FC2ブログ
千葉・木更津「かずさアカデミアホール」糖質制限食講演会
こんばんは。

さきほどテニスを終えて帰宅しました。

とりあえずシャワーを浴びて、まずはサントリーオールフリーを飲みながら、素面でブログを書いています。

さて、千葉、木更津の「かずさアカデミアホール」にて、11月23日(火、祝日)糖質制限食講演会を行います。

講演会の内容が一部変更になったので、お知らせします。

千葉県では初めての糖質制限食講演会ということで、私が一人で90分間たっぷりお話しすることになりました。

それから全席指定となっていましたが、全席自由ですので訂正させていただきます。

千葉の皆さん、是非おこし下さいね。ヾ(^▽^)

以下は、主催「株式会社かずさアカデミアパーク」作成のポスターです。


              ☆☆☆☆☆

かずさアーク特別講演

従来の常識を覆す新しい糖尿病治療法
『糖質制限食』
~肥満、メタボリックシンドローム対策にも~

講師:高雄病院 江部 康二理事長

著書「主食を抜けば糖尿病は良くなる!」で話題の江部 康二氏が、
従来の常識を覆す新しい糖尿病治療法『糖質制限食』について講演いたします。

日 時:11/23(火・祝日) 11:00開演(10:30開場)
会 場:かずさアカデミアホール「202大会議室」
定 員:入場料:1,500円(全席自由席)
※お求めは かずさアカデミアホール(チケット窓口)
主催:株式会社かずさアカデミアパーク
協力:株式会社ライツ、アスポタ.jp

<江部康二氏のプロフィールと活動>
医師 財団法人 高雄病院理事長。
1950年 京都生まれ。京都大学医学部卒業。
1999年 兄 江部洋一郎高雄病院院長が、糖質制限食を世界で初めて糖尿病治療に導入。
2001年 受け持っていた糖尿病患者にも糖質制限食を取り入れ、患者の血糖値が劇的に改善。これを機に病院をあげて糖質制限食による糖尿病治療の研究に取り組む。
2002年 自身の糖尿病が発覚。以来、自らも糖質制限食を実践、糖質制限食による糖尿病治療を確立。自身の糖尿病の克服のみならず、高雄病院での臨床活動を通じて、糖尿病・肥満・メタボリックシンドローム等に対する糖質制限食の画期的治療効果を証明する。
2009年 多くの著名人からも絶大な支持を受け、芥川賞作家、宮本輝氏との対談本、「我ら糖尿人、元気なのには理由がある。」は、各界に大反響を巻き起こした。


主な著書 主食を抜けば糖尿病は良くなる!糖質制限食
     主食を抜けば糖尿病は良くなる!実践編
     糖尿病のための「糖質オフ」ごちそうごはん
     糖尿病が良くなるごちそうレシピ―糖質制限の実践法
     血糖値を上げない!健康おつまみ109
     糖質制限食 春・夏・秋・冬のレシピ ほか多数。
※近著に『京都の名医がおしえる「やせる食べ方」』など。

チケット付きご宿泊プラン
(お一人様)
1室室料・朝食付き(税・サービス料込)
※スタンダードタイプ(※ツインもしくはダブル)
お一人様ご利用 ¥15,500
お二人様ご利用 ¥11,500
※ご宿泊日は、11/22(月)もしくは11/23(火)に限定させていただきます。
※11/23(火)にご宿泊の方は、講演前にフロントまで必ずお越しください。

株式会社かずさアカデミアパーク 営業部
千葉県木更津市かずさ鎌足2-3-9
TEL.0438-20-5555(受付10:00~18:00)
www.kap.co.jp/
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
糖質制限レシピ本に関して
つまらない質問ですが、素朴に疑問に思うことです。
先生の監修(?)本にしても、それぞれの料理分量が2人分、4人分とか、複数人数分です。
釜池先生の本など5人分です(^^
なぜ、ひとり分のレシピにしないのでしょう?
複数(糖尿)人で食べることを前提にしているのでしょうか?
また、それには訳があってのことでしょうか?
もちろん、一人分にするには、二分の一、四分の一に換算して料理すればいいのは理解できますが、それなら一人分のレシピを、読者側で、任意の人数分乗算した方がわかりやすい気もしますが・・・。
2010/11/14(Sun) 20:12 | URL | amesui | 【編集
Re: 23日 木更津講演
mermaid beachさん。

御母上、講演に参加していただけば、モチベーションが高まると思いますよ。
2010/11/15(Mon) 07:46 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 糖質制限レシピ本に関して
amesuiさん。

今までの慣習とか料理かによるのでしょうかね?

拙著「ごちそうレシピ」、糖質制限食「春、夏、秋、冬レシピ」
は一人前ですが・・・
2010/11/15(Mon) 07:51 | URL | ドクター江部 | 【編集
糖質制限の中での制限
初めまして江部先生

私は糖尿病ではないのですが、友人が糖尿病にかかってしまった時にたまたま先生の著書に目が触れ、本を友人に与えてみると友人の身体が日に日に回復しているのを間近に体験でき、先生のブログや本を見て糖質の有害さ(言い過ぎですが)の考えにとても感銘を受け、友人と共に私も健康法や友人を励ますという意味の2つでスーパー糖質制限のプログラムを日々行っています


そこで気になることがあるんですが、先生は健康的なオリーブオリーブ勧めていますよね?
しかし私はオリーブオイルがどうにも体に合わなく(友人はオリーブオイル大好きです)、サラダ油やラー油で補ってしまっています
牛脂は特に大好きでスーパーのサービスで貰える安い牛脂を使った、天然のトランス脂肪酸?たっぷりの料理を作ってしまいます

しかし体調は万全で、むしろ使わないと痩せてガリガリになってしまいます




長く続けてくうえでは健康的な油を使ったほうが良いことは100も承知です
しかしストレスがなく続けたいという己の弱さが邪魔してしまい、本来の糖質制限の健康的効果が薄れてしまっている、または身体に負担がかかっているのではないかという不安があります




おこがましいようですが質問させて下さい
このまま続けていても先生のおっしゃられている健康的な効果は表れますでしょうか?
それとも逆に害が身体に生じてしまうでしょうか?

忙しいなか誠に申し訳ありません
2010/11/15(Mon) 11:03 | URL | サトウ | 【編集
Re: 糖質制限の中での制限
サトウ さん。

本のご購入ありがとうございます。

オリーブオイルが合わない人、確かにおられますね。

①高オレイン酸タイプのサフラワー油
②αリノレン酸たっぷりのエゴマ油
③なたね油

も、日本人が摂りすぎのリノール酸が少なくてお奨めですよ。
日本脂質栄養学会によれば、牛脂やバター、ラードも悪くないそうです。
2010/11/15(Mon) 18:09 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可