FC2ブログ
アルコールと血糖値
こんにちは。

京都、暑いです。

信号待ちの日差しで、全身こんがり焼け焦げそうになりました。

車の窓硝子越しの日差しでも、腕がひりひりしました。

来週末からでかける富士見高原の涼しさが羨ましいです。

待ち遠しいです。

さて今回は、ともたくさんから、アルコールと血糖値について、コメント・質問をいただきました。
復習を兼ねて、考えて見ましょう。


「10/07/22 ともたく
アルコールの効果
発覚から間もなく1年になる糖尿人です。今の所、このブログを参考に一喜一憂しながら、日々格闘しています。アルコールが血糖値に与える影響について質問です。お時間ある時にお教え頂ければ嬉しいです。
以前は350の缶ビール一本でべろべろでしたが、糖質制限してからは二本は楽に飲めるようになりました。お酒を飲んだ後、ラーメンを食べたくなるのは血糖値が低下するため糖質を摂取したくなるから!と聞いたことがあります。
この1年ラーメンは食べていませんが、アルコールが血糖値を抑制する効果はあるのでしょうか? 飲酒した場合としなかった場合、同じ食事をした際、血糖値の変動に違いはありますか?お酒は当然、糖質0です。」


ともたくさん。
コメントありがとうございます。

アルコールには、血糖低下作用があります。

ただ個人差が大きいので、

(A)gのアルコールが血糖値を(B)mg、低下させるというように一律にはいきません。

アルコールそのものは、1gが約7キロカロリーの燃焼エネルギーをもっていますが、摂取時の利用効率は約70%です。

エネルギー源としては、

<アルコール→糖質→脂質→タンパク質>

の順で利用されます。

またアルコールは、糖質や脂質と違って摂取しても体重増加作用がありませんし、血糖値も上昇させませんし、ビタミンやミネラルにも乏しいので、「empty calory 」と言われています。

焼酎・ウィスキーなどの蒸留酒には、糖質は含まれていないので、血糖は全く上昇しません。

一方、アルコールを摂取すると、人体に対する毒物とみなされて優先的に肝臓で分解されますので、その間、同じ補酵素を使う糖新生がブロックされてしまいます。

従って、アルコールを摂取すると結果として、肝臓の糖新生を抑制することとなります。このことがアルコールの血糖降下作用の本質です。

血中アルコール濃度が上昇している間は、糖新生はブロックされるので、個人差が大きいと思いますが、酒を飲んでいる最中は、血糖値が下がる人もいると思います。

また、一定量以上のアルコールを摂取すれば、血中にアルコールが残存し、肝臓の夜間糖新生はブロックされ、翌朝の早朝空腹時血糖値は、下がる可能性が高いです。

なお空腹時にアルコールを飲んだりすれば、糖新生が抑制される分、インスリン注射やスルフォニル尿素剤を内服している人は、低血糖を起しやすくなるので、充分な注意が必要です。


江部康二
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
低血糖と異常行動
いつも先生のサイト読ませていただいております。わかりやすくとても勉強になります。ありがとうございます。
お忙しいところ本当に恐縮なのですが、是非アドバイスを頂ければと思う事があります。
私の72歳の母ですが、20年来の糖尿病患者で、きちんと食べアルコールも摂取しないにも関わらず意識障害まで起こるひどい低血糖に最近は度々なってしまいます。
長年インシュリン注射をしておりますが幸い大きな合併症もなく、本人も食事・運動ともに非常に気を使ってまいりました。ただ、ここ1、2年ほど、何のサインも無く就寝中の低血糖に加え、起きている時も低血糖も度々おこり、意識が低下し、異常行動も起こります。
以前は、起きている時、低血糖が起きると本人が体のサインを感じ、ひどくなる前にブトウ糖を補給するなど対策が講じられたのですが、最近は起きている時もいきなりの意識低下、異常行動まで至り、その頻度も月一ペースになってきてしまいました。家族一同心配で心配でたまりません。低血糖が起こらないようにたくさん食べるのも合併症が心配ですし、いままで長年がんばって食事を節制してきただけに本人も気がのらないようです。何か良い方法があれば是非教えてくださいませ。お願いいたします。
2010/07/24(Sat) 22:13 | URL | billsy | 【編集
質問が二つあります。
いつもブログを拝見し糖質制限がんばっています。質問が二つあります。
1、ダイエットを始めスーパーで約2週間がんばり体重が減りました。しかしスタンダード(朝だけ少しパンを食べ他は糖質制限食)に変えた途端に1㎏リバウンドしちっとも減らなくなりました。私は特殊体質なのでしょうか?スーパーではないと痩せられないということでしょうか?
2、糖質をとってしまった時の対処についての質問です。今日友人宅で予定外の夕飯のもてなしを受けました。サンドイッチにお菓子にデザートに糖質ゼロではないビール…気づけば糖質をたくさんとってしまいました。30分後に運動を出来る環境でもなく、帰宅後に必死で運動しましたがムダでしょうか?糖質をとってしまいかつ30分後に運動が出来ない場合に、何とかましになる対処法があれば教えて下さい。
2010/07/24(Sat) 23:43 | URL | おまみ | 【編集
ありがとうございました
アルコールと血糖値について解説頂き、ありがとうございました。1年戦っていると、数値の落ち着きに伴い、誤った思い込みと自己規制が緩くなることに気を付けています。自己責任のもと今後も勉強させていただきます。
2010/07/25(Sun) 03:06 | URL | ともたく | 【編集
Re: 低血糖と異常行動
billsyさん。

低血糖が生じるということは、インスリンの量が多すぎるということです。
主治医とよくご相談ください。
糖質のグラム数を計算せずにインスリンを打つのは、血糖値の乱高下の元になります。
糖質を摂取するとしてもカーボカウントはしたほうが良いと思います。

なおカロリー制限食から糖質制限食に変更した場合、必要なインスリンの量は1/3以下にしないと
低血糖になりますので、ご参考まで。
2010/07/25(Sun) 09:19 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 質問が二つあります。
おまみさん。

倹約遺伝子タイプかもしれませんね。
そうなら、「糖質制限+カロリー制限」が必要となります。

糖質を摂ってしばらく後に、帰宅して運動するのは、無駄ではありません。いいことですよ。
また日常的に運動して筋肉量が増えると基礎代謝も増えるので痩せやすいですね。
2010/07/25(Sun) 09:24 | URL | ドクター江部 | 【編集
アルコール摂取した場合の糖質
いつも役にたつ情報をありがとうございます。私は以前は食事ごとにアマリール1ミリを処方されていました。糖質制限を知ったおかげで血糖値全般が大きく改善し、今は重い食事の場合のみ服用しています。それでも最近は気をつけないと低血糖気味になってきたので、薬の量の調節を模索しているとことです。

あまりに初歩的で気がひける疑問なのですが…。アルコールの摂取の仕方についてです。

先日結婚式のディナーでフランス料理を食した時、シャンパンやワインを結構飲み、後ろめたく思いながらフランスパンなど少々食べてしまったのですが、2時間後の血糖値が128でした。先日似たような状況で食後に薬を服用した時は低血糖気味になってしまったので、今回は薬を飲まなかったのです。

都合のいい解釈をすると、アルコールを摂取した場合は多少糖質をとってもいいということなのでしょうか?それとも血糖値が上がらなかったとしても、糖質を取ること自体をやめたほうがいいのでしょうか。
2010/07/25(Sun) 23:57 | URL | seki | 【編集
Re: アルコール摂取した場合の糖質
seki さん。

個人差があるので糖尿人全てにおいて言えるわけではないのですが、
seki さんの場合は
「アルコールを摂取した場合は多少糖質をとってもいいということ」
でOKと思います。
2010/07/26(Mon) 15:59 | URL | ドクター江部 | 【編集
アルコールは血糖値を上げる事もある?
いつも先生のわかりやすい情報発信楽しみにしている者です。
こんな記事を見つけました。
http://medical.yahoo.co.jp/diet/bihada/12031/
「アルコールには肝臓内のグリコーゲンをブドウ糖へと分解する作用を促進する働きがあるため、一時的に血糖値が上昇します。」
もう1つ見つけました。
http://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-01-013.html
「アルコールは肝臓内でのグリコーゲンからブドウ糖への分解を亢進させ、飲酒後に一過性に血糖値を上昇させます。」
飲酒直後は、血糖値が上昇するが、その後糖新生の抑制で、最終的に血糖値が下がるという事でしょうか?
そうなれば、飲酒でのミニグルコーススパイクが起こり得るということでしょうか?
また、飲酒後の一過性の血糖値上昇が改善するのは、肝臓のグリコーゲンが枯渇するから?筋肉のグリコーゲンは影響を受けないのか?
チョットぷちパニックです(^^;;
もしよろしければ、ご教授頂けますと幸いです。
よろしくお願いします。
2015/07/18(Sat) 22:07 | URL | ちゃんこつ | 【編集
Re: アルコールは血糖値を上げる事もある?
ちゃんこつ さん


「アルコールそのものは、糖質や脂質と違って摂取しても体重増加作用がありませんし、血糖値も上昇させません。」
(糖尿病専門医研修ガイドブック改訂第4版、2009年、81ページ)


こちらの情報のほうが、信頼度が高いと思います。
2015/07/19(Sun) 18:00 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック