FC2ブログ
季節性インフルエンザどこへ? 流行期もウイルス検出なし
こんばんは。

先日「季節性インフルどこへ? 流行期もウイルス検出なし」という共同通信社の記事を見ました。

以下一部を引用です。

【2010年1月12日 提供:共同通信社
新型インフルエンザの大流行が続く中で、例年流行していたAソ連型、A香港型の季節性インフルエンザウイルスがほとんど検出されていない。新たなインフルエンザのパンデミック(世界的流行)が起きると、それまで流行していたA型ウイルスが新しいウイルスに置き換わる現象が過去にも起きているが、従来の季節性インフルエンザはもう流行しないのだろうか? 今後の状況次第では、来シーズンのワクチン製造にも影響が出てくる。

▽世界的に同じ
毎年、インフルエンザが流行期に入る12月。2008年にはAソ連型、A香港型を合わせて1カ月で919件、07年は1026件、流行開始が遅かった06年でも27件のウイルス検出があった。

ところが今シーズン、12月のウイルス検出はAソ連型、A香港型ともにゼロ。10月終わりごろに1件報告されて以降、現在まで出ていない。

「世界的にも日本と同じような状況だ」。国立感染症研究所感染症情報センターの谷口清州(たにぐち・きよす)室長はこう指摘する。

人で流行するインフルエンザウイルスは、構造の違うA型とB型に分けられる。A型では、昨シーズンまでAソ連型とA香港型の2種類が毎年流行していた。そこに、同じA型の新型インフルエンザが発生した。

▽仕組みは不明

新たなウイルスの出現により、それまでのウイルスが淘汰(とうた)されてしまうことは過去に何度も繰り返されてきた。1918年のスペイン風邪以降、長年流行を続けていたウイルスは、57年のアジア風邪流行で新しいウイルスに置き換わった。だが、このウイルスも68年の香港風邪以降はA香港型に置き換わり、77年以降はAソ連型が加わった。】


確かに、2010年になっても季節性のインフルエンザほとんど見かけませんし、新型インフルエンザも、流行は終焉に向かいつつあるようです。

新型インフルエンザに罹患して症状が出た人が1000万人を軽く超えました。不顕性感染といって、感染しても発症しなかった人も、500万人はいるでしょう。2010年1月7日新型インフルエンザ感染者の死亡は147例とのことでした。

季節性インフルエンザに罹患して1000万人発症すれば、お年寄りを中心に約10000人が亡くなられます。
実際例年は、高齢者の肺炎を中心にインフルエンザ関連で、10000~15000人が亡くなっておられます。

このことを思うと、新型インフルエンザは客観的には、季節性インフルエンザに比べて、致死率は約1/100です。

さらに、2009/10/26、東京都内で開かれた日本ウイルス学会学術集会で、新型インフルエンザに対し、成人の多くが基礎的な免疫を持っている可能性が高いことが報告されています。

また、以下の2010年1月12日/日経産業新聞の記事でも60才以上の人は新型インフルには感染しにくいようです。

【60歳以上の新型インフル感染、20―30代の5分の1以下
豚インフルエンザから変異した新型インフルエンザウイルス(H1N1型)感染者と接触した場合の感染の成立しやすさは、60歳以上は20~30歳代と比べて5分の1以下になるという数理モデルによる分析結果をオランダなどの国際研究チームがまとめた。過去に季節性のH1N1型ウイルスに感染したときに得た免疫が影響していると考えられる。  オランダ・ユトレヒト大学の西浦博研究員(科学技術振興機構研究員)と米アリゾナ州立大学などの成果。英国発行の国際学術誌「バイオメッド・セントラル」関連2誌に論文を発表した。
 2009年5月29日~7月14日の日本国内の流行状況などをもとに感染の成立しやすさを年齢別に調べた。】

実際、高雄病院や江部診療所の患者さんで、小学校で学級閉鎖が相次いだ時期に、20代の教員はそこそこ新型インフルに罹っておられます。30代でパラパラで、40代以上はかなり少ないです。

また、季節性インフルエンザでは、例年、子供からうつって一家全員高熱で倒れたとかよくありましたが、新型インフルでは同居の子供さんが罹患しても、両親やおじいちゃん、おばあちゃんにうつった、という話もほとんど聞きませんでした。

私も、丁度60才、新型に罹る確率はかなり低いようです。

うまくすれば今年は季節性インフルエンザはほとんど流行しない可能性がありますね。


江部康二
テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
糖質制限食と減薬
江部先生
はじめまして、バタピーと申します。
 先生の著書・徒然日記を拠所に、糖質制限食を開始して5ヶ月たちました。先生に会えていなければ、どうなっていたものやら・・・
お忙しいところ申しわけありませんが、糖質制限食と減薬の考え方についてお教えいただきたく思います。

2009年8月の数値:
血糖値:250、A1C:8.1、血圧:170 総コレ:305、中性脂肪:425、HDL:51、LDL:163、
γGPT:51、タンパク尿:+2(微量アルブミン300程度) 、 クレアチニン:0.4              
処方 
・アマリール、ネルビス ・アバプロ ・クレストールを処方し、糖尿病のパンフレットを手渡しただけでした。 コリャあかん! 懸命に対処方法を探し、まったく幸運にも江部先生に行き着きました。先生の著書をむさぼり読み、すぐに糖質制限食を開始しました。 糖質制限食の効果は抜群です。 もちろんSU剤アマリールは即中止です。
12月の数値:
血糖値:100~110、A1C:5.6、血圧:110、総コレ:215、中性脂肪:67、HDL:79、LDL:118 
クレアチニン:0.4、タンパク尿:微量

途中、スタチン製剤のクレストールを10月に一月間ほど中止しましたが、
中性脂肪184、HDL85 、LDLが148まで上昇。びっくりして11月から再度、クレストールを半錠ながら復活して飲んでいます。 でも ネルビルやクレストールは 早くやめたく思っています。

そこで、教えていただきたく思います。
糖質制限食を行いながら、減薬していく際、リバウンド現象はおこるのでしょうか? また、高雄病院に入院するなら、安心して薬を一度に止めてしまうこともできると思いますが、そうできない場合には、薬をやめていくのに何か考え方があれば安心してやっていけると思います。糖質制限食を行いながら、減薬していく考え方を教えていただけませんか?
糖質制限食では性脂肪が即改善しているようですが、私に関しては、クレストールをやめると 中性脂肪が184になり、どのような原因が考えられるのでしょうか? 肝臓の数値(当初GPTは若干高かったが、すぐに標準値収斂した)は標準値になっていますが、肝臓機能の数値に表れない何かの調子が狂っているのでしょうか?あるいは、私の糖質制限食の内容に問題があるのでしょうか? 


掛かりつけの内科医は、最初 糖質制限食には、そんな非常識なと拒否でした。 其の後、数値の劇的改善があり、また糖質制限食を切りだした時は、うって変わって好意的になっていました。 ああ、あの おかずばかり食べる方法ですね、他にもそれをやっている患者さんが居ますといわれました。 其の劇的効果から、積極的に認めだしているのでしょう。 さらに 厚かましいお願いですが、近くで糖質制限食を積極的に指導できるお医者さんがおられれば、お教えいただけませんでしょうか。私は 兵庫県の伊丹市に住んでいます。よろしくお願いします。
2010/01/18(Mon) 19:35 | URL | ばたぴー | 【編集
質問です
江部 先生

はじめまして。内科大学院生と申します。いつも先生のブログを拝見させて頂いています。
先生の説明は、理論的でいつも感心といいますか、感動すら覚えています。内科医の鏡です。
実はいくつか質問がありまして、メールさせて頂きました。

①空腹時や安静時の心筋や骨格筋のエネルギーシステムは脂肪酸ーケトン体なのは理解していますが、運動時はどうなっているのでしょうか?糖質制限食中に有酸素運動や筋トレを行った場合、エネルギー確保のために筋肉がより分解されるということはないのでしょうか?

②血中の中性脂肪を増やすのは糖質ですが、糖質制限食後にLDLが上昇するケースが多いのはどうしてでしょうか?勿論、中性脂肪が減っているので、HDLは少し増えたり、small dense LDLは減っているのでしょうが、やはりガイドラインなどではLDLの数値のみで評価しますし、LDLの性質を調べられる施設は限られています。食事由来のコレステロールは本来2-3割程度なのに、かなりLDLの値が上昇するのが、理解できずにいます。

③Creの値が上昇していない糖尿病腎症3期A/Bの患者さんでも、糖質制限(高蛋白)でも問題ないのでしょうか?

④糖質制限の際の脂質の摂取ですが、飽和脂肪酸でも不飽和(必須)脂肪酸でも構わないのでしょうか?また、必須脂肪酸には一価や多価がありますが、推奨している順番などがあればご教示ください。

⑤糖質制限を行っている最中は、インスリンが過剰に作用しない状態になっている訳ですが、糖尿病のインスリン作用不足の際に起こるように、脂肪組織からの遊離脂肪酸の放出は増えるのでしょうか?
もし増えるなら、FFAが増えた際のデメリットが心配です。

⑥糖質を数時間以上摂取していない状態の時は、糖新生が行われますが、同時に筋肉の分解も促進されるのでしょうか?

⑦糖質制限中に肝臓からのアミノ酸分解が亢進した際に、アンモニア生成亢進にはつながらないのでしょうか?

2010/01/18(Mon) 21:59 | URL | 内科大学院生 | 【編集
インフルエンザ
先生こんにちは。

わが社での新型インフルエンザ罹患者の最高齢は41歳でした。それが・・・社長。(爆)

お子さんがふたりとも学校で伝染ってきたようです。

でも、同居しておられる会長夫妻(70代・予防接種なし)や奥さん(40歳・予防接種季節性のみ)は罹患されなかったとか。

なんだか不思議な病気ですね。

2010/01/18(Mon) 22:16 | URL | 飯山忍 | 【編集
Re: 糖質制限食と減薬
ばたぴーさん。

データ改善良かったですね。
糖質制限食に関しては吉田先生とご相談ください。

吉田光範先生
吉田内科クリニック
〒659-0067兵庫県芦屋市茶屋之町2-21 メイピース芦屋305
電話番号 0797-38-7210

2010/01/19(Tue) 10:12 | URL | 江部康二 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック