FC2ブログ
蛋白尿改善とグルコースミニスパイク
おはようございます。

豪雨の梅雨があけてほっと一息ですが、今度はやたら暑いです。

梅雨がきつかったせいか、今年はまだ蝉の鳴き声がほとんど聞こえません。定番の夏の風物詩がないと何だかさみしいですね。

さて今日は、けいさんから嬉しいコメントをいただきました。


「10/07/18 けい
1時間値
いつも有難うございます。
いろんな話が出ても私は糖質制限のおかげでここまで良くなったと思っておりますので支持していきます!!

ミニスパイクについて質問があるのですが、過去のブログでも、先生の本にも食後一時間値170位でミニスパイクとなっておりますが、先生のお考えになるミニスパイクに当てはまらない1時間値はどの位なのでしょうか?
私は150~160位までに収まるようにしているのですが、これでは代謝の乱れになってしまうのでしょうか?

お時間のございます時にアドバイス頂ければと思います。

最後に、前回(約2ヶ月前)尿蛋白がマイナスになったとご報告させて頂きましたが、その後3回ほど尿検査をしましたが、全てマイナスとなっています!
今度尿中アルブミン検査を再度行う予定です。

ありがとうございました。」


けい さん。
コメントありがとうございます。

「前回(約2ヶ月前)尿蛋白がマイナスになったとご報告させて頂きましたが、その後3回ほど尿検査をしましたが、全てマイナスとなっています!」

まずは糖尿病腎症第3期A(顕性腎症前期)から早期腎症期へ改善ですね。
良かったです。(^-^)v(^-^)v 

尿中アルブミンも正常化すれば、腎症前期まで改善です。うまくいけばいいですね。

グルコースミニスパイクの考えは、

「正常人でも高GI食品を摂取すると食前血糖値が100mgくらいから食後160~170mgくらいまで上昇するけれど、低GI食品なら、食前100mgくらいから食後140mgくらいまでの上昇ですむ」

というものです。

つまり、グルコースミニスパイクは、糖尿人ではなく正常人におけるお話しです。どこで線をひくというより、食前と食後の血糖値の差が少ないほど、代謝の恒常性(ホメオスターシス)が保たれるということですね。

一方、糖尿人においては、低GI食品でも普通に糖質を一人前摂取すれば食後血糖値は200mg/dlを超えてきます。すなわち、正常人では意味のあったGIが、糖尿人ではほとんど無意味となります。

糖尿病合併症予防の観点から、

まずは、食後2時間血糖値値180mg未満、理想的には140mg/dl未満

をめざすことになります。

さらには、食後1時間血糖値180mg/dl未満

も目標です。

空腹時血糖値も

まずは、126mg/dl未満

理想的には、110mg/dl未満

をめざします。


江部康二

テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
お礼とご報告
先日は、糖尿病予防のアドバイスをありがとうございました。これで自分なりに考えた予防法でやっていく自信が持てました。さて、84歳の母は、20年来糖尿病を患っていて、ここ4~5年、A1cは、6.5以下だったのが今年の3月に6.8になったので急遽、摂取糖質量を減らしたところ4月には、6.1に下がりました。しかし、微量アルブミン値(クレアチン補正値)が30以下でないといけないのに47.4もあり早期腎症期になっておりましたので引き続き糖質制限食を続けていくことにしました。A1cは、5月5.9、6月5.2、7月5.4と劇的な下がりようでした。そして3ヶ月後の7月の微量アルブミン値(クレアチン補正値)も、なななんと、9.3に下がり、ひとまず腎症からの心配も遠のきホッとしました。先生の唱えてみえる「糖尿病には、糖質制限」というお考えにはすばらしいものがあります。ありがとうございます。高齢ですので、これからも無理のないように様子をみながら糖質制限食を続けていくつもりです。ちなみに歯が悪いためにラコールという流動食を3食主食としており、糖質量を約31グラム(200cc/1食)から約19グラム(120cc/1食)に減らした結果です。
2010/07/20(Tue) 15:34 | URL | 心配性 | 【編集
Re: お礼とご報告
心配性さん。

微量アルブミン値正常化良かったですね。
2010/07/20(Tue) 16:34 | URL | ドクター江部 | 【編集
入院が決まりました。
今日、診察を受け、8月からの入院が決まりました。ありがとうございました。このブログや本や他の糖質制限のサイトを見て独学で進めてきました。体質も合っていたようですが、劇的な変化をしました。変化しなかったその前の20年間は、いったいなんだったんだろうと思います。数値的には、実は、もう問題はないのですが、なにゆえ独学のせいで知識に偏りがあると思われます。その是正と身体は急変したけど、心がついて行けてないと感じています。2週間、贅沢だけど20年分のあかを落とす時間に充てたいと思っています。
2010/07/20(Tue) 17:21 | URL | セイン | 【編集
有難うございます。
お忙しいでしょうにいつも丁寧にアドバイス頂き本当に有難うございます。

腎症についてですが、私の場合尿検査で蛋白が+-、又は+(+は一回)、尿中アルブミンは40位だったと思います。
この期間は約5ヶ月続き(糖尿が分かったのが約7ヶ月前)2ヶ月前から-になりました。
この状態は糖尿病腎症第3期A(顕性腎症前期)だったのでしょうか?
私はてっきり2期かと思っていました・・・・
でも良くなったのならよしですね!

ご質問なのですが、
「尿中アルブミンも正常化すれば、腎症前期」
ということは正常になったと考えてよろしいのでしょうか?
もしそうなら今はタンパク質量を80g程度にしているためどうしても緩めの糖質制限食となってしまっているのですが、そこまで回復出来れば完全な糖質制限食へ移行出来、こんなにうれしいことはないと考え目標を持ててうれしいです。

お時間のございます時にでも教えて頂ければと思います。

また血糖値の件ご指導有難うございました。
1時間値180以内ならライスを150g位食べても収まりますので食事が楽になります!

本当にいつも有難うございます。

2010/07/20(Tue) 19:44 | URL | けい | 【編集
肝心な点が抜けてました
入院でお世話になるのは、あこがれの高雄病院です。先生が、ブログの中で、ペンション高雄と言う人もいるというのを覚えてます。楽しみにしてます。
2010/07/21(Wed) 06:31 | URL | セイン | 【編集
Re: 肝心な点が抜けてました
セインさん。

了解です。
入院中、私を見かけたら、声をかけて下さいね。
隔週で健康講座「人類の食生活と糖尿病・アトピー」を担当してますので
是非ご参加ください。
2010/07/21(Wed) 08:14 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 有難うございます。
けい さん。

蛋白尿がはっきりしていれば、糖尿病腎症第3期A(顕性腎症前期)なのですが、
尿中アルブミンは40位なら、第2期(早期腎症期)かもしれません。

「尿中アルブミンも正常化すれば、腎症前期」
正常といえます。医学用語上、腎症前期というようです。

正常になれば、或いは現時点でも少しタンパク量を増やしていいと思います。
バーンスタイン医師は糖尿病腎症第3期A(顕性腎症前期)の確実な蛋白尿の段階から
スーパー糖質制限食で正常に改善しておられます。
2010/07/21(Wed) 08:24 | URL | ドクター江部 | 【編集
アドバイス有難うございます
先生アドバイス有難うございます。
いつものことですが、先生には希望の持てるうれしいアドバイスを頂けて本当に感謝しております。

蛋白量90~100gに増やしてみます!
蛋白の計算をしていて米や野菜にもタンパク質が含まれていている事を初めて知りました。
また色々な食材の栄養なども勉強することが出来、これはこれで家族の為にも良かったのかな?と今では考えられるようになりました。

しかし糖質制限は本当にすばらしいと思います。調べてみると糖尿病腎症第3期になると基本的には後戻り出来ないとなっているのに回復出来る(出来た?)可能性があるのはうれしい限りですね!

また尿中アルブミン検査などの結果が出ましたらご報告させて頂きます。
有難うございました。
2010/07/21(Wed) 20:15 | URL | けい | 【編集
Re: 腎は守りきれるか?
糖存腎さん。

*血清シスタチンCもはかるべきでしょうか?
 そのほうがいいです。
*糖尿性腎と確定した場合、ACE阻害薬ORAⅡ受容体拮抗薬導入は適切でしょうか(正常=前期になる可能性はあるのか)?
 ORAⅡ受容体拮抗薬が第一選択と思います。
*どうしても、コレステコントロールが第一の場合はスタじゃなくて先生がいぜんおしゃっていたコレステ用新薬という選択はありか?
 糖質制限食+ゼチーアという組み合わせはよいと思います。
*高雄病院採用の漢方薬で正常(前期)になる可能性はあるのか?
 漢方で蛋白尿が改善することはありますが、勿論100%ということではありません。
*そもそもどんな方法にしろアルブミン(というより腎)が正常(前期)になる可能性はあるのか
 以前ブログ記事にも書きましたが、糖質制限食でHbA1c5.8%未満を達成すれば
 正常化した人もいます。
2010/07/29(Thu) 19:40 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 追加質問
糖存腎さん。

血液検査でクレアチニン値、シスタチンCが正常なら
今の常識とされている極端な低タンパク食の必要はありますせん。
2010/07/29(Thu) 19:42 | URL | ドクター江部 | 【編集
再追加質問で恐縮です。
*「糖質制限+薬剤」の場合の
薬剤は何が一番適当と考えられるでしょうか?

恐縮です!
2010/07/30(Fri) 11:19 | URL | 糖存腎 | 【編集
Re: 再質問で恐縮です。
糖存腎 さんの
データなら、
今のやりかたでいいと思います。
極端な低タンパク食はいりません。
2010/07/30(Fri) 15:22 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 再追加質問で恐縮です。
糖存腎さん。

主食摂取時前だけ、グルコバイやグルファストを内服とか、

糖質制限食単独でコントロールイマイチのとき、DPP-4阻害剤の併用とかあると思います。

GLP1の注射もありえると思います。

糖質制限食のみでコントロール良好なら、薬はいりませんね。
2010/07/30(Fri) 15:25 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック