FC2ブログ
糖質制限食講演会のお知らせ・名古屋・4月17日(土)
おはようございます。

名古屋、東海、中部地方の皆さん、お待たせしました。
4月17日(土)、2009年2月以来の名古屋講演会です。

糖質制限食、おかげさまで医学界においても順調な広がりをみせています。 (^_^)

私達の食事療法に賛同していただける医師・栄養士が確実に増えてきています。
東京の講演会でも、医師の参加が増えています。

この一年、糖質制限食基礎理論もさらに進化をとげて、新しい知識が追加されています。
本もどんどん出版され、学会発表も行われています。

今回の講演会、初めて来られる方も、二度目・三度目・・・の方にも等しくお役に立てると思います。
是非奮ってご参加下さいね。ヾ(^▽^)


以下は講演会主催の"翼"代表の佐橋紀子先生からの最新のメッセージです。

江部康二


☆☆☆
私は名古屋の学習グループ、HUMAN LIFE INFO NET "翼"代表の佐橋紀子と申します。たった一度の人生を人間らしく、豊かに生きたいものと、学習会や講演会などを続け、今年16年目を迎えました。
 会員は全国に210名を数えます。職業も年齢も、居住地もバラバラですが、その心をつないでいるのが機関紙 ”つばさ通信”で、今月で171号になりました。

 今回”翼”は、3回目の江部先生の糖質制限食講演会を行ないます。
350人の大ホールを用意させて頂きましたので、ぜひ、みなさまおいでください。
昨年2月21日に名古屋市女性会館出の講演会に参加された方から、こんな嬉しいメールを頂きました。



「昨年2月、友人の伊藤様からのお誘いで、“つばさ”主催の江部先生の講演会に参加させていただきました。それ以来、機関紙の“つばさ通信”を愛読させていただいています。

 糖質制限食のお話は、夫(50歳)の闘病において大変役に立ちました。夫は38歳のとき、くも膜下出血で倒れ、昨年1月にまた脳梗塞を発症いたしました。

 毎朝歩いていたのですが、体重が115キロもあり、入院中に20キロ減らすことができました。 でも、講演会のおかげでさらに7キロの減量に成功しました。その結果、ヘモグロビンA1Cは8.0あったものが、4.6の正常値まで下がり、胸をなでおろしています。糖質制限食のあまりに大きい効果に驚いています。そして、“つばさ通信”の紙面から実に多くのことを学ばせて頂き、感謝しております。

 食事療法はできるだけ糖質を抑えるというだけです。 一年間で27キロも体重が減るということだけで、随分体力やパワーが減ってしまったように思えましたので、お肉も食べていました、野菜たっぷりの豚しゃぶや衣なしの豚テキなどです。毎食食べたものはたまねぎスライス。食材だけでなく化学的な食品添加物を外す事にも気をつけました。市販の作られた調味料は使いません。基本はかつお・昆布のだし、天然塩、ごま油、レモン、こだわりのしょうゆ、我が家の自家製みそなどで味をつけるようにしています。~の素、~のたれ、マヨネーズ、~ドレッシングは、使いません。そして、我が家こだわりの抗酸化飲料を飲用するだけでなく、お料理にも使っています。人土不二・地産地消・食べ物が命を作る事をよく話題にして家族で話しました。そして、素材のままのお味に感動していただけるようになったことは、とても良かったと思います。      平野時子 (名古屋市)」



 おかげ様で随分遠方の方たちからも、参加の申し込みが来ています。

 愛知県内はもとより、石川県、岐阜県、埼玉県、千葉県、広島県、大阪府などからもお電話がかかり、

嬉しく思っています。糖尿病はいまや国民病の相を成していますが、病院にかかりながらどんどん悪くなっていくこれまでの治療法でなく、

主食を抜くだけで驚くような成果をもたらす糖質制限食の理論や実際をお聴きください。

3人の体験者が実際に経験したことを、ありのままお話いたします。

                                              
HUMAN LIFE INFO NET "翼"代表  佐橋紀子  



☆☆☆

”つばさ” 名古屋公開講座 2010
生活習慣病を予防する食生活
-糖質制限食の理論と実際-

わが国の糖尿病が強く疑われる人や糖尿病の可能性が否定できない人は約2,210万人(平成19年国民健康・栄養調査)と推計され、今や「国民病」とさえ言われる事態になっています。また、メタボリックシンドロームであることが強く疑われるか、その予備群の人は40~74歳の男性の2人に1人、女性の5人に1人(平成20年国民健康・栄養調査)といわれ、時代の進展と共にこれら生活習慣病は増加の一途をたどっています。
生活習慣病は食生活の改善が大変重要です。今回の「“つばさ”名古屋公開講座」では、生活習慣病における食生活をテーマに皆様と共に考えていきたいと思います。

講師
江部 康二
医師/高雄病院理事長

佐橋 紀子
HUMAN LIFE INFO NET “翼”代表
元飯田女子短期大学教授


とき      2010年4月17日(土)午後1:00~4:30
ところ     名古屋市女性会館 大ホール(地下鉄 「東別院」 下車)
参加費    1,200円(資料代含む)
主催     HUMAN LIFE INFO NET “翼”
申し込み先   佐橋 紀子/052-501-0994  原 育世/0568-84-6946
後援   愛知県・愛知県教育委員会
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
ラジオの健康相談に怒ってます
 先日は、ご回答いただいてありがとうございました。また、ブログ読者の方からも、情報をいただき、皆さん本当に真剣に取り組んでいらっしゃるのだと感心いたしました。
 今日、東京に住む母より、<「ラジオの健康相談で糖尿病に、良いのはやはり脂肪制限だ」と云っていました>と、メールが来ました。母は少し、混乱してる様子です。ラジオからの情報だと、一般人には説得力がありますよね。
毎日、江部先生のブログをコピーして送ったり、糖質制限食に必要な物を送っているのに、真逆な情報を耳に入れないで欲しいです。がっかりというより、だんだん怒りにかわってきました。
何故、医者は炭水化物を食べさせたいのでしょうか?炭水化物を食べる→血糖が上がる 素人が実験しても分かる事実を、見逃すのはどういうことでしょうか。
2010/04/08(Thu) 11:30 | URL | ハワイのパイナップル | 【編集
Re: ラジオの健康相談に怒ってます
ハワイのパイナップルさん。

専門家ほど、常識にとらわれやすいのです。

医学界ではいまだに脂肪悪玉説が色濃く染みついているのです。

一方糖質制限食を理解する医師は確実に増えてきていますので・・・・。
2010/04/08(Thu) 16:39 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック