FC2ブログ
糖質制限食でHbA1c、空腹時血糖値、体重改善
こんにちは。

Rittoさんから、糖質制限食でHbA1c、空腹時血糖値、体重改善という嬉しいコメントをいただきました。


「10/12/19 Ritto
ばっちり改善しました!
江部先生、はじめまして。Rittoと申します。
今年、8月のお盆休み中に発症しました。
それまで境界型と言われていたにもかかわらず不摂生を続けた結果です。
のどの渇きと頻尿(30分毎!)、体重の減少で、マズイなあと思い
かかりつけの内科に行って調べると、空腹時血糖が250!
知り合いに糖尿病を専門に扱っている医院を教えてもらい再度調べると
HbA1c 9.2  空腹時血糖 265!!
とにかくカロリーコントロールをと言われましたがネットで情報を集めて
発症から1週間後に江部先生のブログを見つけ、『主食を抜けば~実践編』
『我ら糖尿人~』を購入し勉強させて頂きました。

そしてスーパーとスタンダードの中間ぐらい、という中途半端(?)な糖質制限食を続けた結果は

HbA1c: 9.2→7.8→6.5→5.8→5.4
空腹時血糖:265→101→103→89→98

体重は86.5から77.0キロに、基準外だった、HDL/LDLコレステロール、
中性脂肪、AST/ALT/γGTP すべて、基準値内に収まりました。
実践してみて、糖質制限食の効果を本当に実感しました。

ただ尿中アルブミンは、クレアチニン補正値が71.9とまだまだです。
高血圧気味(130前後~90前後)のせいもあるのでしょうか。

幸い、主治医は、糖質制限食に対して結果が出ているのなら良い、というスタンスで
色々な考え方を許容してくださっているので助かります。
体重は、あと10キロ落としても大丈夫と言われています。(身長177cm)
スーパーにしてしまうと、相当な勢いで体重も落ちそうですが
これくらいのペースがが自分はちょうど良いのかもしれません。

ご褒美として、週末はボタニカで糖質制限食を味わってきます。
とても楽しみです。

そして、以前より数段良い健康状態を維持できているのも江部先生とこのブログのおかげです。
この場を借りてお礼を申し上げます。
まだ気は抜けませんが、今後もがんばって維持していきたいと思います。」


Ritto さん。
本のご購入ありがとうございます。

HbA1c: 9.2→7.8→6.5→5.8→5.4
空腹時血糖:265→101→103→89→98

1ヶ月ごとに素晴らしい改善ですね。
良かったです。

体重は86.5から77.0キロと順調に減量していますので、標準体重までいけば血圧も正常化が期待できると思いますよ。

「ただ尿中アルブミンは、クレアチニン補正値が71.9とまだまだです。」

早期腎症の段階ですが、スーパー糖質制限食なら、腎症前期に回復する可能性が高いですので、美味しく楽しくお続け下さいね。

「幸い、主治医は、糖質制限食に対して結果が出ているのなら良い、というスタンスで色々な考え方を許容してくださっているので助かります。」

徐々に糖質制限食を支持する医師が増えていますが、このようなニュートラルな立場の主治医でも、いいですね。

「ご褒美として、週末はボタニカで糖質制限食を味わってきます。 とても楽しみです。」

羨ましい限りですが、ボタニカの糖質制限フルコースディナー、しっかり堪能してきてくださいね。
私も来年2月ころにはボタニカいこうと思ってます。


江部康二

テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
微量アルブミン尿と高血圧
今年の10月の第33回高血圧学会で、「高血圧患者の43%に微量アルブミン尿が見られ、(中略)・・微量アルブミン尿とは糖尿病に特有のものではない」という内容の発表がされていますね。これまでひとくくりに「微量アルブミン尿=糖尿病腎症」とされていたものも、本態性の高血圧そのものに起因するもの、あるいは高血糖からくる高血圧によるもの、AGEによる腎小体ろ過機能の破壊によるもの、その他いくつかの原因があるのでしょう。糖尿病患者の微量アルブミン尿が高血糖をなくすことで改善することを公に発言している医師は江部先生ふくめても数少なかったですが、江部先生の考え方の正しさが間接的に数値として証明された形です。微量アルブミン尿=糖尿病腎症=回復不能な絶望的状況、というような絶望的な説明で糖尿病患者をさらに絶望させて鬱状態に追いやり続けている大半の「糖尿病専門医」も考え方を変えざるを得ないでしょうね。
2010/12/20(Mon) 05:41 | URL | 境界人間 | 【編集
Re: 微量アルブミン尿と高血圧
境界人間さん。

尿中微量アルブミンは、腎糸球体障害があれば、高血圧などでも出現します。

ただ、現在健康保険では、糖尿病腎症疑いとかで、糖尿病という病名でしか適応となりません。

最近は、降圧剤のARBなどで、微量アルブミンが改善するという報告もありますが、
改善程度は糖質制限食に比べれば軽度とのことです。
2010/12/20(Mon) 20:36 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可