FC2ブログ
インスリンそしてインスリン分泌能・インスリン抵抗性の指標
おはようございます。

今回は、Toshi さんから、インスリンそしてインスリン分泌能・インスリン抵抗性について、コメント・質問をいただきました。


「10/08/23 Toshi
インスリン分泌についてのご質問
いつも先生のブログ&著書を読み参考にさせていただいております。
先日血液検査時に空腹時のインスリンを測定して下記のような結果が出ました。
空腹時インスリン4.7(μu/ml)
空腹時血糖値120(mg/ml)

この結果からHOMA-Rは1.4、HOMA-βは29.7となりインスリン抵抗性は正常化、インスリン分泌はまだまだ低下気味となりました。
10ヶ月前の入院時はインスリンが2.2、血糖値が480でしたのでかなり改善して、先生の糖質制限食のおかげと思っております
そこでHOMA-βについてご質問ですが、この値(インスリン分泌低下)をどのように認識したらよいのでしょうか?

インスリン追加分泌はブドウ糖検査で、基礎分泌は尿中ペプチド検査で分かると認識しているのですが、HOMA-βは基礎分泌なのか追加分泌なのか、または他の分泌に関する数字なのかいまいち理解出来ていません。
お忙しいとは思いますが、ご教授いただけると助かります。

P.S.先生の著書「主食を抜けば・・・」の文庫本化は考えていらっしゃいますか?いつでもどこでも読みたいのでハードカーバーはきついです。是非文庫本化をお願いします。」



Toshiさん。
本のご購入ありがとうございます。
また、糖質制限食実践による血糖値の改善も良かったですね。

文庫本化ですが、「主食を抜けば糖尿病は良くなる!」現在、おかげさまでハードカバーが結構売れ続けている関係上、出版社がタイミングを計っているようです。

さて、HOMA-Rとはインスリン抵抗指数のことです。

<HOMA-R=空腹時血糖値×空腹時インスリン値÷405>

という式で計算します。

homeostasis model assessment insulin resistance→略して HOMA-R

HOMA-Rが大きいほど、インスリン抵抗性が強いと考えられます。 1.6以下が正常で、2.5以上は抵抗性があると考えられます。

ToshiさんのHOMA-Rは1.4 なので、正常範囲ですね。

HOMA-βは残存した内因性インスリン分泌機能を推定する指数です。

空腹時血糖と空腹時のインスリン値をもとに、計算します。

homeostatic model assessment beta cell function→略してHOMA-β

<HOMA-β=360×空腹時インスリン値(μU/ml)÷(空腹時血糖値mg/ml-63)>

という式で計算します。

正常値:40-60

早朝空腹時インスリン値(基礎分泌インスリン)をもとに計算しますので、HOMA-βは基本的に基礎分泌インスリンを反映しています。

ToshiさんのHOMA-βは29.7 ですので、やや低下していますね。

インスリン追加分泌第1相をみるのが、インスリン分泌指数です。

インスリン分泌指数: insulinogenic index→略してII 
 
75gブドウ糖負荷試験で調べます。

II=<30分インスリン値-空腹時インスリン値>÷<30分血糖値-空腹時血糖値>

という式で計算します。

0.4以上あれば正常です。0.4未満は糖尿病型です。 0.4未満の場合、現在負荷試験が正常型や境界型でも将来糖尿病になりやすいとされています。

通常は、血液中のインスリン(IRI)そのものを測定しますが、インスリン注射中の糖尿人は、C-ペプタイド(CPR)というものを調べます。**

IRIの測定は、注射したインスリンの影響を受けますので不正確になりますが、CPRの方は、外から注射したインスリンとは無関係の、内因性インスリンの分泌状態を示しています。

早朝空腹時CPRを測定することで、インスリンの基礎分泌能力があるていどわかります。

蓄尿して一日尿中のCPRを測定することは、一日の内因性インスリン分泌総量(基礎分泌+追加分泌)の指標となります。

インスリンは、人体で唯一血糖値を下げるホルモンで、膵臓のランゲルハンス島のβ細胞でつくられ分泌されます。

24時間少量持続的に出ている基礎分泌のインスリンと、糖質を摂取して食後血糖値が上昇したときに、その10~30倍の量が出る追加分泌のインスリンがあります。

追加分泌のインスリンには、即分泌される第1相と少し遅れて出る第2相があります。

正常人は、血糖値が上昇し始めたら即インスリンが追加分泌されます。

この第1相反応は、もともとプールされていたインスリンが5~10分間分泌されて、糖質摂取時の急激な食後高血糖を防いでいます。

その後、膵臓のベータ細胞は、第2相反応と呼ばれる持続するインスリン分泌を行います。

これは、食事における糖質の残りをカバーしています。即ち、糖質を摂取している間は、第2相のインスリン分泌が持続します。

2型糖尿人は、通常、第1相反応が低下或いはなくなっていることが多いようです。従って、糖質摂取時に血糖値の急激な上昇(グルコーススパイク)が起きてしまいます。

また、第二相も低下していることが多いので、糖質を摂取する限り、一旦上昇した血糖値はなかなか下がってきません。

糖質制限食ならば、野菜分のごく少量の糖質だけなので、2型糖尿人においても、食後高血糖はほとんど生じません。追加分泌インスリンも、ごく少量ですみます。


**
C-ペプタイド(CPR)
C-ペプタイド(CPR)は、インスリン生合成の過程におけるプロインスリンの分解によって生じる副産物です。
インスリンとCPRの分泌動態には平行関係が存在します。

血中・尿中のCPR濃度を測定することにより、膵ランゲルハンス島β細胞機能、内因性インスリン分泌能を推測することができます。



江部康二

テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
お忙しい中、早々のご回答ありがとうございました。
おかげで今の自分の状態が分かって感謝しています。
やはり基礎分泌低下なのですね。

後はインスリン追加分泌の遅延程度の確認を取ってみたいと思います。75gブドウ糖負荷試験は担当医からNGをもらってしまったので、次の採血の時にこっそり普通の人と同じ食事をして測ろうかと思っています(^_^;)

P.S.著書の文庫本化気長にお待ちしております<m(__)m>
2010/08/25(Wed) 14:11 | URL | Toshi | 【編集
糖尿病の食事療法
地元の新聞に以下の記事がのりました。長文なので略して書き込みします。糖尿病の食事療法として食肉を増やすとよいという研究を紹介する。米国ミネアポリスの退役軍人病院のギャノン博士を中心に、食肉の量ん増やし炭水化物を減らすことで血糖値を下げ、A1Cの量を減らせるという研究が2004年の「Diabetes」に掲載された。8人の男性を普通食と高たんぱく食の二つのグループに分けた。普通食は炭水化物・たんぱく質・脂肪の比がカロリーベースで55・15・30(388g106g94g)だが高たんぱく食では20・30・50(148g212g158g)にする。炭水化物を少なくし、たんぱく質を二倍にすることが重要で、脂肪が多いが5週間続けても体重は増えなかった。カロリーは同じとする。5週間後、高たんぱく食の人々の食後血糖値は劇的に下がり、空腹時の血糖値の正常の110になりA1Cも9、8から7、7にその後下がり続け、5、4~6、3になった。このデータをみると糖尿病の治療、あるいは予防には糖分の摂取を減らし、たんぱく質の多い食事を摂ることが有効であることがわかる。しかし、糖分の摂取を減らし過ぎると脳はブドウ糖しか使うことができないので、脳は身体の細胞がインスリンに反応しなくなるように
2010/08/25(Wed) 14:17 | URL | おどりこ | 【編集
空腹時血糖値が下がらない
江部先生はじめまして、kenkenと申します。 先月、極度の疲労感とだるさに襲われ診察の結果、Ⅱ型糖尿病 血糖値587 HbA1c:13.4で即入院となり、主治医からインスリン注射の宣告を受けました。しかし、なんとか回避する方法はないものかと色々調べていた所、糖質制限食のことを知り、江部先生のブログを拝見し退院したら是非実践しようと思い、先生の著書も購入させて頂き日々勉強させて頂いております。
今月の20日に退院後、すぐに糖質制限食を始めたのですが、制限食に見合うインスリンの量が見極められず苦慮しております。 入院中のインスリン量は食前ラピッド6単位 就寝前のランタス10単位です。 始めにインスリンを0から初めて早朝の血糖値を125以下にすべく、ランタスを7~8に押さえているのですが、食後2時間の血糖値と次の食事前の血糖値がほとんど下がらない状態が続いています。 また朝の空腹時血糖が150の時に食事を取らずにラピッドを3単位打ち(事前に1単位20下がる事を確認しました)食後2時間血糖を測ったところ、155というあたいでした。
下が退院してからの数値です。

朝食前 後2h 昼食前 後2h 夕食前 後2h
164 161 158 156 141 163
朝抜き      ラピ3 ラピ3 ランタス3

150 155 137  99 155 151
朝抜き←ラピ3 ラピ3 ラピ4 ランタス7

118 195 140 147 135 133
                   ラピ4 ランタス7

今後どのように調整していけば良いのかアドバイスして頂けたら嬉しいです。  制限食のことは主治医には話していません。 理解がなさそうですので、、、   糖質の量は20グラム以下ということでしたが今後はもっと糖質は低く制限したほうが良いのでしょうか。
お忙しい中、申し訳ありませんが宜しくお願いします。
2010/08/25(Wed) 15:54 | URL | kenken | 【編集
追加投稿
投稿途中できれてしまいました。地方紙で取り上げられるくらい糖尿病の治療が見直されてくるのはうれしいことです。糖質制限について学び理解できる医師が増えることを願います。
2010/08/25(Wed) 16:44 | URL | おどりこ | 【編集
京都高雄病院に行きました
江部先生、こんにちは。
先週の土曜日、京都高雄病院の小栗先生の診察を受けました。
愛知から京都は、少し遠いですが、ドライブも楽しめて、いい気分転換になります。

5月25日にヘモグロビンA1cが14.3%もありましたが、入院したくなかったので、いろいろ調べてがんばって、7月21日に9.7%まで下げました。
その後、先生のブログで、糖質制限食に出会ったのですが、わずか1か月で6.8%になったのは、本当に驚きです。糖質制限を極めるために入院するつもりでしたが、どうやら入院する必要もなさそうです。
ちなみに、お薬は、糖質制限食に出会う前に、10日ほどだけメルビンを飲んでいましたが、今は、飲んでいません。

お医者様と自分で治療方針が異なっていてもよくないと思い、地元の診療所での治療をやめ、今回から、京都高雄病院での外来治療に切り替えることにしたのです。

江部先生の診察を直接受けることはないのかもしれませんが、今後ともよろしくお願いします。

そして、糖質制限を理解してくださるお医者様が増えることを願っています。
2010/08/25(Wed) 18:37 | URL | よし | 【編集
Re: 京都高雄病院に行きました
よしさん。


糖質制限食で劇的改善ですね。
良かったです。
2010/08/25(Wed) 23:16 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 追加投稿
おどりこ さん。

新聞で取り上げてくれるのは、いいことですね。
何新聞だったのでしょう?
2010/08/25(Wed) 23:18 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 空腹時血糖値が下がらない
kenken さん。

118 195 140 147 135 133
                   ラピ4 ランタス7

一度だけ、180mgを超えていますが、あとはコントロール良好です。
このデータを続ければ、HbA1cはすぐに6%台となると思います。

ランタスで早朝空腹時血糖値を90~125mgていどで、コントロールしましょう。
食後2時間血糖値180mg未満をラピッドで保ちます。
上手くいけば、「ランタス+スーパー糖質制限食」でラピッドなしとなるかもしれません。
2010/08/25(Wed) 23:25 | URL | ドクター江部 | 【編集
HOMA-βなど
ご無沙汰しております。
3食主食なしながら、緩めの糖質制限を続けております。
制限開始後6ヶ月の健康診断では貧血傾向はありましたが、他は全部基準値内で、HbA1c5.2
空腹時血糖 83 でした。悩みの色素性痒疹は
良くなったり悪くなったりで長期戦を覚悟しております。(以前のような酷さはなくなりました。)
昨年の健康診断でHbA1c 6.1になってから、医師の診断を受ける前に糖質制限を始めたため、
今のところかかりつけの医師からは、この調子で様子を見てというばかりで、詳しい糖尿関係の検査や投薬の話はありません。
ですからこちらなどであれこれと思いめぐらす事も多いのですが、Toshiさんの書き込みを見て早朝空腹時インシュリンの値は改善する可能性もあるのだと嬉しくなりました。
そこでHOMA-βなのですが、4月末時点での
インシュリン値(3.62)と血糖値(84)を当てはめると62となり、正常範囲を超えてしまいます。
これはどのように捉えたらよいのでしょうか。

また、先日、高校生の娘の事が心配になり、
夕食後の1時間値・2時間値をはかりました。
間食あり、お腹いっぱいの普通食ありで、1時間値176 2時間値150・・・これはやはり心配な数値なのでしょうか。もちろん健康診断での尿糖はマイナスです。子供の将来を考えると遺伝も悲しくなってしまう母心です。
インスリン分泌指数など自分の詳しい膵臓の状態も知りたいと思うのですが、中々よい機会がなく気持ちがさっぱりしません。検査をそこまでする必要もないのではという意見の方もおられますが。
お時間がございましたら、アドバイスをお願いいたします。
2010/08/26(Thu) 00:47 | URL | puntoko | 【編集
新聞
地元紙の静岡新聞です。最近は健康に関する掲載がとても多くなり、糖尿病専門医という看板をよく見かけるようになりました。ただ、糖質制限に理解ある病院は聞いたことがありません。
2010/08/26(Thu) 05:28 | URL | おどりこ | 【編集
Re: HOMA-βなど
puntokoさん。

HOMA-β62は正常と考えていいです。

2時間値150は、140mgを超えており、境界型です。
今から、炭水化物を減らして将来の糖尿病を予防されたほうがいいですね。
2010/08/26(Thu) 08:27 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 新聞
おどりこ さん。

了解です。
2010/08/26(Thu) 08:27 | URL | ドクター江部 | 【編集
インスリン分泌の記事大変参考になりました
江部先生おはようございます。
お忙しいところ申し訳ありません。

主治医にはインスリンは出ているので心配ないと言われたのですが、
早朝空腹時が高くずっと不思議に思っていました。

夫の数値です。
空腹時インスリン3.4(μu/ml)
空腹時血糖値149(mg/ml)

これを計算式に当てはめると、HOMA-Rは基準値なのですが、HOMA-βは14位です。
かなり低下していますよね。それで早朝空腹時が高いのですよね?

今後も糖質制限を自己責任で続けていきますが、HOMA-βは一度低下したものは改善出来ないのでしょうか?
2010/08/26(Thu) 09:24 | URL | ゆうり | 【編集
糖質制限食のおかげです
江部先生
いつも先生のブログを拝見させて頂いております。
私は糖質制限食を実施して空腹時血糖値は126mg/dlから
調子のいい時は75mg/dl位まで改善致しました!!
HbA1cは5.2から4/7まで改善しました!!
糖質制限食のおかげだと、江部先生には本当に感謝しております。
ただ、私はお酒が大好きで糖質制限食OKの焼酎やウイスキーを毎日おいしくいただいています。
蒸留酒は糖質が含まれていないので、血糖値には全く影響を与えないのですが
ただ、、、お酒を飲むと、たまにですが糖質を過剰に摂取してしまうのです
アルコールによって自分の弱い部分出てしまって、我慢出来なくなってしまうのです。
アルコールは理性を失うというのは、本当ですね。。
まじめに糖質制限食を実践して、常に空腹時血糖値が75mg/dl~80mg/dlという
非常に優秀な状態をキープしていたのに、たった1回の誘惑に負け糖質(例えばポテトフライや
スナック菓子等)をたくさん食べてしまい、翌日の空腹時が145mg/dlだったりする時があって
自分の甘さに本当に深い自己嫌悪に陥ります。そんな日は仕事もプライベートも落ち込んでしまいます。
ただ、その後またまじめに糖質制限食を実践していると、空腹時血糖値は90mg/dlくらいまで
下がります・・・と、この繰り返しです。
こんな事をしていたら、どんなにまじめに糖質制限食を実践しても そのうち空腹時血糖値が100mg/dlを切らなくなってしまうのでは・・・と不安を感じております。
目標はどんな状況にあっても、意志を強くもって、糖質は1回の食事につき10gくらいまでに押さえたいと思います。
そうすれば食後高血糖のリスクは回避出来ますよね。
私は糖尿病と診断された時に空腹時の血糖値は126mg/dl ブドウ糖負荷試験で2時間後の血糖値が200mg/dl、HbA1cは5.2でした。
私は空腹時の血糖値や食後の血糖値が高いのですが、HbA1cは5.2以上になった事は一度もないのです。どうしてHbA1cのみ正常値なのかが本当に不思議なのです。原因はどんな事が考えられますでしょうか?
一度、早朝空腹時IRI(インスリン)を測定したところ、2.2U/mlでした。
ただ、糖質制限食を非常にまじめにではないですが実践しておりますので、現在はもう少し数値は
下がっているかもしれません。(希望としては下がっていて欲しいです)
脱線する事無く、糖質制限食が続けられレrば、合併症の心配もないですし、健康で過ごせると思います。
今後も先生のブログや著書を励みに頑張って行きたいと思います。
2010/08/26(Thu) 10:05 | URL | もっち | 【編集
焼酎
いつもお疲れ様です。お忙しいところすみません。焼酎は蒸留酒なのでビールから転向しようとスーパーで手に取ったところ、原材料欄が『糖蜜』のみになってました。これは糖尿人には悪いのではないでしょうか。
2010/08/26(Thu) 11:11 | URL | ハチ公 | 【編集
糖質制限食とジャヌビアの相性
2ケ月前にインスリン注射からジャヌビアに処方が変わったことを機に、スーパー糖質制限食を行っています。
先日、ジャヌビアを断薬して実験をしてみました。
ジャヌビアありのときは早朝空腹時100近く、2時間後110近く、なしのときは早朝空腹時70~90、2時間後90~130とばらつきました。
もしよろしければご回答いただければ幸いです。
1.ジャヌビアを服用すると空腹時が100近くに上がりますが、服用しない方がHbA1cは下がるのではないでしょうか。
2.ジャヌビアを服用しない場合、低い血糖値でのスパイク(例えば70-120など)がありますが、血管を損傷するでしょうか。
3.糖質制限食とジャヌビアの相性はいかがでしょうか。
2010/08/26(Thu) 16:25 | URL | JEONG-SU | 【編集
Re: 糖質制限食とジャヌビアの相性
JEONG-SU さん。

1.ジャヌビアを服用すると空腹時が100近くに上がりますが、服用しない方がHbA1cは下がるのではないでしょうか。
これは不思議ですね。通常はジャヌビアを内服すると空腹時血糖値は少しさがります。

2.ジャヌビアを服用しない場合、低い血糖値でのスパイク(例えば70-120など)がありますが、血管を損傷するでしょうか。

180未満でOKです。まして140未満なので何の問題もありません。

3.糖質制限食とジャヌビアの相性はいかがでしょうか。
スーパー糖質制限食だけでコントロール良好なら薬はいりませんね。
ただどうしても少量の糖質が入るような人は、ジャヌビア相性いいと思います。
2010/08/26(Thu) 18:28 | URL | ドクター江部 | 【編集
ありがとうございました
お忙しいところ、早速のご回答ありがとうございました。
私の場合、ジャヌビア服用中は運動をしても全く低血糖にはなりませんでしたが、断薬したとたん低血糖気味になってしまいましたので、通常の血糖値を一定に引き上げる作用があるのかなと思ってしまいました。
2010/08/26(Thu) 18:55 | URL | JEONG-SU | 【編集
お礼
お忙しいなか、アドバイス頂きありがとうございました。これからはラピット無しで、、、出来ればランタスも無しでもいけるように頑張ります、ありがとうございました。
2010/08/27(Fri) 08:43 | URL | kenken | 【編集
ありがとうございました
有難うございました。
断片的な数値でも、正常範囲にあると思うと励みになります。
この二日ばかり、帰省したせいで、いつもは食べないデザートなどをとってしまい、反省中です。

娘は白米、イモ類大好き、甘いもの大好きの女子高生で、受験も控えておりますので、
予備軍と今宣告するのも酷な気がして、「痩せられるし、糖質制限しない?」とやんわりもちかけているのですが、「少なくとも受験が終わるまでは無理!」といわれてしまいました。
そのうち一緒に医院で採血をしてA1cなども測ってもらおうと考えています。
2010/08/28(Sat) 01:58 | URL | puntoko | 【編集
教えてください
毎月、月末に血液検査をしています。8月末の結果を聞きに病院に行って来ました。
5月 朝空腹時血糖155 A1c6.6 インスリン6.1だったのですが、
8月 朝空腹時血糖116 A1c5.9 インスリン3.9
という結果でした。
正常値とはいえ、インスリン3.9と減っていたのが気になったので先生に聞いてみたところ、「正常値だしA1cの値から考えると抵抗性が改善されてきているということでしょう。良くなってきているんじゃないですか。」と言われました。
でも、HOMA-RやHOMA-βの式に当てはめてみると、
5月のHOMA-R(空腹時140以上の為計算せず)    HOMA-β=23.86
8月のHOMA-R=1.03    
    HOMA-β=24.45      になります。
5月はプチプチ糖質制限だったのが、少し緩めですが今はスーパーでがんばっています。そのお陰で体重も9kg減りました。抵抗性が正常になっているのは、きっと体重が落ちたからでしょうね。
しかし、気になるのはHOMA-βです。正常値から考えると、ずいぶん低いように思います。3ヶ月でA1cが0.7改善したのに、HOMA-βがさほど改善してないのは、ベータ細胞が死滅しているのでしょうか?もう、回復は望めませんか?それとも、まだ3ヶ月・・・長いスパンで考えれば回復の可能性はあるのでしょうか?今日、病院の先生が言っていたことがよく理解できなかったのでコメントさせていただきました。お忙しいところ、申し訳ありませんが教えてください。

追伸:先月の岐阜の会、行きたかったのですが用があってどうしても参加できませんでした。代わりに母が参加しました。先生のお話は母にとって興味深かった様で、食卓にも糖質制限食が出てくるようになりました。その会でデスカッションに参加されていた先生方は糖質制限食に理解のある先生方なのでしょうか?詳しい先生に診察していただけるといいのですが、なかなか見つかりません。もっと、そんな先生方が増えてくるといいですね。余談が長くなりました。すみません。
2010/09/05(Sun) 20:57 | URL | むーちゃん | 【編集
追加です
何度もすみません。先ほどのコメントに書き忘れました。今日、朝食後1.5h後の血糖値112でした。朝食に野菜や卵焼きなどの他に、少しだけ(炭水化物10g程度)パンを食べました。8月末の空腹時血糖値が116は少し高くて自分でも驚きました。前の日の食事が不規則で、夜寝る前に少しつまみ食いをしたからかもしれませんね。
2010/09/05(Sun) 21:07 | URL | むーちゃん | 【編集
Re: 教えてください
むーちゃん様

HOMA-βは26.5と改善しているようですね。
インスリン抵抗性も改善しています。
今後も疲弊していたβ細胞があるていど、
回復する可能性はあると思います。

岐阜ハートセンターのパネリストの先生方は、
上野院長をはじめご自身が、糖質制限食を実践しておられます。
2010/09/06(Mon) 17:30 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック