FC2ブログ
【糖質制限食とは】
糖質制限食とは】

米国糖尿病協会によれば、食べ物が消化・吸収されたあと、糖質は100%血糖に変わりますが、タンパク質・脂質は血糖に変わりません。

また糖質は、摂取直後から急峻に血糖値を高く速く上昇させ、2時間以内にほとんどすべてが吸収されます。

これらは、含有エネルギーとは無関係な、三大栄養素の生理学的特質です。 

このように、糖質、脂質、タンパク質のうち、糖質だけが血糖値を上昇させます。

従って、糖質を摂取した時には、インスリンが大量に追加分泌されます。

脂質を摂取しても、インスリンの追加分泌はありません。タンパク質は、ごく少量のインスリンを追加分泌させます。

現在糖尿病において、食後の急激な高血糖(グルコーススパイク)が、大きな問題として注目されています。

食後高血糖が、心筋梗塞や脳梗塞などの合併症を起こす危険因子として、確立されたからです。

そして、食後高血糖を起こすのは、三大栄養素のなかで糖質だけなのです。

1gの糖質が体重64kgの2型糖尿病の人の血糖値を約3mg上昇させます。

炊いた白ご飯茶碗1杯150g(252kcal)には55.3gの糖質が含まれており、血糖値を166mg上昇させます。

一方、牛サーロインステーキを200g(約1000キロカロリー)食べても、糖質含有量は1gもないので、食後高血糖はほとんど生じないのです。
 
なお、1gの糖質が、体重64kgの1型糖尿病の人の血糖値を5mg上昇させます。

糖質制限食の基本的な考え方は、上述のような生理学的事実をベースにできるだけ糖質の摂取を低く抑えて、食後高血糖を防ぐというものです。

簡単に言えば、主食を抜いておかずばかり食べるというイメージになります。抜く必要がある主食とは米飯・めん類・パンなどの米・麦製品や芋類など糖質が主成分のものです。
 
3食主食抜きのスーパー糖質制限食(糖質12%、タンパク質32%、脂質56%)なら、薬に頼ることなく速やかにリアルタイムで良好な血糖コントロールが可能です。

一方、上述の白ご飯とステーキの例でも明らかなように、カロリー計算に基づいて血糖値をコントロールすることは、理論的に不可能です。

従って、現行の日本糖尿病学会推薦の糖尿病食(糖質60%、タンパク質20%、脂質20%)を実践する限りは、一日の摂取カロリーを1200キロカロリーと低く抑えたとしても、食後高血糖が必ず生じるのです。

糖尿病の改善には、カロリー制限より糖質制限ということがおわかりいただけたと思います。

なお糖質制限食は、カロリー無制限ということではありません。一般的な標準摂取カロリーの範囲、すなわち男性なら1600~2000キロカロリー、女性なら1200~1600キロカロリーくらいが目安です。

糖質制限食を実践される時のご注意】

本にも書いてありますが、 糖質制限食によりリアルタイムに血糖値が改善します。

このため、既に経口血糖降下剤(オイグルコン、アマリールなど)の内服や、インスリン注射をしておられる糖尿人は、低血糖の心配がありますので、必ず主治医と相談して頂きたいと思います。

一方、薬を使用してない糖尿人は、低血糖の心配はほとんどないので、

「主食を抜けば糖尿病は良くなる!」
「主食を抜けば糖尿病は良くなる!実践編」
「我ら糖尿人、元気なのには理由がある。」
「やせる食べ方」
「糖尿病が良くなるごちそうレシピ」
「 糖質制限食 春のレシピ」
「 糖質制限食 夏のレシピ」
「糖質制限食 秋のレシピ」
「糖質制限食 冬のレシピ」
「血糖値を上げない!健康おつまみ109」
(以上東洋経済新報社)

「糖質オフ」ごちそうごはん
(アスペクト)

dancyu プレジデントムック 「満腹ダイエット 」
dancyu プレジデントムック  「酒飲みダイエット 」
(プレジデント社)

などを参考にされ、自力で 糖質制限食を実践して糖尿病改善を目指していただけば幸いです。

血液検査で血清クレアチニン値が高値で腎障害がある場合と、活動性の膵炎がある場合、肝硬変の場合は、糖質制限食は適応となりませんのでご注意ください。

糖質制限食は、相対的に高タンパク・高脂肪食になるので、腎不全と活動性膵炎には適応とならないのです。
肝硬変では、糖新生能力が低下しているため、適応となりません。

なお、機能性低血糖症の場合、炭水化物依存症レベルが重症のとき、糖新生能力が低下していることがあり、まれに低血糖症を生じますので注意が必要です。

また、どのような食事療法でも合う合わないがあります。糖質制限食もその一つですので、合わないとご自分で判断されたら中止していただけば幸いです。


【糖質制限食コントロール・教育入院のご案内・保険適応】

お問い合わせは高雄病院
http://www.takao-hospital.jp/

住所:京都市右京区梅ヶ畑畑町3 
電話:075-871-0245
ベットが空くまでお待ち頂くこともありますがご了承下さい。

【糖質制限食外来治療のご案内・予約制・保険適応】

高雄病院  電話:075-871-0245
京都市右京区梅ヶ畑畑町3

高雄病院京都駅前診療所  電話:075-352-5050
京都市下京区七条通り烏丸東入ル(50M)北側 ネオフィス 七条烏丸4F
http://www.takao-hospital.net/

江部診療所 電話:075-712-8133
京都市左京区下鴨高木町6 アトリエ・フォー 2F


【糖質制限食 質問、記事、本に関するお知らせ・お願い】

ブログ読者の皆さんには、いつもコメントいただき、ありがとうございます。

糖質制限食に関する質問についてですが、実際に高雄病院や江部診療所に来院されて診察した患者さんに対しては、医師としての責任・債務がありますので、個別に説明もしっかりさせて頂いていますし、フォローもしております。

一方、ブログ読者の皆さんの質問に関しては、糖質制限食に詳しい医師として、ボランティアで回答させていただいています。

診察もしておりませんしフォローもできませんので、責任もとれません。

私の回答は、あくまでも一般論としての参考意見とお考え頂けば幸いです。

また、ブログ記事や本に関しても同様に、糖質制限食に関する一般論としての参考意見とお考え下さい。

従いまして、読者の皆さんが私の参考意見を読まれて、どのように利用されるかは、自己責任でよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

そして読者の皆さんからもご意見いただきましたが、普通のお医者さんに相談可能な個人的な内容の質問は、ご自分の主治医にご相談頂けば助かります。

普通のお医者さんでは解答不能の、糖質制限食に関わる質問は、何でもどんどんしていただけば嬉しいです。 (^_^)

掲載OKの質問に関して、読者の皆さんに共有していただきたい情報の場合は、ブログ本文にて、できるだけ順番にお答えしたいと思います。質問によってはコメント欄でお早めにお答えする場合もありますのでご了承ください。

一方、コメント・質問がかなり増えてきていますので、なかなか即、お答えすることが困難となってきています。
できるだけ全ての質問に本文かコメントでお答えするよう努力はしていますが、できないときはご容赦願います。m(_ _)m

それから、「管理人のみ閲覧できる」「匿名希望」などの質問に関しては、コメント欄にお答えするか、一般的な話題に置き換えてブログに記載するようにしていますので、よろしくお願い申し上げます。



江部康二

テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
おはようございます。先生の本に出会ってからずっと糖質制限しています。お陰さまで空腹は正常値をたもっています。
私的な事を質問させて下さい。
糖質制限前は空腹血糖106 (食後5時間)
食事直後(食後のおやつ含)194(SMBGより)
などと言うときもありました。症状は舌の火傷したような傷みに伴い、会話がしにくくなりました。歯痕舌にもなりました。身長164体重46とヤセガタの大食漢でいくら食べても太らないのが不思議でした。でもそれが糖尿性の体重減少だったのかもしれません。
今は糖質制限していて(時々お菓子を少量食べちゃいますが)空腹血糖は90でした。どちらも健康診断の数値でA1cは測ってません。SMBGもまだ持っていません。糖質制限前の推測A1cなどわかるでしょうか。
また、今は糖質制限食中ですが満腹感になるまで食べてしまう事が続くと夜中足がつるのですが、(以前の制限前よりは数値も食事も少ないはずなのに)糖質制限といっても満腹感になるまで食べては積み重なって高血糖になっているということなのでしょうか?
しかも体重が増えました。今は少し満腹感になるまでたべると体重に影響します。現在50キロです。血糖値は改善しているのに体重が増えたと言うことは糖尿性の体重減少が改善したのか食べる量がまだ多いのか(以前のようには食べてないはずなのですが)どのように解釈するべきでしょうか。体重増加=脂肪増加で食後血糖は上がっているのかもしれません。
本当は病院にかかるのが一番と思いますが、まだ30歳と若いもので病院に行くのは抵抗があります。でもいつかは行こうと思ってます。
たくさん質問してしまいましたが御手数でなければ教えて下さい。
2010/07/31(Sat) 06:47 | URL | 不思議 | 【編集
Re: ブログに感謝&お尋ねしたいこと
長野県の 優子 さん。

諏訪中央病院漢方外来の長坂和
彦先生は
糖質制限食の指導をしておられます。
江部康二に聞いたということで、ご相談ください。

諏訪中央病院
〒391-8503 長野県茅野市玉川4300番地 TEL 0266-72-1000(代)


入院の相談は高雄病院(075-871-0245)に電話され
入院担当職員とご相談ください。
2010/07/31(Sat) 07:36 | URL | ドクター江部 | 【編集
治療後神経障害
3月10日には、中間型インシュリン44単位打っていたセインです。
7月30日の診察で、インシュリン0経口剤なしが確定しました。
スーパー糖質制限食の結果として報告させてもらいます。
なお、以前、過去の血糖不良のため足に神経障害の合併症が出たと報告しましたが、主治医診察の結果、治療後神経障害とされ、このままの良好な血糖コントロールを続けていけば半年遅くとも1年後には治る、と言われ喜んでいます。
すべて、糖質制限のおかげだと思います。後に続く人の参考データになればと思い報告させてもらいます。
2010/07/31(Sat) 15:42 | URL | セイン | 【編集
お忙しい中、いつも解答を頂き感謝しています。
そのお礼が言いたくてコメントしました。

ほんとにありがとうございます!!!!

先生もお身体に気を付けて頑張って下さいね!!!!
2010/08/01(Sun) 03:07 | URL | きなこ | 【編集
いつも拝見させていただいてます
肉好きな私自身は糖質制限が苦にはならないのですが、肉卵嫌い魚好きでさらには糖質大好きな母にどぅ糖質制限させたらよいか悩んでいます。
まだ60来たばかりもっと元気で長生きしてほしいのです。
ちなみに母は高血圧の薬を10年飲んでます。
先日の健康診断では肝機能が引っ掛かったと言ってました(;_;)
2010/08/01(Sun) 21:54 | URL | てちか | 【編集
糖尿病の判断の仕方について質問です
会社で糖尿が出たため、ネットで調べているうちに江部先生のブログを発見し、本を読ませて頂き糖質制限食(スタンダード)を行わせて戴いております。
さて本題ですが糖質制限食実践前に病院で血液検査をした際、空腹血糖値が120でHba1cの値は6.5でした。その際『糖尿病』と診断されて糖尿病専門科に回されそこでも有無を言わさず『糖尿病』として扱われたのですが…江部先生のブログを拝見すると空腹血糖値が126超えてない場合はHba1cがたとえ6.5以上でもあくまでも糖尿病疑いがあるというにとどまるということですよね?(ちなみにその他のインスリン分泌量などは正常な値でした)
その後糖質制限食を行い、(一週間後)血液検査を行ったのですがその時の空腹血糖値は93でした。それでもそこには全く触れずに『糖尿病』で治らないからカロリー計算して食事しろとずっと来院するようにとしか言われません。
長くなりましたが、私はあくまで『糖尿病』ではなく『糖尿病疑い』という扱いが正しいのかという点と病院を変えた方がいいのかという点の二点がお聞きしたくコメント致しました。
因みに私は長野県上田市在中です。
お忙しい中、長文失礼致しました。
2010/08/01(Sun) 23:34 | URL | DIL | 【編集
付け加え
3つほど前のコメント、治療後神経障害という題で投稿したセインです。
インシュリン注射、打たずに済むのは、18年ぶりです。慣れてしまっていて、注射を打つのは、あまり抵抗はなかったのですが、打たずに済む食生活を2日だけですが経験してみるとなかなか快適です。
単位数が減ることは、実は、全然苦労はしてなくて、どちらかというと、ゲーム感覚的に減っていくのが楽しくて、そのために、ますますスーパー糖質制限食に集中できたという人でもあります。体重とか中性脂肪とかとか総コレストロールの値とかも、人一倍悪かったので、その変化は大きく、その改善は、取り組んでいく上で励みになっていました。こういうことを書くと顰蹙を買うかもしれませんが、克服的トライとして楽しんでやってきたというのが本当のところです。
今、治療後神経障害と言うことで、主治医は、6ヶ月から長くても1年で症状は治まる。リハビリはどんなことをしたらいいのでしょうと聞く私に、特にする必要はないと言ってくれたのですが、個人的に、治るという前提があったら、リハビリとか身体をいじめるとか言うのは、好きな方なので、集中してとりくんでいます。
足の指は、ぴくりとも動かなかったし、すねはしびれていたし、右下肢の裏全体が麻痺していたので、合併症かもしれんと思っていろいろ病院を回って、最初ヘルニアって診断され絶望的になっていたのですが、神経内科のMRI検査(信じれないくらい高かった)の結果、軽いヘルニアはあるもののそれは、神経を圧迫していないからセインの場合は、糖尿病の性と言われました。早合点していた自分は、勝手に合併症と思っていたのですが、30日に主治医診察を受けると、合併症じゃない、治療後神経障害(はじめて聞く病名?)で、長い不良な血糖コントロールが続いた人が急に良好な状態になると見られる症状。人によるが半年から遅くても1年でその症状は消える、と大変うれしい診察結果でした。どうしてったらいいのですがと聞くと引き続き良好な血糖コントロールと続けていけばよいという話でした。そのためにはスーパー糖質制限を続けていけばいいだけの話ですから、簡単です。
診断を受けたのが金曜日、今日は月曜日、足のしびれは、かすかに残ってますが、日常生活のうえで支障はないまでに回復しております。
なかなかミラクルであります。
この神経障害が、なくなった後が実はセインにとって問題です。
糖質制限を続けていく明確な目標というかなんというかそういうものがなくなってしまいました。
食後高血糖をは、身体に良くないので糖尿人であることは変わらないのだから、糖質制限を続けていくことが有効というかベストな選択という理屈は分かるのですが、セインにとって、その理屈だけで、ずっと糖質制限を続けていく動機には、ならないという変な悩みがあります。かと言って、今更、お米を食べるのには、もっと抵抗があります。
なにか、いいアドバイスがあれば、よろしくお願いします。
宗本先生に、相談したら、趣味を持てって言われましたけど。
重ね重ね、よろしくお願いします、セインでした。

コメントを読んでいる方にもお願いしたいと思います。メールアドレスは載せておりますので(セインという名前をクリックするとメールが送れるようになってます)よろしくお願いします<(_ _)>。
2010/08/02(Mon) 06:13 | URL | セイン | 【編集
ありがとうございました。
江部先生、お忙しい中、コメントをありがとうございました。
早速、連絡して行って来ます。
まだ、先生のブログを全部読んでいなくて、諏訪中央病院のことが書かれてあったのに申し訳ありません。
9月にがん患者さんと一緒に富士山登山を行いますが、登山の行動食などとても参考になりました。先生のブログに出会えて、本当に嬉しく思っています。
ありがとうございました。
2010/08/02(Mon) 09:13 | URL | 長野県の優子 | 【編集
Re: タイトルなし
不思議さん。

体重は糖尿病コントロールがよくなって減少がとまったのでしょう。
血糖値を上げるのは糖質だけで、タンパク質・脂質は上げません。
2010年07月31日 (土)のブログ記事をご参照ください。
病院受診が賢明と思いますよ。


2010/08/04(Wed) 14:02 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 治療後神経障害
セインさん。

よかったですね。
2010/08/04(Wed) 14:09 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし
てちか さん。

糖尿病でないなら、高雄病院食生活十箇条で、
如何でしょう。

未精製の穀物を主食として、少なめに摂取して、お魚や野菜や豆腐はたっぷりで
よいと思いますよ。
2010/08/04(Wed) 14:41 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 糖尿病の判断の仕方について質問です
DIL さん。

仰有るとおり診断基準的には、糖尿病疑いですね。
糖質制限食に理解がある長野県の医師は
諏訪中央病院の漢方科、長坂医師です。
2010/08/04(Wed) 14:49 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 付け加え
セインさん。

治療後神経障害が改善してきて良かったですね。
高雄病院に入院されたときに、糖質制限食についていろいろお話ししましょう。
2010/08/04(Wed) 14:53 | URL | ドクター江部 | 【編集
愛知で教育入院したいのですが
はじめまして。
30代後半の男性会社員です。
自分でいろいろ調べて、7月に先生のブログを知り、先生の著書も読み、なんとか血糖値を下げてきました。
ちなみに、5月下旬に郵送血液検査でヘモグロビンA1cが、14.3%もありました。
最近、内科医にかかりました。「糖質制限食」について理解していただけないし、まだまだ食後高血糖が防ぎきれていないので、教育入院したいです。
京都の高雄病院に入院することも検討していますが、愛知で教育入院できる医療機関をご教示いただければ幸いです。
2010/08/04(Wed) 15:25 | URL | よし | 【編集
Re: 愛知で教育入院したいのですが
よし さん。

スーパー糖質制限食のコントロール・教育入院ができるのは、現在高雄病院だけです。
2010/08/04(Wed) 16:07 | URL | ドクター江部 | 【編集
ブドウ糖負荷試験
はじめまして。kimmy 34歳と言います。現在、2ヶ月の赤ちゃんのママです。妊娠中、妊娠糖尿病と判断され、先生のブログに辿りつきました。
おかげで、インシュリンも打たず糖質制限の食事コントロールだけで、無事通常分娩をむかえることができました。ありがとうございます。
さて本日、産後5週間程たちましたので、ブドウ糖負荷試験をしてその結果が出ました。

前:血糖値83(IRI2.6)
30分:血糖値185(IRI27.3)
60分:血糖値231(IRI64.8)
120分:血糖値214(IRI92.3)

と糖尿病型と判断されました。
6月(3ヶ月前妊娠時)のOGTTでは
1時間:血糖値205 2時間:血糖値169
だったのに、産後も糖質制限を実施していたのに
正直数値が悪くなったのにがっかりです。
妊娠中のOGTTは産婦人科で行いました。
採血は簡易測定器だったので正確ではなかっあたのでしょうか。

この結果からインシュリン出遅れはもちろん
かなり抵抗性があるようです。
しかし、身長161cm 体重49kg で
太ってもいなく。。。このような場合でも
糖質制限をしていれば耐糖能は改善していく
のでしょうか。

ちなみに、A1Cは妊娠中5.6
2週間前5.4と改善されています。

第2子を希望しているので、
これからも糖質制限を続けていきたいと
思っております。

本日、おそるおそる主治医にもローカーボの
話をした所、興味をもっておられたようで
主治医の先生も来週大阪から先生を招いた
ローカーボの勉強会に出席されるとの事。
私の経過も知らせてくださいと事で、
安心しております。

宜しくお願いします







2010/08/04(Wed) 17:17 | URL | kimmy | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック