FC2ブログ
糖質制限食でHbA1c改善、食事時間と血糖値
こんばんは。

今回はゆみさんから、食事時間についてコメント・質問をいただきました。

【11/01/28 ゆみ
素朴な疑問ですみません
いつもブログ拝見してます!かなりご無沙汰なゆみです
相変わらず江部先生の本を愛読し日々スーパー糖質制限で順調な生活を送ってます!
二年前の緊急入院時は血糖値500でHbA1c16%だった私が今や真面目に(笑)糖質制限した月はHbA1c4.9%まで下がりました
平均血糖値も90前後です
さて素朴な疑問は
食事時間についてです
糖質計算した手作りのタレで、よく焼肉をするんですが、どうしても焼肉だと焼きながら食べるので食事時間が長くなります。普段の食事は大体30分から1時間なんですが、焼肉の時は下手すると1時間以上かかってしまいます。そういう場合は血糖値にも影響するのでしょうか?野菜の量も計り焼肉の日も一食糖質10g以内にしているのですが…次の日の朝少し高い気がします
長文失礼しました】



ゆみさん。
お久しぶりです。
拙著のご愛読、ありがとうございます。


「二年前の緊急入院時は血糖値500mg/dl。HbA1c16%」

「今は平均血糖値も90mg/dl前後。HbA1c4.9%」


素晴らしい改善ですね。(^-^)v(^-^)v 

主治医殿もさぞかしびっくりされていることでしょう。♪(・∀・)

インスリンを4回注射しても、カロリー制限食なら、ここまで改善することはまずありえませんので・・・。

「1gの糖質が体重64kgの2型糖尿人の血糖値を、ピークで3mg上昇させる。」

というのが、基本です。

1回の食事の糖質が、いろんなおかずを合計して10gあるとして、10分くらいで食べ終えてしまえば、個人差があるので、30~60~90分でピーク30mg血糖値が上昇して、その後は下がるパターンでしょう。

60分~90分かけて、ゆっくり食べれば、ピークが30mgは上がらないと思います。

焼き肉であれば、100g中糖質は0.3gくらいですので、一切れ、二切れと、10回~20回食べるとしても、血糖値は90分間ほとんど上昇しないのではないでしょうか。


最後に、私の体験に過ぎませんが、午後9時以降に食事すると例えスーパー糖質制限食でも、翌朝の早朝空腹時血糖値がやや高くなるような気がします。ブログ読者の方にも、以前同様のご報告をいただいたことがあります。


江部康二

テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
ご返答ありがとうございました!
納得しました!
同じ焼肉の日なのに、朝上がらない日と上がる日があって…上がる日は21時すぎくらいに食べ終わりになっていたので、もしかしたらと思っていました!
本当に感謝してます♪
まだインスリンは打ってますが…焦らず頑張りたいと思います!
2011/01/28(Fri) 19:01 | URL | ゆみ | 【編集
なんでも良いわけではないのですね
昨夜
野菜スティックを食べたのですが〈人参176g 白菜80g きゅうり158g 大根198g プチトマト4つ〉

朝の血糖値が300超えていました

昼はお肉中心にお惣菜をしっかり満足できる量を食べても

インシュリン注射の量を変えなかったら軽く低血糖を起こしました

昨夜の野菜の糖質が高かったんでしょうか?

どの野菜がダメだったんでしょうか?

まだ手元に先生の本が届いていないため
まだ糖質制限食を理解できていません

質問ばかりですが疑問に思いましたので教えてください

ちなみに
朝以降の血糖値は190より上がっていません!
2011/01/28(Fri) 20:56 | URL | さやか | 【編集
Re: なんでも良いわけではないのですね
さやか さん。

100g中の糖質含有量
人参 6.5
白菜 1.9
キュウリ 1.9
大根 2.8
プチトマト 5.8g

五訂日本食品標準成分表のサイトです。
http://cgi.members.interq.or.jp/sapphire/satoshi/cgi-bin/nutrition/

2011/01/28(Fri) 21:56 | URL | ドクター江部 | 【編集
蛋白質の影響
江部先生

こんにちは。内科大学院生です。

焼肉の翌日に血糖値を上昇させているのは、蛋白質が原因だと思います。2004年からADAから 『蛋白質の50%は血糖に変わる。脂質はその10%が血糖に変わる』 という記載が消えているのは確かですが、蛋白質や脂質が食後4時間以降の血糖上昇に影響しているのは間違いないと思います。

そして蛋白質と脂質の摂取量が基礎インスリン量に関与していることも明らかです。これはカーボカウントの第一人者、川村先生もおっしゃっていました。

1型糖尿病の患者さん10人に協力してもらい、チーズ50g(糖質1g以下)を寝る前に食べてもらったところ、食べない時より翌朝の血糖値がかなり高くなりました。インスリン量は変えず、2日間全く同じ食事を食べて貰いました。

チーズを食べない時の空腹時の血糖値の平均 120mg/dl

チーズを食べた時の空腹時の血糖値の平均  161mg/dl

本当に見事なくらい全員が血糖値が高くなりました。

バーンスタイン先生のおっしゃる通り、蛋白質1gは1型糖尿病患者において、約0.93mg/dl以上、血糖を上昇させるのでしょうね。

蛋白質は食後高血糖は起こしませんが、血糖上昇作用をもたらすことは間違いありません。
2011/01/28(Fri) 23:07 | URL | 内科大学院生 | 【編集
ありがとうございますm(_ _)m
とても分かりやすいサイトでした

人参好きですが糖質制限食に慣れるまで
は控えます

お肉や魚の糖質の無さに驚きました

勉強になりました
ありがとうございますm(_ _)m
2011/01/28(Fri) 23:14 | URL | さやか | 【編集
Re: 蛋白質の影響
内科大学院生 さん。

貴重なデータをありがとうございます。
1型に関しては、約0.93mg/dl上昇させると計算するほうが無難ですね。
2011/01/29(Sat) 08:37 | URL | ドクター江部 | 【編集
蛋白質の影響
素人意見で恐縮ですが

蛋白質が血糖上昇をもたらすのはホルモンの影響ではないでしょうか?

蛋白質摂取により血漿中アミノ酸濃度が上昇すれば成長ホルモン、グルカゴン、インスリンが刺激されます。

糖尿病患者以外ならばインスリンとの相殺で血糖はあまり変化せずとも、1型糖尿病患者はインスリン分泌がないためグルカゴンや成長ホルモンの影響のみがあらわれて血糖上昇が見られるのではないかと。

どうか、ご意見いただければ幸いです。
2011/01/29(Sat) 09:22 | URL | T.F | 【編集
Re: 蛋白質の影響
T.Fさん。

米国の栄養学の教科書(クラウスの食品・栄養・食事療法 第11版。訳本805ページ)によれば、
コントロールが悪い1型糖尿病では、タンパク質からブドウ糖への変換が急速におこるそうです。
コントロールが悪い2型では、タンパク質摂取で肝臓の糖新生が加速されるそうです。

一方、コントロール良好な2型も1型も、摂取したタンパク質は、血漿血糖値を上昇させなかったそうです。

まだまだよくわかりません。
2011/01/29(Sat) 16:03 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re:Re: 蛋白質の影響
>江部先生
なるほど、糖尿患者と健常人では違うのですか。

重ねて質問で申し訳ないのですが、

>コントロールが悪い1型糖尿病では、タンパク質からブドウ糖への変換が急速におこるそうです。
>コントロールが悪い2型では、タンパク質摂取で肝臓の糖新生が加速されるそうです。
なのですが、蛋白質→ブドウ糖への変換=糖新生だと思っていたのですが、どう違うのでしょうか。
糖新生はグリセロール→ブドウ糖も含む、ということはわかるのですが。
つまり、1型の場合はアミノ酸→グルコース
2型の場合はアミノ酸、グリセロール →グルコース
という理解でいいのでしょうか?
2011/01/29(Sat) 16:36 | URL | T.F | 【編集
Re: Re:Re: 蛋白質の影響
T.Fさん。

「コントロールが悪い1型糖尿病では、タンパク質からブドウ糖への変換が急速におこる」
残念ながら、どういう経路でそうなるかが書いてありません。
タンパク質が分解されたアミノ酸から糖新生なのか、別の経路なのか良くわかりません。

2型の場合も、肝臓で糖新生するとして、食べたタンパク質由来のアミノ酸からなのか
もともと体内にあるるアミノ酸からの糖新生なのかグリセロールも関わるのかも、記載がないので良くわかりません。
2011/01/29(Sat) 17:39 | URL | ドクター江部 | 【編集
タンパク質
経験上、タンパク質や脂質の摂取が食後ある程度以上の時間経過後の血糖値を上げるのは夜間に多いように思います。おそらく、深夜に多く分泌されるコルチゾールなどのホルモンの影響も有るのかと思います。一方、私個人の場合は昼間のタンパク質脂質摂取はあまり血糖値に影響しているようには思えません。むしろ、食事の前半にタンパク質を摂る事によって、多少の糖分摂取があっても食後血糖値のピークは緩やかになるように見えます。上記は私個人が簡易型血糖値測定器で何度か測定してみた結果であって人により、また時期や環境によってまったく違う結果になる事も有るかと思います。私個人のケースでは、夜間の血糖上昇はシタグリプチン(ジャヌビア)+メトホルミンを一定期間連用する事で押さえられるので、仕事上夜間の食事が多い期間には、糖質制限+上記薬剤を併用する事がありますが、通常は糖質制限食(主食抜き)+遅い時間の食事を控えるだけで早朝血糖90台をキープしています。タンパク質や脂質によっても血糖値が上昇する傾向に有る方は、まず、食事の内容、時刻と血糖値の関係を自己測定してみてそのパターンにあわせて自分なりの食事や治療を医師と相談する必要があるかと思います。「何を食べても血糖値は上がる」という知識は大切ですが「何を食べたらどのように血糖値が上がる」かを自分自身で確認して自分なりの食事や治療を考えて行かないと「手詰まり」になってしまい「欝」状態になってますます血糖値が上昇してしまう事にもなりかねませんからね。
2011/01/31(Mon) 02:06 | URL | 境界人間 | 【編集
Re: タンパク質
境界人間 さん。

貴重な報告ありがとうございます。
コルチゾール、糖新生・・・・
境界人間さんの場合も私の場合も、夜遅く食事すると糖質制限食でも
翌朝の血糖値がやや高値となるようです。

多くの糖尿人がこのパターンだと思いますので、夜遅く食事が多い場合は
<シタグリプチン(ジャヌビア)+メトホルミン>作戦はよい選択肢と思います。
2011/01/31(Mon) 17:41 | URL | ドクター江部 | 【編集
1型糖尿病と糖質
仙台のきょんさん。

とりあえず、糖質の計算だけで、大丈夫と思います。
ほとんどの1型でスーパー糖質制限食で、超速効型インスリンの量が
1/3以下になり、血糖値の乱高下もなくなるので、楽ですよ。
LDL-Cも心配ありません。
低血糖に注意してゆるい糖質制限でいいと思います。
2011/02/01(Tue) 16:07 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可