FC2ブログ
糖質セイゲニストin大分主催「糖質制限講演会」のご報告
こんばんは。
さきほど、大分から帰京しました。

糖質セイゲニストin大分主催
「糖質制限講演会&パネルディスカッション」2015/3/1(日)
ホルトホール大分 大会議室

150人の参加者で盛況・活況で無事終了です。

2/28(土)江部診療所の外来が終了後、大分市に向かいました。
15:29京都発のぞみ35号で小倉へ、
小倉からソニック43号で大分へ。
19:34大分着でした。

前夜祭では、各種刺身をたっぷり、だし巻き卵、大分名物とり天・・・などなど、最後に大分特産くろめの味噌汁でしめ。

お酒は、赤霧島、三岳、など焼酎の水割りを5杯呑みましたら、午後11:45だったので、なんとかシンデレラでホテルに帰りました。

3/1(日)は、ホテルでバイキングだったので、スクランブルエッグ、納豆、ウィンナー、サケの塩焼き、野菜サラダ、味噌汁、コーヒー。

そうそう、朝から大分名物とり天があったので、衣をはぎつつたっぷり食べて満腹、満足でしたよ。 (^^)

講演会は、

炭水化物の食べ過ぎで早死にしてはいけません  
-糖尿病・生活習慣病を予防&改善する糖質制限食- 


と題して90分間、しっかりお話しました。

がん、心疾患、脳血管疾患、肺炎、これらは現代日本の4大死因です。
厚生労働省が2011年に日本人の5大疾病を発表しています。
以前から多かった、がん、脳卒中、心臓病、糖尿病に、新しく精神疾患を加えた5つの疾病を指します。

糖質制限食による、4大死因、5大疾病の予防の可能性や、人類の食生活3段階、糖尿病の実際の症例、糖尿病合併症のお話、日本人の糖質摂取比率が1%減って糖尿病予備群が調査開始以来初めて220万人減少、「今日の治療指針」が初めて糖質制限食を大きく掲載、米国が糖質制限食を正式に受容・・・などなど、盛りだくさんな内容でお話しました。

質疑応答も活発で、一部時間切れになり、申し訳ありませんでした。


また、講演会に加えて

パネラー
・江部康二
・立花秀俊先生 社団法人敬和会 大分東部病院 漢方・小児科部長
・井上健先生 医療法人社団上人会 上人病院 内科(循環器専門医)
・三島学氏 三島塾塾長 糖質セイゲニストin北九州世話人
・山﨑昌彦氏 九州食肉学問所学長 糖質セイゲニストin大分世話人

による、パネルディスカッションもありました。

世話人の山崎さんは、2014年8月から糖質制限食を開始して、現在25kg減量成功で体調も良好だそうです。25kg減量でもまだ85kgと立派過ぎる体重なので、あと10kgくらいの減量を目指すとのことです。

立花先生は糖質制限食や漢方のお話、
井上先生は、糖質制限食や夏井先生の湿潤療法との出会いのお話、
三島さんは、三島塾の糖質制限な子供達のお話をされました。

三島さんが、手作りの糖質制限な夕食を提供するようになってから、子供達が授業中に寝なくなり、集中力が高まり、偏差値も向上で素晴らしい変化があったそうです。

子供達の変化と三島さんの元気さ(睡眠時間4時間で働きずめで、休みは月に1回くらい)をみて、ご両親が糖質制限食を開始されることがおおいとのことです。

そう言えば、私も
2/23(月)~3/1(日)までずっと仕事で休みなしです。
3/2(月)~3/8(日)の週も休みなしですね。


江部康二

テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット