FC2ブログ
HOMA-Rが高値でもHbA1cは正常なのは何故?
こんにちは。

今回は、千歳さんからHOMA-RとHbA1cの関係などについて、コメント・質問をいただきました。

HOMA-Rが高値でもHbA1cは正常なのは何故?

「10/08/27 千蔵
HOMA-R
千蔵です。1日1食糖質ゼロで8ヶ月経過しています。おかげさまで、A1cは、4.8前後(糖質制限開始前は9.0)で安定しているのですが、HOMA-Rが3.0前後で止まってしまい。低下しません。空腹時血糖値は、120前後、IRI10.0前後で推移しています。主治医の専門医さんからは、インシュリン受容体の感度が悪く、高インシュリン血症の状態だという説明を受けています。つまり、インシュリンは出ているのだが、抵抗性が高いということですね。
身長174センチで体重が85キロ(糖質制限開始前は95キロ)ですから、肥満が抵抗性を高めているので、何とか、この1食(毎晩宴会状態)の食べすぎ飲みすぎを抑え、運動量を増やすべく、努力はするつもりです。
それにしても、今ひとつ、HbA1cとHOMA-Rの関係がしっくりしないのです。今の状態をどう理解すれば良いのか、糖尿病なのか、境界型なのか、抵抗性が高いだけなのか、主治医の先生もその辺はっきり言わないので、忸怩たる思いがあります。わたしと同じような状態の方もいらっしゃると思います。是非、ご教示ください。若い主治医の専門医さんは、糖質制限に興味を持ってくれていて、診断の度に「お酒はいいんですか」とか「脂質は?」とか質問してきます。今度、江部先生の本を貸してあげようと思っています。それでは、よろしくお願いします。」


「10/08/27 外科医
糖尿病の可能性
千蔵さんへ
A1cが9.0であった時点で糖尿病であった(少なくとも糖尿病型)と思いますよ。それが糖質制限で改善したのでしょう。データからすると、インスリン抵抗性の糖尿病だと思いますが。現時点で75gOGTT、IRIを見れば正確な診断ができると思います。」



「10/08/27 千蔵
外科医さんありがとうございます
A1cが4.8の今の状態でも糖尿病でしょうか。
主治医の専門医さん、OGTTやってくれないんですよ。A1c値のせいでしょうか。保険適用のルールかなんかにあるんでしょうか。まあ、突っ込んで聞いてみます。
ありがとうございます。」



「10/08/27 外科医
千蔵さん
たとえて言うならば、血圧の高い人が薬物療法で血圧が正常になったとします。これは、高血圧が治癒したのではなくて、うまくコントロールされたということです。なので、千蔵さんは糖質制限という極めて効果的な治療を行ったので、うまく糖尿病をコントロールされていると考えるべきでしょう。江部先生が言うように糖尿病と明らかに診断されている患者さんには75gOGTTは行いません。高血糖になり昏睡になることすらあります。ただ、どうしても診断してもらいたい時は、ほかにも検査方法があるので主治医につっこんでみてください。」



「10/08/27 千蔵
外科医さん、なるほど、よくわかりました
数値は、コントロールされているが、治ったわけではないということですね。江部先生の言うとおり、気長に楽しく糖質制限を続けます。別に検査が好きなわけでもありませんし。」



千歳さん。
若い主治医の先生、糖質制限食に興味をもっていただけて良かったですね。

外科医さん。
コメントありがとうございます。
基本的に外科医さんの仰有る通りと思います。

「A1cは、4.8前後(糖質制限開始前は9.0)で安定しているのですが、HOMA-Rが3.0前後で止まってしまい。低下しません。空腹時血糖値は、120前後、IRI10.0前後。
身長174センチで体重が85キロ(糖質制限開始前は95キロ)」

HbA1c4.8%なら、平均血糖値は
(4.8%-1.7)×30=93mg/dl
とかなり、低いです。

千歳さんの場合、主治医の仰有る通り、インスリン分泌能は充分、というか多いくらいあるようです。

糖質制限食実践で食後高血糖がほとんどなくて、空腹時とあまり変わらないくらい、なおかつ食後4時間くらい経過したら血糖値は60~70mgくらいに下がっていると思われます。

身長174センチで体重が85キロ→BMI:28.1

10kg減量しておられますが、まだ肥満であり、インスリン抵抗性が残存しています。そのため早朝空腹時血糖値が、境界型レベルで正常型になっていません。IRI10.0も正常範囲の中ですが、高めと考えた方がいいです。

HOMA-Rはインスリン抵抗性の指標です。
インスリン抵抗性があっても、血糖値は正常の人もいます。

『例えば、身長180cm、体重160kgの米国白人男性Aさんをモデルに考えて見ましょう。
BMIは49で超肥満です。

空腹時血糖値は108mgで、まだ正常型、しかし空腹時インスリンは30と高値、HOMA-Rは8と高値です。

Aさんは、インスリン抵抗性はたっぷりありますが、それを上回る大量のインスリンを分泌し続けているので高血糖ではなくて、いまだ糖尿病にはなっていません。

しかし大量の基礎分泌・追加分泌インスリンにより超肥満で、このままでは将来180~200kgレベルの肥満になりかねません。

白人はインスリン分泌能力がアジア人の倍あるとされ、糖尿病にはなりにくいけれど超肥満にやりやすいのです』


千歳さんは、今後スーパー糖質制限食で75kgまで減量すれば、BMI24.8で標準体重です。

痩せにくければ、運動と若干のカロリー制限も考慮です。

標準体重になれば、インスリン抵抗性も正常化して、空腹時血糖値も正常化する可能性が高いですね。



江部康二

テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
より一層理解が深まりました
 江部先生、早速のご回答ありがとうございます。外科医さんのご教示に加え、さらに理解が深まりました。
 A1cが下がると、すべてが解決じゃないかと考える傾向がDM人には少なからずあると思います。先生が前に述べられているように、糖質制限による減量も階段状に推移するので、踊り場に来ると、迷うのですね。そろそろ糖質OKでもいいんじゃないか、という気のゆるみみたいなものです。DM人は千差万別、自分の状況を本当に理解できて、生活習慣を変えられるのは、自分だけです。
 そのすべてに先生が回答されるのは、無理ですが、大きな分類あるように思えます。私のように「肥満*インスリン抵抗性型」の他にも「やせ*インスリン量不足型」もいらっしゃるようです。その型タイプに合わせて、糖質制限を基本にプラス何をするべきか、それがテーラーメード医療たるべきところだと思います。
 A1c標準値だけを目標にしていたのも良くなかったようです。自分の状態を総合的に見ることも大事ですね。そのためには、かなり勉強が必要ですが、自分のことですからね。
 それでは、なんとか踊り場状況を克服できましたら、また、ご報告いたします。
 ありがとうございました。
2010/08/30(Mon) 15:21 | URL | 千蔵 | 【編集
運動の効果
江部先生の御本を読み返してみますと
GLUT4の発現により筋肉などへの
血中からのグルコースの流入があると
書かれております。血糖値を下げると。

それとは別にミトコンドリアの増加について
運動生理学からは昔から言われておった
ようです。転写共役因子の発現促進による
ものらしいですが、私にはちょっと難解です。
私の申し上げたいのは、ミトコンドリア数が
糖尿病の人は少ないとのことですので
運動により増加できるのではないか。
また、ミトコンドリアの増加によりβ酸化を
促進できること。要するに痩せることができる。
また、ミトコンドリアの数が増大すると、ADPをATPに変換する能力が向上するため、運動によってATP消費が高まっても筋肉内のADP濃度の上昇が抑えられ、疲労を生じにくくする。
この最後の部分なんですけど、この頃低糖食
で毎日、ウォーキングを続けていると本当に
疲れないのです。
痩せないとお悩みの人に参考になれば。
2010/08/30(Mon) 15:53 | URL | 生駒山 | 【編集
アイス
最近80キロカロリーのいちごアイスを見つけました。成分をみると炭水化物15食物繊維7とあります。
私はまだ境界型ですが、将来を思い糖質制限をしています。
アイス大好きなのですが、なかなか食べられるものがなくて。上記のアイスは糖質制限okの食品でしょうか?
2010/08/30(Mon) 17:51 | URL | キネリン | 【編集
Re: アイス
キネリン さん。

「炭水化物15、食物繊維7」
なら、糖質は8gですね。

1回の糖質摂取量が10~20gまでの範囲で
いろいろ楽しむのはいいと思いますよ。
2010/08/30(Mon) 21:31 | URL | ドクター江部 | 【編集
ナビゲート引き続きよろしくお願いします。
おはようございます、初心者マーク付きのセインです。
先生に、指導していただいていたのは、過去のレスを振り返ったら、はっきりと

「高雄病院に入院の折は、糖質制限「食」について、話しましょう」

って、端的に書いてあるのに、ほに、3分ほど前に気づいた愚かなセインです。
さっそく、今日申し込んでみようと思います。
今日、火曜日といえば、安い料金で、人生の指針まで示してくれる先生の予約診察の日でもあります。
そんな日に予約申請ができる偶然をうれしく思います。空きベットの関係もあるだろうし、少しですが、私の都合もあります。日程が合えばいいなぁって思います。

反省すべきところとしては、もう一つ、読んではいたのですが、先生の一番重要な、最初の本を買っていません。できるだけ早く買いに行きたいと思ってます。
今頃、置いているかが心配です。
前も、行ったのですが、実践編でした。
順番が大切のような気がしてまだ開いていません。

更新楽しみにしています。

今日との夏は暑いと聞きます。
もう終わりかけとはいえ、お体を大切にしてください。

このコメントは、糖質制限食?に詳しい医師への
ものでは、ないように思いますので、レス?の必要はないと思いますが、最終的には、先生が、決めることだとも思います。

長文失礼しました。

ありがとうございました。<(_ _)>。
2010/08/31(Tue) 06:28 | URL | セイン | 【編集
Re: ナビゲート引き続きよろしくお願いします。
セインさん。

「主食を抜けば糖尿病は良くなる!」2005年
「主食を抜けば糖尿病は良くなる!実践編」2008年
「我ら糖尿人、元気なのには理由がある。」2009年

理論篇はそれぞれ補完し合ってますので、どれから読まれても大丈夫と思いますよ。
2010/08/31(Tue) 12:25 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可