FC2ブログ
糖蜜と焼酎と糖質制限食
こんばんは。

ハチ公さんから、糖蜜と焼酎に関して、コメント・質問をいただきました。

「10/08/26 ハチ公
焼酎
いつもお疲れ様です。お忙しいところすみません。焼酎は蒸留酒なのでビールから転向しようとスーパーで手に取ったところ、原材料欄が『糖蜜』のみになってました。これは糖尿人には悪いのでは
ないでしょうか。」

ハチ公さん。
私も糖蜜のことなにも知りませんでした。 (∵)?

それで糖蜜とはなにかをまず、ネットで調べてみました。
都合良く、日本酒造組合中央会のホームページに糖蜜のことが、簡潔に書いてありました。
糖蜜に関しては、ウィキペディアの解説はわかりにくかったです。

『日本酒造組合中央会
http://www.weblio.jp/content/%E7%B3%96%E8%9C%9C%E9%85%92
焼酎・泡盛用語集
糖蜜(とうみつ)
サトウキビから砂糖を製造するときにできる副産物。収穫したサトウキビを細かく破砕し、圧搾機でしぼると糖度15~17%の糖汁(糖水)が得られる。これを加熱し、沈殿槽に移し、沈殿物を除いた清澄液を濃縮、結晶させた後、遠心分蜜機へ送ると粗糖(原料糖)と糖蜜ができる。粗糖はさらに、洗糖、溶解、濃縮、結晶、分蜜を繰り返し、上白・中白・三温糖の精製糖をつくる。糖蜜は50~60%の糖分を含む黒褐色の液体で、焼酎甲類・ラム・調味料など、発酵工業の原料として非常に優れている。昭和三〇年代から四〇年代にかけて多用されたが、工場廃水の規制が厳しくなり、近年その使用量は減少している。』

簡単にいうと、流通している糖蜜は、サトウキビから砂糖(ショ糖)を取り出した後の、残り物の黒褐色の液体で、その中に50~60%の糖質が含まれています。そして焼酎甲類・ラム酒の原料として使用されているのですね。

焼酎甲類ですから、乙類焼酎(本格焼酎)とは違います。一般にホワイトリカーと呼ばれて、梅酒の原料などに使われるのが甲類焼酎です。*

原料が糖蜜で糖質たっぷりですが、蒸留されて甲類焼酎となると、もう糖質は含まれていません。ですので糖質制限食OK食材ではあります。

もっとも、今は安くて美味しい、本格焼酎がいろいろありますので、甲類焼酎を飲むよりは、そちらのほうがお奨めですね。 (^^)



日本酒造組合中央会
焼酎・泡盛用語集
ホワイトリカー(ほわいとりかー)
焼酎甲類の別称。特に家庭で梅酒などのホーム・リカーをつくるのに用いられる焼酎甲類は、ホワイトリカーとうたわれていることが多い。焼酎、特に甲類の落ち込みが激しかった昭和四〇年代の初め、その失地回復のために業界で考え出された呼称である。昭和四六年、酒団法によっても認められ、焼酎甲類をホワイトリカー(1)、焼酎乙類を本格焼酎またはホワイトリカー(2)と表示してもよいことになったが、乙類はもっぱら本格焼酎と表示されるので、ホワイトリカーといえばほとんどの場合焼酎甲類のことを指す。



江部康二
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
くわしい解説ありがとうございます!残りかすが原料なので4リットルとか5リットル入りのペットボトルをあんなに安く売れるんですね。
2010/08/29(Sun) 13:08 | URL | ハチ公 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可