FC2ブログ
高雄病院アトピー学校
おはようございます。

今回は、後肥さんから、アトピー改善という嬉しいコメントをいただきました。


「10/06/19 後肥
先生ありがとうございました。
昨日までアトピー入院でお世話になっていました。
おかげで仕事もできるようになり、 趣味のギターも弾けるようになり 嬉しくてしょうがありません・・・

近所の病院に再三通ったのに治せなくて、 抑えられたのも、よかったです。
先生にとってアトピー治療は朝飯前だったかもしれませんが、 どうしても治せなくて悩んでいました。
非常に感謝しております。

先生ありがとうございました。」


後肥さん。
アトピーの改善良かったですね。(^^)

趣味のギター、いいですね。
また第三金曜ライブにも是非どうぞ。☆☆☆

高雄病院アトピー学校では、まずは入院していただき、漢方生薬を内服して、殺菌電解水で皮膚を安全に消毒し、ステロイド外用薬やプロトピック軟膏を塗布して、症状のコントロールをします。

そのあとは、退院したあともコントロール良好が保てるように、食生活、外用薬の上手なぬりかた・やめかた、漢方薬の役割など・・・、アトピーの自己管理に必要な知識や技を入院中に学んでもらい、また体験していただきます。

高雄病院アトピー学校で、アトピーを治すというよりも、アトピーの根本的な治し方を学んでいただくということですね。

入院してアトピーの皮膚症状が良くなるのは、ある意味当たり前なのですが、退院後もその良い状態を保つことは結構難しいことなのです。

他の病院と高雄病院の入院治療における一番大きな違いは、退院後の自己管理のための教育システムがあるかないかです。この入院システムを学校と呼んでいるのは、教育の意味が大きいからなのです。

また、食生活(高雄病院食生活十箇条)の提供・勉強や漢方薬の投与も、他の病院とはひと味違う特徴です。

ともあれ、皮膚のコントロール良好の状態を保ち続けることで、新しい細胞が内側から外側へ1層あがり、一番表面の細胞は垢で落ちてサイクルを繰り替えしています。そのような細胞が8層積み重なって、表面の角質を形成しています。

従って8ヶ月間、コントロール良好を保ち続ければ、角質層の細胞は総入れ替えとなって、滑らかなしっとり肌となり
バリア機能を回復します。

一般にアトピーは治りにくいと言われていますが、バリア機能回復まで持って行ければ、その部位の皮膚に関しては、根本的治癒も夢ではありません。

漢方生薬やエキス治療も、皮膚が赤く熱をもって腫れている炎症が主の時は、熱をとり腫れを退かせる対症療法が中心です。

症状がコントロールできたあとは、細胞が早く入れ替わるように、気の巡り、血の巡りをよくするような生薬に、シフトさせていきます。

食生活や漢方薬で身体の中から、良い細胞に早く入れ替わるようサポートし、プロトピック軟膏を中心に時々ステロイド軟膏も使用し、掻爬行為を予防して、アトピーの根本的治癒を目指すのが、高雄病院方式のアトピー治療です。

なお、食生活に関してですが、糖質制限食でも勿論アトピーは良くなることが多いですが、糖尿病ではありませんので、未精製穀物を主食として適量摂取する高雄病院食生活十箇条でもいいと思います。

後肥さん、このままいい状態を半年・一年、キープし続けて、アトピーの根本的治癒を目指して下さいね。 (^_^)



江部康二


☆☆☆第三金曜ライブ

不肖江部康二、1994年からバンド<TURNING POINT> を率いて、毎月1回第三金曜日夜に、ライブ活動を続けています。

ライブハウス 憧夢 http://www.106215.jp/
電話:075-861-2040
地下鉄東西線   「太秦天神側駅」 下車 北へ 徒歩 1分

入場料:¥1000- ワンドリンクつき

ジャンルはビートルズ、イーグルス、CCR、カーペンターズ、サム・クック、オーティス・レディング、スティービー・ワンダー、キャロル・キング、ベット・ミドラー、クラプトン、ポリス、エルトン・ジョン・・・・そしてサザン・オールスターズ、坂本九、柳ジョージ・・・

要するに何でもありのバンドなので飽きが来なくて長続きしてるようです。 (^_^)

私はボーカル担当です。
つまり楽器が弾けないということですが・・・(-д-;)。

女性ボーカルが二人、ドラム、ギター、ベース、キーボード、アルトサックスの、8人編成のグループです。

最近は、本ブログをご覧になってライブに来られるお客さんも時々おられ、嬉しい限りです。

テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
先生おひさしぶりです。妊娠糖尿病で先生にいろいろとコメントをいただいた 、ことこです。

その後無事に出産し子供も問題なくすくすくと育っています。
産後8週目に妊娠糖尿病の再検査を受け、その後の結果を先日聞きに行ってきました。


結果からすると
『境界型』にいま属しているそうです。妊娠中の75g負荷試験で2時間値が160だったのに、出産後の今回はなんと「190」でした。がっかりです。


正直産後も糖質制限を守り(ときにはみんなと主食も食べました)頑張って来たのになぜ産後あがってしまったのか。
主治医は『産後のメタボリズムなのでよくあること。僕は心配していないよ。』と説明してくれたのですが不安です。空腹時は90、一時間値は忘れましたが正常域だったそうですが、この1時間値は関係ないって聞いたこともあります。

空腹時血糖はちなみに90でした。検査の前日に人と集まり大量のピザを食べてしまったのですが中性脂肪とちがうのでこの食事が血糖にいきなり影響したとは考えにくいですし、もう自分は本当は2型に属してしまったのではないかと思います。



そこで先生に質問なのですが

①本当に主治医のいうように今後の検査で(半年後です)産後ホルモンが完全に落ち着きいまの結果よりも良くなっている可能性が高い。のか。

②主治医いわく食後2時間後の血糖値が120-140以内をキープ出来れば炭水化物を少量とってもかまわない。わたしはビスケット1枚なんかを計算しながらチーズと食べたりしています。


③A1Cは5.2だったのですが、網膜症の検査を受けなくていいのか?一時期尿に泡のようで泡ではないのですが、沈殿物のようなものが浮かんでおり、糖尿の兆候ではと思いました。いまのところ尿検査でひっかかったことはありません。


母乳と粉ミルクの混合ですが、とにかくお腹が空いてしかたがありません。糖質制限をいまでも続けていますが体重は産後も1,5kg妊娠前より増えたまま、減りもしなければ増えもしないというとこです。
糖質制限開始からすでに4ヶ月以上がたっているので体重の減少も落ち着いてきたということでしょうか。。。。。。



一方でうれしいこともありました。
ほかの血液検査では中性脂肪が基準値でもかなり低かったこと。HDLコレステロールが非常に高くドクターに驚かれたこと、これはほめられました。
ただLDLが基準値より高かった(妊娠前は基準値以内)のと、コレステロールが基準値ギリギリの高値であったことは言われましたが、主治医はそれでもHDLの値からすると心配はないと言っていました。


以上長々と申し訳がありません。妊娠糖尿病は日本ではめずらしいとされていますが、海外ではそうではないようです。よってどのサイトをみてもあまり情報が得られません。どうぞ、よろしくおねがいします。
2010/06/20(Sun) 14:10 | URL | ことこ | 【編集
カメリア油(椿油)について
江部先生はじめまして
なると申します

先日、家族がHbA1c5.6で要精密検査となりまして、色々と調べておりましたら、江部先生のブログにたどり着きました。

突然質問をしてしまって申し訳ありません。
私の家ではずっとグレープシードオイルを使用していましたが、リノール酸が良くないとブログにありましたので、エキストラバージンオリーブオイルに変えようと思っています。
他にも色々と調べていたところ、カメリア油(椿油)もオレイン酸が豊富で良い(オリーブオイルよりも!?)という情報がありました。
あまりなじみのないオイルですが、カメリア油もオリーブオイルと同じように健康に良いものと考えていいのでしょうか?

2010/06/20(Sun) 18:37 | URL | なる | 【編集
Re: カメリア油(椿油)について
なる さん。


カメリア油(椿油)
の成分
パルミチン酸、ステアリン酸等の飽和脂肪酸 → 9.1~11.5
オレイン酸 → 85.6~89.4
リノール酸 → 1.3~2.9
α-リノレン酸 → ほぼ0

ご指摘通りオレイン酸が多いですね。
私は整髪料代わりに30数年間使っていますが、食養には使っていません。
オリーブオイルに比べたら高価なのでしょうかね?
2010/06/20(Sun) 19:24 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re:Re: カメリア油(椿油)について
江部先生

早速のご回答ありがとうございました。

椿油は、髪にはとても良いらしいですね。

食用椿油はものにもよりますが、高価みたい(?)ですし、食用としての効果も今の所(私には)ハッキリわからないので、オリーブオイルにしてみようと思います。

今回こちらのブログを拝見して、リノール酸だとか、オレイン酸とかα-リノレン酸とか・・
初めて知ることが出来ました(汗)
大変勉強になりました。

どうもありがとうございました。


2010/06/20(Sun) 21:32 | URL | なる | 【編集
丁寧なお返事いただきまして...
丁寧なお返事いただきまして
感銘、感嘆の極みにございます。

多くのアトピー患者 糖尿病患者が、
江部先生のお力で救われるとホントいいと思います。

私にとっての入院は、
OJTのような教育で
期間と費用を情報と健康に変換する
ようなものでした。
時系列で異なる回復症状に対しての処置を体験し、
様々な肌対策の論理的な情報など覚えました。

この結果 
各々の人の異なる生活環境に対して多様性を高めて、
自分の好みで選択すること、幅を広げること
ができるようになるのだと思います。
食生活の安全性も一つですが、
すこしずつ充実することに気付かされました。

具体的でない文章ですが・・・・
情報量の面でも1回の入院で実生活への適応が難しく
持続性の影響もあるかもしれませんが
複数回入院されるかたが見えるのもこのためかもしれません。

先生の仰る通り、
高雄病院アトピー学校....実に学校ですね!
私は二回目で落第生でした・・。

同じ入院されている方々、
相部屋の糖尿病、アトピーの方を
反面教師として客観視することでも
いろいろ勉強させてもらいました。

先生著書の本一式と一緒に学ぶことで、
入院の相乗効果も大いに期待でき、
看護婦さんの教育マニュアルを頂いたことで、
段階的に記憶して習慣することが
早くでき復習しやすくなりそうです。

何事も、上手くいかないと人は自暴自棄のように
排他思考になり、投げやりになり
医師を軽んじるなど傾向があるかもしれません。
通院で私もうまくいかなくて非常に辛かったのですが、
入院により救われました。
多くの人が江部先生の力で救われるとホントいいです・・・。

今回の入院で
自分の行いを見つめ直し 回心する
非常に貴重な時期を頂いたこと、
先生に重ねてお礼申し上げます。
先生のライブも是非見に行きたいです。
退院日に観にいけばよかった~!

江部先生をはじめ関係の先生方が
日本のすばらしき名医として、
末永く有徳に振舞われていることに心底感謝しています。

ありがとうございました。
2010/06/21(Mon) 01:22 | URL | 後肥(あとぴ) | 【編集
江部先生 こんにちは。

以前、教えて頂いた三宅漢方医院に行ってみました。
今、漢方と飲み薬とステロイドで治療を行っています。
初診日に血液検査をおこない、総IgE 11256 ヒトTARC定量 8840 好酸球 11 という結果で、高度のアトピーと診断されました。
見た目は重症という程は酷くないですが、ステロイドでおさえている状態です。

基準値をはるかに超える数値結果に、悲しくなりました。このまま治療をすれば、この体質は改善されるのでしょうか?
アトピーの患者さんは通常でも私と同じくらいの数値なのでしょうか?

このまま一生治らないんじゃないかと不安で仕方ないです。よろしければお返事下さい。
よろしくお願い致します。
2010/06/22(Tue) 17:00 | URL | きなこ | 【編集
Re: タイトルなし
きなこ さん。

アトピーが改善されれば総IgE 11256は減少していきます。

2010年06月20日 (日) の本ブログ記事に書きましたように
アトピーは根本的に治る可能性が結構高い疾患ですのでご安心ください。

2010/06/22(Tue) 21:31 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック