FC2ブログ
日本語の糖質に当たる英語はavailable carbohydrate
こんにちは。

たつのおとしごさんから、「日本語の糖質に当たる英語はavailable carbohydrate」というコメントをいただきました。たつのおとしごさんは、糖質に関わる仕事をしておられます。


「10/11/16 たつのおとしご
こんにちは。

糖質に関わる仕事をしています。かつ母が糖尿病で、自分も予備軍です。先生のブログと書籍はいつも参考にさせていただいております。

日本語の糖質に当たる英語はavailable carbohydrateです。

一部でglycaemic carbohydrateを推すむきもありますが、glycaemic index (GI)と混乱するおそれがあることから、現在のところavailable carbohydrateの方が推奨されています。

carbohydrateの定義、難しいです。国によっても違います。

分析法から規定すると、
差分法では、
炭水化物=100g-<水分+タンパク質+脂質+灰分+アルコール>
直接分析法では、
炭水化物=単糖+二糖+オリゴ糖+多糖(繊維を含む)
とするのが一般的です。

sugarは一般的な用語ですが、定義が曖昧ですので、私たちは使いません。

ところで、食物繊維も曲者です。分析法としては食品成分表ではProsky変法が使われますが、難消化性澱粉(Resistant starch)の一部が入ってきます。消化されないという定義の下では問題ないのですが、では難消化性澱粉は糖質か繊維か?

GIは有用な指標だと私は思っているのですが、間違って解釈されることが多く、それ故医療関係者に使ってもらえないのではないかと思っています。糖質50g摂取したとき、という定義でありながら、実は炭水化物50gになっている場合が非常に多いとみています。世界的には、available carbohydrate 50g摂取したとき、という定義にしようという動きですが、肝心のavailable carbohydrateの分析法は曖昧なままです。

気になりましたので、コメントさせていただきました。糖質の仕事をしながら、皮肉にも予備軍となってしまい、糖尿病に移行しないためにも、公私ともに勉強中です。今後ともよろしくお願いします。」


たつのおとしごさん。
本のご購入、糖質に関する詳しいコメント、ありがとうございます。とても参考になります。

「carbohydrateの定義、難しいです。国によっても違います。
分析法から規定すると、
差分法では、
炭水化物=100g-<水分+タンパク質+脂質+灰分+アルコール>
直接分析法では、
炭水化物=単糖+二糖+オリゴ糖+多糖(繊維を含む)
とするのが一般的です。」


日本の五訂食品標準成分表は、差分法で規定しています。国によっては、直接分析法の場合もあるのですね。

ちなみに単糖類が3個~9個くらいまでの結合を、一般にオリゴ糖と呼び、10個以上の結合があるときは一般に多糖類と呼ぶようですね。

日本のような差分法では、合成甘味料や糖アルコールは炭水化物に分類されますが、直接法だと炭水化物には分類されないことになるのですね。

国際的には定義・分類はまだまだ混乱が続きそうです。

「GI・・・世界的には、available carbohydrate 50g摂取したとき、という定義にしようという動きですが、肝心のavailable carbohydrateの分析法は曖昧なままです。」

日本のGIは、糖質(すなわちavailable carbohydrate)50gを含む食材で計算するよう、日本GI研究会が提唱しています。

しかし、GIの提唱者であるジェンキンス博士(トロント大学)が、1982年に発表した論文では、carbohydrateと記載されているので、当時は食物繊維を含めた50gで計算していたようです。

世界的に、まずは「available carbohydrate 50g摂取したとき」という定義に統一して欲しいですね。

食物繊維にしても、五訂食品標準成分表において、食物繊維を0キロカロリーで計算しているときと、2キロカロリーで計算しているときがあり???の状態です。 (∵)?

食品に関して基本的なことが、案外、きっちり定義されていないのですね。 (*_*)


江部康二




ここからは、2010年11月28日(日)京都ロイヤルホテルで開催する

「糖質制限食フルコースディナー&ライブ+ちょっぴり講演」

のお知らせです。

☆☆☆☆☆

ドクター江部ブログの読者の皆様へ

この度、私ども(株)恵比寿屋西陣では、糖質制限食のフルコースディナー&ドクター江部ライブショーを開催致します。

厳選された糖質制限食材に腕をふるい、華麗な料理を生み出すのは、シドニーやロンドンの有名店で総料理長を歴任してきた京都ロイヤルホテル&スパの長峯総料理長。一流ホテルによる糖質制限フルコースは日本初の試みです。

糖質制限食をさらにおいしくするドクター江部の軽妙洒脱な講演に続き、ドクター率いるバンド、「ターニングポイント」の生演奏を聴きながら、豪華なディナーをお楽しみ下さい。

ドクター江部ファンの皆様のみならず、糖質制限ダイエットに興味がある方、本当に健康によい新たな料理の可能性に関心を持つ皆様など、多くの方々にご参加いただけますと幸いです。

■会場 京都ロイヤルホテル&スパ 京都市中京区河原町三条上ル
      http://www.ishinhotels.com/kyoto-royal/jp/index.html
■日時 2010年11月28日(日) 18:30-21:00(開場18時)
■定員 100名
■参加費用 \12,000(税・サービス料込)
■プログラム
18:00 開場
18:30-19:00 講演 江部康二
19:00-21:00 ディナー(糖質制限フルコース)
19:40-20:10 バンド ターニングポイント 演奏 (Vo. 江部康二)

■主催 (株)恵比寿屋西陣 京都市上京区伊佐町196 
■ご予約・お問い合わせ
  下記リンク先のフォームよりお願い致します。
  折り返し、こちらからメールにてご連絡致します。
  なお、電話によるお問い合わせには対応致しかねます。
  京都ロイヤルホテル&スパへのお問い合わせはご遠慮下さい。

お申し込みフォーム

http://carbo-free.jp/


テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
高HDL血症その後の経過
江部先生こんばんは。
糖質をあらわす共通語が無いのは、これからの糖尿病管理上大変由々しき問題ですね。
先月HDL 191 T-Cho 296 をたたき出したリハ医のヘルミです。
以前先生に、HDLは糖質制限で上昇するが半年~一年でやや低下してくるとご教示いただいたとおり、本日の結果はHDL 137 T-Cho 233 LDL 68 と、割とまともになっていました。ちょうど糖質制限開始から6ヶ月経過しました。ありがとうございました。
ところで、この一週間ほどスーパー糖質制限をちょっぴり緩めて(と、いいましても主食は食べていません。カキフライの衣を取らずにソースをかけたり、おでんの練り物に手を出したり、を一日一回程度です)おりましたところ、急に一日で2Kg以上の体重増加がありました。
明らかに水分です。
以前「糖が水分を引っ張ってくる」というような内容を拝見したことを思い出しました。糖質おそるべし!ですね。
あわててあらてつさんのところに低糖質食品を注文しました(笑)。
しかし、緩めたとはいえスタンダード制限食より一日の糖質量は少ないと思いますが、この増えた水分はいずれ出て行くものなのでしょうか、それとも食事の内容が同じなら徐々に脂肪に置き換わってしまうのでしょうか。
スーパーからスタンダードに切り替えた人でご経験があれば、お時間のあるときにでも教えてください。
2010/11/17(Wed) 17:27 | URL | ヘルミ | 【編集
高HDL血症の経過
江部先生こんばんは。
糖質を表現する共通語がもてないのは、これからの糖尿病治療を考えていく上で由々しき問題ですね。
いかに世界中でカロリー神話が蔓延していたかの表れなのでしょうか。
糖質制限開始から6ヶ月が経過した非糖尿人のヘルミです。
先月HDL 191 T-CHO 296 をたたき出し、先生から「HDLは糖質制限で上昇するが半年~一年でやや低下する」とご教示いただきました。
本日の結果は、HDL 137 T-CHO 233 LDL 68でした。仰せのとおり割とまともになってきました。ありがとうございました。
ところで、この2週間ほど調味料にも気を使うスーパー糖質制限から、ちょっと緩めて(と、言いましても主食は食べていません。衣の着いたカキフライにソースをかけたり、おでんの練り物に手を出したり、を一日一回くらいです)おりましたところ、急に一気に2Kg以上の体重増加がありました。
明らかに水分です。
以前「糖質が水分を引っ張ってくる」というような内容を拝見したことを思い出しました。
糖質おそるべし!!ですね。
あわててあらてつさんのところに低糖質食品を発注しました(笑)。
しかし、緩めたとはいえ一日の糖質量はスタンダード制限食より少ないと思われますが、この水分はいずれ出て行くものなのでしょうか、それとも食事の内容が同じなら徐々に脂肪に置き換わってしまうのでしょうか。
スーパー制限食からスタンダード制限食に切り替えた人のご経験など、お時間のあるときにお教えいただけると幸いです。
ご多忙中恐縮です。
2010/11/17(Wed) 17:42 | URL | ヘルミ | 【編集
嬉しい報告です
江部先生、こんにちは。先日、糖質制限食に理解のある病院について相談したBarbieです。

今日、新しい病院に行って来ました。結論から申し上げると…かなりの改善が見られました!
人間ドックで出た空腹時血糖値が245?/dl、前の病院に通っていた頃も235?/dl→209?/dlと緩やかに下降傾向にありましたが、思い切って新しい病院に移るまでの2週間、処方されてたグリミクロンも止め、糖質制限食だけで頑張ってみたところ、今日の検査では食後4時間で144?/dlになっていました!おかげで新しい病院では薬は処方されず、しばらく食事療法と運動で様子を見ましょう、という診断結果になりました。残念ながら、HbA1cの数値はまだ分かりませんが、きっとこちらも改善されてると思います。

心配していた糖質制限食への理解はと言うと…推奨はしないけど、理はかなっているし、貴女が信じているのなら、しばらく続けてみては?という感じでした。新しい先生は糖質制限食そのものには否定的ではないけれど(成果も出てるので)、食事の嗜好的に続けられるのか?ということを懸念されてるようです。私としてもご飯を完全に諦める自信は無いので、数値が安定したら、スーパー糖質制限食から、たまにスタンダードも…と切り替えたいと思ってはいるので、それを話したら納得して頂けたようです。

とにかく薬を処方されなかったのがありがたいです。一生懸命頑張った甲斐がありました。

先生、本当にありがとうございました。数ある糖尿病関連の書籍の中から、先生の本を手にとって本当に良かったです。今回の結果に油断することなく、今後も頑張ります。

またご報告しますね。寒さが厳しくなってきましたので、先生もご自愛ください。

取り急ぎ、お礼とご報告まで。
2010/11/17(Wed) 17:53 | URL | Barbie | 【編集
英語表記興味深いです
「available carbohydrate」という表記とても興味深かったです。

実は私は「糖質制限食」という言葉を使うとき、「糖質」という言葉がどうしても「砂糖」と捉えられてしまうのではないかと危惧してきました。

「糖質」という言葉を使わずに「炭水化物」と言えば良いのかもしれませんが、そうすると難溶性の炭水化物も含まれてくるのですよね。

「結果的に血糖値を上げてしまう炭水化物」が、もしかしたら「available carbohydrate」の意味ではないかと思って、納得いたしました。

有り難うございます。

PS. 昨日玄米136グラムを食べたところ、一時間後に血糖値が200mg/dlまで上がってしまいました。
これは衝撃的でした。
私は空腹時血糖値が95mg/dlで、HgA1cも5.1%を保っています。
世間的には血糖値に関しては「正常」なのです。
それが、白米どころか玄米でもこんなに高値になってしまいました。 ○| ̄|_

でも、私としてはここで気がつけて「すごくラッキー」だと思っています。
一度しかない人生、これが私にとっての「早期発見」だったのだろうと思っています。

これも江部先生のおかげです。
有り難うございます。
2010/11/18(Thu) 00:58 | URL | モカ | 【編集
No title
同じ内容を重ねてコメントしてしまいました。すみません。
2010/11/18(Thu) 10:43 | URL | ヘルミ | 【編集
Re: No title
ウィキペディアによれば

「ナタ・デ・ココの成分の99%が水分、残りの1%がセルロースナノ繊維」

ということなので、カロリーはないと考えていいと思います。
2010/11/18(Thu) 16:59 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 教えてください
araiさん。

本のご購入ありがとうございます。

茨城県つくば市近郊では糖質制限食に理解のある医師は
残念ながら把握できていません。
2010/11/18(Thu) 17:01 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 英語表記興味深いです
モカ さん。

糖質恐るべしですね。

おそらく正常型~境界型のあたりでしょう。
早期発見、良かったです。
糖質制限食で糖尿病への移行がが予防できると思いますよ。

2010/11/18(Thu) 17:05 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 高HDL血症の経過
ヘルミさん。

大分データ落ち着きましたね。
変化が派手で興味深いし読者の参考になりますので、近日中に記事にさせていただきたいと思います。

1gの糖質を蓄えのに3gの水が必要なようです。
脂肪に置き換わることはないと思いますのでご安心下さい。
2010/11/18(Thu) 17:34 | URL | ドクター江部 | 【編集
No title
お手数をおかけいたしましてすみませんでした。
糖質制限食に理解のある医師を
なんとか探したいと思います。
2010/11/19(Fri) 00:44 | URL | arai | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可