胡散臭い記事もずいぶんありましたが、たどり着いたのが糖質制限と、自己血糖測定、正直主食以外、アルコールもステーキもOKなんてとも思いましたが、医学的事実をもとに説明してあり、自己血糖測定を行うことで、自身の血糖値を確認しながら行えば、もし血糖値が下がらなければ止めればよいと思い早速、血糖測定器を購入しました。
 そして、スーパー糖質制限食を実施いたしました。最初は、かなりのばらつきはありましたが、早朝空腹時血糖100から120、食後2時間血糖130から170くらいである程度の確信が持てるようになりました。
 12月26日の受診では、A1C7.5食後1時間血糖160体重57kで、医者からは順調に下がっていますね、ただし、コレステロール値(総コレステロール値260)と尿酸値(7.0)が高いですとの指摘を受けました。これについては事前に先生のプログおよび御本でそのような現象が起きる可能性があることを承知いたしておりましたので、さらに確信を持ってスーパー糖質制限食を続行することとしました。
 1月22日の受診では、A1C6.6食後1時間血糖150体重56kで、お医者さんいわく、どんどん減っていますね、ただしコレステロール(総コレステロール315)と尿酸値(7.7)はよくないですね、このままだとお薬を処方しないといけなくなるかもしれませんといわれました(ちょっと不安、先生の本で納得はしていますが、ちょっと、ひよって卵少し減らしました)。糖尿のお薬は、そのままでといわれましたが(数値の変化を見て、薬の効き目に満足のようでした)インクレチン阻害薬についてのご意見を伺いましたところ、当初の計画では、数値の変化を見ながら、追加処方をしようと思っていたが、その必要はないと思う、でも将来的にはこちらの薬が糖尿病治療の主体になると思う、とのご意見でしたので、それでは、インクレチン阻害薬に変更したらどうでしょうかと提案し、これまでの薬をやめ、ジャヌビア錠(商品名)1日1錠の投薬になりました。
 昨年まで、糖質制限食で、困っていたのは昼食でした、朝、晩は自宅で取れますので、アルコールも取れ、糖質制限パンもあり大満足なのですが、お昼だけは外食のためすこし困っていましたが(ご飯抜き定食などで対応)先生のプログで小樽フーズを知り、メニュウの豊富さにびっくり、ためしに購入しましたら味も納得、本日大量購入しました、女房いわく3食これにしたら、わたしもこれならいいし、食事を作らなく楽になるわとのことです。ちなみに、最初は、納得しない顔の女房でしたが、先生のプログを紹介したり御本(糖尿病がどんどんよくなる糖質制限食)を読んだりして私以上の江部ファンになりそうです、ちなみに、女房は糖尿は今のところ大丈夫ですが、血圧が高くお薬を飲んでいます、かなりの肥満ですが、スタンダード糖質制限食を行ったところ17日で4k痩せ、血圧も125
75前後で安定しております(私も同じくらいです)10キロ減が目標だそうですが自信満々です矢部ファンになるのもあたりまえですね。
 昨日の、早朝空腹時血糖77、昼食後1時間血糖100、本日早朝空腹時血糖114(昨日の夕飯、すこし市販のたれを用いたすきやき食べてしまいました)朝食1時間後血糖100、勿論、朝食は糖質制限食、糖質制限万歳です。次回2月の受診ではA1C5台が十分狙えそうです。
 長文ですいません、先生の貴重なお時間を使わせてしまったかと心配です、でも、本当に感謝いたしております、ありがとうございます。


















































































2011/01/30(Sun) 12:08 | URL | 川村 | 【編集
Re: ありがとうございます
川村さん。

血糖値、HbA1c素晴らしい改善ですね。
ジャヌビアへの変更、私も賛成です。
さらに安定したら、薬もいらなくなるかもしれませんね。
奥様もダイエット成功良かったです。

小樽フィッシャーマンズキッチン、最近とみに味が良くなりましたね。
サンドイッチや丼など、2分で簡単に食べられるメニューも豊富で、嬉しい限りです。
私も一家でよく食べてますよ。
2011/01/30(Sun) 18:41 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 体重減
トコちゃん へ

2010-07-14日のブログ「痩せタイプ糖尿病と糖質制限食」
をご参照ください。
2011/01/30(Sun) 18:47 | URL | ドクター江部 | 【編集
糖質制限食とアルコール
はじめてメールさせていただきます。
私はダイエットのために糖質を制限して3ヶ月で驚くほど体重と体脂肪が減少して感謝しており、このブログに出会えました事を喜んでおります。

私はお酒が大好きで、晩酌は毎日飲んでいます。以前はビールや日本酒中心だったのを糖質制限を実践してからは焼酎のお湯割に変えました、おつまみも糖質制限OKということで、チーズやピーナッツ類が中心です。
以前はほとんど感じていなかったのですが、糖質制限を始めて以降は晩酌中にいつの間にか眠っていることが多くなりました。
妻からは年のために酒が弱くなったと言われてしまいました。

アルコールが体内に入ると毒と認識してアルコール分解を優先させると以前ブログ内で見た記憶があるのですが、はkkりとは覚えておりません。
そこで、質問をさせていただきたいのですが、糖質制限中はお酒を飲んでいる間のエネルギーはどのように確保しているのでしょうか?
糖新生は一時的に休むのでしょうか。ケトン体は飲酒中はどのようにつくられるのですか。
私は普段は3時間位かけて焼酎を1/3本ほど飲んでます。休みの前だと6時間ぐらい飲み続けることがあります。

時間があるときにでもお答えいただければ幸いです。
2011/01/31(Mon) 10:15 | URL | toshiaki | 【編集
Re: 糖質制限食とアルコール
toshiaki さん。

適量を体が教えてくれて眠くなるのかもしれませんね。
アルコールそのものも1g約7キロカロリーのエネルギーがあり、その内70%程度を生体は利用するようです。
アルコールが血中にあるときは、肝臓の糖新生が邪魔されますので、低血糖に要注意です。
ケトン体はアルコール摂取に関係なく、スーパー糖質制限食中は常に肝臓で作られています。
2011/01/31(Mon) 17:49 | URL | ドクター江部 | 【編集
教えてください
はじめまして。京都から広島へ転勤して15年の49歳サラリーマンです。
昨年9月に糖尿病と診断されて以来、スーパー糖質制限食を実行して
おります。空腹時の血糖値が280糖負可検査で2時間後の値が500
を超えてHba1cも8.7でした。たまたま通っている内科が書店と同じ
フロアにあったので待ち時間の間に書店で江部先生の本を読み、早速糖質制限食を実行しました。そして血糖値測定器具も購入し、体重測定、血圧測定、食事内容も記録して管理を続けております。
お蔭様で3ヶ月後に空腹時の血糖値は100、Hba1cの値は5.0その他
の血液検査のデーターもほとんど正常値となりました。薬は服用していません。体重も69kgから61kgとなり現在に至っております。内科の先生もびっくりされました。ただ、かかりつけ医の先生と治療方針が違うため戸惑いを
感じてしまいます。体重は減らしすぎ、尿中に飢餓状態の時にでるケトンが出ている、炭水化物はエネルギー源だから食べなさいと言われます。でも6枚切の食パンを1枚食べると2時間後に血糖値が200を超えてしまうため、こわくて食べる気になりません。
広島市で江部先生と同じ治療方針の先生をご存知でしたら紹介していただけないでしょうか。




2011/02/01(Tue) 11:25 | URL | 広島の京都人 | 【編集
Re: 教えてください
広島の京都人 さん。

「3ヶ月後に空腹時の血糖値は100、Hba1cの値は5.0その他
の血液検査のデーターもほとんど正常値」

素晴らしいです。
この改善データで、尿中ケトン体陽性は、全く心配いりません。
生理的な変化で正常です。
その内血中ケトン体が生理的に基準値より高値でも、尿中にはでなくなります。
このまま、糖質制限食を続けて、正常人を保って下さい。

さて、広島市の
土井先生は、私の修道高校の同級生です。

糖尿病専門医ではありませんが、認定内科医で
糖質制限食に理解のある医師のお一人です。
相談にのっていただけると思います。

ちなみに江部康二も糖尿病専門医ではありません。自身が糖尿病の内科医です。


土井内科神経内科クリニック

病院住所 広島県広島市中区紙屋町1-1-17 広島MIDビル1F 周辺地図
電話番号 082-242-7878

土井一可先生
医学博士
ECFMG免許(海外での医師免許)
日本神経学会認定 神経内科専門医
日本内科学会認定 認定内科医

2011/02/01(Tue) 12:25 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可