FC2ブログ
糖尿人と食材を食べる順番
おはようございます。

昨夜は、京都ハイアット・リージェンシーホテルで、京大医学部49年度卒業生の同窓会があり、32名が集まりました。

皆さん、それなりにほどよく年をとってましたが、数年以上ぶりでも、誰だかわからないというレベルの人は、幸いいませんでした。 (^^)

108人の同窓生の内、物故会員が5名で、この2年間は皆無事でした。平均年齢が60~62才くらいの集団ですから、まあ、ましなほうということでした。

糖質制限食に関しては、興味を持ってくれる同級生がさらに増えてました。

奥さんが、私の熱心なファンで、本が出たらすぐ購入しているという同級生もおられて嬉しい限りでした。ヾ(^▽^)

さて今回は、マイマイさんから、糖尿人と食材を食べる順番について、コメント・質問をいただきました。


「10/08/27 マイマイ
タイトルなし
いつも拝見しております。
糖質制限を半年行っていて、体調はとてもよいです。
質問なのですが、定食スタイルの食事の時、食べる順番で血糖値が上がりにくいとかありますか?
よろしくお願いします。」



マイマイさん。
糖質制限食で体調良好、良かったです。

「食材を食べる順番で、食後血糖値が影響を受けるか?」

というご質問ですが、正常人では明確に差がありますが、糖尿人でも少し差があるようです。

2010年7月4日(日)東京慈恵医大で開催された第9回日本GI研究会で、15名の糖尿病患者さんに

①野菜サラダ→10分後、白ご飯
②白ご飯→10分後、野菜サラダ

の順番で食事を摂取して食後血糖値を調べた研究が発表されました。
(今井佐恵子先生 大阪府立大学 総合リハビリテーション学部)

結果は②のように、いきなり白ご飯(糖質)を食べると血糖値は単純に上昇しやすいです。

①のように、先に野菜サラダを食べて後に白ご飯なら、血糖の上昇速度は遅くなります。

30分後血糖値:②217±40 → ①172±31
60分後血糖値:②208±56 → ①187±41

ただ現実には、野菜サラダだけを食べて、10分間待って白ご飯というのは、かなり間延びしてしまいますから、ちょっとつらいですね。 ε-(-Д-)

まあ10分間待たずにすぐに食べても、10~20mgは下がるかもしれませんので、工夫としてはありですが・・・

やはり、アバウトではありますが、

「体重64kgの2型糖尿人では、1gの糖質が約3mg血糖値を上げる」

という原則に従って、糖質のグラム数だけ、把握して食事をする方が簡単ですし、現実的と思いますよ。



江部康二
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
血糖値上昇について
おはようございます

糖質制限(スタンダード)を始めて20日目で今のところ血糖値、体重減も順調です…2ケ月ほど経過して詳細報告します

血糖値上昇について質問ですが、糖質1gで血糖値3上がる…体重64キロで、とありますが、一般的には体重の多少で上がり幅が違うのでしょうか?

2010/08/29(Sun) 10:01 | URL | オーバル | 【編集
Re: 血糖値上昇について
オーバルさん。

体重が32kgの人なら、「64kg/32kg=2」
2倍の6mg上昇する計算です。
2010/08/29(Sun) 10:31 | URL | ドクター江部 | 【編集
謝意
7月2日の人間ドックで、A1c 6.1、空腹時血糖値159となりました。(身長170センチ、体重72キロ)

12年前に糖尿病と診断され(体重78キロ)、徐々に悪化したものです。
これまでは、空腹時血糖値は糖尿病と判断されるが、A1cが5%台を維持してきたため、産業医の意見は様子を見ましょうでした。今回は、糖尿病の治療をしてくださいでした。

その日のうちに、江部先生のホームページにたどり着くことができ、これだと思いました。これまで自己流で行ってきた食事療法が、「糖質制限食」に近いものだったからです。

すぐに、先生の著作を4冊購入し勉強すると同時に、スーパーに近い制限食を実施しました。

昨日、血糖値測定器を購入し、夕食前血糖値を測ったら、75、一時間後が100、二時間後が68です。アルコールの力も借りてはいますが、非常にいい数値になり感謝しております。体重は67~8Kgになっています。

有難うございました。

ところで、国立循環器研究センターのホームページに江部先生の考えがほとんどそのまま紹介されています。
ご存知でしたか?

糖尿病の食 -“テーラーメード食事療法”のすすめ-
http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamphlet/pamph74.html#anchor-1
2010/08/29(Sun) 14:32 | URL | 津上 | 【編集
国立循環器研究センターのホームページ
津上様

国立循環器病センターのHPを見ました。
動脈硬化・代謝内科の吉政 康直部長の記事大変興味深く拝見しました。

糖質制限食に対する一般の先生の考え方の一端が理解できました。

吉政先生も記事の中で江部先生の糖質制限食の本を読んで「私は最初、驚きました。炭水化物(糖質)を摂取し、食後に高くなる血液中のブドウ糖(血糖)を、インスリンの働きで筋肉や脂肪に取り込み、体の活動に必要なエネルギーを蓄えなければならないというのが医学の常識となっていたからです。 この考えのどこが間違っているのでしょうか。私はハッとしました。この常識は、糖尿病でない健常な方にはあてはまります。そして、現在の糖尿病の治療の考えも、この健常者に通用する常識がもとになっているからです。しかし、糖尿病の方には当てはまらないのです。
この相違を十分意識して、糖尿病の食事療法を考えないといけないという思いに至り、改めて炭水化物(糖質)制限食を考えてみました。 」と吐露されています。

大病院の先生が素直に糖質制限食を認められていることは驚きです。

しかし、国立循環器センターのHPの他の個所には従来通りの糖尿病の食事療法が推奨されています。

まだまだ国立循環器病センターでも糖質制限食はマイナーと想像されます。

しかし江部先生の努力で広がりつつあることが感じられます。
2010/08/29(Sun) 18:02 | URL | イーサン | 【編集
糖質は100%血糖に変わるのに、食べる順番で血糖上昇値が変わるのは不思議ですね。
その辺りの根拠が知りたいです。
今回は回答ありがとうございました。
感謝します。
2010/08/31(Tue) 14:35 | URL | マイマイ | 【編集
Re: タイトルなし
マイマイさん。

最終的には、全部吸収されるけれど、その吸収速度が違うので、血糖値の上昇幅も違うということです。

GIも同じことですね。
2010/08/31(Tue) 15:15 | URL | ドクター江部 | 【編集
吸収速度が変わってくるのですね。
納得できました。
お忙しいところ返信ありがとうございました。
2010/09/01(Wed) 12:56 | URL | マイマイ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可