FC2ブログ
<糖質制限食>VS<糖質たっぷりカロリー制限食> 2010年3月
おはようございます。

今回は、rabittoさんから、低炭水化物食(糖質制限食)と高炭水化物食のリスクについて、コメント・質問をいただきました。

【10/03/08 rabitto
糖質制限の目的とリスク
こんにちは
糖質制限をはじめて間もないrabittoと申します。
糖質制限について改めて糖尿病治療の観点から確認させて下さい。

糖尿病の治療の目的(血糖値コントロール)
  ◆食事療法、運動療法、薬物療法
http://fhtyay.net/medical/43.html

治療目的は血糖値コントロールによる合併症の防止であり、そのための食事療法ですが、そこに糖質制限があると思います。
これに対して「低炭水化物食は危険」という意見をよく見かけますが、糖質制限は治療目的である血糖値コントロールを乱すのでしょうか。
「糖質制限は血糖値コントロールを乱さない」、だが危険、というのであれば、血糖値コントロール不良からくる合併症を上回るリスクがあるはずですが、具体的にはどういったリスクでしょうか。

私が調べた範囲ではいずれも見当たりませんでした。

また、逆の観点(高炭水化物食リスク)ではどうでしょうか。

以上についてよろしくお願い致します。】



rabitto さん。
コメントありがとうございます。

糖質制限食とカロリー制限食(高糖質食)どちらがいいの?」

多くの皆さんがもたれる疑問と思います。

まずは質問にお答えします。

☆☆☆ 特殊例を除いて糖質制限食にリスクはありません。
★★★ 高糖質カロリー制限食は食後高血糖を引き起こし、リスクが大きいです。

特殊例とは、血液検査でクレアチニン値が高値で、既に腎不全になっている場合と、活動性の膵炎がある場合です。

糖質制限食は、相対的に高タンパク・高脂質食になります。高タンパク食は、腎不全には適応となりません。
また高脂質食は、活動性膵炎には適応となりません。

rabitto さん、まずは冷静にお考え下さい。

人類誕生以来、農耕以前の400~500万年間は、 狩猟・採集すなわち糖質制限食が生業でした。

人類は、糖質制限食を400~500万年間続けながら突然変異を繰り返し、生理・栄養・代謝系を進化させてきました。 すなわち人類の身体は糖質制限食に適応しているわけです。

おそらく、一定に増加した人口を維持するために、やむを得ず農耕が組織的に開始されたものと考えられます。

従って、農耕以降、穀物に総摂取カロリーの60%を依存する食生活は、 人体の生理・栄養・代謝系にかなりの負担をかけていると考えられます。


本ブログは糖尿人に、

糖質制限食(糖質12%、脂質56%、タンパク質32%)

を推進する立場ですが、世の中は相変わらず、

糖質たっぷりのカロリー制限食(糖質60%、脂質20%、タンパク質20%)

を推奨する病院が圧倒的に多いです。

いろんな意見があり論争することは、医学の発展において健全なことと思います。しかし、論争の前に人体の生理・代謝などの基本的なところを理解することも重要です。

今回は<糖質・脂質・タンパク質の摂取>と<血糖値上昇・インスリン分泌>に関して、人体の生理・代謝における事実を説明します。

しつこいようですが、以下に述べることは、論争の余地のない事実ですので<糖質たっぷりのカロリー制限食推奨派>の方々にも、是非ご理解いただきたいと思います。

食べ物が消化・吸収されたあと、糖質は100%血糖に変わります。

糖質は、摂取直後から急峻に血糖値を高く速く上昇させ、2時間以内にほとんどすべてが吸収されますタンパク質、脂質は血糖値を上昇させません。(*)

1997年版のLife With Diabetesでは、「タンパク質は約半分が血糖に変わり、脂質は10%未満が血糖に変わる」という記載がありますが、2004年版では削除されています。

これらは、含有エネルギーとは無関係な、三大栄養素の生理学的特質です。

そして、現在動脈硬化のリスクとして問題とされているグルコーススパイク(食後高血糖)を引き起こすのは、3大栄養素の中で糖質だけです。糖尿人でも、糖質を摂取しなければ食後高血糖は生じず、血糖値はリアルタイムに改善します。

一方、糖尿人がカロリー制限をしても、糖質を摂取すれば必ず食後高血糖を生じます。 

インスリンには24時間、少量常に分泌されている基礎分泌と、血糖値が上昇したときに大量に出る追加分泌があります。

糖質、脂質、タンパク質のうち糖質だけが血糖値を急峻に上昇させます。従って、糖質を摂取した時には、インスリンが大量に追加分泌されます。

しかし、脂質やタンパク質は血糖値をほとんど上昇させません。インスリンの追加分泌は、脂質ではほとんどなく、タンパク質では極少量分泌されます。

つまり、人(糖尿人も正常人も)において、インスリンの追加分泌が多量に必要となるのは、糖質を摂取した時だけです。

これらは、すべて論争の余地のない、生理学的事実です。

以下は、2型糖尿病Aさんのデータです。

通常食は糖質ありです。

通常食  350kcal、糖質60%で約52.5g、脂質20%、タンパク質20%
糖質制限食  350kcal、糖質10%で約8.75g、脂質60%、タンパク質30%

通常食と糖質制限食は、いずれも350kcalで、勿論、同一人のデータです。

糖質制限食だと血糖値の上昇は極めて少なく、インスリンの追加分泌もごく少量ですね。


           食前   30分後   60分後   90分後   120分後
通常食血糖値   121     206     304     250      198
通常食IRI       2.2      6.2     19.1     23.1     21.6

糖質制限食血糖値 124     140    142     129     135
糖質制限食IRI     3.5      4.6     6.7     6.9     5.2


同様に元2型糖尿人Bさんのデータです。2年前初診時糖尿病でしたが現在正常型です。

           食前   30分後   60分後   90分後   120分後
通常食血糖値   108     148     189     142      126
通常食IRI      3.8      35.2     58.5     55.1     24.9

糖質制限食血糖値 113     115    116     108     107
糖質制限食IRI     4.1      10.1    11.7     10.6    13.5

Bさんの場合、2年間の糖質制限食で、糖質を負荷しても血糖値は正常パターンに回復しています。このとき基礎分泌3.8→追加分泌ピーク58.8まで多量のインスリンが出ています。実に基礎分泌の15倍強のインスリンが追加分泌されています。ヾ(゜▽゜)

糖質制限食でも、約8.75gほど野菜分の糖質が含まれているので、一応基礎分泌の2~3倍のインスリン追加分泌がありますが、通常食に比べれば微々たるものですね。

正常人が通常の食事をすれば、おおむねBさんのデータのようなインスリンの大量追加分泌が一日に最低3回、間食をすれば5回以上起こっているわけです。

このようなインスリンの大量追加分泌が40年、50年と続けば遂には膵臓が疲弊して、分泌能力が低下して糖尿病を発症するのは想像に難くないですね。


結論です。

カロリーをいくら制限しても、糖質を摂取してしまえば、食後高血糖を生じます。
食後高血糖は、動脈硬化のリスクとなり、膵β細胞を傷害します。
食後高血糖は、インスリン抵抗性を増加させます。
食後高血糖をコンとロールしない限りは、2型糖尿病は進行性の不治の病です。

糖質制限食なら食後高血糖は生じず、インスリン追加分泌もごく少量ですみます。
糖質制限食なら食後高血糖がないので、β細胞の障害もなく糖尿病は進行しません。


江部康二


(*)Life With Diabetes:A Siries of Teaching Outlines by the Michigan Diabetes Research and Training Center,American Diabetes Assoiation ,3rd Ed,2004


★★★
以下にグーグルが貼り付けている3つの業者の宣伝は、本ブログとは一切関わりはありませんのでご注意ください。
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
Re: タイトルなし
まるまるまるさん。

「ヘモ値は発覚時5・3で今も相変わらず5・2」

このデータで糖尿病の合併症が出ることは
考えにくいです。
何か別の要因の可能性はないでしょうか?
2010/03/10(Wed) 11:36 | URL | ドクター江部 | 【編集
先生ありがとうございます

正直びっくりでした。
でもお医者様の話しでは出来てる場所からして(眼の裏側のレンズ)糖尿病からくるもの(もしくはステロイドの使用などで)と言っていましたが他の病院でもみてもらおうかと思います。

他原因として小児喘息の経験あり。というくらいです。
いたって元気でした。



2010/03/10(Wed) 14:21 | URL | まるまるまる | 【編集
脂質の内容について
糖質制限を始めてから、気付いたことがあります。それは、食後の眠気がなくなったことです。
以前は、必ず睡魔がおそって来て運転中など困っていました。

倦怠感やイライラも減って、甘いものがセーブできるのです。

そこで質問なのですが、糖質を制限する場合、脂質は必ず60%は摂る必要がありますか。
摂らなければ体に不具合があるのでしょうか。
脂質というと、肉の脂身であったり、バター、植物油を積極的に摂るということでしょうか。スーパー糖質制限では、問題ないかもしれないのですが、昼食にご飯やパンの糖質を摂る場合には控える必要がありますか。

糖質+脂肪+蛋白質は異所性脂肪を生み出す危険性が高まると教えていただいたように理解したのですが。理解不足かもしれません。
よろしくお願いいたします。
2010/03/10(Wed) 15:29 | URL | よよ | 【編集
早速の御回答ありがとうございます。

糖質制限にリスクはない、ということですが
よく考えてみると、ないことの証明(悪魔の証明)は不可能でしたね。
なので、糖質制限に何らかのリスクがある、と主張している方々に、これらについての立証責任があることになります。

2010/03/10(Wed) 15:33 | URL | rabitto | 【編集
ありがとうございました!
昨年9月に食後高血糖に気付き、妊娠中という事もあり、不安でどうしようもなかった時、先生のブログで糖質制限食に出会い、自分なりに半年続けてみました。後半はかなりゆるい糖質制限になりましたが、1日に2800gの元気な男の子を出産しました。
今は実家でお世話になっているので、なかなか糖質制限食を実行するのは難しいですが、これからも続けていきたいと思います。
先生のブログに出会えた事に心から感謝します。これからも元気でご活躍される事期待致します!
本当にありがとうございました!
2010/03/10(Wed) 16:56 | URL | ミニー | 【編集
はじめまして。度々、拝読し、糖質制限を実践させて頂いておりました。
ところで前回、『異所性脂肪』が話題になっておりましたが、そうすると先生の示す脂肪の割合で異所性脂肪の問題は大丈夫なんでしょうか?
以前、焼き肉もたくさん食べられると書いておられましたが、それでは高脂肪にもなるのではないかとも。
自分は高血糖+腎臓も悪いのですが、異所性脂肪のところでは「ならば『糖質+蛋白質』で…」と書かれており脂肪食を薦めていたのはどうなったのか?不思議に思いました。もう何をどう食べればいいのか迷いってしまいまして。
魚やナッツなどの不飽和脂肪酸を中心とした高脂肪食にすれば宜しいのでしょうか…?
突然の失礼を申し訳ございません。腎臓の数値が悪くなり食べることが不安なっているものでして…。

2010/03/10(Wed) 19:39 | URL | こんにゃく | 【編集
YAHOO知恵袋
江部先生に回答してもらっていながら、なぜ知恵袋に質問されるのかよくわかりません。
回答された江部先生に失礼では?

かねてから気になってますが、あのような質問系コンテンツは回答者の質が保証されないので、ネットサーフィンレベルの事実に反した回答がなされることも少なくありません。

一つ目の回答ご覧ください。江部先生の過去ログを読んでれば、突っ込みどころ満載です。

あまりの不勉強ぶりにひっくり返ってしまいました。

あのような質問ならびに回答がなされることで、糖質制限の誤った知識が広がることを危惧するのです。
2010/03/10(Wed) 20:09 | URL | ままん | 【編集
Re: タイトルなし
たかあきさん。

ありがとうございました。
2010/03/10(Wed) 22:23 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: ありがとうございました!
ミニーさん。

赤ちゃん誕生おめでとうございます。
良かったですね。
2010/03/10(Wed) 22:25 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし
こんにゃくさん。

「糖質+蛋白質」を推奨はしておりません。
あくまでも糖質制限食ですので高脂質・高タンパク食です。

また腎臓が悪い人は、残念ながら糖質制限食は適応となりません。
2010/03/10(Wed) 22:30 | URL | ドクター江部 | 【編集
やせたいです。
はじめまして 福井のsadametaboと申します。

 現在 174cm-78kmです。
4/4に福井マラソンのハーフに出ます。周りからは無謀と言われています。

 そこで食事制限や毎朝40分のジョグをしていますが一向にやせません。

 そこで1日10杯飲んでいるコーヒーに注目しました。砂糖、ミルクをスプーン(小)山盛りで毎回飲んでいます。やはりこれが原因なのでしょうか。

 ご意見をお聞かせください。よろしくお願いします。レースまでの目標は75kgです。

2010/03/11(Thu) 05:26 | URL | sadametabo | 【編集
Re: やせたいです。

sadametaboさん。

砂糖10杯はさすがに太りますね。

糖質制限食なら、満腹ダイエットが可能です。
また身体の脂肪燃焼が上手になるのでマラソンのスタミナもつきますよ。
2010/03/11(Thu) 07:39 | URL | ドクター江部 | 【編集
穀物の効用
「一定に増加した人口を維持するため」、冷蔵庫のない時代に、環境の変化による一時的な食糧不足に備えるため、「農耕が組織的に開始された」と考えてよろしいでしょうか。

2010/03/11(Thu) 19:59 | URL | 糖尿人の娘 | 【編集
農耕
農耕は、実がなっても種子が地面に落ちない穀物種が偶然発見されたのが始まりといわれています(通常、植物の種子はすべて地面に落ちます)。それを一ヶ所に集めて栽培したところ、これはいける、となったわけです。
つまり、偶然の産物のおかげで結果的に人口が増えたのです。何しろ、糖質はものすごいエネルギーですから。
2010/03/11(Thu) 21:12 | URL | 通りすがり | 【編集
Re: 穀物の効用
糖尿人の娘さん。

私もそう思います。

あと宗教儀式などを定期的に開催するために
食料備蓄が必要となっていったことも関係があると思います。
2010/03/12(Fri) 16:37 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 農耕
通りすがりさん。

なるほど、そういう説もあるのですね。

「実がなっても種子が地面に落ちない穀物種」

は突然変異で
人類の歴史で何回か出現していると思います。

その出現と必要性のタイミングがあったのでしょうね。
2010/03/12(Fri) 16:40 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック