FC2ブログ
糖質制限食・ダイエットの本・成功例募集
糖質制限食・ダイエットの本・成功例募集】

2009年12月初め発売の江部康二監修及び、NPO法人糖質制限食ネット・リボーン理事、管理栄養士大柳珠美さん監修

『dancyu プレジデントムック 「満腹ダイエット 」おいしい「糖質オフ」料理で楽しくやせる本 』(プレジデント社)

おかげさまで結構売れ行き好調です。
2010年1月、重版が決定しました。

これに味をしめたわけではないのですが、今度は、20代の女性向けに江部康二が執筆して、糖質制限食のいろんなノウハウの詰まったダイエット本をだそうと考えています。

dancyuも含めて、今までは、おじさんがメインでおばさまも少しというのが読者層だったのですが、新企画ということです。

つきましては、ブログ読者の皆様へのお願いなのですが、糖質制限食でダイエットに成功された20代の女性の方を数例募集しています。

勿論、匿名でダイエット成功例として本に掲載させて頂きたいと思っています。採用された方には、その本を2冊謹呈致します。

ご協力いただける方は、

高雄病院のホームページの高雄病院連絡先
takao-info@ac.auone-net.jp

に、

年齢、生年、(もしよろしければ月日)
性別、
身長、
ダイエット前の体重、○月○日。
ダイエット後の体重、○月○日。
連絡先、

をメールしていただければ幸いです。
よろしくお願い申しあげます。

江部康二

【コメント・質問に関するお知らせ・お願い】

ブログ読者の皆さんには、いつもコメントいただき、ありがとうございます。

読者の皆さんからもご意見いただきましたが、確かに普通のお医者さんに相談可能な個人的な内容の質問は、主治医にご相談頂けば助かります。m(_ _)m

普通のお医者さんでは解答不能の、糖質制限食に関わる質問は、何でもどんどんしていただけば嬉しいです。 (^_^)

掲載OKの質問に関して、読者の皆さんに共有していただきたい情報の場合は、ブログ本文にて、できるだけ順番にお答えしたいと思います。質問によってはコメント欄でお早めにお答えする場合もありますのでご了承ください。

一方、コメント・質問がかなり増えてきていますので、なかなか即お答えすることが困難となってきています。できるだけ全ての質問に本文かコメントでお答えするよう努力はしていますが、できないときはご容赦願います。m(_ _)m

それから、「管理人のみ閲覧できる」「匿名希望」などの質問に関しては、コメント欄にお答えするか、一般的な話題に置き換えてブログに記載するようにしていますので、よろしくお願い申し上げます。

また、各地の糖質制限食による糖尿病治療が可能な医院の情報は、ブログにリンクしてある「糖質制限食SNS 糖質制限ひろば」で公表してますので、そちらをご覧ください。

【糖質制限食を実践される時のご注意】
本にも書いてありますが、 糖質制限食によりリアルタイムに血糖値が改善します。このため既に、経口血糖降下剤(オイグルコン、アマリールなど)の内服やインスリン注射をしておられる糖尿人は低血糖の心配がありますので必ず主治医と相談して頂きたいと思います。

 一方薬を使用してない糖尿人は、低血糖の心配はないので、

「主食を抜けば糖尿病は良くなる!」
「主食を抜けば糖尿病は良くなる!実践編」
糖尿病が良くなるごちそうレシピ」
「 糖質制限食 春のレシピ」
「 糖質制限食 夏のレシピ」
「糖質制限食 秋のレシピ」
「糖質制限食 冬のレシピ」
「我ら糖尿人、元気なのには理由がある。」
(東洋経済新報社)

「糖質オフ」ごちそうごはん
(アスペクト)

を参考にされ、自力で 糖質制限食を実践して糖尿病改善を目指していただけば幸いです。

なお、血液検査で血清クレアチニン値が高値で腎障害がある場合と、活動性の膵炎がある場合は、糖質制限食は適応となりませんのでご注意ください。糖質制限食は相対的に高タンパク・高脂肪食になるので、腎不全活動性膵炎には適応とならないのです。

テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
食事量について
江部先生こんんちは
お忙しいとは思いますが、質問したいことがありますのでよろしくお願い致します。

糖質制限食をするにあたり、お米を食べないとお腹がいっぱいにならないという人は、いきなりスーパー糖質制限食は難しいのでしょうか?
また、どういう食事内容にすればお米を食べなくても食べたという感覚を得られるのでしょうか?

もし、ブログや本などで似たようなお話をされているとしたらすいません。
2010/01/18(Mon) 15:33 | URL | しー | 【編集
先生の講演会は全くの素人でも理解できますか朝日新聞の講座などを芦屋や京都で過去行っていましたが素人なので悩みました次回機会があれば受講したいのですが予習が必要でしょうか。
2010/01/18(Mon) 16:15 | URL | 匿名 | 【編集
Re: 食事量について
しー さん。

米国には炭水化物中毒という言葉があります。
米でもパンでもお菓子でもそうですね。
炭水化物中毒離脱には
2~3ヶ月で慣れるしかないですね。
2010/01/18(Mon) 17:03 | URL | 江部康二 | 【編集
Re: タイトルなし
匿名さん。

わかりやすい話を目指していますので
内容の8~9割以上は大丈夫です。
講演会に参加された皆さん、そう仰有っていますよ。
2010/01/18(Mon) 17:06 | URL | 江部康二 | 【編集
中毒…
確かにそうかもしれません。
私の家族ですが、炭水化物中毒&ペットボトル症候群です(><)
こういう人は先生のところで入院をするとよいのでしょうか?
炭水化物を食べない分、食費がかなりかかりそうですよね(^_^;)
2010/01/19(Tue) 09:44 | URL | しー | 【編集
はじめまして
肥満でダイエットをしようと思います、ダイエットの方法を検索してこちらを知りました。
先生のご本に興味があります。私は41歳、62kgです。10キロくらいやせれば標準体重だと思いますが、このくらいのデブ具合がなかなか痩せにくい気がします。
糖質を抜くといくら食べても満足感がないんですよね。。。今までのダイエット挫折最大の原因です。
年末の健康診断で腎臓の検査の数値がよくなくて、「半年ごとの経過観察」になってしまったのでタンパク質過多もよくなさそうだし。。。もともと、普段から糖質をとりすぎなので、減らすのは簡単ですが、今までもダイエットで野菜を食べて満腹でも満足感がなく、「やっぱり炭水化物!甘いもの!」と食べてしまってダイエットが終わってしまいました。新しく出る本、楽しみです。期待しております。
(お忙しいでしょうからお返事不要です)
2010/01/19(Tue) 10:06 | URL | なつみ | 【編集
Re: タイトルなし
kasumi さん。

カーボカウントを指導しておられるのは、
東京の
「北里研究所病院 糖尿病センター」なら確実です。
2010/08/09(Mon) 17:36 | URL | ドクター江部 | 【編集
初めまして[e:466]
江部さん どうも初めまして Dayです。
まず 私の自己紹介及び江部さんとの出会いをお話しさせて頂きますm(_ _)m
私はある男性に約①年前に数十年ぶりの再開をし それ以来の付き合いをしていまして その方は糖尿病!しかし私自身その病気に関しての知識は全くありませんでした。ですが色々聞こえてくるもしも。。という悪化の先の話しを耳にした時、いや必ず治るさ。とインターネットで調べたり本屋で何か良い方法は無いかと立ち寄ったりするようになりました。そして、半年前 ふと手にとった本が江部さんの糖質制限食の本。
本人はインシュリンを4年間も打ち続けていたもので、そのうち毎日の生活の中 そう言った本を見なく、いや怖さもあり避けてしまうようになっていたようでしたが、これ良いんやない?と差し出したそれに すかさず目を通し すぐに持ち帰って 早速 実行!
力仕事でいきなりな事から、ものの①週間で本当にえらそうで、長い間自分自身心配のあまり検査をしていなかったのとインシュリンもそれから打ってない事もあり病院に。。なっなんと!!連絡を待ってた私に飛び込んで来た第①声♪正常値☆どこも悪くない、インシュリンは打ったら逆にあかんわ。との話しで歓喜の舞でした。 江部さんにこちらどもが勝手に出会わせて頂き、ホームページ 本でかなり身近な存在に勝手になってる次第でありまして いやはや本当にありがとうございますと直接お逢いして言いたい思いです。それ以来 継続中ではありますが なかなか難しく思わず 我慢してるだけにスナックなどに手が出たり、粉ものに口がいく事はたまに甘えでありますが 続けていくと本人も頑張っております。本題はそれからなんですが 長々ととにかく江部さんにそれを伝えたくてただただメールいたしました(*^o^*)
これから、糖質制限という専門的知識の分野で何かと気になる点 質問、相談にとてもお忙しいでしょうが メールという形でお世話になると思いますが宜しくお願いいたします。
2010/10/11(Mon) 17:24 | URL | Day | 【編集
Re: 初めまして
Dayさん。

友人の方の糖尿病改善、インスリン離脱良かったですね。
本のご購入もありがとうございます。
2010/10/11(Mon) 19:14 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック