FC2ブログ
「糖尿病がどんどんよくなる糖質制限食」(ナツメ社)出版・2010年12月
004996.jpg


こんにちは。

2010年12月18日、

「糖尿病がどんどんよくなる糖質制限食」(ナツメ社)

を、糖質制限食の最新刊として出版しました。

今回はレシピ集ではなく、理論篇に属する最新の本です。

アマゾン
http://www.amazon.co.jp/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85%E3%81%8C%E3%81%A9%E3%82%93%E3%81%A9%E3%82%93%E3%82%88%E3%81%8F%E3%81%AA%E3%82%8B%E7%B3%96%E8%B3%AA%E5%88%B6%E9%99%90%E9%A3%9F-%E6%B1%9F%E9%83%A8-%E5%BA%B7%E4%BA%8C/dp/4816349960/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1292726044&sr=1-1

既に全国の書店に並んでいると思います。

2010年12月19日、「ドクター江部の糖尿病徒然日記」の記事に、

「糖尿病がどんどんよくなる糖質制限食」(ナツメ社)

を紹介したところ、いきなり、アマゾンの糖尿病関係の本の1位になり、嬉しい限りでした。ヾ(^▽^)

これもひとえにブログ読者の皆さんのお陰と感謝しております。m(_ _)mV


糖質制限食や糖尿病関連の最新情報が満載ですので、是非ご一読くださいね。

最新糖質制限食理論、症例、図表、食材のカラー写真・・・、糖尿病・妊娠糖尿病の最新の診断基準・・・Q&Aなど、わかりやすくて豊富な内容となったと自負しています。

特徴として、巻頭に、ブログ「ドクター江部の糖尿病徒然日記」の記事にさせていただいたコメントと私の回答を、個人情報が特定できないように一部加工して、10症例報告しています。

ご登場いただいたブログ読者の方々、

蝶々さん、fumi さん、初心者エイジさん、けいさん、
千蔵さん、小福さん、太りたいみいさん、Toshiさん、
はなまるさん、suguruさん。

コメントいただいた皆さんにはこの場を借りて、御礼申し上げます。m(_ _)mVV 

以下は「糖尿病がどんどんよくなる糖質制限食」(ナツメ社)の、「はじめに」です。


☆☆☆

はじめに

 2005年1月に日本初の糖質制限食の本「主食を抜けば糖尿病は良くなる!」(東洋経済新報社)を出版してから、5年の歳月が経過しました。幸い16刷と版を重ねており、糖質制限食が日本に広がるきっかけになったと嬉しく思っています。糖質制限食関連の私の本も著書・共著・監修含めて合計14冊に達しましたが、本書が15冊目です。当初はほぼ孤立無援の戦いでしたが、この間糖質制限食に理解を示す医師や栄養士も明らかに増えています。医学雑誌「治療」に2009年4月、「内科」に2010年1月、糖質制限食関連の小論文を執筆させていただいたのもその現れとありがたく思っています。2007年2月から、ブログ「ドクター江部の糖尿病徒然日記」を開始したことも、それなりの効果があったと思います。本書の内容にはブログ記事からの引用もあり、ブログ読者の皆さんにはこの場を借りて御礼申し上げます。2010年10月現在で、1日に5000~7000件のアクセスがある人気ブログとなっていて、これも嬉しい限りです。ほぼ毎日ブログ更新していますので、祇園あたりに飲みにいく機会が激減して、健康にも財布にも非常に良い副次効果が出ています。さて糖質制限食の理論面において、2009年に一つ大きな変化がありました。正確には2004年に米国であった変化に、私が気がついたのが2009年ということです。すなわち、米国糖尿病協会によれば食べ物が消化・吸収されたあと、糖質は100%血糖に変わり、タンパク質・脂質は血糖に変わりません。糖質は摂取直後から急峻に血糖値を上昇させ2時間以内にほとんどすべてが吸収されます。一方蛋白質・脂質は血糖値に影響をあたえません。1997年版の米国糖尿病協会の見解では「タンパク質は約半分が血糖に変わり、脂質は10%未満が血糖に変わる」という記載がありましたが、2004年版では削除されています。これらは含有エネルギーとは無関係な三大栄養素の生理学的特質であり、現在動脈硬化の元凶として問題とされているグルコーススパイク(食後高血糖)を引き起こすのは3大栄養素の中で糖質だけです。従って糖質を摂取しなければ食後高血糖は生じず、血糖値はリアルタイムに改善します。一方カロリー制限をしても糖質を摂取すれば必ず食後高血糖を生じます。このような重要な生理学的知識ですが、欧米では医師も看護師も栄養士も糖尿病患者さんも皆知っています。日本では医師でさえも、ほとんどの人が知らないのが現状ですので、まさにガラパゴス状態でおおいに問題です。また英国の栄養学の大著、ヒューマン・ニュートリションにも『現代の食事では、中略、デンプンや遊離糖に由来する「利用されやすいグルコース」を大量に摂取するようになっている。このような食事内容は血漿グルコースおよびインスリン値の定期的な上昇をもたらし、糖尿病、冠状動脈疾患、がん、老化等、多くの点で健康に有害であることが強く指摘されている。農業の発明以来、ヒトは穀物をベースとした食物を摂取するようになったが、進化に要する時間の尺度は長く、ヒトの消化管はまだ穀物ベースの食物に適応していない。ましてや高度に加工された現代の食物に対して、到底適応しきれてないのである。』と記載されていて、私の提唱しているグルコースミニスパイク論に根拠を与えるものであり、心強い限りです。さらに、戦後日本で糖質摂取が減り続け、脂質摂取が増え続けたという定説も間違いであり、単なる神話に過ぎなかったことも本書であきらかにしています。本書には2010年現在の糖質制限食の最新知識が網羅されています。是非ご一読いただけば幸いです。



*Life With Diabetes:A Siries of Teaching Outlines by the Michigan Diabetes Research and Training Center,American Diabetes Assoiation ,3rd Ed,2004
*ヒューマン・ニュートリション基礎・食事・臨床(第10版):75、JS Garrow 、WPT james、A Ralph 編、日本語版監修、細谷憲政.2004



江部康二

テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
ありがとうございます
 こんにちは。新刊発行おめでとうございます。
 早く日本でも糖質制限食が一般的になればいいですね。たくさんの人が救われます。
 これだけ情報量が豊富な現代において、さらに日進月歩の医学界において、なぜ江部先生がお気づきになったアメリカの情報に、日本では皆が注意を払わなかったのでしょう。最新情報は世界で共有しているものと思っていました。
 それだけたくさんの情報があふれているということでしょうか。
 誰かがいいだして常識となったものを疑わないということでしょうか。
 常識にとらわれず、ご自分で新しい理論に取り組んでこられた江部先生だからこそ目を留めることができたのかもしれません。でも、糖質制限食が当たり前になる日も近いですね。効果抜群ですから。
 私も身近にいる血糖値の高い人に教えてあげたら、効果があったと喜んでいました。
 たくさんの情報を惜しみなく伝えてくださり、人の体を大切に考えてくださる江部先生に感謝です。これからも勉強させてください。
 
2010/12/26(Sun) 15:05 | URL | tomo | 【編集
マンスリー検査結果です。
先生いつも有難うございます。
本に私の体験を記事にして頂き有難うございます。
先日購入して読んでいるところです。
とても分かりやすくまた、糖尿病でも希望が持てる内容になっていて素晴らしい出来だとおもいます!

本日マンスリーチェックに行ってきましたが、前回クレアチン、尿素窒素があがってしまったとご報告したのですが、今回クレアチニン0.64、尿素窒素19と正常値になっていました!
その他の数値も全て正常です(HDLは高いです!)
スーパーな糖質制限食に切り替えて2ヶ月ぐらいたったので、体が対応し始めたみたいですね。
ただ尿検査もあったので尿が出るよう水を700ml一気飲みして病院へ行ったのが前回と違うところです。
水のみ影響あるのでしょうか???

また、相変わらず尿潜血は+-でした・・・(タンパクは引続き-です)
前回アドバイス頂きシスタチンCを検査して0.68と正常値だったのですが、この数値でも腎炎や腎盂炎などがあることもあるのでしょうか?
担当医は赤血球等4個未満だから大丈夫と言っていたのですが、私には分かりません・・・糖質制限問題なしでしょうか?
エコーでは石はなかったです、ただ5年ほど前に尿管結石をしたことはあります。

あともう一点、先生の本にAGEが血管を傷害するとありますが、これは糖質制限で血糖値をコントロールしていても高血糖状態でいるのと同じような状態でいるのと同じこと(程度は軽いでしょうが)なのでしょうか?

どの位の期間でどの位の問題を起こすのか分かりませんが、私の知り合いのおばあちゃんで、30代からインスリンを打ち(本人の話)今でも米やフルーツなど食べて血糖値を続けていまして(現在70代後半)網膜症はありますが、その他は正常だそうです・・・
個人差もあるのでしょうかどの程度心配すればよいのか分かりません・・・

いつも質問ばかりで申し訳ございません。
先生には本当に感謝しております。

私には経過報告をして糖質制限食の良さをブログ読者の方へ知って頂くことしか出来ませんが、今後ともよろしくお願い致します。

2010/12/27(Mon) 13:19 | URL | けい | 【編集
長文で失礼します
命の恩人ー江部康二先生

拝啓
はじめまして、熊本のISSEYと申します。
現在51歳のおっさんです。

身長は170センチなのに全盛期は115㎏、5年ほど前から糖尿と診断され、Ha1cも最悪期で9.3、空腹時血糖が200を超えた時期もありました。
インスリンの使用はなく、アクトスを一錠投与/日、週2回スポーツクラブでの運動に努めたこともあり、Ha1cが6.5程度、空腹時血糖110程度まではコントロールしている・・・はずでした。

生涯忘れないであろう昨年の11月25日、さんざん街中で飲んだフィニッシュに某店のカレーライスを掻き込んで帰宅。(これが激しくグルコーススパイクを引き起こしたのでしょう)
突然玄関先で2度転倒、そのまま就寝して翌朝もう一度転倒しました。
異変に気がつき、医者に行くとそのまま救急病院に搬送されました。
検査の結果、5CCの脳出血(被殻出血)でした。
幸いなことに麻痺はほとんどなく(左の握力が48→38キロに落ちました)、一週間の集中治療室から出て転院、これを機会に重症肥満症の治療として二ヶ月間の入院をすることにしました。
一日1200カロリーの食事、有酸素運動を毎日約2時間、入院後半は自主的にウオーキングを数時間組み込んでました。
結果、1月末には98キロまで体重がダウンして、Ha1cも5台まで改善されていました。
退院が迫ってきた頃とても気がかりなのはリバウンド対策でした。
経験上、短期間のダイエットほどリバウンドしやすく、二ヶ月間の苦痛(カロリー制限、断酒)がこれからも必要かと思うと気が重く、何かないかとネット上を探し回ってたどり着いたのが江部先生のこのブログでした。
早速ご著書(我ら糖尿人、主食を抜けば、)をアマゾンで取り寄せ熟読しました。(その後何冊も買って身近の糖尿人に配りました)
糖質制限に心から感銘を受け、さらに他のご著書もレシピ本も含めほぼすべて購入、徹底的に糖質制限食を研究しました。
料理が趣味なのでそれらを教科書に家での食事も糖質制限に改善し、妻には無理を言って毎日糖質オフ弁当を作ってもらってます。
そうやって退院後はスーパーを実践して、その後の4ヶ月で体重はさらに10㎏減、Ha1c4.8、空腹時血糖88が6ヶ月持続しています。血液検査でのその他の項目もすべてセーフです。(体重はなぜか88キロのまま落ちなくなりました。食べ過ぎでしょうか?)
毎日アサヒスタイルフリーとウイスキーの晩酌を豊富な肉や野菜とともに
楽しんでいます。
あれから約一年が経過してこんなに快調な身体を手に入れることができたのは先生のおかげだと心から感謝しております。本当にありがとうございます。
これからもここ熊本の地で糖質制限の草の根伝道師として継続する所存です。

これからも先生のご活躍を心からお祈り申しあげます。

2010/12/28(Tue) 16:44 | URL | ISSEY | 【編集
ご無沙汰しています
 ご本の出版おめでとうございます。
 私のことを取り上げていただき、うれしいような、もっと良いことならさらに嬉しいのにと、残念なような心境でもあります。
 
 ご無沙汰しております。でも、毎日先生のブログは楽しく拝見しております。あれから自己測定器を買い、測っておりましたが、糖質を食べると血糖値は上がるとはっきり数字が示し、今は食べなければ上がらないので、もう測っていません。
 スーパー糖質制限食では、1時間値が140~150、2時間値は120程度です。7月の人間ドックでは、

  空腹時         100
  A1C            4.9
  総コレステロール    308
  HDL           154
  LDL           142
  中性脂肪         93

 でした。
 このまま、スーパーで頑張ります。スタンダード的にやっている夫は糖尿ではありませんが、100を切ることのなかったγ-GTPが基準内におさまるようになりました。すごいといいながら、時々ラーメン食べています。

 カロリー制限食で食が細くなっていたのですが、だんだんと沢山食べられるようになり、果物とナッツのおかげで体重は5~6kg増えました。ありがとうございます。

 これからも私のような糖尿人を救う活動をお願いします。
 寒い時期です、お風邪など召されませんようご自愛ください。 
2010/12/28(Tue) 17:58 | URL | 太りたいみい | 【編集
Re: ご無沙汰しています
太りたいみい さん。

お久しぶりです。
新刊にご登場頂きありがとうございました。m(_ _)mV
おおいに読者の皆さんの参考になると思います。

懸案の体重も順調に増えて良かったですね。
ご主人のγ-GTP改善も良かったです。
2010/12/30(Thu) 10:47 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可