FC2ブログ
妊娠糖尿病と糖質制限食、そしてカナダ
おはようございます。

今回は、カナダ在住のかえでさんから、妊娠糖尿病について、コメント・質問をいただきました。

【11/01/03 かえで
妊娠糖尿病
こんにちは。
初めまして。「かえで」と申します。
現在、カナダに住んでいます。BMIは標準です。
今、2子目の妊娠29週目で、27週目に受けた75gグルコース2時間テストの結果が、
空腹時    5.2mmol/l
1時間後 11.0mmol/l
2時間後  9.5mmol/l
となり、妊娠糖尿病になりました。

1子目時は、同じ内容の3時間テストを受け、結果1時間後のみ11.2mmol/lと範囲以外で、その他4項目は、正常値でした。その際は、境界型で、食事療法と食後のウォーキングのみで、何の問題も無く出産も終了しました。食事療法は、糖分(炭水化物、牛乳、果物)を控えると言った江部先生と同じ考えです。

今回も同じように血糖値を食前、食後1時間後、測り始めました。空腹時の規定値は5.0mmol/l以下なのですが。
朝の数値がどうも良くありません。
1週目は、食前の血糖値が、5.1mmol/l - 5.7mmol/lの間で、運動後は9.1mmol/l-10.0mmol/lでした。
もし、このままであれば、朝にインシュリンを摂取するように言われていました。
2週目は、食前の血糖値は5.1mmol/l - 5.7mmol/lの間で、運動後は1度のみ7.8mmol/lで、他の日は5.7-6.1mmol/l(基準値が7.2mmol/l以下の設定)と、改善されました。

さて、質問なのですが、数値は朝、夜共に改善されて来ています。(昼はもともと問題ないようです)それでも、まだ朝にインシュリンが必要と思われますでしょうか?

朝起き立ての血糖値は5.7mmol/lで、30分後には、5.9mmol/l、 1時間後に5.3mmol/lに下がったりと、一定していません。
これは、普通の現象なのでしょうか?5.3mmol/lを基準に考えていいものなのでしょうか?

夜寝る前に必ず、何か食べるように薦められていて、なぜか全粒のパン1枚は必須と言われました。
他にお勧めの食べ物はありますでしょうか?

こちらの、妊娠糖尿病専門の内科医と栄養士に診てもらっていますが、特に何の説明も無く、「問題は、インシュリン摂取か否かではなく、数値、体重と胎児だ」と言われました。こちらの先生は1患者に10分しか診ないので、納得いくような説明が受けられません。

江部先生のウェブサイトの説明の方が、極めて詳しく分かりやすいので、助かっています。

お手数ですがお返事宜しくお願いいたします。】


かえでさん。

カテゴリーの妊娠糖尿病の項目に24の記事がありますので、こちらも参考にしていただけば幸いです。

「食事療法は、糖分(炭水化物、牛乳、果物)を控えると言った江部先生と同じ考えです。」

かえでさんの担当の妊娠糖尿病専門の内科医と栄養士さん、糖質制限食推奨ですか。良かったですね。

米国と同様に、カナダの医師・栄養士が皆、妊娠糖尿病には糖質制限食という立場ではないと思いますので、かえでさんラッキーでした。(^^)

妊娠糖尿病の新診断基準が、日本糖尿病学会から、2010年7月1日発効で、発表されました。
この基準は、国際的にも同様です。


<妊娠糖尿病 (GDM)>

75gOGTTにおいて次の基準の1点以上を満たした場合に診断する。
1.空腹時血糖値 ≧92mg/dl (5.1mmol/l)
2.1時間値 ≧180mg/dl (10.0mmol/l)
3.2時間値 ≧153mg/dl (8.5mmol/l)


日本の血糖値の単位は、mg/dlです。欧米はmmol/lです。
mmol/lのデータに18をかけると、mg/dlのデータになります。


<日本糖尿病学会の妊娠中の血糖値コントロール目標>

空腹時血糖値100mg/dl未満、(5.56mmol/l未満)
食後1時間値140mg/dl未満、(7.78mmol/l未満)
食後2時間血糖値120mg/dl未満、(6.67mmol/l未満)
HbA1c5.8%未満、JDS値、(カナダでは6.4%未満、NGSP値)

このコントロール目標の範囲に入っていれば、インスリンはいらないと思います。

かえでさんの血糖値は、目標値の上限ぎりぎり、くらいですね。きっちりスーパー糖質制限食を実践すれば、目標クリアできると思いますよ。

「朝起き立ての血糖値は5.7mmol/lで、30分後には、5.9mmol/l、 1時間後に5.3mmol/lに下がったりと、一定していません。
これは、普通の現象なのでしょうか?5.3mmol/lを基準に考えていいものなのでしょうか? 」


暁現象か、血糖自己測定器の誤差範囲と思われます。

インスリン基礎分泌が不足してくると、夜間の肝の糖新生を制御できずに、早朝空腹時血糖値が高値となります。

そのため、就寝時より起床時の血糖値の方が、高値となることがります。就寝後8~10時間で、血糖値が上昇する暁現象です。

肝臓が早朝には、他の時間帯以上に、血液中に循環しているインスリンを不活化させるため肝臓の糖新生が高まり、起床時に就寝時より血糖値が高くなります。

「夜寝る前に必ず、何か食べるように薦められていて、なぜか全粒のパン1枚は必須と言われました。他にお勧めの食べ物はありますでしょうか?」

担当のカナダの医師・栄養士は糖質制限食を推奨しておられるのですが、一方で、米国糖尿病協会の提唱する最低限度の糖質は必要という立場なのでしょう。

勿論、全粒粉のパンは糖質なので、やめましょう。インスリンも打ってないのですから、寝る前に食べる必要もありません。

この二つを実行するだけで、早朝空腹時血糖値は目標達成と思います。

三食しっかり、スーパー糖質制限食を実践されたら、1時間値、2時間値、HbA1cも、目標達成できると思いますし、おなかも満足いくと思います。それでも小腹がすいたら、間食はナッツ類がいいでしょう。


ナッツ類100g中の糖質量
くるみ(炒り)   4.2g
カシューナッツ(フライ)   20.0
マカダミアナッツ(炒り)   11.7
アーモンド(乾)  9.3
ピスタチオ(炒り)   11.7
バターピーナッツ()   14.4

くるみ1個が6gで糖質量が0.3gですので、10個食べても3gの糖質ですね。

カシューナッツ20個が30gで、糖質は6g
マカダミアナッツ25個で50gで、糖質は3.0g
アーモンドが35個が50gで、糖質は5.2g
ピスタチオは8個 で40gで、糖質は4.7g
バターピーナッツが40個で40gで、糖質は4.5g

です。

ナッツ類の間食なら1回の糖質量を、5gくらいまでにおさえたいですね。
1gの糖質が体重64kgの糖尿人の血糖値を約3mg上昇させますので・・・。


それでは、元気な赤ちゃんのご誕生をお祈りしております。ヾ(^▽^)


江部康二


☆☆☆☆☆
<妊娠糖尿病の新診断基準決定とその過程2010>

日本糖尿病・妊娠学会では、2009年末から日本産科婦人科学会、日本糖尿病学会とも協議し、妊娠糖尿病の新診断基準を決定しました。新診断基準は、2010年7月1日から施行されました。

今回、新診断基準に移行する過程の全容がほぼ把握できましたので、報告いたします。

従来、妊娠糖尿病の診断基準は、各国ばらばらで、世界共通の診断基準は存在していませんでした。そのため、世界統一基準が求められていました。

今回、国際糖尿病・妊娠学会

[International Association of Diabetes and Pregnancy Study Groups(IADPSG)]

が提唱した世界統一基準は、2009年に報告されたHAPO studyの結果に基づいています。

HAPO studyは、米国立衛生研究所(NIH)のイニシアティブのもとで、7年間にわたり9カ国15医療センターで、非糖尿病妊婦23316人に対して、妊娠24~32週に75g経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)を行い、胎児の成長や分娩、産後のデータを前向き調査したものです。この研究には、香港とアジア系米国人も含まれています。

この結果、母親の血糖値の軽度の上昇でも、児のインスリン分泌や脂肪蓄積に影響を与えることが明らかとなりました。そのため、従来より広く妊娠糖尿病を拾い上げる新診断基準の必要性が生じたのです。

このようにして、2度の国際会議を経て、日本でも診断基準検討委員会が中心となり、国際糖尿病・妊娠学会(IADPSG)の新診断基準に基づく、新たな妊娠糖尿病診断基準の導入が決定されたわけです。


<妊娠糖尿病・新診断基準> 2010年7月1日 施行

定義:

妊娠糖尿病gestational diabetes mellitus (GDM):妊娠中にはじめて発見または発症した糖尿病にいたっていない糖代謝異常である。妊娠時に診断された明らかな糖尿病(overt diabetes in pregnancy)は含めない。

診断基準:

妊娠中に発見される耐糖能異常hyperglycemic disorders in pregnancyには、
1) 妊娠糖尿病gestational diabetes mellitus (GDM)、
2) 妊娠時に診断された明らかな糖尿病overt diabetes in pregnancy
の2つがあり次の診断基準により診断する

1)妊娠糖尿病 (GDM)
75gOGTTにおいて次の基準の1点以上を満たした場合に診断する。

1.空腹時血糖値 ≧92mg/dl (5.1mmol/l)

2.1時間値 ≧180mg/dl (10.0mmol/l)

3.2時間値 ≧153mg/dl (8.5mmol/l)


2)妊娠時に診断された明らかな糖尿病 overt diabetes in pregnancy
以下のいずれかを満たした場合に診断する。

1.空腹時血糖値≧126mg/dl

2.HbA1C ≧6.5%(HbA1C (JDS) ≧6.1%)註1

3.確実な糖尿病網膜症が存在する場合

4.随時血糖値≧200mg/dlあるいは75gOGTTで2時間値≧200mg/dlの場合*

*いずれの場合も空腹時血糖かHbA1Cで確認


註1.国際標準化を重視する立場から、新しいHbA1C値(%)は、従来わが国で使用していたJapan Diabetes Society (JDS)値に0.4%を加えたNational Glycohemoglobin Standardization Program(NGSP)値を使用するものとする。

註2.HbA1C< 6.5%未満(HbA1C(JDS)<6.1%未満)で75gOGTT 2時間値≧200mg/dlの場合は、妊娠時に診断された明らかな糖尿病とは判定し難いので、High risk GDMとし、妊娠中は糖尿病に準じた管理を行い、出産後は糖尿病に移行する可能性が高いので厳重なフォローアップが必要である。
「日本糖尿病・妊娠学会」と「日本糖尿病学会」の両方が合意した基準ということになります。


註2についてですが、妊娠時には、インスリン抵抗性が非常に高まるので、糖代謝に大きな変化が起きてきます。
従って75gOGTT 2時間値が200mg/dl以上の場合でも、必ずしも糖尿病と断定できません。

このため、糖尿病と診断するためには、HbA1Cか空腹時血糖値で再チェックすることが必要なのです。

ただし、註2のパターンは糖尿病とは断定できませんが、高リスク妊娠糖尿病として、厳重な管理とフォローが必要となります。

従来の基準から、新診断基準に移行することにより、妊娠糖尿病の頻度は2.92%だったのが、4倍程度に増えると予想されます。

妊娠中は、通常より軽度の耐糖能異常でも検出できる特殊な状態です。妊娠糖尿病を従来より広く網をかけて、高リスク予備群を早く発見し、母子共に将来の糖尿病人口の増加をくい止めることが今回の改訂の狙いといえます。
テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
妊娠糖尿病 食事療法
今日、ご質問させて頂きました「かえで」です。
江部先生、早速のお返事ありがとうございます。
そして、詳しいナッツ類の糖質量のリストありがとうございます。とても嬉しいです。
日本の妊娠糖尿病の規定値が、カナダよりかなり高めに設定されているのが分かって、私の通う妊娠糖尿病専門クリニックがやや厳しめなように伺えます。

このブログの妊娠糖尿病のアーカイブも拝見させて頂きました。

ここで、更なる質問があります。

(1)先生のおっしゃるスーパー糖質制限食は、炭水化物を完全に抜くという解釈でよろしいでしょうか?

是非先生の本を購入したいのですが、日本の実家には妊娠糖尿病の事を伝えるつもりはないので(心配をかけるのを避ける為)、もし差し障りなければ、ここで簡単に教えて頂いてよろしいでしょうか?もし、無理でしたらそのように言って下さい。(外国暮らしが長いのでNOには違和感ありません。)

(2)というのも、私の通うクリニックでは、6分割食で、炭水化物、牛乳、果物は制限がありながらも、ほぼ毎食薦めていて、たんぱく質、脂質、糖質のいずれかと炭水化物を一緒に摂取すると、血糖値に良いといわれました。これについて、江部先生として、どう思われますでしょうか?

(3)それから、暁現象を私自身疑っていたのですが、この攻略法はありますでしょうか?

どう時間を計算しても、朝食までには就寝時間から8-10時間かかってしまいます。
私の通うクリニックは、朝の空腹時血糖値を一番厳しくチェックし、5.0mmol/l (85mg/dl)以下でなければ、インシュリン摂取と決めているようです。
インシュリン摂取を避けたいのですが、今週の朝の空腹時血糖値は平均5.3mmol/lで、とても不安です。

お手数ですが、お返事宜しくお願いいたします。






2011/01/03(Mon) 16:01 | URL | かえで | 【編集
Re: 妊娠糖尿病 食事療法
かえで さん。

「(1)先生のおっしゃるスーパー糖質制限食は、炭水化物を完全に抜くという解釈でよろしいでしょうか?」

スーパー糖質制限食は、穀物、芋など糖質含有量が多い食品を制限します。
葉野菜にも糖質は少量含まれていますが、それくらいはOKです。
いわゆる主食をやめて、おかずばっかりというイメージです。
スーパー糖質制限食で、総摂取カロリーの約12%が糖質でほとんど野菜分です。


「(2)というのも、私の通うクリニックでは、6分割食で、炭水化物、牛乳、果物は制限がありながらも、ほぼ毎食薦めていて、たんぱく質、脂質、糖質のいずれかと炭水化物を一緒に摂取すると、血糖値に良いといわれました。これについて、江部先生として、どう思われますでしょうか? 」

<糖質+食物繊維=炭水化物>です。食物繊維は血糖値を上げないとされるので、問題は糖質です。
血糖値を上げるのは糖質だけで、タンパク質・脂質はあげません。
それで糖質を制限すれば、食後血糖値はほとんど上昇しなくなります。
農耕が始まる前の人類の食生活に戻るわけです。ご先祖様が400万年食べて進化してきたのが糖質制限食ですので、人類の健康食といえます。穀物が主食になったのは、人類の歴史のなかでわずか1/1000の期間にすぎません。ご先祖は400万年、イヌイットも4000年間、スーパー糖質制限食で妊娠・出産・子育てです。

「(3)それから、暁現象を私自身疑っていたのですが、この攻略法はありますでしょうか?」
スーパー糖質制限食で、膵臓に休養を与えてやれば、β細胞が回復すると思います。


「是非先生の本を購入したいのですが、日本の実家には妊娠糖尿病の事を伝えるつもりはないので(心配をかけるのを避ける為)、もし差し障りなければ、ここで簡単に教えて頂いてよろしいでしょうか?もし、無理でしたらそのように言って下さい。(外国暮らしが長いのでNOには違和感ありません。)」

アマゾンで購入できたら本を購入していただけばいいですね。
ブログに多くの情報がありますので、読んでいただけば幸いです。
ブログ内検索でわからないことは、質問していただいて結構です。
2011/01/03(Mon) 18:29 | URL | ドクター江部 | 【編集
HbA1c と血糖値の換算値の質問
江部先生、本年もよろしくお願い申し上げます。

日本の医療機関で測定するHbA1cは、「JDS値」でよろしいのでしょうか?

JDS値 + 0.6 = NGSP値 でしょうか?

平均血糖値の換算式を江部先生が以前書いていらっしゃったページが見つからないのですが、計算式を再度教えて頂ければ幸いです。
2011/01/04(Tue) 13:41 | URL | らこ | 【編集
Re: HbA1c と血糖値の換算値の質問
らこさん。

本年もよろしくお願い申し上げます。
日本の医療機関で測定するHbA1cは、現時点で「JDS値」です。

<JDS値 + 0.4 = NGSP値>です。

「(HbA1c-1.7)×30」が平均血糖値です。
2011/01/04(Tue) 14:32 | URL | ドクター江部 | 【編集
妊娠糖尿病 カナダより
江部先生、こんばんは。
3回目のコメントさせていただきます「かえで」です。
お返事頂きましてありがとうございます。
本当に先生のアドバイスはとても助かっています。

先生のおっしゃるとおり、就寝前に小腹が空いたのでナッツのみを少し食べました。すると、今朝は初めて起床時から空腹を感じ、血糖値が4.7mmol/lまで下がっており、万歳でした。そして、今朝は食後の30分のウォーキングが出来なかった為、ステップ(踏み台?)を20分しました。そして、1時間後の血糖値は、9.2mmol/lに上がってしまいました。

毎朝、朝食は栄養士指導の全粒食パン1切れ(砂糖2g)、ゆで卵1つ、チーズ二切れ、紅茶(砂糖入り(スプレンダというシュガーカットのような物))です。

今までウォーキングをしたら、血糖値はゴールの7.2mmol/l以下に下がっていました。
ちなみに、ステップ(踏み台)を夕食後20分しても、必ず効果はあります。

いったい何が原因でここまで血糖値が上がってしまったのでしょうか。。。
空腹時(腹ペコ状態)に何か食べると、血糖値は急激に上がるものなのでしょうか?
もし、そうであれば、もちろんパンは食べないほうがよろしいでしょうか?

明日、妊娠糖尿病専門クリニックの看護士と、インスリン摂取が必要かどうかを決める予定なのですが、何としてでもインスリン摂取を避けたいので、明日の朝食をどうすべきか、真剣に悩んでいます。

切羽詰った状態ですが、お返事の程、宜しくお願いいたします。

2011/01/04(Tue) 16:19 | URL | かえで | 【編集
Re: 妊娠糖尿病 カナダより
かえで さん。

スーパー糖質制限食なら、食後高血糖はなくなります。
栄養士指導の全粒食パン1切れ(砂糖2g)をやめて、代わりに具がたくさんの豚汁とか
魚とか肉とか葉野菜のサラダとかにすれば、食後血糖値は、ほとんど上昇しません。
1gの糖質が約3mg血糖値を上げます。単純にそれだけのことです。
糖質が入っていない食品(タンパク質や脂質)は血糖値を上げません。

スプレンダには、スクラロース(血糖値上昇なし)と共にマルトデキストリンが入っていて
こちらはあるていど血糖値を上げます。

2009-04-11のブログ「デキストリン、マルトデキストリン、難消化デキストリンと血糖値」
をご参照下さい。

また、2011.1.1のブログ「新年のご挨拶と糖質制限食に関するお知らせなど。2011年1月1日。」
の、【糖質制限食とは】をしっかり読んでください。
2011/01/04(Tue) 18:40 | URL | ドクター江部 | 【編集
妊娠糖尿病 カナダより2
江部先生、こんにちは。
今回は、私の検査結果の悪さから、焦りにより、初歩的な質問をし、申し訳ありませんでした。そして、そのたびにご丁寧にご回答頂きましてありがとうございました。

今朝、先生のアドバイス通り、野菜(サラダ)をとり、紅茶のスプレンダの量を減らし、全粒食パンも3,4口分(試験的にこれだけに減らしてみました)に減らしてみました。その結果、食前空腹時は3.7mmol/l(66.6mg)、食後一時間後は 5..2mmol(93.6mg)にまで下がっており、改善されました。ありがとうございます!
これから、この朝食で頑張ってみます。

今朝は、少しでしたが一人の時間を作ることができ、先生のウェブサイトをいつもとは違い、ゆっくりとしっかりと読むことが出来ました。
こういう機会を見つけては、先生のウェブサイトをしっかりと読ませていただこうと思います。

先生のウェブサイトの一部には無糖のデザートのウェブサイトがあるんですね。とてもうらやましいです。
これで、随分励まされると思います。
残念ながら、北米ではクッキー以外糖尿病の人向けのデザートは売ってません。

それでは、日本もとても寒いと思いますが、お体にはくれ
ぐれもお気をつけて下さい。

これからも、このウェブサイト見させて頂きます。
今後とも宜しくお願いいたします。















2011/01/05(Wed) 08:27 | URL | かえで | 【編集
Re: 妊娠糖尿病 カナダより2
かえでさん。

<野菜(サラダ)をとり、紅茶のスプレンダの量を減らし、全粒食パンも3,4口分(試験的にこれだけに減らしてみました)に減らしてみました。その結果、食前空腹時は3.7mmol/l(66.6mg)、食後一時間後は 5..2mmol(93.6mg)>

これで目標値達成ですので、いいと思います。

「ごく少量の全粒食パン+野菜+スプレンダ・・・」に含まれる合計の糖質量をおよそ計算。

<1回の食事で摂取する合計の糖質量>×3mg=食後上昇する血糖値

で、血糖値上昇のピークがわかります。
かえでさんの場合は、ピークは食後1時間値と思います。
2011/01/05(Wed) 08:52 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: アメリカでの妊娠糖尿病治療について
aya さん。

米国の糖質制限食は、40%くらいの糖質摂取が普通のようです。
日本の産婦人科で、スーパー糖質制限食で妊娠・出産をして、
妊娠糖尿病をインスリンなしで指導しているクリニックもあります。
糖質12%程度の、スーパー糖質制限食でもなんの問題ないと思います。
下記目標を達成できる程度の糖質摂取までは(20%とか30%とか)OKと思います。

<日本糖尿病学会の妊娠中の血糖値コントロール目標>

空腹時血糖値100mg/dl未満、(5.56mmol/l未満)
食後1時間値140mg/dl未満、(7.78mmol/l未満)
食後2時間血糖値120mg/dl未満、(6.67mmol/l未満)
HbA1c5.8%未満、JDS値、(カナダでは6.4%未満、NGSP値)
2011/04/14(Thu) 18:57 | URL | ドクター江部 | 【編集
No title
お忙しいなか、回答ありがとうございました。少しバタバタしており返信が遅くなり、申し訳ありません。
結局糖質制限をしても起床時血糖値が下がらず、就寝前インスリンを開始することになりました。
これからも、糖質制限食についてこちらのサイトを参考にさせていただきたいと思います。ありがとうございました。
2011/04/21(Thu) 23:22 | URL | aya | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可