FC2ブログ
ベイスンが耐糖能異常に保険適応
おはようございます。

ベイスンが、耐糖能異常に対して保険適応となってました。

この件に関して、千咲さん、ゆうこさんから、コメント・質問をいただきました。


「10/08/14 千咲
予備軍での薬の処方について
先日は大阪近郊の医院をご紹介くださり、ありがとうございました。(お礼が遅くなってすみません)

きちんと診断を受けたわけではありませんが、おそらく食後高血糖のある糖尿病予備軍であるとの自覚のある、37歳女性です。

最近ゆるゆるとHbA1Cが上昇してきているので、自己流ではありますが、ここ半年ほど前から糖質制限を心がけた食生活に変えています。
ただ、自己血糖測定をしているわけではないので、実際に糖質を摂取した場合、どのくらい血糖値が上がっているのかはわかりません。

よく先生のブログで、糖質制限を行っている場合でも糖質を取らざるを得ない状況の時などのみ、ベイスンあるいはグルファストなどを食前服用し、食後の高血糖を押さえるというやり方をお見かけしますが、こちらは保険適用であるとのこと。
私のように、今はまだ糖尿人ではないが、予防を為に食後高血糖にならないように気をつけているなどの場合はこのような方法は取れないということでしょうか?

それとも、まだ糖尿病との診断がおりてなければ、たまの外食などで高血糖になってもそれほど神経質にならなくてもよいのか。糖質制限について、色々と調べたりするにつれて、糖質を摂取する事が怖くなってしまいます。

それなら、自己血糖測定をすればいいだけの話かもしれませんが・・・。」



「10/08/14 ゆうこ
ベイスン
日本では昨年、ベイスンが糖尿病予備軍に対する処方が保険診療で認可されたので、まずは診察を受けてみてはいかがですか?」



千咲さん、ゆうこさん。
コメントありがとうございます。

「ベイスンが耐糖能異常に対して保険適応になった。」

という話しを聞いた記憶がかすかにあったような気がしますが、すっかり忘れていました。( ̄_ ̄|||)

ゆうこさん、思い出させていただいて感謝です。

念のために調べてみました。


☆☆☆ ミクス outline

武田薬品 糖尿病治療薬ベイスンで糖尿病予防効能の承認取得
http://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/38064/Default.aspx
公開日時 2009/10/20 05:01

【武田薬品は10月19日、糖尿病治療薬ベイスン錠0.2、同OD錠0.2(一般名:ボグリボース)に、血糖値を正常に戻す力を示す耐糖能に異常がある患者の、2型糖尿病の発症を抑制する効能追加承認を日本で取得したと発表した。
この効能の取得は日本で初めてという。承認は16日付で取得した。ただし投与は、食事療法・運動療法を十分に行っても改善されない場合に限る。

厚生労働省保険局医療課は承認と同時に、健康保険上の取り扱いを通知し、耐糖能異常と判断された上で
「食事療法及び運動療法を3~6ヵ月間行っても改善されず、かつ高血圧症、脂質異常症(高トリグリセド血症、低HDLコレステロール血症等)のいずれかほ基礎疾患として有する患者を対象とする場合に限り、保険適用されるものとする」との見解を示した。

同社によると、これまでの臨床試験ではほどんど患者がいずれかを有していた。耐糖能異常の患者数を明確に示したデータはないという。ベイスンの08年度国内売上高は471億円。この効能で欧米への申請はしていない。】


2010年10月16日に、耐糖能異常における2型糖尿病の発症抑制に、ベイスン錠0.2、同OD錠0.2が、保険適応となったのですね。

ベイスン錠0.3、同OD錠0.3は、耐糖能異常には適応となっていません。下記ベイスンの効能*をご参照ください。

保険適応となるためには、一定のハードルがあります。

①耐糖能異常**と判断され、糖尿病発症抑制の基本である食事療法及び運動療法を3~6ヵ月間行っても改善されず、かつ高血圧症、脂質異常症(高トリグリセリド血症、低HDL コレステロール血症等)のいずれかを基礎疾患として有する患者を対象とする場合に限り、保険適用される。

②診療報酬明細書には、耐糖能異常と判断した根拠(判断した年月日とその結果)、食事療法及び運動療法を3~6ヵ月間行っても改善されなかった旨及び高血圧症又は脂質異常症の診断名を記載する。

つまり①②をクリアしないと保険適応となりません。
千咲さん、とりあえず主治医と相談してみて下さいね。


江部康二


*ベイスンの効能
【効能A】
糖尿病の食後過血糖の改善(ただし、食事療法・運動療法を行っている患者で十分な効果が得られない場合、又は食事療法・運動療法に加えて経口血糖降下剤若しくはインスリン製剤を使用している患者で十分な効果が得られない場合に限る)
【効能B】
耐糖能異常における2型糖尿病の発症抑制(錠0.2のみ)(ただし、食事療法・運動療法を十分に行っても改善されない場合に限る)

**耐糖能異常
空腹時血糖値が110mg/dl~126mg/dL未満あるいは
75g経口ブドウ糖負荷試験の血糖2時間値が140~199mg/dL



テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
ありがとうございました
江部先生、ゆうこさん

丁寧なご回答ありがとうございました。
 
まずは、診察ですね。先日ご紹介いただいた医院をさっそく受診してみようと思います。

2010/08/16(Mon) 09:20 | URL | 千咲 | 【編集
疑問?
糖尿人になって4年目になりました!
最初からベイスンと食生活,運動に励み
徐々に良くなりましたが、
糖質制限に出会い(^-^)1年になります。
毎月の検査結果に喜び!と満足感を味ってます!巡り合えた事に感謝です(^。^)
たまに薬を飲まなくても対した変化もないので(自己検査器使用)3ヶ月前からベイスンを辞めてます…ヘモグロビンA1c5.8改訂後)
先生に薬は飲んでないと話したら、意味がある薬なんだからちゃんと飲まなくちゃだめ!糖質制限は辞めなさい!心筋梗塞で亡くなってるデータが多い!と。
でも糖質制限辞める気はありません(^O^)/
薬を飲み続けた方が良いのかな…
2012/05/18(Fri) 09:35 | URL | さえこ | 【編集
Re: 疑問?
さえこ さん。

HbA1c5.8%(NGSP値)ならコントロール優秀です。

ベイスンは良い薬と思いますが、コントロール優秀の人には必要ないと思います。

「糖質制限は辞めなさい!心筋梗塞で亡くなってるデータが多い!」
このようなデータは存在しませんのでご安心ください。
2012/05/18(Fri) 17:27 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック